« コミーとドラゴンのゴールが見られるよ | トップページ | 妄想Wカップ »

2010年5月10日 (月)

テイヘンズーサウルコス戦でみた残念な風景と良かった風景

ど~も、評論家(似非)です。
さてさて、今日は昨日の続き、根上で行われた、テイヘンズーサウルコス福井のレポートです。といっても前の試合の印象が強すぎるのであまり書くことがありません。

会場に着いたのはハーフタイムでツエーゲンサポも何人か来ていたので前半は1-0でテイヘンズがリードしていることを知ることができました。ということで後半からの観戦。攻守にテイヘンズが圧倒していました。攻めている時のテイヘンズのサッカーは後方から次々と選手が上がってくるので見ていて楽しい。ロスタイムにタッチを割りそうなボールをスライディングでキープするとそのボールがあれよあれよという間にサウルコスのゴールに入るという意外なテイヘンズの追加点。その直後にサウルコスが1点を返し、2-1でテイヘンズの勝利。サウルコスは猪島がいないと怖さにかける気がしました。

試合内容もそうですが、サウルコスでガッカリだったのはサウルコスがロスタイムに1点を返した直後です。テイヘンズゴール内のボールを急いで抱えてセンターラインに置く選手がいる一方で、とぼとぼと時間をかけて歩く選手が2名。一刻も早くリスタートしなければならないはずなのですが・・・。
アップ時もサウルコスの選手は「全体的にだらけてる」と観客に思われたようです。
2年前の話ですが、テクノに入替戦を見に言った時には選手がスタンドに挨拶する時リフティングをしていた選手がいたことを思い出しました。
上から目線などではなく、一観客としてプレー以外でも「一所懸命」なところを見せてもらいたいと思いました。

ちょっと残念な気持ちで観客席の階段を降りていたら、1人のご老人が(おそらくご家族の方だと思うのですが)付き添いの方の手を借りてParkerの前を階段を降りていました。お1人で階段を降りられない方がわざわざ根上までにサッカーを見に来ているのです。そのご老人は手首に緑のリストバンドをしていて、付き添いの方に「負けたらなおのこと階段を降りるのが辛い」という様なことを話しかけているのです。
わざわざ福井からサウスコスを応援しに根上まで応援に来ていらっしゃったのでしょうか?
サウルコス福井というクラブが生まれたからこその風景だと思います。実にイイものを見せていただきました。(もしかすると選手のご祖父にあたる方かもしれませんね)

そんな方もいらっしゃるのですからサウルコスにも頑張ってもらいたいと思います。

|

« コミーとドラゴンのゴールが見られるよ | トップページ | 妄想Wカップ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コミーとドラゴンのゴールが見られるよ | トップページ | 妄想Wカップ »