« 清掃活動に参加したよ | トップページ | まだまだチームは完成していない ホーム松本戦観戦記2 »

2010年4月11日 (日)

不可解だが勝点1は納得 ホーム松本戦観戦記1

松本には悪いと思いますが、選手個々の能力、キープ力、視野の広さ、突破力、テクニックすべてがツエーゲンの選手が上回っていたと思います。
それでも結果は引分。
3節まで観戦してその間で得た勝点1、観戦しなかった前節4節ではJFL初勝利を上げ、この試合にかける期待は大きいものがありました。しかし、選手個々の力は上でもまたもや勝点は1しか得ることができませんでした。
前半は0-0で折り返しました。スルーパスでディフェンスラインを中央突破、パスの交換でディフェンスラインを突破した決定的チャンスはありましたが、シュートを撃つまでは至りませんでした。チャンスを作るもの枠内シュートは1・2本ではなかったでしょうか?
後半は左サイドバックの雄大がゴールラインに近い位置からペナルティエリアに侵入し、ゴール前にパスを送るかとも思えましたが、そのまま角度の無いところからシュートを撃ち、ボールはゴールの中に転がっていきました。
その後もツエーゲンはこぼれ球のミドル、ペナルティエリア近くからのフリーキック、コーナーキックのチャンスを得ますが、ミドルはふかしたものばかり、プレースキックは正確性に欠きました。ゴールライン近くまでペナルティエリア内に侵入してマイナスのクロスを上げるチャンスも何度かありましたが、枠内シュートは無かったと記憶していますし、シュートまで持ち込めないケースも何度もあり、シュートを撃つまでのシーンが攻激の時間の割には少なかったように思えました。

そんな中後半40分前後にペナルティエリアのやや角度の無いところからのフリーキックのチャンスを得ます。キッカーは(ツエーゲンから見て)左サイドなので赤星。赤星の蹴ったボールはGKは弾き(、松本のディフェンスがクリア?)、そのこぼれ球を根本がようやくふかさずに直接ゴールに叩き込みました。松本の選手も抗議などしていませんでしたが、なぜかゴールの取消・・・。
こぼれ球のシュートですからオフサイドのはずがありませんが、サポ仲間に聞くと線審が旗を上げていたとか。とすると赤星のフリーキックがオフサイドになっていたのか。
他にもGKが倒れていたからファールがあったのではないという意見もありましたが、GKは味方選手との接触で倒れていたとの証言があり、ゴール取消の理由は全く分りません。

その直後にペナルティエリア内をドリブル突破され、田中賢治が松本の選手を倒してPKを与え同点に追いつかれます。

終わってみればゴール取消が引分に至った大きな原因です。ゴール取消がなければ勝っていたと思うので、結果が覆ることは全く期待していませんが、その理由を知りたいですね。松本にPKを与えたシーンにおいて田中はレッドでも仕方なかったと思いますが、イエローだったのは主審もゴール取消の判定に自信がなかったからではないかと思ってしまいました。
ただ、ゴール取消はともかくとして、ツエーゲンは決して良い試合をしていなかったと思っていたので、引分けという結果は十分に納得できないものの甘んじて受けます。
どこが良くなかったのかと思ったのは長くなったので次回にします。

|

« 清掃活動に参加したよ | トップページ | まだまだチームは完成していない ホーム松本戦観戦記2 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

あの2点目の取り消しがなければ・・・  試合の残り時間も少なく、今年こそホームで山雅に勝てると思った途端にPKでしたから尚更です。本当に勝てると思った試合だっただけに、何か負け試合の後のようなほろ苦さで一杯です。それにしても今日も刺すような風で本当に寒かったし、相手が山雅でなかったら観客数が千人いかなかったかも。次こそはポカポカ陽気の中でのホームゲームを切望します。

投稿: イシマル | 2010年4月11日 (日) 17時55分

Pさんが参戦したアウェー戦は2戦2敗、ホーム戦は2戦2分。
参戦しなかったアウェー戦は1戦1勝。

そろそろ出入り禁止になるかもwww

つか、たまにはサポゾーンにお越しください。
速報がし辛くて…

投稿: の | 2010年4月11日 (日) 18時48分

イシマルさん
主義として審判のせいで負けとは言わないようにしています。もちろん悔しいです。それよりもその後すぐに失点したうちが悪いと思い、前を向きたいと思います。
の さん
アウェーはサポゾーンに行きます。穂無の試合でメインにいるのは決してサポゾーンに行くのが嫌になったわけじゃなく、いろいろ思うところがあるのですが、それも目処がついてきたので、しばらくしたら復帰できると思います。

投稿: P | 2010年4月11日 (日) 21時29分

どのような判定だったのか気になりyoutubeで見てきました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=VTCGP_nr5RQ
これを0.2倍速再生して見る限りGKは金沢の選手と接触し倒れているようです。
これは反則取られても仕方ないかなと思いました。

投稿: とあるサッカーファン | 2010年4月12日 (月) 01時40分

はじめまして、
今日(昨日)観に行ったのですが
さっき、JFL公式ページの結果見るまで
2-1で勝ったと思ってました。
寒い中最後まで応援してたのに残念です。
なんで??

投稿: とよちん | 2010年4月12日 (月) 02時27分

とあるさんへ。
自分はちょうど線審の方の後ろ側で見ていて、判定がオフサイドだったのですよ。
ファウルとかではなくて…
オフサイドの判定って?というところです。

投稿: よいき | 2010年4月12日 (月) 14時06分

田中賢治のイエロー判定は臥薪嘗胆を読むと納得できるかも。

投稿: Reo | 2010年4月12日 (月) 14時24分

よいきさんへ。
オフサイドとはオフサイドポジションにいる選手が「プレーに積極的に関与する」ことで成立します。
つまりボールに触れなくとも関与したと見なされれば成立すると言う事です。
例えばGKの前に立ってわざとブラインドになったとなればこれはオフサイドです。
今回の場合GKに接触しシュートへの反応を遮ったと見なされオフサイドになったのだと思います。

投稿: とある | 2010年4月12日 (月) 15時35分

実際のところCK後のプレーではゴール前は敵味方の選手が入り乱れているのが普通で、少しブラインドになったぐらいではこれは適用されません。
しかし今回は完全にGKの動きを妨げています。
そういうことだと思います。

投稿: とある | 2010年4月12日 (月) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清掃活動に参加したよ | トップページ | まだまだチームは完成していない ホーム松本戦観戦記2 »