« 不可解だが勝点1は納得 ホーム松本戦観戦記1 | トップページ | とりあえず試合以外のことを ホーム松本戦編 »

2010年4月12日 (月)

まだまだチームは完成していない ホーム松本戦観戦記2

前回の観戦記で、攻撃の時間の割りにシュートの数が少ないと書きましたが、その原因のひとつに前線の選手が自ら動いてボールをもらう動きが少ないところにあるように思えました。もうちょっと動いてボールをもらう動きが必要ではないかと。
セットプレーのキックも正確性を欠いていましたし、なかなか得点は難しいという印象でした。

そしてそれに関連するかもしれませんが、ロストボールを追うのに淡白な選手がいたことが気になりました。キープ力・テクニックは抜群であることは認めますが、失ったボールを奪い返そうとする気持ちが見えませんでした(もしかすると疲れで追えなかったかもしれません)。
大きな展開での動きはありますが、狭い局面での運動量が足りない印象でした。

そして守備が相変わらず不安。これはPKを取られたシーンだけではありません。中盤の守備が甘くパスの出し手へのプレスが甘すぎるように思えました。特にMJが負傷退場してからは中盤がスカスカになり(コミーが悪いというわけではないと思います)になり、3節までフリーキックで失点を繰り返したシーンを思い出していました。この試合の失点も相手選手のドリブルを止め切れなくて、ファールで止めてしまったという点では3節までとは変わりません(しかも相手は町田戦でファールをしてしまった木島の弟)。
あえて試合前に書きませんでしたが、木島のドリブルにどう対応するかがポイントだったと思っていました。今のうちのディフェンスは上手いドリブラーに来られると怖いですね。

失点がゴール取消直後というのもいただけません。精神力が弱いと言われても仕方ないでしょう。

前節では初勝利、この試合では初の先制点を上げましたが、その後は3節までの修正点が改善された様には見えませんでした。ですからゴール取消があったものの引分けを受け入れる書いた理由の一つです。
当然Parkerさんはサッカード素人。

そして今のところ6節以降、3節と異なる点が2点あります。
ひとつは山根の復帰。山根が途中出場してからは松本は中盤を省略した攻撃だったため、山根のボール狩は見ることができませんでしたが、脆い中盤の守備の建て直しを期待できます。
もうひとつはCBの控問題。MJが次節復帰できるかは知ることができませんが、以前から拙ブログやTwitterでCBが足りないと言ってだけにMJの復帰に時間がかかるようだと重大な問題になりかねません。

ローカルニュースで例のゴール取消シーンを見ました。ネモがシュートを撃った時GKの横に選手がいてその選手がプレーに関与したと思われたのでしょうか?それでもあのミドルでオフサイドはないだろうというのが正直な感想です。PKシーンの前にレッドクリフ諸江が後ろから両手で捕まれているシーンもねぇ。こんな審判もいるんだと思うしかないですね。
NHKと北陸放送のニュースを仕事を怠けて見ましたが、北信越ダービーということで両局とも詳しく報じていました。
北陸放送のニュースは永久保存物。雄大のゴールシーン(これがベストの角度からカメラ)、ゴール取消シーン、PK前のレッドクリフ諸江が捕まれるシーンまで流すなど因縁を深めよるような映像を流すw。更には久保の華麗なテクニック・パスシーン、更には松本サポ氏のインタビュー(「金沢には親近感を感じる」「J2に上がる時はいっしょに」
という社交辞令)まで流していました。

おまけ栃木県のローカルニュースから

|

« 不可解だが勝点1は納得 ホーム松本戦観戦記1 | トップページ | とりあえず試合以外のことを ホーム松本戦編 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

ゴール取り消しはそういうことのようです。
月曜日、N〇Kと石〇テレビを録画したオレは負け組 orz

投稿: Reo | 2010年4月13日 (火) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不可解だが勝点1は納得 ホーム松本戦観戦記1 | トップページ | とりあえず試合以外のことを ホーム松本戦編 »