« ドラゴン・オン・ドラゴン | トップページ | ゴール収穫祭 »

2010年11月 8日 (月)

ノーガードの撃ち合い アウェー流通経済大FC戦観戦記

ど~も、移動の車中は「おしゃべり王子」のつもりですが、周りの評価は「おしゃべりオヤヂ」または「おしゃべりクソ野郎」、Parkerです。

さてさて、まさにドラゴンのための会場ともいえる、龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドまでツエーゲンの勝利を見届けるべく行ってきますた。ちなみにParkerのアウェー観戦は××△△×、未勝利orz。逝きの車中でこのことを言うと途中で降ろされると思って、「おしゃべりクソ野郎」も黙っていました!

結果はみなさんご存知のとおり4-2でツエーゲンの勝利!ようつべで全ゴールも上がっていました。前回希望したドラゴンゴールも久々に見られたのですが、まぁ現場の空気は、ちょっと微妙だったかな?

先発メンバーはベンチ入りもなかった巌王に代わってのミッチーの他は前2試合と同じ。サスペンテッドが解けたアヤトの先発復帰はありませんでした。
前節のホーム鳥取戦では中盤の守備が良かったとの感想を書きましたが、たった1試合でここまで悪くなるものかと思えるほど守備崩壊。俊足3トップきみの流通経済大にディフェンスラインの裏を取られまくり。フリーで撃たれたシュートがバー直撃した場面にはヒヤリ。しかし、フルベ13が前線でキープし、ゴール前に流したボールをドラゴンが流し込んだ26分の先制点で一気にツエーゲンペース。コーナーからの流れでレッドクリフ諸江が頭で追加点と思われたもののオフサイドで1-0で前半を終えます

後半8分にはコーナーからの流れで今度こそ諸江の頭で追加点。しかし、オフサイドになった場面と言い、コーナーで諸江をフリーにしてもらえてラッキー。

この試合に敗れるといよいよ降格が濃厚となる流通経済大は攻撃に人数をかけてきます。ボールを持ったらディフェンス4人以外が攻撃参加。この日もともと守備がダメダメだったツエーゲンは無失点で試合を終えることはできませんでした。1点目の失点シーンは相手4人がペナルティエリアに侵入しているのにみんなフリーorzボールへの寄せが甘すぎでしたね。

流通経済大がディフェンスラインを高くして攻撃を高めるということは逆に言うとツエーゲンにカウンターのチャンスが生まれるということ。3・4点目は浅いディフェンスラインの裏をパス1発で抜けたもの。ミッチーの3点目はツエーゲンボールになった時点で、ゴールまでのイメージができていたのでしょう。後方から猛然と駆け上がり一気にディフェンスラインの裏を取ってゴール。現地ではそのスピードと距離の長さに感嘆しましたが、つべで見るとそんなに感じないなぁ。現場で見ていたらすごかったですよ。
4点目は前線で裏を狙っていた陽介のしてやったりのゴール。これだけじゃなくてあと2・3点はイッタ!と思わされたシーンがありました。そのうちフルベ13が2回ぐらいあったのかな。フルベ13はすごく悔しそうでした。フルベ13が一番走っていることをわかっているから、誰も責めてはいませんよ。

このまま1失点で終えられるかと思ったらアドなんとかタイムに2失点目。このシーン、セットプレーでもないのにフィールドプレイヤーうちが8人、流通経済大7人。

某サポ「バ○試合」、某々サポは「観ている人には面白い試合だったはず」。見ている立場によって言い方が変わっただけでどちらとも言えるでしょう。それを踏まえてParkerは「ノーガードの撃ち合い」と表現した次第。
まぁうちは「ノーガード」は望んでそうしたわけじゃないですけどね!

レポートはまだ何回か続く予定です。

|

« ドラゴン・オン・ドラゴン | トップページ | ゴール収穫祭 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラゴン・オン・ドラゴン | トップページ | ゴール収穫祭 »