« マイケル・イン・チャイナ | トップページ | 晴れてても3月はやっぱり寒かったでゴザル »

2011年3月27日 (日)

JFL被災地復興支援試合 石川県社会人サッカー連盟選抜戦 観戦記

今年最初のツエーゲンの試合です。て、いうか練習も雪の壁に囲まれた北陸大FPで一度見ただけですから、初ツエーゲン、新入団の選手のプレーを初めて見ることができました。

対戦相手は石川県社会人サッカー連盟選抜。失礼ながらテイヘンズ・北陸大などの学生連合ならば試合になるだろうと思っていましたが、30名以上の選手が参加すると事前に聞いていたので(どこで知ったか忘れた)大差のゲームになるだろうと思っていました。

ツエーゲンの先発は大橋、レッドクリフ諸江、コミー、雄大、金子、山道、井上、ネモ、タッキー、石館、フルベ13のガチメン。予想したメンバーと全然違ってワロタw
上野監督はブレていません

序盤からツエーゲンにボールを回され15分ごろには早くも選抜チームから疲労の色が見えてきたと思ったら、19分から23分の間に3得点。このあたりで選抜チーム3人の交代があったのかな(その後も3人の交代があり、前半だけで6人の交代)?

選抜チームのボールへのプレスがキツクなり、ツエーゲンが思うようにボールを回せなくなってくる。選抜チームのCBの髪形を見ると、背番号7をつけた選手はテイヘンズの大矢選手ではないですか。そしてこのこの試合最大のチャンスを作った10番はテイヘンズの白井選手、前線で頑張っている14は元ツエーゲン、現テイヘンズの横山翔選手。更に同じく元ツエーゲン・現テイヘンズの中橋選手が中盤の底でゲームを作ると
ツエーゲン以上の華麗なパスサッカー

後で教えてもらったのですが、この時間他にもテイヘンズの小嶋選手・伊藤選手も出場していた模様。体力のあるテイヘンズは今年も怖いです。結局このままやや選抜チームのペースで前半を終える。

ところが後半になると選抜チームのすべての選手が交代すると再びツエーゲンペースとなって後半だけで10得点。

選抜チームの交代6人は20分ころかな、さらに43分に1人交代して、計35人が出場したのかな。
選手皆さん本日の試合に出場していただきありがとうございました。石川県のサッカー界として今回の試合を開催には皆さまのご協力があったからこそでした。同じ背番号を違う選手が身に着けていたため選手紹介は難しかったと思いますが、会場では出場した選手と所属チームをペーパーなり放送で紹介してもらいたかったですね。

ツエーゲンでは新入団選手7人のプレーに特に注目。フムフムなるほど。ある程度は見えたような気がしますが、こういう相手だとよくわからないなぁ。来週のパルセイロ戦が楽しみですね。

全体の感想としては、ツエーゲンはブレていない。SAGAWA戦も選抜チーム戦も攻撃は「フルベ走ってこい」。フルベ13のいないサッカーが見たくて、「フルベ引っ込めー」と野次飛ばそうと思いましたが、自重しましたw

ところで、Parkerさんはこの試合はエレルギー補給せずに見ていました。基本的にはエレルギー補給しているときも試合はじっくり見ているつもりです。しかも今日の試合は公式戦でもない慈善試合で力の差がある対戦相手ですから、そんなに力も入りませんから静かに見ていたところ、「エネルギー補給をしていないから今日は静か」と中傷されもうorzですよ。

最後になりますが、約1500人の方々にご来場いただき、復興支援Tシャツ売り上げと合わせ、725,293円もの義援金が集まったことに一人のサポ(自称)として、お礼申し上げます。

|

« マイケル・イン・チャイナ | トップページ | 晴れてても3月はやっぱり寒かったでゴザル »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイケル・イン・チャイナ | トップページ | 晴れてても3月はやっぱり寒かったでゴザル »