« ツエーゲンに勝利がアルッテ | トップページ | 内容、バッド。人間性、バッド。 »

2010年7月 4日 (日)

田んぼサッカー ホームアルテ戦観戦記

普段は優しいサポ(自称)のつもりでいますが、今日は勝ったこともあり厳しいことを書きます。

昨日うっかりと本田△を目的wに練習を見に行ったと書きました。練習場所は今日の試合会場、練習時間は雨が降っていました。
その時芝がひどい、というかホーム側センターライン周辺が芝がはげていて、土が露出していたことを見ていました。芝も短いしこれは「綺麗なサッカー」はできないと思っていました。
試合が始まるとアルテだけでなくツエーゲンも、「普段通り」のサッカーをやろうとしていました。
思ったとおりボールは転がず、予測しないところで止まり、お互い「普通であれば」奪われるはずのないボールを失ったり、逆にマイボールにしたりしていました(芝のはげた部分では転ぶ・すべるといった「珍プレー」の連続でした)。
そんなサッカーになることはツエーゲンは前日から予測していなかったのか、状況に応じたサッカーをベンチも選手もできなかったのか、というのがParkerの疑問。アウェーのアルテはピッチの状態を知っているはずもないのでアドバンテージかなと思っていたのですが・・・。

ツエーゲンの1点目はそうした形で奪ったボールから。右サイドのゴールライン近くのボールを山根がしぶとくキープし、低い早いボールをゴール前に送ると飛び込んだ選手がボールをゴールに突き刺します。ドラゴン久保です。「久保にゴールを決めさせる」と言っていた山根の待望のアシストでした。45分前半終了間際といういい時間帯の先制ゴールでした。そのゴール直後の久保と山根の写真はおひさるで見ることができます。芝が水を含んでいることがお判りかと思いますが、芝のない部分もあったんです。

2点目は後半36分、コーナー崩れから曽我部の左サイドのクロスからまたもや久保が頭で合わせました。

前半と後半の開始直後はアルテに攻められたものの、その後アルテに主導権を取られる事はありませんでした。とくに後半ペナルティエリアに侵入されたのは2・3回ぐらいしかなく撃たれたシュートはミドルばかりでした。この日のシュート数はお互い8本でしたが、コーナーの数がツエーゲンの7本に対しアルテは2本だったことからもツエーゲンが主導権を握っていたことが分ると思います。得点以外にも惜しいシーンが2・3度ありました。
止まったりスピードの落ちたボールへの執着心はツエーゲンの方が強かったように思えます(だから勝てたのですが)。特に雄大、交代で入った古部の上下動が特に印象に残っています。

意外だったのは選手交代のカードの切方。雨でボールが走らない状態、それと同時に重いピッチで選手の疲労が溜まりそうだったので、上手いクロスを上げられる赤星の投入があるかと思っていましたが、実際の交代は59分の菅野(前半は水しぶき上がるピッチでもドリブルで駆け上がり孤軍奮闘ともいえる活躍でした)→古部、80分の長谷部→高橋、そして時間稼ぎ?の90+1分の曽我部→根本。ド素人ぶりを発揮orz

今日のGKは前節から続いて「23歳のベテラン」大橋。先発2戦目で無失点で抑えました。コーチングがしっかりしていますね。試合終了間際、アルテ側のコーナーである選手がエキサイトしていたところ「無駄なカードをもらうな」と言っていました。

ヒーローインタビューはもちろん久保!何言っているのかよく聞こえませんでした。マイクの調子が悪いのかと思いましたが、次の上野監督のインタビューはよく聞こえましたよ、と。

今日の審判の基準は最後まで分りませんでした。スタンドからも審判を責める声がよく聞こえましたw

|

« ツエーゲンに勝利がアルッテ | トップページ | 内容、バッド。人間性、バッド。 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

天候が悪かったとはいえ507人の観客とは・・・ 本当にフェルボローザの二の舞になるのではないかと不安でたまりません。

投稿: イシマル | 2010年7月 5日 (月) 12時55分

イシマル さん
あまり悲観的にならなくても。フェルヴォローザの破綻は観客動員と関係ありませんでした。
ただ、スポンサー様にはこの観客数では申し訳ないです。それに来年以降のお付き合いもありますから、当然このままでいいわけがありません。

投稿: P | 2010年7月 5日 (月) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツエーゲンに勝利がアルッテ | トップページ | 内容、バッド。人間性、バッド。 »