« ゴール収穫祭 | トップページ | 琉球戦へのお誘い(特にサポ自認の方々へ) »

2010年11月10日 (水)

本物のアウェー

ど~も、話題騒然の横河武蔵野FC戦戦同日開催の関ジャニライヴ。「関ジャニのコンサートへ向かう、女子やかって女子だった人の大群に混じって、場違いな赤いレプユニ姿で十数分間バスに揺られるという、新手の羞恥プレイ」がtwitter上で話題になっていますが、この日は午前中用事があって開場ギリギリにしか行けないのは幸運なのか不幸なのか悩んでいます。ど~も、Parkerです。

さてさて、ツエーゲンを追いかけるようになっていろんな土地に行くようになりました。元々出不精で、宮城、秋田、千葉などはアウェー遠征がなかったら行くことがなかったかもしれません。
もっともアウェー遠征と言っても基本というかドップリ貧乏に漬かっているので、遠征は名ばかりでスタジアムとサービスエリア、道の駅にしか行っていません。食べるものもサービスエリアのうどん・そば、コンビニ弁当がほとんどで、たまにスタ弁。その土地の名物を食った記憶がほとんどありません(中には前泊や後泊でその土地の美味しいものを食べるサポもいるようですが・・・)。せいぜいそばぐらいかな。

ちなみに先日の流通経済大FC戦の朝食は龍ヶ崎市のすき家w
そして昼食が前回書いた、収穫祭の模擬店でした。全然名物じゃないw食べたのが、山菜天麩羅、やきとり、豚汁、そば。安いのと命の水のおともで食い杉たwでもこの食事が余所の土地に来たと感じさせられました。(悪い意味でなく)アウェーに来たなぁと。

天麩羅とやきとりはまぁ普通でしたが、うどんと豚汁の味が金沢と違います。飲食店経営のサポに味見してもらったところ、昆布ダシだけでカツオダシを使っていないのではという指摘。飲食店でなく言ってみれば違う土地の素人さんの料理を食べることができ、大げさに言えば食文化の違いを実感したのは貴重な経験でした。

食事だけなく最もアウェーを感じた瞬間でした。

|

« ゴール収穫祭 | トップページ | 琉球戦へのお誘い(特にサポ自認の方々へ) »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴール収穫祭 | トップページ | 琉球戦へのお誘い(特にサポ自認の方々へ) »