« 全社でGO!2010編 | トップページ | サポ(自称)は試合前も忙しい  »

2010年4月25日 (日)

ホーム初勝利は快勝!ホーム流通経済大戦観戦記もどき 

地域時代を思い出す試合、とは言いすぎでしょうか?
今日の対戦相手・流通経済大学は、JFLの社会人リーグと大学リーグの掛け持ち(2重登録)が禁じられたレギュレーション変更の影響か今シーズンで一番戦闘力のないチームだと思えました。

そのレギュレーション変更と流通経済大の現在の勝点から、万が一今日敗れると今シーズンも終了(観客動員的にも)かなと思っていました。
おっと、言い忘れていました。
いろいろあって細かい試合展開やプレーは覚えていません!

覚えているのはハーフコートサッカーだったこと。いや、懐かしいわ。先制点はその前へのプレッシャーが強かったためかクリアミスを21日に誕生日を迎えたばかりのミッチーがミドルで押し込む。あとの3点はいろいろあってよく覚えていませんが、綺麗な得点だったような気がします。もっと点を獲れていたと思いますが、流通経済大も個々の力は北信越リーグの下位チームよりは上のようでしたので仕方ないかもしれませんね。ロスタイムのPK献上は駄目です。田中賢治がセーブして記録上は無失点試合ですが、チームとして1失点試合と記憶してもらいたいものです。
前節からの先発選手はネモに代わって長谷部の起用。ネモの運動量が物足りないと上野監督が考えたのでしょうか?後半から山根が負傷?で曽我部が入りました。その後上野監督にしては珍しく選手交代を早めにきってきました。上野監督はほぼ勝敗が決したと考えたからではなかったでしょうか?

勝つべき相手に勝った試合だったと思います。ただしその勝ちきることが簡単にできないリーグですから良い勝利でした。ツエーゲンの主催試合で2番目に多い観客を集めた試合(のはず)で、3000人を超えるお客さんにも喜んでもらえたと思います。次の試合はゴールデンウィーク真っ最中の5月2日。場所は津幡ですが、今日のような青天ならば芝生席でピクニック気分で見ることができます。津幡は津幡なりに良いところもありますから、来週は津幡での観客レコードを作ってもらいたいと思います。

|

« 全社でGO!2010編 | トップページ | サポ(自称)は試合前も忙しい  »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

今日は待ちに待った快晴で、待ちに待った快勝でしたね。でも絶好の決定機にふかしたりして外す場面もいくつかあったので、良ければ後2~3点は取れてたかも。しかしPKを阻止した場面は本当に感動しましたよ。終盤に失点する悪癖が今日も出ないか心配した途端に、山雅戦のリプレイを見るかのごときPK献上で、今日も完封は無理なのかと萎んだので尚更です。お客さんを増やすには興奮する試合を続ける事でしょう。ツエーゲンの最多観客動員は2、3年前の北国花火大会と絡めたツエーゲンカーニバルでしたから、夏のナイターが一番観客動員が見込めそうですけど、今年の7・8月もナイターないですね。

投稿: イシマル | 2010年4月25日 (日) 21時48分

イシマルさん
試合内容が良かったですから、好天なら昨日のお客さんはリピーターになってもらえるでしょうね。西部の試合がしばらくないのが痛いですが、津幡も家族連れなら楽しめると思うんで期待したいですね。

投稿: P | 2010年4月26日 (月) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全社でGO!2010編 | トップページ | サポ(自称)は試合前も忙しい  »