« 初の東京(町田)日帰りは疲れたよ | トップページ | 近藤史恵「エデン」 »

2010年3月30日 (火)

準会員クラブのスタジアムを見る 町田編

町田市立陸上競技場の駐車場に着いたのは昨日も書いたように午前10時45分ぐらい。さすがに駐車場にいるのは金沢サポ数名。そのうちシャトルバスが到着する。某少し北の国サポ氏もシャトルバスで到着、乗客は4人だったとか。それでも短い間隔でバスが到着するのはイイですね。

会場時間には3・400人の列ができていたのかな。ちょっと記憶がないのですが、青かったような気がします。前売りチケットを金沢で席割が分らないまま1000円のチケットを購入していました。しかし、ゴール裏は500円のチケットで良かったようでorz念のため町田の運営の人に、1000円のチケットでゴール裏に入れるか聞いたところ「ありがとうございます」と返されるw

ここからは写真があればすぐわかることを文章だけで延々と書き続けるので覚悟して読むように。

座席のあるのはメインのみ。メイン観客席に入るのにチケットを見せる方式でした。ググるとメインスタンドは987席とのことですが、かなり窮屈に詰めないとそれだけ入らないでしょう。ゴール裏からバックまでは芝生席。芝生席は津幡よりは広いというか幅があります。こんなスタジアムでも行政の理解があれば準加盟ができるのかと正直思いました。

アウェーサポゾーンの指定は仕方ないとして、ダンマクのエリアも滅茶苦茶狭いのは嫌がらせwかと思っていました。しかし、お客さんが増えてきて芝生で座って観戦すると、手すりにダンマクがしばってあると見えなくなるんですね。

ホーム町田のサポはバック席。あそこならまだ試合が見られていいなぁ。

ダンマク設置後スタジアム前の屋台村で食事。種類もいくつもあってお祭りっぽくっていいです。サッカーの試合前の風景として実に羨ましかったです。金沢でもこんな風景を、非日常的な空気を作りたい。
アルウィンのコンコース内と違って天気の好い日は開放的で気持ちいいし、階段に座ることもできて食べやすい。屋台村があると聞いていたので朝食を控えめにしていたParkerさんは沖縄そば(600円)とチキンケバブ(500円)とキリンフリーを購入。沖縄そばは旨かったけど、チキンケバブは期待外れですた。
運営で気がついたのがご老人の方が携わっていたこと。北信越で見た記憶がないので印象に残っています。サッカ-どころ町田だからでしょうか。

金沢のお客さんの出足が遅いとよくいっていますが、町田の方が遅かった。後から後から人が入ってくる。芝生に座っての観戦スタイルからの思い込みかもしれませんし、Parkerがゴール裏にいたせいかもしれないですがが、北信越時代のアルウィン、南長野ほどスタジアム一体となって応援するといった雰囲気・アウェー感があまり感じられませんでした。町田サポのコールに合わせての拍手はメインからしか聞こえませんでしたし、試合終了前に席を立つ人も見られました。まぁあくまで個人的な思い込みなんですが。

出待ちを疲れていたのと試合内容がアレだったのでしなかったことを後悔しています。

当初町田に行く予定はありませんでした。それが行こうと思ったのは、準加盟クラブの運営やサポを見たかったからと前節の内容が良かった上に赤星の加入があったからです。
準加盟の松本は当初から行く予定はしていますが、鳥取には行けそうもないのであとは町田しかないと思って行くことにしたのです。
前者の理由で行って良かったと思いました。クラブの中の人も行っていたので刺激をもらったことでしょう(もらわないと困ります)。

 後者の理由では
   行くんじゃなかったと思いました!

|

« 初の東京(町田)日帰りは疲れたよ | トップページ | 近藤史恵「エデン」 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初の東京(町田)日帰りは疲れたよ | トップページ | 近藤史恵「エデン」 »