« 全社北信越大会 富山新庄クラブーサウルコス福井観戦記 | トップページ | 全社北信越大会 JSCー長野パルセイロ観戦記 »

2010年8月14日 (土)

全社北信越大会 テイヘンズーサウルコス福井観戦記


サッカーの神様は今年の全社北信越大会にもいらっしゃいました。
実に実に貴重な聖水をテイヘンズ、サウルコス福井の選手に下されました。
まぁこれは観戦者であるParkerの勝手な思い込みで選手はどう思ったのかはわかりませんが・・・。

全社北信越に参戦した昨年までの3年間の第一印象は暑い中での戦い、消耗戦でした。ところがこの日の石川県は朝から雨で涼しい。重馬場となれはポスト横山翔選手を持つテイヘンズが有利(サウルコスのポスト役となるであろう中村選手は結局この日は欠場でした)である一方、2日連続の試合となる福井にも有利に働くと思っていました。
会場の物見山には屋根の下で観戦できる場所はなかったはずだと覚悟していきましたが、ホーム側、アウェー側に少しですが雨の凌げる場所がありました。少し空いていたので座らせてもらいましたが、ツエーゲンの試合会場で見る顔が多い。皆さんヒマ熱心ですね。さらに松本戦でしか見ない顔の方がビールをParkerのために持ってきてくれたので、屋根の下を提供しました。車で来場したので当然飲めませんでしたけどねorz

今シーズンの北信越リーグの直接対決では1勝1敗の両チーム。Parkerはその直対決のうちテイヘンズが勝利した試合を見ています。この時は福井がgdgdで印象が悪かったのですが、前日の新庄戦が良かったので好勝負の予感はしていました。それでも先に書いたように中村選手の欠場によりテイヘンズ有利と読んでいました。
FIFAアンサムで選手入場。やっぱこの曲で入場するとアガります。

と前置きが長かったですが、試合の感想自体はザックリ削って簡単に(汗。
先制点はサウルコス。12分(「FukuiMania's Blog」様 から引用させていただきました。以下同)に右サイドからのクロスをジャンピング・ボレーというかバイシクルというか目が覚めるようなビューティフルゴール。
テイヘンズも17分、コーナーからの得点で追いつきます。得点者は元ツエーゲンのヨッシー。
テイヘンズは横山翔のポストを中心に白井・阿岸が絡んで攻撃の形を作っていきます。ただ守備的ミッドフィルダーと梶ブラザーズの不調だったような。
一方サウルコスは大きなサイドチェンジを使うなどパスで攻撃の形を作ります。ところが先制点を記録した鳥山選手が22分に負傷交代します。中村選手欠場に続いての攻撃的選手の交代は不運というしかありません。
試合はこのころからお互い攻めあぐいた印象で、前半を終えます。

さて、冒頭にサッカーの神様の聖水と書いたことを説明します。
試合前から雨が降っていたことは書きましたが、試合中のほとんどは雨が上がっていました。気温は高くはありませんが、蒸して選手の体力を奪っていたことは予想できました。ところが、試合中なんどかシャワーのような強い雨が4・5回降ってきました。この雨が選手の体力維持に良い影響を与えたのではなかったと思うのです。
もちろんこれはParkerの勝手な思い込みなんですが・・・。
このカテゴリーの試合となると後半動きが落ちて大味なサッカーになることが多いですが、この試合では運動量が大きく落ちたように見えませんでした。両チームの選手は最後まで全国大会の切符を狙って全力で戦えたように思えたのです。

後半になると試合はどちらに得点が入ってもおかしくないスリリングな展開となります。
福井はミドルシュートを何本も撃ちますが決めきれない。残念だったのはパスコースがあるにも関わらず力のないシュートを何本か撃った選手がいたことと、前日キレキレだった選手の日ではなかったということでしょうか。コーナーをドンピシャで合わせたシュートはテイヘンズキーパー若林翼選手のビッグセーブで得点ならず。
テイヘンズは横山翔選手を中心に攻めますが、残念だったのが大きな展開が少なかったこと。白井選手のパスは相変わらず美しい。
中盤のこぼれ球を前に出したところテイヘンズの選手が裏に抜け、キーパーとの1対1からグラウンダーのシュートを撃つと、ボールはファーのポストに当たり横に転がったシーンがありました。このままゴールと思われたボールはゴールを通り抜けラインを割る不思議な転がり方をしてノーゴール。誰もがゴールだと思ったのでしょう、スタジアムがどよめきにつつまれます。何人かにこのシーンのことを聞きましたが、誰もがあんなボールの転がり方を見たことがないと言っていました。誰か動画撮っていないかな?

後半終えても1-1のままで10分ハーフの延長戦に突入。やはり得点はなくこのままPK戦突入かと思われたアドなんとかタイムに入ってからだと記憶していますが、サウルコスがなんでもないロングボールのクリアをハンドでPKを与えます。キッカーは横山翔。これで試合が決まったかと思われましたが、横山翔の蹴ったボールをサウルコスキーパー馬場選手がクリア!なんという試合。このまま試合はPK戦に突入。先攻サウルコスの1人目が止められた以外は全員成功し、PK戦5-4でテイヘンズが勝利し、全社本大会出場と明日の全社北信越決勝進出を決めました。

いやぁ第三者として見ていて実に面白い試合でした。
JFL昇格の道を絶たれた福井サポの悔しさ・無念はわかります。金沢サポもたった2年前灼熱のテクノで同じ思いをしました。しかし、選手全員が最後まで勝利目指して戦い抜いたのですからまずは選手を称えて欲しいと思います。
技術的にお互い低いだろうとのご意見があるかもしれません。しかし、それがなんですが。拮抗した力ででお互いの選手が最後まで走り抜き全力を尽くして面白くないわけがありません。
サッカーファンなら当然次の試合の「JSCー長野」を注目していたでしょう。そんな人もこの試合を見たならきと満足できたはずです。

↑というか福井・石川に関係のない人も実際満足していました

サッカーの神様、素晴らしい試合をありがとうございました。
そして両チームの選手・スタッフ・サポは本当にお疲れ様でした。

ブログを楽しみにしているとプレッシャーを与えないでください(泣。

|

« 全社北信越大会 富山新庄クラブーサウルコス福井観戦記 | トップページ | 全社北信越大会 JSCー長野パルセイロ観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全社北信越大会 富山新庄クラブーサウルコス福井観戦記 | トップページ | 全社北信越大会 JSCー長野パルセイロ観戦記 »