« ドラゴン vs シーサー | トップページ | 名探偵パカロ »

2010年11月14日 (日)

ゴール底引き漁解禁 ホーム琉球戦観戦記

ど~も、ホームで負けた時は自棄酒、ホームで勝った時は祝い酒、アウェーの時はケータイでのウpの仕方がわからず、なかなか試合当日の更新ができないブログです。
でも今日はなんとなく感想をうp。観戦記といえない感想程度を書いてみます。

試合開始直後は琉球の攻勢が目立ちましたが、そんなに怖くなかった。左に張っていた39番(永井?)にボールがでたら、と思っていたけれどそんな場面がなかったせいかもしれません。大きな展開は一度左から大きく右にサイドチェンジされた場面のみか。

前々節の鳥取、前節の流通経済大FCに比べ今日の琉球は明らかに迫力不足。時間に経つにつれてツエーゲンの流れに。その流れを決定づけたのは琉球の18分の退場劇。琉球のコーナーの流れ球をツエーゲンがカウンター、プリンス曽我部が自陣から抜けようとしたところ琉球の選手の後方のタックルで一発レッド。ツエーゲン陣地内でレッドは厳しいという見方もあったかもしれませんが、アフターで深い位置のタックルだから妥当でしょう。当然のことながら琉球サポからは不満が声が上がっていました。
左に張っていた39番もポジションが下がり、結局41分に39番と16番の2人が一挙に交代。
先取点は35分のツエーゲン。コーナーからゴール前の混戦をレッドクリフ諸江が左足で流し込む。コミーならコーナーからのドサクサまぎれの得点(悪口に非ず)なら昨年の地域決勝高知ラウンドで見た(ニュースでですけど)記憶がありますが、諸江のこのパターンは記憶にないですね。諸江はコーナーから今季4点目なのかな?(調べていません)

追加点は後半早々の雄大の中に切れ込むドリブルからのシュート。2節SAGAWA戦、後期UVA戦で決勝のフリーキックを得た得意のプレーですね。とまぁここまではツエーゲンペースでしたが、2分後にドラゴンが2枚目のイエローで退場。大したプレーでないように見えただけに残念。これで今季のドラゴンは見られない?
これで琉球は息を吹き返し、ツエーゲンはペースを握られますが本当に危ない場面はParker的には1回ぐらいだったかな。退屈な時間帯が長かったというのが正直な感想ですが、リードしていたからノー問題。は2-0のまま試合が進み、2分のアドなんとかタイムのギリギリにツエーゲンのゴール!で3点目、と思わされましたが、PKの判定。ゴールと見えたものの、実はノーゴールで代わりのPKだとその時は思っていたのですが、なんとゴールされていたのにPKだったとか???
そのゴールをフルベ13が決めると同時に試合終了で金沢サポは良かったのかな?

ちなみにParkerさんハットトリックキャンペーン2-0で金沢勝利を予想しており、2-0のままでもイイヨと思っていたのですがw、フルベ13の得点になるのなら3-0でもイイジャマイカと太っ腹なところな漢ぶりを発揮!

セットプレー、個人技、アドなんとかタイムの得点に無失点とお客さんに大満足の試合でした。そのお客さんの数、公式は1392人ですがもっともっといたような気がします。スタジアムのふいんき(残り3節でも変換できない)などは次の機会に

|

« ドラゴン vs シーサー | トップページ | 名探偵パカロ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

俺ももっといると思ったんですけどたぶん学生無料の数は入れてないんだと思います

投稿: アボ | 2010年11月14日 (日) 22時02分

雰囲気。ふんいき。

誰かのマネでつね。

投稿: あぽーたー | 2010年11月15日 (月) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラゴン vs シーサー | トップページ | 名探偵パカロ »