« 退歩しちゃうよ | トップページ | 『「ジャパン」はなぜ負けるか 経済学が解明するサッカーの不条理』 »

2010年5月 7日 (金)

拾った勝点1なのか? アウェーアルテ戦観戦記

前回のエントリーは観戦レポートじゃなかったですね。

もっとも攻撃に関してはロック戦と同じでほぼ語ることはありません。ただし攻撃パターンは少し変えようとしていたのかな?ロック戦は久保にハイボールを当てようとしていましたが、アルテ戦はサイドからの放り込みをやや意識していたような気がします(自信なし)。裏に抜けようとする動きをしていてもパスが出なかったのは残念でした。

失点シーンは毎度毎度のゴール近くからのフリーキックから。こぼれ球を押し込まれたものですが、アルテの選手が2人詰めていたのにうちの選手は詰めていませんでした。開幕戦も同じようなシーンで武蔵野の選手だけが詰めていたしこっちも重症ですね。

9分に先制された後もアルテの攻撃にさらされます。30分にペナルティエリアに進入した選手がツエーゲンの選手と接触し「少々派手目に」転倒し笛が鳴ります。うわ、PKかと思うも、倒れた選手にレッドカードが出されます。シミュレーション?で2枚目のイエローでした。この日の主審はあまり評判が良くないようですが、個人的には良かったと思います。その後も10人のアルテの攻勢が依然として続きました。

しかし、後半に入るとツエーゲンペース。彩翔 に変わってネモが入ったからという風には見えませんでした。数的優位の中でネモの正確なパスを生かそうしたのでしょうか?むしろアルテが守備重視できたからではと思えました。それでも攻め倦むツエーゲンでしたが唯一の決定機を75分に山道のヘッドで同点に追いつきます。そこからは再びアルテも点を取りに来ましたがそのまま終了。結果論ですが、もし後半もアルテが前半そのままで来ていたら、と思うとゾッします。シュート数は6-10でした。

どうもボランチとディフェンスラインの間が開きすぎている気がします(サッカード素人)。もっとディフェンスラインを上げられないでしょうか。おそらく監督はMJのロングフィードと高さを買っているのでは思うのですが、高さだけでなく裏の動きにも強かった昨年のコンビ復活、俊足のコミーを使うのもありかな思います。

前エントリーのコメントに書きましたが、監督批判なんかではなくて、ド素人の思いつきをチラ裏代わりに書いたものです。

ジェフリザ戦には行かないんで、どなたか観戦レポートお願いします。

|

« 退歩しちゃうよ | トップページ | 『「ジャパン」はなぜ負けるか 経済学が解明するサッカーの不条理』 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退歩しちゃうよ | トップページ | 『「ジャパン」はなぜ負けるか 経済学が解明するサッカーの不条理』 »