« 今シーズン最後の西部劇 | トップページ | コミー△ »

2010年11月23日 (火)

相手は強かったが俺たちはそれ以上に強かった ホーム武蔵野戦観戦記

今日の武蔵野は、Parkerさんが今シーズン見たリーグ戦で強かったと思わされた対戦相手のベスト3に入るチームでした。
強くて速いFW、高松を中心とする中盤のパスワークは怖かった。武蔵野が強かったと思ったのはサッカード素人・節穴のParkerさんだけでなく話をしたサポ・ツイッターでもほぼすべての人が語っていました。ただし、その皆さんがオールサッカード素人・節穴の持主でないことはご了承ください!
結果は2-1の辛勝。武蔵野は強かったですがツエーゲンはそれ以上に強かったのです。試合終了後本当に誇らしかった。

今日のMOMは決勝点のフリーキックを決めた曽我部慶太。前節負傷・途中交代し、この試合に出場できるかとも思われましたが、ここにきてベストパフォーマンス。
その曽我部のニックネームは「王子」(その前に「金沢の」とか「おしゃべり」がつきます)。主たる理由は容貌からだと思いますが、それだけではなく体力が持たないなど(まぁそれを言っているのはParkerさんなんですが)どこかひ弱な印象もあるからでしょう。ところが今日の「王子」は守備での貢献も素晴らしく、何度も自らボールを奪い攻撃の起点になりました。今日の曽我部は「王子」から「王・キング」(その前に「金沢の」とか「おしゃべり」がつきます)に即位したのではないでしょうか。ここで一句。

「曽我部がいいね」と皆が言ったから十一月二十三日はキング記念日

開始直後は雨の影響もありスリッピーというよりぬかるんだようにみえるピッチのためお互いボールが足元に収まらず正直どうなるのか不安でしたが、その後は武蔵野のペースになりやっぱり不安になる。高松が怖い。抜群のテクニックにポジション変更。高松をフリーにしちゃいけないのですがうちは人につけるサッカーをしないのでどうにも抑えきれない。ちなみにParkerは数年前YKKAP、アローズの富山ダブル開幕戦で水島に在籍していた高松を見ていて気になっていた選手でした。

しかし、先制点はツエーゲン。それも意外な形から(と言ったら失礼か)。この試合2回目のコミーのロングスローをレッドクリフ諸江がヘッドで後ろに流したところをYO!介がノーマクで上がってきてきれいなヘッドでボールをネットに突き刺します。2年間ツエーゲンを見てきてコミーのロングスローから得点が決まったのを初めて見ました。
不思議なものでここから一挙にツエーゲンペース。追加点も時間の問題と思っていましたが、前半40分に同点に追いつかれます。得点シーンの前から武蔵野の出足に後をとられていました。この時間帯ボールへの執着心が感じられませんでした。ちなみに起点は高松。

後半頭からネモに代ってアヤトが入ります。ネモの交代は早いと思いましたが怪我などがあったかもしれません。しかし、ネモの交代でツエーゲンの攻撃にリズムが失われたような気がします。アヤトはちょっと独りよがりのような気がしました。

決勝点は前節見事なドリブルシュートを決めた雄大のプレーから。今日も好調な雄大がドリブルで切り込むと、ホームUVA戦の決勝点と同じような位置でファールを受けフリーキックを得ます。蹴るのは「キング」曽我部慶太。曽我部の蹴ったボールは相手ディフェンダーに当たりそのままゴールへ。直接フリーキックが決まったのは覚えていないなぁwそういえばこのプレーの時隣のここ何試合一緒に観戦している方に先日の松本はこの位置から決勝点を取ったんですよよ話をしていました。その後はツエーゲンも惜しいチャンスを作りながらも武蔵野も反撃し一進一退の攻防。ただ、どちらかというと高いところでボールを奪えるようになったツエーゲンがややペースを握っていたかも。

その後の交代は、雄大→木村、そしてアドなんとかタイムに入ってから守備固めで曽我部→MJ。一方武蔵野は高松ともう一人怖かった26番が一挙に交代で少し安心。
試合終了近くになると武蔵野も攻勢を強め怖かったこと。しかも途中コーナーフラッグが折れたりw、ゴールマウスがすれたりwなどのアクシデントもありアドなんとかタイムは4分。最後のプレーは、これがファールなら今までのプレ全部ファールだよという嫌な位置でのフリーキック。このフリーキックをフルベ13が顔で止め(どうやら鼻の下辺りに当たったようです)、そのままタイムアップ。ツエーゲンがホーム最終戦で見事な勝利を収め5連勝を飾りました。

|

« 今シーズン最後の西部劇 | トップページ | コミー△ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今シーズン最後の西部劇 | トップページ | コミー△ »