« あと一週間 | トップページ | キックオフパーティの翌日に »

2010年3月 7日 (日)

昨日のJリーグタイムが面白杉田かおる

ど~も、鹿島-浦和を後半の30分だけ、ガンバ-名古屋を後半の20分だけ(レッド・カーペットとめちゃイケを見ていたため)しか見なかった似非サッカーファンです。

さてさて、そんな似非サッカーファンもNHK-BSのJリーグタイムがしっかり見ましたのでその感想を書きたいと思います。開幕戦ということもあり、面白い試合が多かったのですが、昨日の放送は試合以外の部分がバラエティ的に面白かった。

ゲスト解説者が枕詞にダジャレのとつくことでおなじみの早野氏でしたからお祭りムードを一層高めてくれます。そして予想を裏切らないダジャレ連発に、早野氏だけでなくキャスターも悪乗りしてダジャレ連発w

広島-清水戦で、「小野を信じてください」

同じく広島-清水戦で清水の大前選手がゴールを決めて「オー・マイ・ゴッド」w「オー・マイ」と「大前」をかけていますって、解説するほどのものじゃありませんねw他人とは思えないダジャレレベルw

キャスター嬢が湘南ホーム平塚球技場にレポートに行った時だったと記憶していますが、早野氏「湘南に行ったんですか」キャスター嬢「しょうなんです」

早野氏はレギュラーキャバクラスター嬢に振ってダジャレを言わせるアシストも記録。湘南-山形戦、平塚のジャーンが得点を決めたシーンで、早野氏「平塚球技場で音が鳴ったそうですよ」キャスター嬢「ジャジャーンですか?」

で、締めがキャスター嬢の一番印象に残ったプレーが、鹿島の興梠慎三選手と小笠原満男選手の「慎満(親密)コンビ」。

ダジャレだけでなく広島の面白PK


Fマリノス木村監督を必要以上に抜くカメラと、敗戦にも関わらず流されたインタビュー、湘南ホームで多分親に無理やりさせられたと思う小学1年生ぐらいの男子の「SHOUNAN」カット(*)とネタ的にも満載。

とここまでバラエティ的、ネタ的面白さについてだけ書いてきましたが、開幕戦特集というためかいつもより長い50分の放送枠で、J1だけでなくJ2の試合の様子も流されボリューム的にも大変満足できました。大宮の塚本泰史選手の骨肉腫発表の記者会見の模様と塚本選手の昨年のプレーも流されたことが良かった。
これだけの長さと濃い内容と、そしてバラエティ的面白さがあれば、総合で放送されても違和感がないと思います。ゲスト解説は早野氏を中心にミシェル氏と原氏で回せばサッカーにそれほど興味のない人も見てくれるんじゃないかなと思います。
そんな意味では木村氏が監督になって二重に良かったと。山本人間力氏もなんでNHKに重宝されているんだろう。現場復帰してくれないかな?

*人の親としてどうかと思います。もちろんいい大人が自分の意思でやる分には全然かまいません。
例えば地域から今年JFLに昇格した某物好きクラブのサポとか。
今年もやるんでしょw

|

« あと一週間 | トップページ | キックオフパーティの翌日に »

その他サッカーのお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと一週間 | トップページ | キックオフパーティの翌日に »