« ニュースがいろいろある | トップページ | 戦いのワンダーランド »

2011年2月 5日 (土)

雪かきに行ってきますた

ど~も湯木垣男(ゆきかきお)から越井大世(こしいたいよ)に改名しますた。

午前の部と午後の部があったのですが、(まだ)湯木垣男さんは諸般の事情(寝坊)のため午後の部のみの参加しました(ブログネタのため、ということはありません)。午前の部の除雪についてはtwitterやブログにより大体の状況を把握していました。積雪は約1.5㍍で上部は氷状に固まっており、鉄製スコップが必要とのこと。ということで鉄製スコップ、プラ製スコップ、ママさんダンプを車に積んで北陸大フットボールパークに。

(例によって画像があればわかりやすいところを画像なしテキストのみで報告しまつ)

ピッチに着いたら積雪量にア然としたのが正直なところ。で、午前の部の雪かきにも参加したヒマ熱心なサポ氏に聞くと、一定の高さまで雪をどかしてから除雪機で雪を飛ばすとのこと。ということで例によって高いところが好きな湯木垣男さんは雪上に上がり表面の片井由紀じゃなくて固い雪をママさんダンプで奥に持って行くのですが、こんなにピッチが広いとは思ったのは初めてでした
すると外から雪が積もっているときには頼もしく聞こえる重機の音が!某サポ氏が某ブログで午前に行われた雪かきの様子を見てモノホンの重機を持って来てくれたのです!でも人工芝に入るとピッチが痛みそうなのでピッチには入らず、駐車場と雪捨て場の確保をやってもらいました。

ピッチ内にも除雪機が来たのですが、人が乗るタイプの重機だと思っていたら耕耘機型の人が押すタイプのもの・・・。ようやく何をするか把握(遅い)。除雪口の高さまで(7・80㌢程度)まで表面の雪を後方に捨てるということ。しかも、雪が固まっていると機械が止まる。う~んこれじゃなかなか進まない・・・。しかし、重機を入れてピッチを痛めるわけにもいかないので仕方がないところ。そろそろと進んでいたものの除雪機が燃料切れで止まるw
その後はママさんダンプでピッチを出て道路を渡って崖下に雪を捨てるしかありません。
ザ・人海戦術。意外にサクサク進みました。

当初4時から6時までの予定でしたが、5時30分ごろ上野監督からそろそろ終えましょうとのこと。明日1時からの練習もできますとのお礼の言葉がありました。
午後の部参加した選手はレッドクリフ諸江、ベテラン風若手GK大橋、菅野、コミー、午前の部にはPちゃんでおなじみの田中も参加していたとのこと。その他参加したスタッフ、ボランティアスタッフ、ヒマ熱心なサポの皆さんお疲れさまでした。

おひさるにて
(写真は午前の部、残念ながらイケメン湯木垣男さんは鬱っていません)

ちなみに高いところを雪を砕いたり、ママさんダンプでの作業が中心で屈む作業が少なく思ったほど越井大世さんになりませんでした。

|

« ニュースがいろいろある | トップページ | 戦いのワンダーランド »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュースがいろいろある | トップページ | 戦いのワンダーランド »