« 狙いうち | トップページ | 津幡でのホーム最終戦 »

2010年10月 3日 (日)

結果が一番 ホーム栃木UVA戦観戦記

ホーム津幡で栃木UVAにアドなんとかタイムでの得点で1-0の勝利でした。

結果です、結果が一番です。

経過については後の方でちょこちょこと書きます。

 

アドなんとかタイムは2分。その2分を経過したと思われ、そろそろラストプレーかと思われた時間に雄大が右サイドからドリブルで切り込んだところをファールで止められ、ゴールほぼ正面20~25メートルの位置でフリーキックを得る。ボールの近くには巌王(注・山根です)、雄大、もう一人はルー林だったのかな?誰が蹴るんだろうと思っていたら巌王が直接狙い、GK和田翔太がキャッチと思いきやファンブルしたところを斎藤YO!介が押し込む。

開幕戦うちがやられた逆のパターンですね。詰めていたYO!介はグレートジョブ。このゴールは決して偶然ではなく、交代で出場してから執拗にボールを狙っていたYO!介だからこそ決められたと言えるかもしれません。

ゴール直後YO!介をはじめ多くの選手がサポゾーン前に走り込む。UVAボールで試合が再開されるも、その直後に試合終了の笛。ツエーゲンが7試合ぶりに勝点3を得て、4試合連続無(ryを免れました。

 

先発はお久しぶりねの田中俊也でした。久保の出場停止、菅野の不調で回ってきた先発でParkerは俊也を待っていたわけですが、今日の出来では久保復帰後の出場は難しいと思えました。ボールを追わない、ゴール前まで走れないでは交代は仕方ないですね。その交代で入った斎藤陽介は必死のチェイシングで(後半途中0-0の場面で入ったということを割り引いても)見ているこちらも力が入りました。

 

攻撃は今日も「べー走ってこい」のフルベ13の突破が目立っていました。ただ、中盤でフリーな状態での相手へのプレゼントパスは勘弁。もっと細かいプレーを大切に。雄大も無尽蔵のスタミナを発揮、高い位置からのクロスは良かった。あとは巌王などのパスカットからのカウンターも有効でした。まぁこれはうちも何回も食らっていたんですが。

相手にカットされるのは仕方ないですが、フリーな状態でのパスミスが多すぎ。何回スタンドからため息がもれていたことか。でも最後は歓声だったからノー問題。

 

前半は良くなかった。開始10分で決定的ピンチを3度食らう(この試合印象的なシーンだけで、ディフェンダーがゴールライン上でボールを蹴りだした場面1回、バー直撃、ポスト直撃各1回。おしゃべり王子とアヤトがサイドに張っているせいなのか中盤がスカスカ。こりゃ主導権を握られるよなorz。UVAの攻撃的サッカーは見ていて単純に面白いですね。UVAは最後のシュートに問題があるだけでなく、フリーキックの精度が悪杉。

後半に入るとUVAが疲れてきたのか久々にパスが繋がる場面が出てきてワクワクしてするも点に結びつかない。そんな中、雄大の低い位置からのタイミングの速いクロスに陽介?が頭で合わせたシュートは久しぶりに見た良いシーンでした。右の雄大が積極的に上がるからか、左のルー林は上がることを止められているのかな?左サイドがぽっかり空いているのに上がる場面があまりありませんでした。3バックにしたのか?

審判はうちに辛かった印象。転んだらすべてファールかと思たw

 

ここ3試合と違ってチャンスは何度もありましたが、うちが良かったというより相手が悪かったからでしょう。ピンチも何度もあり、1回でも決められていたら・・・。

まぁリーグ下位同士の対決、先の丸い矛対穴だらけの盾の戦いでした。

でも今日は勝ったからノー問題

 

今日の勝利・得点が、チームが変わるきっかけになること祈ります。

|

« 狙いうち | トップページ | 津幡でのホーム最終戦 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狙いうち | トップページ | 津幡でのホーム最終戦 »