« Hondaへの補助金は出さないよ | トップページ | 北信越リーグ最終節 テイヘンズ-塩尻アンテロープ観戦記 »

2010年9月19日 (日)

北信越リーグ最終節 ゴールズ-新潟医療福祉大

ど~も、竪町にアローズ開店と聞いて、なぜ金沢に富山のサッカーチームの店ができるんだと一瞬思ったオヤヂです。もちろん、一瞬だけでしたよ、だって今はカターレですからね!

 

さてさて、ツエーゲンはアウェーでHondaに敗れましたが、現地観戦した某サポ氏によると惨敗だったらしいですorz。次はアウェーで難敵秋田に快勝した松本。悔しさをアルウィンで晴らしましょう。

 

しかし、今回のネタは北信越リーグ最終節。2部ゴールズFC-新潟医療福祉大、1部テイヘンズ-塩尻アンテロープを観戦してきましたので簡単(=手抜き)レポートを。

 

この2試合は試合前から見どころがそれぞれありました。2試合見るためにHonda戦をスルーしたといっていいでしょう(ウソ)。

 

まずはゴールズ-新潟医療福祉大。両チームとも降格・昇格に絡む順位ではなく、試合結果そのものには関心が薄い試合でした。

しかし、ゴールズFCの顔ともいえるGK吉岡選手(ツエーゲンサポにもファンが何人かいます)が自身のブログでこの試合を最後に退団を表明、かつ監督不在で監督代行という異例の状況。

 

試合開始直後に市民に着くとゴールズサポのチャントと太鼓が聞こえてきます。

前半は新潟医療福祉大がボールをゴール前まで運ぶ回数は多いものの、カウンターで反撃するゴールズが決定的チャンスが多いという展開でした。先取点は右サイドからのグランダーのパスをキーパーが弾いたところを押し込んだゴールズ。その後も1対1のチャンスを2・3回逃す拙攻が惜しかった。守備ではゴール前の高さがなく、コーナーの場面では不安定でした。そして体力も。ホームなのにベンチに選手?は2人しかいなく学生相手に後半もどうなるかと思っていました。

後半に入ると予感は適中。コーナーを頭で落としたところを押し込んで新潟医療福祉大がまずは同点に追いつきます。後半15分になるとゴールズの足が止まり、中盤はスカスカ、カウンターを仕掛けるも走りきれない状況が続きます。チャンスはカウンターからのセットプレーぐらいでした。守備では完全に足が止まるも、失点を3で抑えられたのは、新潟医療福祉大の不正確なシュートのおかげと吉岡の活躍でしょう。

MOMは吉岡。コーチングというより最後方からチームを力づける言葉が良かったですね。

試合後はサポからの吉岡コールに泣き崩れる吉岡。サポ・ファンの前で退団だけでなく、引退し、東京で少年サッカーのコーチになることを報告していました。何もなかったかもしれませんが、良い引退セレモニーでした。アマチュアサッカーでなかなか見ることもできませんしね。

 

長くなったのでテイヘンズ-塩尻アンテロープの簡単(=手抜き)レポートは次回に。

松本煽りネタはもうしばらくお待ちくださいw

|

« Hondaへの補助金は出さないよ | トップページ | 北信越リーグ最終節 テイヘンズ-塩尻アンテロープ観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Hondaへの補助金は出さないよ | トップページ | 北信越リーグ最終節 テイヘンズ-塩尻アンテロープ観戦記 »