« 世を悲しむ   (4をか7し6) | トップページ | 【予告誤報】本田△選手、ゆかりの地のサッカーチームの練習に参加 »

2010年7月 2日 (金)

JFL前期を終えて

一部ネット掲示板ではこのままだとJFLから地域に逆戻りという声もあるようですが、チーム(notクラブ)に優しくかつ前向きな拙ブログは地域に戻ることはまずないと思っています。

しかし、その一方拙ブログのアクセス数は地域時代に戻っています、というか地域時代以下。津幡開催時の観客数のような下降カーブです!だれでも(松本サポでも)いいから助けてくれ。
やっぱり気を引き締めていきましょう。拙ブログも顧客満足度を考えていかなければ。3日も放置してはいけませんね(でも放置プレーをされるのは好き)。

と、酔っぱらった勢いで書きましたが、それがいけないかもしれないorz

さてさて、真面目な話を。
JFL前期が前節で終了しました。ツエーゲンの成績は置いといて、ここまでのJFL全体の感想を書いてみたいと思います。

生観戦はホーム全8試合とアウェー3試合、アルウィンで見た1試合を含めてツエーゲン以外の11チームを見ました。見ていないのは、栃木、琉球、ジェフリザ、長崎、佐川印刷、鳥取。

ホームとアウェーの違いが当然ありますが、ホームで見た(相手からすればアウェー)堅守速攻型は3チームぐらいだったでしょうか(このことは以前も書きました)。これらのチームには残念ながら勝つことはできませんでした。これが北信越なら時間が経つにつれ相手が体力が落ちてきて後半一挙にたたみこむことができましたが当然のことながらそんなことはなかったわけです。北信越では破綻することがほとんどなかった最終ラインも数少ない決定機でやられてしまいました。

リーグ下位チームから確実に勝点3を取れたことは素直に評価するべきだと思います。チームとしてはまずは降格しないことがなにより優先されますからね。

他のチームはすべてポゼッション志向のサッカーをしていたと思います。
SAGAWA SHIGA、Honda FCの前への推進力というか圧力は迫力ありましたが、勝点をあげることができたのである程度満足しています。
惨敗したのは町田戦と秋田戦。町田戦は前半はほぼ互角だったものの自滅といえるかたちで0-2以上の敗戦のショックでした。秋田戦は早い時間で失点したことが響いたせいもありますが、終始秋田ペースでした。秋田はアルウィンでも見たのですが、こりゃ勝てないと思わされるほどの見事なサッカーを魅せてもらいました。サポーターの迫力も松本サポに劣らず、ホームの秋田を見たいと思っています。
結果は別のして、ある程度安心して見れたのは2試合だったでしょうか。結果は別ねw大事なことなので二度言いました!

開幕前から分かっていたはずのこと、JFLはレベルが高いし、安心して見られる試合はほとんどないことは間違っていませんでした。

昨年のJFL昇格を決めた後のおひさるパーチーで某メディアから話をきかれまして、「地域に4年いたんで、JFLを1年で抜けないことは覚悟しています」と言いました(酔っぱらっていて細かいニュアンスは違っていると思います)。甘いと言われそうですが、結果はともあれ今ここにいるJFLを楽しみたいと思っています。

|

« 世を悲しむ   (4をか7し6) | トップページ | 【予告誤報】本田△選手、ゆかりの地のサッカーチームの練習に参加 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世を悲しむ   (4をか7し6) | トップページ | 【予告誤報】本田△選手、ゆかりの地のサッカーチームの練習に参加 »