« 僕の日の丸のポールがageってきたー(ワールドカップ的な意味で) | トップページ | 松本ー秋田@アルウィン観戦記1 »

2010年6月12日 (土)

辛勝かもしれないが堂々とした勝利 ホームHondaFC戦観戦記

結果は皆さまご存知のとおり、古豪HondaFCに2-1で勝利しました。
JFL昇格以来、ホーム2勝目・津幡での初勝利・初の連勝です。大勝でも圧勝でもなく、辛勝かもしれませんが、運も味方につけた堂々たる勝利だったと思います。

   久保 菅野
 赤星     長谷部
   山道 王子
雄大 諸江 込山 木村
    田中賢治

前節佐川印刷に勝った時と同じ先発メンバーです。

風は弱かったもののツエーゲンが風上の前半。ポゼッションはHondaが上回っていましたが、決定的なシーンを作らせませんでした。決定的シーンはツエーゲンに3回ぐらいあったのかな。菅野がドリブルで持ちこんでのミドルシュートはわずかに外でした。得点は中盤のフリーキックから。はやいリスタートのロングボールにドラゴンが抜け出し、ゴール前まで持ち込む。左で蹴れないなぁと思っているとゴール前にボールをはたき、上がっていた赤星がゴールにボールを流し込んでの先制でした。このシーンでは長谷部も上がっていました(NHKニュースで確認)。
ハーフタイムに前節の試合を見たサポ仲間に聞くと、佐川印刷戦の先制点と同じパターンだったそうです。
Hondaには崩されることもなく、シュートのほとんどはミドルからで田中賢治の真正面で怖くはなかったですね。

後半早々に失点しましたがそのシーンはいろいろあって見ていませんでした。どうやら早いリスタートに対応できなかったようです。
その同点ゴールなくても明らかにHondaの時間帯でした。前半の単発的な攻撃と違って前線に選手を残して怖い怖い。ツエーゲンは受身一方でしたが、怪我から復帰しベンチスタートだった古部が赤星に代わっ投入され、更に菅野に代わって根本投入。だんだんと攻撃ができるようになるも相手を崩すまではいかずにミドルシュートでとどまっていました。それらのミドルは無理目のシュートではなく、コースがあった撃ったもので、積極的なゴールへの姿勢が感じられました。
2点目は古部が左サイドを切り込み、ゴール近くまで持ち込み、ゴール前にマイナスのボールをだし、上がっていた曽我部が空中にワントラップしてのミドルシュートが決まりました。美しい崩しに、ビューティフルなゴールでした。
その後は前の圧力を一層強めるHondaとカウンターを仕掛けるツエーゲンのスリリングな展開。Hondaは7得点のエース9番の新田を投入すれば、ツエーゲンは木村に代えてMJを投入。残り5分でシュートがバーに当って外れた場面、田中賢治がかわされフィールドプレーヤー(込山?)がゴール前に体を投げ出したシーンでは同点も覚悟させらました。ロスタイム3分で、最後のワンプレーと思われるHondaのフリーキックにはGKも上がってきましたが、得点を許さずに勝利することができました。

疫病神Parkerさんが見た勝試合はこれが2勝目。1勝目の流通経済大戦は4-0の圧勝でしたが、今日は最後の最後までハラハラドキドキ。圧勝もイイですが、こんな勝ち方もイイですね。

ホームで勝てなかったホンダロック、MIO、秋田戦に比べて攻撃に連動性が出てきて良かったですね。チャンスにゴール前に複数の選手が詰め、チームになってきたという印象です。センターバックも不利な体勢に持ち込まれる前に積極的に「前に出る」意識が見られました。
一方で試合終盤の時間の使い方に不満がありました。ロスタイムに入ってから相手陣内で前を向いてボールを持つシーンがありました。キープするかと思いましたが、点を取りに行きました。そのこと自体は悪くはないのですが、パスをカットされカウンターを仕掛けられました。点を取りにいくにしてもリスクの低い攻撃のやり様がありますから反省してもらいたいですね。
ゲーム終盤久保が足が止まりかけていましたが、途中出場の古部が最後までボールを追いかけていたのが印象的でした。

アドバンテージで流して欲しいと思う場面が何回かありましたが、今日の審判は良かったと思います。

|

« 僕の日の丸のポールがageってきたー(ワールドカップ的な意味で) | トップページ | 松本ー秋田@アルウィン観戦記1 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕の日の丸のポールがageってきたー(ワールドカップ的な意味で) | トップページ | 松本ー秋田@アルウィン観戦記1 »