« 七尾で俊也のロスタイムゴールで劇的勝利!!!!!!! | トップページ | 天皇杯 金沢大ー北陸大観戦記 »

2010年7月19日 (月)

天皇杯 金沢星稜大ーゴールズ観戦記

ど~も、七尾の敵を金沢で討つ漢、Parkerです。
さてさて、七尾の俊哉のゴールを見られなかった悔しさを、翌日の本田スタジアム(稲置学園総合運動場)の天皇杯4回戦の観戦で晴らそうとしたわけですが、考えると男らしくないかw

本田スタジアムへは以前行った事がありまして、北陸大フットボールパークまではいきませんが、津幡より高いところにあることを知っていたので、暑さもあり自転車を断念し車で行きました。
暑いことは暑かったのですが、前日までは暑くなかったので助かった。試合会場に着いたのは11時50分。スタンドにはParkerさん含めて3人しかいない。キックオフ10分前にこの人数・・・。無観客試合じゃなかったはずと思っていたらキックオフは12:30ですたorz。スタジアム向かいに日陰に入ると意外に涼しくて快適。キックオフ5分ぐらい前にスタンドに再び入るとお客さんも入っていました。最終的には100人ぐらいいたのかな(いい加減な数字です)。

第一試合は。大学と北信越2部の戦いです。県リーグ所属のチームはすでに敗退し、ここからは勝敗の予想が立てにくい対戦です。
ユニは青と白。試合開始直後から青が優勢、得点機が何度も訪れます。
「青」=ゴールズ、「星稜」=黄色と思い込んでいて、北信越2部のレベルは大学よりずいぶん上だな、と思っていたら青チームのGKのユニが星稜カラー?一緒に観戦していた人に確認すると「青」星稜大、「白」ゴールズと分ったのが15分過ぎw白チームに「守れー」「ブロックしろー」と声をかけていた方はゴールズを応援したのですね。これで納得できました。

一足飛びに結果を書くと、1-0でゴールズの勝利。
ここでこの試合の最も詳細なレポートがうpされていたので紹介します。
うp主は
ゴールのGK吉岡選手
坊主だったので最初はわからなかった。

しかし、サッカード素人の悲しさ、Parkerの感想は吉岡選手とずいぶん異なります。

主導権を握っていたのは終始星稜大だったように見えました。特にゴールズのディフェンスが甘くて危なっかしくてしょうがない。ところがもっと不甲斐なかったのが星稜大の攻撃。シュートコースが空いているのにミドルを撃とうとしない、ミドルどころかPA内でも撃とうとしない。日頃温厚なParkerさんがつい口汚く罵ってしまうほど撃たない。シュートを撃たないと点は入らないのですよ!後半終了間際になっても積極的にシュートを撃とうとしない。星稜大が勝てなかった最大の要因は「勇気」の無さだと思いました。

一方、ゴールズの勝因は「勝ちたいという気持」でしょうか。特に吉岡のコーチングと試合後の「勝ったーぞ」の声にそれを感じました。スーパーセーブこそなかったものの(星稜大が積極的に撃とうとしなかったからですが)、コーチングが選手の集中力を途切られなかったのでは。文句なしのMOM。

主審はこのカテゴリには珍しく流すタイプ。しかし、得点シーンは厳しく(と見えました)ファウルを取った印象。クロスにジャンプした選手が転倒したところに与えたPKをその選手が決める。JFLなら選手から抗議続出レベルかとwまぁ当方ド素人なんで。そのPKを決めた日系ブラジル人?の7番はヘッドが得意なのかコーナーキックでもターゲットとなっていたような。しかし、5番の日系ブラジル人?選手と守備をしていませんでした。悪い時のデニスを思い出したwデニスはFWだけど中盤でこれじゃ怖い。
ロスタイムにポスト直撃の惜しいミドルシュートがありましたが、ゴールズの得点機はこれを含めても4・5回ぐらいしかなかったように思えました。

見ていた方としては消化不良な試合内容でした。その原因はもちろん金沢星稜大にあります。

|

« 七尾で俊也のロスタイムゴールで劇的勝利!!!!!!! | トップページ | 天皇杯 金沢大ー北陸大観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七尾で俊也のロスタイムゴールで劇的勝利!!!!!!! | トップページ | 天皇杯 金沢大ー北陸大観戦記 »