« 夢が守守 | トップページ | 琵琶湖の湖畔でツエーゲンを叫ぶ »

2010年11月28日 (日)

ワーワー 対 組織 アウェーSAGAWA 観戦記

もうね試合開始直後から今日はどうなることかと思いました。SAGAWAの攻撃が速いこと速いこと。どんどん縦にボールを入れてくんだけどただボールが速いだけでない。一定の位置にボールが渡った瞬間にサイドの選手が上がってくるというチームの約束事がしっかりしている感じ(当方サッカード素人)。左右のサイドを蹂躙され2失点は完全に左サイドを崩された結果。1点目はノーマークの24番に左サイドを突破されやや角度のないところからサイドネットに突き刺されたゴール。アジア大会決勝の日本のゴールのような形といえばわかりやすいか(それよりももっと角度がありましたが)。2点目は24番に2人がボールを奪いに行くもかわされノールックとも思える速いクロスを一番警戒していた29番御給に電光石火のヘッドで合わされ2失点目。そこにボールを出せば御給がいるという約束ができているのでしょう。個人能力と組織力がしっかりとかみ合った敵ながら天晴なビューチフルゴールでした。ただ左サイドのルー林の対応もちょっとなぁという感想も持ったのも事実。後半頭から交代させられたのも(しかも本職が右サイドの木村に)仕方ありませんでした。

とSAGAWAの良いところを書きましたが、うちも負けていません。今日の試合は2-2です!まぁサッカード素人的にはお世辞的にも組織的とは思えませんでしたが。1-0とリードされての同点弾は、ボールカットしたキング曽我部がフルベ13に走ってこいと言わんばかりに(注・言っていません)ボールを出すと、SAGAWAデフェンダーを振り切ったフルベ13ドリブルシュートが決まる。戦術フルベ走ってこい(注・言っていません)らしいツエーゲンの得意の形です。

SAGAWAは先取点を取るまでは高速プレスでしたが、リードしてからは急にペースを落としたように見えました。そして同点に追いつかれると再び攻勢を強めたように思えました。これって、とりあえず飛ばすだけ飛ばして時間に間に合いそうになると安全運転に切り替えるSAGAWAセールスドライバー戦法なのでしょうか?再びリードしたSAGAWAはまた受けに回ったように見えた一方ツエーゲンの攻勢が強まります。キングのフリーキックがバーに当たった惜しいシーンは2-1からだったのかな。

後半になると一層攻勢を強めるツエーゲン。決して組織的サッカーをしていたと思えませんが「気持」が上回っていたように見えました(技術的なことが書けなくてすいません)。キーパー真正面のシュート、右ポスト下へのシュートはキーパーのファインセーブ、ポストに嫌われたシュートなどあり、ようやく決まったシュートはキングの左からのコーナーを陽介が頭ひとつ抜けたヘッド弾。サポゾーン大騒ぎ。更にイケイケとなったツエーゲン。コミーが得意の混戦から押し込むシュートで線審も認めたゴールで逆転かと思いましたが、SAGAWAの抗議により主審による取消。どうやらコミーが押し込んだときうちの選手に当たってゴールしたためオフサイドだった模様orz。ここからはお互い死力を尽くした走り合いでどっちにゴールが決まってもおかしくない展開。個人的にはアドなんとかタイム4分で良い形に持ち込むもシュートを撃って終われなかったことが惜しいというか悔しいというか最後の最後に今シーズンの悪い癖が出たことでした。

前半はSAGAWAの個人と組織に守勢に回る時間が多かったですが、後半は攻勢を強め、試合を通じてSAGAWAと互角以上の戦いができたと思います。中立で見ていた人は非常に面白く見ることができたと思いますが、双方のサポにとっては互いに悔しさの残る試合だったと思います。試合終了の笛が鳴った時双方の選手が座り込みましたが、SAGAWAの選手の方が多く座り込んでいたのが印象的でした。

リーグ最終戦ということもあり、うちのサポも「いい試合」「面白い試合」という感想が多かったようです。でも勝ちたかった・・・。

MOM候補は1得点のフルベ13、YO介、2アシストキング曽我部を置いて個人的に雄大を押します。

|

« 夢が守守 | トップページ | 琵琶湖の湖畔でツエーゲンを叫ぶ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢が守守 | トップページ | 琵琶湖の湖畔でツエーゲンを叫ぶ »