« ニーガッタ チャンス | トップページ | 俺たちはもっとやれたはずだ 天皇杯新潟戦観戦記 »

2010年9月 4日 (土)

天皇杯1回戦 JSC戦観戦記

全社北信越でJSCを見ていて、昨年よりは力が落ちていると思っていたので、負けないだろうなとは思っていました。
実際後半の一部の時間帯を除いて終始うちが試合を支配していたと思います。しかし、先取点が遠かった。JSCにカウンターやコーナーで先取点を与えていたらと思うとゾッとします。

ボールは支配していたものの前半の決定的チャンスは2回だけだったと記憶しています。アヤトが抜け出して角度のないところからのシュートとコーナーをレッドクリフ諸江がフリーで合わせた場面。JSCの守備が強固との見方が多いようです。確かにゴール前に人数をかけ、肝心な場面ではドリブルを止められてはいましたが、サッカード素人はうちの攻撃陣に原因があったと思っていました。
視野をもっと広げる、プレーの選択をもっと速くする、サイドをもっと広く使っていれば楽な試合展開になっていたと思います。
あえて1人名前を上げるとヒッキー。ペナルティエリア近くにヒッキーの前にポッカリとスペースが空いていた場面が2度3度ありました。ドリブルもできるし、シュートも撃てるし、狙ったパスも出せる空間と時間があったのに単純なクロスに終わり残念でした。もっともヒッキーが積極的オーバーラップしたからこそJSCが対応できなかったスペースだと思うので、今後もこの調子で上がってもらいそこからのプレーに期待したいですね。
JSCで警戒すべき選手として9番高瀬の名前を挙げていましたが、雄大がしっかりマークして2・3回ヒヤッとさせられた場面がありましたが仕事をほとんどさせなかったといっていいでしょう。雄大の攻撃は前半はオーバーラップをしたもののボールが回ってこなくてかわいそうでしたが、後半になるとボールが回ってくるようになり得意のえぐる動きでツエーゲンの攻撃が活性化させました。林が左サイドバックに入るとこうした攻撃が見られるかわからないので難しいところです。前半は右のヒッキー、後半は左の雄大を使うよう監督の指示があったかもしれません。
後半も惜しいシーンが何度もあり、もったいないお化けが出てきそうでしたが、ドラゴンがお化けを退治してくれました。ドラゴンのポストでツエーゲンの攻撃がスムーズに流れてきました。美しいジャピングヘッドは惜しくもキーパーに弾かれましたが、そのコーナーでレッドクリフ諸江のヘッドが3度目の正直で先制。これで安心できると思いましたが、その後JSCに右サイドから崩される場面が何度もあってヒヤヒヤさせられました。
そして試合終了間際前がかりにきたJSCにカウンターが決まります。交代で入ったイワ王がパスカットしたボールを久保に渡して2対2の場面を作ります。今度は久保からフルベ13へ絶妙のパス。走りこんできたフルベ13の足元にピッタリ収まり、キーパーと1対1となりフルベ13のJSCゴールへのスナイプが見事に決まります。
さらにその直後、相手陣内のボールをフルベ13らしい「無駄走り」でゴールライン近くでマイボールにして交代で入っていたぺナルティエリアに入ってきた林にマイナスのパス、ゴール前に走りこんでいたドラゴンへのパスかと思われましたが、狭いニアへのシュートを撃つと(久保に気を取られて左足に重心がかかっていたように見えた)キーパーの足元を抜けてツエーゲンでの初ゴールとなりました。
フルベ13は2列目にいるときは「ベー走ってこい」的なパスで「無駄走り」(褒め言葉)をさせられていて、これがツエーゲンの攻撃パターンと思っていたので前線に上がってからはちょっと寂しく思っていました。しかし、この日のフルベ13は相手ボールを「無駄走り」(褒め言葉)とも思えるチェイスで3回ぐらい奪っていて嬉しくなりました。
終わってみれば3-0。ただ2点は終了間際のカウンターからで先取点が遅かったのでスコアほどの差がなかった試合と評価できるかもしれません。しかし、Parkerは、個々の技術、体力、連携などカテゴリーの差があった試合だと思っています。まぁ先取点が取られていたらわかりませんでしたがw
これまでの天皇杯のツエーゲンの勝利はすべて1点差だったので初めての大勝と言ってもいいかもしれません。一方でJ相手に過去3度対戦して1点も奪っていません。明日はまずは新潟から得点を奪いたいですね(0-0からのPK勝利でもノー問題ですがw)

長くなったのでこの辺で。上手くまとめられないorz
この試合に関してはまたうpするかもしれません。


公式記録

|

« ニーガッタ チャンス | トップページ | 俺たちはもっとやれたはずだ 天皇杯新潟戦観戦記 »

気合ダァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニーガッタ チャンス | トップページ | 俺たちはもっとやれたはずだ 天皇杯新潟戦観戦記 »