« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

準会員クラブのスタジアムを見る 町田編

町田市立陸上競技場の駐車場に着いたのは昨日も書いたように午前10時45分ぐらい。さすがに駐車場にいるのは金沢サポ数名。そのうちシャトルバスが到着する。某少し北の国サポ氏もシャトルバスで到着、乗客は4人だったとか。それでも短い間隔でバスが到着するのはイイですね。

会場時間には3・400人の列ができていたのかな。ちょっと記憶がないのですが、青かったような気がします。前売りチケットを金沢で席割が分らないまま1000円のチケットを購入していました。しかし、ゴール裏は500円のチケットで良かったようでorz念のため町田の運営の人に、1000円のチケットでゴール裏に入れるか聞いたところ「ありがとうございます」と返されるw

ここからは写真があればすぐわかることを文章だけで延々と書き続けるので覚悟して読むように。

座席のあるのはメインのみ。メイン観客席に入るのにチケットを見せる方式でした。ググるとメインスタンドは987席とのことですが、かなり窮屈に詰めないとそれだけ入らないでしょう。ゴール裏からバックまでは芝生席。芝生席は津幡よりは広いというか幅があります。こんなスタジアムでも行政の理解があれば準加盟ができるのかと正直思いました。

アウェーサポゾーンの指定は仕方ないとして、ダンマクのエリアも滅茶苦茶狭いのは嫌がらせwかと思っていました。しかし、お客さんが増えてきて芝生で座って観戦すると、手すりにダンマクがしばってあると見えなくなるんですね。

ホーム町田のサポはバック席。あそこならまだ試合が見られていいなぁ。

ダンマク設置後スタジアム前の屋台村で食事。種類もいくつもあってお祭りっぽくっていいです。サッカーの試合前の風景として実に羨ましかったです。金沢でもこんな風景を、非日常的な空気を作りたい。
アルウィンのコンコース内と違って天気の好い日は開放的で気持ちいいし、階段に座ることもできて食べやすい。屋台村があると聞いていたので朝食を控えめにしていたParkerさんは沖縄そば(600円)とチキンケバブ(500円)とキリンフリーを購入。沖縄そばは旨かったけど、チキンケバブは期待外れですた。
運営で気がついたのがご老人の方が携わっていたこと。北信越で見た記憶がないので印象に残っています。サッカ-どころ町田だからでしょうか。

金沢のお客さんの出足が遅いとよくいっていますが、町田の方が遅かった。後から後から人が入ってくる。芝生に座っての観戦スタイルからの思い込みかもしれませんし、Parkerがゴール裏にいたせいかもしれないですがが、北信越時代のアルウィン、南長野ほどスタジアム一体となって応援するといった雰囲気・アウェー感があまり感じられませんでした。町田サポのコールに合わせての拍手はメインからしか聞こえませんでしたし、試合終了前に席を立つ人も見られました。まぁあくまで個人的な思い込みなんですが。

出待ちを疲れていたのと試合内容がアレだったのでしなかったことを後悔しています。

当初町田に行く予定はありませんでした。それが行こうと思ったのは、準加盟クラブの運営やサポを見たかったからと前節の内容が良かった上に赤星の加入があったからです。
準加盟の松本は当初から行く予定はしていますが、鳥取には行けそうもないのであとは町田しかないと思って行くことにしたのです。
前者の理由で行って良かったと思いました。クラブの中の人も行っていたので刺激をもらったことでしょう(もらわないと困ります)。

 後者の理由では
   行くんじゃなかったと思いました!

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

初の東京(町田)日帰りは疲れたよ

金曜夜は会社の送別会があるも、酒は飲まず。
理由はもちろん町田戦前日のため。今回はバスツアーが中止になったため、Parkerと申し込みをした2人との計3人で行くことに。開催地が開催地なので1人酒を飲むわけもいかず、運転しなきゃなりませんからね
町田市営陸上競技場は駐車場が狭いという話でしたので、午後2時キックオフでしたが、大事をとって午前3時に出発することに。3時出発となると2時に起きればいいかと思い11時ごろ布団に入ったものの眠れず。結局一睡もしないまま金沢を出発。不安・・・。

今回の長時間ドライブに備え、DVDとCDを持参。出発と同時にPerfumeのライヴDVD「直角二等辺三角形TOUR」を見る。発売と同時に買っていたのに今まで見られなかったのでテンションが上がるParkerさんとPerfumeに全く興味がなくてテンションが下がってくるドライバーw
名立谷浜で一回目の休憩を取り、運転はParkerさんに交代。その前から雪が舞い、道も心なしか白い。しかも上越~信州中野普通タイヤはチェーン規制の表示が。乗っている車は普通タイヤ、不安ですが行くしかない。上越ジャンクションを過ぎると道はますます白くなってくるし、アイスバーン状態になってくる。でもまぁ信号はないし、10センチも積もっていないからなんとなると思っていると、新井でタイヤ検査を行うとのこと。万事休すかと思いましたがスルーされる。どうやら普通タイヤでも溝があったためらしいです。幸いにして順調に走ることができ、梓川で2度目の休憩と運転手交代。今度はしばらくうとうとすることができました。Perfumeの後はオリジナルサッカー音楽CDを聴き、その後2007年のツエーゲンニュースを繋げたDVDを見る。いや懐かしいわ、改めてダニロがシュートを上手いことを確認する。
談合坂で朝食をとり、運転手交代でParkerが運転。八王子インターを過ぎると高速でも渋滞で進まない。北陸道でこんな渋滞経験したことがないぞ。国立府中で高速を降りても渋滞。雪でもないのに、通勤時間帯でもこんなに混むのか。さすが東京。ちなみにParkerさんが東京都内を運転するのは生まれて初めてで過度に緊張する。といっても八王子周辺だけど。金沢で言うと山環の国際ホテル近くを走っている感じでした。会場に着いたのが10時45分。さすがに駐車場ガラ空き。少し寝ようとするが5分ぐらいうとうとできただけでした。

試合後は眠くて選手の出待ちもせず、またもや車内でうとうとしていて、同乗者が戻ってきてから出発。帰りは八王子インターから高速に乗る。思ったより早く高速に乗れたと思い談合坂で休憩しようと駐車場に入ると見慣れたバスが停まっている。もしかして、と思っていると久保が歩いている。高速に乗るのに時間がかかり、後から出発した選手バスに追い越されたようです。雄大は普段髪を結んでいるのね。
帰路の妙高付近は往路よりも雪がひどかった。こんなに長時間高速を運転したのは初めて(しかも寝不足)で無事に帰れてよかった、よかった。
帰宅後は酒も飲まず、ネットも繋がず、サパサカも見ないでシャワーを浴びてすぐに寝る。さすがによく寝ることができました。
自力で行かれる方の大変さがわかりました。Parkerはやっぱりバスがいいなぁ。バスでなくても飲ませてもらえればノー問題w

帰りの車中では高速に乗ってからはツエーゲンの話は避け、浅ヤンとアメトークのDVDで切替をしていたヌルサポ一行でした

| | コメント (2)

2010年3月28日 (日)

ため息がいっぱい アウェー町田戦観戦記2

赤星新加入でサポの期待は大きかったのですが、この試合関してはユンの位置での先発は早かったかな。ユンと古部のサイドアタックが開幕2試合機能していたのに昨日はああいうサッカーでしたから、もっともこれに関しては結果で言っているだけですが。

選手の起用に関してはユンの途中交代がありましたが、ユンの投入はいいとして退いた選手が古部でだったのでビックリしました。この日の攻撃で機能していたのは古部だけだったと思っていたので・・・。交代するのは別の攻撃的選手だったと思っていました。

シュートにしても相手キーパーを目標に撃っているとしか思えなかった。枠内シュートの全てがキーパーが一歩も動くとこなく胸元でキャッチされるって・・・。シュートのタイミングも相変わらず(ほんの)わずかだけど遅いし・・・。

ここまでは軽い不満ねw

開幕2連戦で失点5と重症の守備を当然サポは期待していたわけですが、この試合もお約束の2失点。しかも3試合連続のフリーキックからの失点。「歴史は繰り返される、2度目までは悲劇として、3度目は喜劇として。」ヘーゲルが言ったとか言わないとか。確かにキッカーを褒めるべきキックばかりなのは間違いないのですが、その位置でフリーキックを与え続け同じパターンで失点すると喜劇として言いようがありません(カターレとの練習試合を含めると4度目です)。町田戦でもこの失点の他、同じようにゴール正面で与えたフリーキックは1回、前節SAGAWA戦で失点した位置で与えたフリーキックは少なくとも2回はあったと思います(ちょっと厳しい判定がこの日は多かったように思えましたが、両チームに平等でした)。フリーキックからの失点は必然の失点ともいえましょう。

そしてツエーゲンの選手が棒立ちなってボールを見てしまうシーンもこの日も3・4回ありました。上野監督は簡単に修正できるような発言をしていましたが、簡単にできるとはとても思えません。攻撃サッカーも良いですが、まずは守備を固めてからではないかと小一時間w

これはやや強い不満。もっと良いチームを作って欲しいという前向きの意見と捕らえてください。

そしてサポからため息連続となったのは不甲斐ないとしか言えないプレーの連続
個人名をあげるのは好きじゃないんですけど、曖昧にもできないのであえて書きます、
タッシー。フリーキックの失点には文句は言わない。でもゴールキックがひどすぎました。そのままタッチを割るキックが1度や2度じゃなかったし。センターライン付近とはいえ、町田の選手へのキックもありました。練習を見ているとキーパーは別メニューでキックの練習はあまりないようですが、今週はキックの練習をしてください。
タッチを割るキックはタッシーだけじゃありませんでした。ライン際の選手へのパスがそのままタッチを割って、相手にボールをプレゼントがすることが何度となくありました。さぁこれから攻めるぞ、と思ったサポもそのたびに気勢が殺がれ、ため息が多くなっていきました。
個人的にはこの辺が一番疲れた部分でしたが、一緒に観戦したヒマ熱心なサポ諸氏はいかがだったでしょう?
選手にはJFLでもいけるぞとの余裕を持っていたかもしれません。開幕戦2連戦で得点4とはいえ勝点は1しかとっていないのです。
長いシーズンには底の状態もあるでしょう。ずいぶんと早い時期に底がきましたが、選手には気持ちを入れ替えて次の試合に臨んでもらいたいと思った次第。

選手のことばかり書きましたが、Parkerも含むサポもダメダメだった思います。
「選手にはJFLでもいけるぞとの余裕を持っていたかもしれません。開幕戦2連戦で得点4とはいえ勝点は1しかとっていないのです。」と書きましたが、そのまま「選手」を「サポ」に置き換えても通じます。
試合中に選手が聞こえるところでため息ついちゃいけませんね。選手に申し訳なかったです。
あとサパサカも取材が試合前にあったのが変に影響したかな?自分が一番はしゃいでしまって、サポーター(自称)として本当に深く自己嫌悪に陥った。サパサカの久保は見たいけれど、金沢サポが映った部分は傷が疼きそうなので見たくないです。

追記
いつになくアクセス数が多いと思っていたら「今日のゼルビア」さんからのお客さんが多かったのです。
あなたもそうでしょう?
いつもの読者も町田側からみた観戦記が多いので是非「今日のゼルビア」さんにアクセスを!

| | コメント (3)

町田は強かった アウェー町田戦観戦記1

町田の駐車場を出たのが4時50分、運転の交代や土産の購入で少し休憩も入れながらも(食事もとらず)金沢に着いたのが11時57分。前日夜からトータルで1時間程度しかうたた寝をしていなかったので昨日はネットを回ることも、酒を飲むことなく就寝。そして朝になってブログやtwitterをチェック。
金沢サポ的にはヒドい試合と言う他なかったので、意外にも町田ファンの方や久保ファンの中に前半は互角、面白い試合とか書いてあってビックリしました。

その差を考えてみます。
開幕2試合(または1試合)を見ているツエーゲンサポは赤星の加入により前2試合以上の内容と結果を望んでいたのに結果はアレでした。一方の町田ファンの方はそんな事情は一切無関係ですから町田よりの見方をしているでしょうから、(久保のいる対戦相手が怖いというイメージもあり)試合だけをみればそんな感想もあったかもしれません。
観戦場所も関係あるかもしれません。アウェーサポの観戦エリアはあらかじめゴール裏に紐で指定されていました。当然金沢サポはそこから観戦するしかないわけですが、陸上トラックがあるためピッチから遠い上に観客席も低いため(津幡のゴール裏をイメージしてください)、試合がよく見えません。おかげで前半あった惜しいシュートはよく見えず、後半はツエーゲンのシュートをキーパーが一歩も動くことなく胸でキャッチされる場面ばかりを見せられていました。
バックのああいう芝生席なら紐でのエリア観戦とダンマク設置は試合が始まってからはなぜしなければならないのか理解ができました。余計なお世話ですが松本との試合のときはアウェーサポ応援エリアの拡大をお勧めします>町田の中の人。

町田は強かったです。空いたスペースに味方選手が走りこみ、常にポゼッションを優位にし、ツエーゲンは常に後手後手に回っていました。体格のせいもあるのかセカンドボールも町田に多く取られて悪循環が続きました。
走力でも町田に完敗。前半から町田のプレスが強力で(前半アウェー側ゴールに迫ってくる前線のプレスが印象的)、実は前半終了時点で町田の足が止まって勝てると思っていたことを自虐的に告白しておきます(これだからサッカード素人は・・・)
もしかしたらうちのサイドを使うサッカーを研究していたのかな?

これだけなら「町田が強かった」で終わる話のですが、昨日の敗戦で金沢サポが打ちひしがれたのは、うちのサッカーにあったのです。

ここまででも充分長いので一旦切ります。

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

まいっちんぐマチ○せんせい

ど~も、ツエーゲンのゲンは幻聴の幻かと思う今日この頃です。



さてさて、明日未明出発のため会社の送別会を酒も飲まず帰ってきました。会社の人間関係よりツエーゲンを取るw早起き(というより真夜中に起きなきゃ)しなければならないため歌詞を考える時間がなく残念無念、このリベンジ(何の?)はホームの時に晴らしたいです。

本当にもう寝なきゃならないんでごく簡単に明日の注目点を書いてみます。

赤星の先発はあるか?そして機能するのか?
火曜日に合流してからわずか4日ですが、報道によると先発もありということなので可能性は高いのでしょう。2トップに有効なボールを供給し、流れの中での2トップの得点は生まれるのでしょうか?
それに付随してですが、赤星が先発した場合外れる選手は誰になるのか?コリアン・エクスプレスことユンが外れるのと同じ報道で書かれていました。しかし、あのスピードがずーとベンチというのももったいない話。仮に開幕戦と同じように久保が途中交代した場合、ユンの出場があるか?終盤でのユンのスピードは相手にしたら嫌だと思います。

攻撃よりも守備は大丈夫か?前節の試合後のインタビューで上野監督は守備は簡単な修正で対応できるような発言をしていたと思いますが(あまり当てにしないでください)、2試合で5失点した守備は修正できるのでしょうか?

春の移籍期間最後の公式戦でもあります。現在の時点で選手が足りないのは明白です。上野監督は3試合を見てどのポジションに選手が必要と思うのでしょうか?

と時間がない中で書くとギャグがゼロorz
明日もブログの更新が難しいと思います。twitterでハーフタイムと試合終了後簡単な感想を書く予定です。速報は期待しないでください。

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

悩み5320

昨日の続きです。タイトルは「悩みごさる」と読んでもらえるとうれしいです。

Parkerはメインで観戦。真正面から強風が吹きつけると一挙に体温を奪われる感じがしました。しかも時折落ちてくる雨。霙や雪が降らなかっただけマシかもしれませんが、辛い観戦であることは間違いありませんでした。それが証拠に前半終了時点で帰ったお客さんがかなりいました。Parkerの周りで15・6人近くいたんじゃないかな(中にはサポゾーンに移動した方もいらっしゃったかもしれませんが)。

今回の運営では入場口から入ってすぐのアウェー側スタンドからお客さんを誘導させていました。それだと売店の前を通らないのでチョットなぁ、と思ったことは別として、このままだとアウェー側に多くのお客さんが座るんじゃないかと思いました。というのは、2年前の天皇杯でやはりSAGAWAと当った時の記憶があるからです。その時の会場は西部緑地で、入場口はやはりアウェー側だけでした。結果メイン観客席はアウェー側とホーム側がほぼ同数ということがあったのです。しかしその心配は杞憂に終わりました。お客さんはホーム側が圧倒的に多かった。当たり前といえば当たり前のことなのですが。

荒天のためメインでチアペパーを掲げられなかったのは残念。手袋をしていた方も多かったので(まぁParkerだけだったかもしれませんが)、拍手も大きく聞こえませんでした。前半観客席は静かでしたが、後半は、チャンス・ピンチを迎えるたびに歓声と悲鳴が聞こえてくるようになりました。もっとも一番大きな声を出していたのはParkerさんw今年はアウェーはサポゾーン、ホームではメインで頑張ろう(大きな声と拍手をするだけとtwitter?)かなと思います。それにメインにいた方がツエーゲンを取り巻く空気の変化を感じることができそうですし。

SAGAWAサポは5人。荒天の中お疲れ様でした。「レッツゴー刈谷」はなんとなく分るとして、「YSCC」コール?(「YACA」と聞こえていました)の意味がさっぱり分りません。同じリーグに属していてことがないと思うのですが(関東リーグであったのかな?)・・・。

試合終了後の出待ちはゼロだったんじゃないかな。久保がサポ数名(出待ちでなくてたまたまいただけと思われます)と握手しながら駐車場に軽やかに向かっていたのが、前節とえらい違いだと思って見ていました。これも子供さんが少なかったためでしょう。明後日の町田戦後の出待ちはどうかな?

話は観客数に戻りますが、いくら我々が680人「も」と言ったところで、外からみれば「たった」680人。
数字は数字です。幸いにしていろいろなブログを見たところ、面白かったという感想が多かったですし、久保の初ゴールと雄大の豪快ミドルでニュース映像としてもアピールするものがありました。
某所で金沢市民で開催すればもっと動員できたのではないかという意見がありました。確かに先日の天候ではその意見には同意はしますが、逆に好天だった場合市民で入りきれない場合があるかもしれません。津幡に決まっている以上は津幡での動員に期待しましょう。
まずは次回西部に松本を迎え撃つ4月11日の動員に努力しましょう。最低5320人は動員しなければ(2試合平均最低3000人確保のため)なりません。そのためにも松本サポ様には是非多数ご来場いただきたいところ(他力本願)。噂では鳥取で松本サポ様500人だったとか。
うちもよろしくお願いしますよ。

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

悩み680

ど~も、タイトルは「悩みむよぉー」と呼んで欲しいブログです。
さてさて、タイトルとは裏腹に「たった」680人しか動員できず悩み一杯となったホーム開幕戦。Jを目指すクラブとしてお恥かしい数字ではあることは間違いありません。外からみれば「たった」ですが、あの現場にいた者にとっては680人「も」来ていただいことにびっくり、感謝です。

前日の夜は強風で外から大きな風の音が聞こえていた上に雨。朝は幸いに雨は上がっていましたが、強風は収まらず、11時20分ごろには霙混じりの豪雨に。気温は公式発表7.5度。会場となる津幡運動公園には屋根が一切なくコンコースもない。仮にテントがなければ雨の凌げるところはトイレだけです。以前津幡運動公園に来たことがある方こそ、行きたくなくなるような会場です。そんな悪条件の中でもツエーゲンのホーム開幕戦を見ようとする方が680人。680人「も」言いたいのです。

昨年に比べて小学生以下の子供のお客さんが少ない(入場料の影響があるかもしれませんが)。まぁ当然ですね。子供が行きたいとは思わないでしょうし、行きたいと言っても止めた親御さんも多かったでしょう。親子連れのお客さんは親子でツエーゲンサポと思って間違いなかったのでは。
シャトルバスで会場入りした昼食を食べ、ちょっとだけ署名活動をしたのですが、半数近くの方がツエーゲンマフラーをしていたように思えます。グッズ着用率が上がってきたように思えます(いつも言っているような気がする・・・)。

そして意外と言っては本当に失礼なのですが、ご老人といっていい方が多かったです。親子連のお客さんが少なかったため相対的に多く見えたかもしれません。ちなみにメインで観戦していた3人連れの方の1人は会話の中で70歳だとご自身で言っていました。男性だけでなく女性同士での年配の方も連れ立って来場されていました。どうせ招待券だろうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、逆に招待券であんな悪状態でも来場させるということはよっぽど好きだと思うのです。
クラブは来場したお客さんで60歳以上の方を対象にしたプレゼントやイベントを企画したらどうでしょう?おそらくクラブが思っている以上にご高齢のサポがいることが明らかになると思います。そこからビジネスチャンスが生まれるかもしれません。

長くなりそうなので続きは明日です。

| | コメント (0)

緊急投稿 わしはこんなところに来とうなかった

ど~も、オヤヂ幻聴です。
さてさて、話が遡ること4日前の土曜日。当日の記事(タイトル「恐怖の大王」)に当日は仕事であることを書きました。その代休が今日でした。最近休みの日にはいろいろと用事がありゆっくりとできていません。今日はやらなきゃいけないこと(掃除、タイヤ交換、ゲーフラ作成、読書、家でゴロゴロする等等)をして練習見学をパスする予定でした。インターネッツを始めるまでは・・・。
そーです、ネットに繋いでレッドスター赤星の入団を某ブログで知ってしまったのです。といっても赤星のことはそんなに詳しくありません。藤枝東から浦和に入団、出番に恵まれず出場機会を求めて水戸にレンタル移籍までは押さえていますが、水戸での活躍具合は詳しく知らず、浦和に戻ったことはなんとなく記憶にありますが山形に移籍したことは全然知りませんでした。その程度の知識しかありませんが、入団当時は話題になっていたことは覚えています。そしてtwitterに移動して、こりゃ練習見学に行かなければと思い西部サブへ。
日曜ほどではないですが寒い。気温9度。で、タイトルの「わしはこんなところに来とうなかった」とのたまうことになったのです。

本日の練習見学は某サポファミリーともうお1人。某サポファミリーも赤星入団をご存知で、赤星がいるか聞いたところいるとのこと。

     イタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
        /ホンモノダァー\

練習内容などを書けばいいでしょうけれど、残念、Parkerさんの筆力では書けません。
見学後別の方とお話して赤星のポジションを聞く。フムなるほどこう来ますか。
twitterでも赤星論議。別の機会に書くと思いますが、twitterは面白いのでお勧めです。

開幕2節を過ぎ、久保・田中の欲しい時にボールが出ない場面が何度かありましたが、赤星は久保・田中が求めるタイミングと位置にパスを供給できるのか?流れの中で2トップの得点は生まれるのか?ていうか町田戦への出場はあるのか?ついでにParkerさんは町田に行けるのか?

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年3月23日 (火)

連続一面とは報知たの?

ど~も、今回の駄洒落が通じているか不安なブログです。
さてさて、JFL開幕戦に続いてホーム開幕戦もスポーツ報知紙の表一面となったツエーゲン。

JFLに昇格すると、そして久保加入が大きいなぁと思うことしきり。カターレと試合日がずれていたことも幸いでした(日曜の表一面はカターレのホーム開幕戦)。
カターレ、ツエーゲンを大きく扱う月曜日の売上は他の曜日より売上が多いのでしょうか?報知紙も商売ですから売上が見込めるから表一面にしているのだと想像。まさか昨年末のアノ事件の罪滅ぼしじゃないでしょう。
まだセントラルリーグは開幕していないんですよね?だからこその表一面だったのでしょうか?
セントラルリーグ開幕以降もカターレ、ツエーゲンが一面を占めるようになれば、讀賣ジャンアンツの記事よりもカターレ、ツエーゲンの記事を読みたいという読者が多いという証明になるのでしょうか。
報知紙だけにさすがにそれはないか・・・。
ホーム開幕戦の観客数などについては明日書きます

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (2)

2010年3月22日 (月)

北鉄バスでGO!

ど~も、タイトルを「電車でGO!」をもじって「バスでGO!」にしようとしましたが、語呂が悪すぎるので「北鉄バスでGO!」としたオヤヂ系ブログです。ちなみに「北鉄」は「ほくてつ」と読みます、石川県外の皆様。

試合前日の土曜日は仕事、当日日曜朝は町会関係で土方仕事とブログだけを書いているわけでないんですよ。土方仕事の内容は農道の砂利ひき。未舗装の田んぼ道の凸凹で凹の部分に水がたまるのでその部分に砂利を埋めるという、晴れているときでも日頃身体を使わないParkerさんには辛い仕事なのに、あの天候だったでしょう。寒さに震えながらの仕事ですた。仕事は午前中に終わるとのことでしたが、このままだと津幡町役場11:40発のバスに乗れないので、10:40に途中で1人帰らせてもらいました。会社で履く靴がドロドロにorz。

記念すべき全国リーグホーム開幕戦、13:00キックオフだけれども津幡運動公園近くの駐車場は11時には満杯になっているはず。自転車で行きたかったのですが、あの天候なので役場発のバスを利用することにしたのです。
津幡駅役場に行く途中で幹線道路から離れたコンビニに特に買い物はないが寄ってみる。目的は報知の号外。あったー!山積みだぁ。残っていたを喜ぶと同時にあまりにも残っていることに少しガカ-リ。

この日は天候がアレだったんで久保&中田ヤスタカゲーフラは持っていかず、代わりに2年前のLフラッグを持っていきました。バスを待つ乗客の中でLフラッグを振っていると画になるでしょ。

津幡町役場に着いたのは11:15ぐらいだったかな。バスが待機しています。ん1台?まだ誰も乗っていない模様。Parkerさんが記念すべき2010シーズン発情客初乗客になりました。なんかくれ。乗客は1,2,3,4,5,6,7,8,9,10人前後だったかな。Lフラッグ振るどころじゃないw

Uターンするための処置でしょう、バスはバックスタンド側入り口の手前で止まり、そこから入場するようにと15:55に同じ場所から出発する説明を受ける。帰りの時間については15:55発は遅いと思います。特に昨日は寒かったからなおのこと思いましたが、遠方からJRで来ている方にも不評のようです。ぜひ再考を。今回は運賃は無料でしたが、次回以降は幾らになるんでしょう?Parkerは出発が遅杉なので帰りは知り合いのサポ氏に津幡町役場まで送ってもらいました。

バックからの入場は寂しいんでメイン側から入場する。2日前に書いて心配していた目隠しは強風にもかかわらず無事でまずは一安心。それと駐車場側から続々と人が歩いてくる。どうやら駐車場は12:00ごろは余裕があった模様・・・。ま、一度バスを利用したかったのでノー問題。

まずは昼食をと思い飲食ブースへ。津幡弁当はないんですね。まぁ寒かったからあっても出なかったでしょう。熱い倶利伽羅そばを食べました。旨かったです。その時間に雨が降らなくて良かった。テントがなかったので雨が降っていたら食べられなかったかもしれません。飲食ブースの人に今日の売上を聞いたら(ほぼ毎試合後聞いていますw)、やはり悪かったとのことでした。

靴がどろどろでこれ以上汚したくない、先日の武蔵野戦のスタジアム光景が面白かったこともあり、JFLに昇格してメイン観客席が北信越時代に比べてどう変わったのかしりたいのと、なにより試合をじっくり見たかったためメインで観戦しますた。へなちょこサポでサーセン。

帰りを知り合いに津幡町役場まで送ってもらうことを前提に考えればバス利用も悪くないかな、と思いました。大きな荷物を持ち込めない、ダンマク設置などを手伝えないのが難点か。
もっとも晴れた日は自転車で行きたいので、雨の日限定となります。

チケットの裏に中津幡駅から徒歩30分と書いてあるので、機会があれば中津幡駅から一度自転車を押して歩いてみたいと思っています!

次回は観客数などについて書く予定です。

.

.

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年3月21日 (日)

悔しい勝点1 ホームSAGAWA戦観戦記

今回はいつも以上に長文です。読むのを止めたくなったらいつでもどうぞ。

昨年のJFL覇者SAGAWA SHIGAにどんな試合を挑めるか?
前節開幕戦で昨年2位の武蔵野に2点先取しながら、ミスから1点返され残り5分で2点取られて逆転負けを喰らったツエーゲン。2点取った攻撃力はフロックだったのか、終盤足が止まりリードを守りきれなかった守備力は修正されたのか。JFLを戦うにふさわしい戦力を持っているかホームで証明する試合だと思って見ていました。
ということでParkerさんはじっくり試合を見るためと、メインの空気が変わったのか知りたくてメインで観戦。さすがなんちゃってサポ。

記念すべき全国リーグホーム開幕戦というのに天候は最悪。雪こそはなかったものの、低温・強風・雨の三重苦。その影響で観客数はJ準加盟クラブとしてはさびしい680人。観客数については明日以降別の記事に書く予定ですが、試合に一番影響するのは強風です。
雨を含んだ芝は水しぶきを上げボールを止めます。以前市民で重馬場となったピッチで長野パルセイロと試合を行ったことがあります。この試合にはツエーゲンは勝利しましたが、長野サポからはピッチのせいで負けたとの声があったと記憶しています。しかし、その試合の前日にはJFL公式戦が行われ、雨の影響を感じさせない試合を展開していました。芝の状態はその市民の時より今日の津幡が断然良いこともありますが、やはりJFLといういいましょうか、予想していたより試合を左右しなかったと思います。
低温でツエーゲンに心配だったのは久保の体調。武蔵野戦では観客席からでも身体に変調を訴えた交代で今日の試合も90分出られるか、いや出場できるかと思っていたのですが、武蔵野戦以上にボールを追い、体調は武蔵野戦より明らかに上がっていました。

風はホーム側からアウェー側、バック側からメイン側に吹く巻いた状態の強風でした。前半はホーム側からアウェー側に攻撃するツエーゲンが風上を取ります。その風上を利用して、ルーベ、ユン、ネモ、雄大らのサイド攻撃とどこにでも顔を出すミッチー、中盤からゲームを作るアヤヤとツエーゲンが攻勢。久保はマークが厳しくシュート0だったが変態的トラップでボールを繋ぐ、田中はボールをキープするもののプレーの選択とパスの精度が今ひとつ。攻勢を続けるものSAGAWAの守備が堅くてなかなかシュートまで持っていけない。SAGAWAは9番が怖い。9番を中心に少ない手数でツエーゲンゴールに迫るSAGAWA。後半40分、角度のないところのペナルティエリアのすぐそばでミッチーのショルダータックルがファールを取られ、SAGAWAにフリーキックを与える。そのフリーキックを直接決められる。バーを越えると思われましたが、逆風の影響もあったのかボールが落ちたようにも見えました。あれは決めた方を褒めるべきでしょう。

後半から攻勢をかけるツエーゲン。5分にはフリーキックのチャンスを得て、キッカはーネモ。ゴール前の選手に合わそうとするも失敗、と思われましたがPKを得ます。ニュースを見るとMJが手で押さえられていました。そのPKを久保が決め同点に。久保にとってリーグ戦一昨年7月以来の得点とのことです(ローカルニュースから)。
しかし、3分後右サイドを完全に崩されまたもやリードを許します。このシーンはボールウォッチャーになった選手が多く悔やまれるところ。その後も何回かボールに詰めないシーンがあり、ひやひやさせられました。
後半25分には雄大が右サイドからドリブルで切り込み、ディフェンダー2人をかわしてペナルティエリア外からの豪快なミドルを決める。気持ちの良いゴールでした。このゴールはおそらくSAGAWAが前線の久保と田中を気にしてボールウォッチャーになったのではなかったかと思えます。

このあたりからSAGAWAも点を取りに前に出てきて、久保・田中がフリーになり始めます。
一方ツエーゲンは前節で終盤疲れ見えたアヤヤをコミーと交代させます。コミーはそのままボランチに。うん、Parkerは前節の観戦記で選手交代について「もしできたとすれば、MJをひとつ上げ、込山を最終ラインに入れることくらいだったしょうか」と書きましたが、そのままコミーをボランチに入れましたね。ボランチというよりセンターバックの前にもう1人でディフェンダーを置くイメージかもしれません。でもコミーは俊足ですし、ロングスローもあるので途中で最終ラインに入れるよりひとつ前のほうが良いのでしょう。コミー登場でサポゾーンから「コミー」という
黄色い茶色い声が一際大きく聞こえましたw
コミーのロングスローはセンターまでは届かないのですが、久保はそれを知ってか知らないのか、届かないところに構えているのが惜しかったです。後半30分過ぎから久保のボールタッチが増えてきますが、なかなかシュートまでは持ち込めません。シュートは2・3本だったでしょうか?一方田中も万全とは言えません。後半ロスタイム2分で、久保・田中がそれぞれ一度は単独ドリブルでゴール前までボールを運ぶチャンスがあったものの決め切れませんでした。特に田中のプレーはもったいなかったと思います。
後半風下のツエーゲンでしたが、展開としては前半と同じように押し気味でした。ただ、失点シーンのようなボールウォッチャーとなり決定的なピンチは少なくとも2回はあったので(うち一度は失点シーンと全く同じ崩され方)、SAGAWAとしても悔しい引分けではなかったでしょうか。

冒頭で「JFLを戦うにふさわしい戦力を持っているかホームで証明する試合だと思って見ていました」とかきました。Parkerの結論は、前節に続いて2点取ったこと、流れの中でシュートまで持っていく形ができたことで、攻撃力についてはJFLでもやっていけるのではないかと思えました。ただし、久保と田中にはやや不満。こんなもんじゃないんでしょ。
守備は前節の苦い経験を生かしてコミーの途中交代が効くことが収穫だったでしょう。守備だけでなくロングスローがあり、流れの中での高さを生かせるので攻撃のオプションにもなりそうです。
一方で守備陣全体で何回かボールへのプレスが甘くなり、ウォッチャーになる場面が何回かあったことが不安です。
FWの二人への注文はつけましたが、他の選手全てが良かったですね。特に雄大は(決して得点を決めたからではなくて)昨年からを通じてベストのプレーだったと思います。ユンはスピードはもちろんですが、ボールへの執着心が良いですね。ただ後半プレーがやや雑になったのが気がかりでした。

全体的に言って面白い試合・お金を払って見る価値のある試合でした。昨年大量点で勝った試合がいくつもありましたが、それらよりも断然面白い。点が入るから面白い試合ということじゃないということです。こんな面白い試合、県民・市民が一体となってワクワクできて、応援できる試合をもっと多くの人に見てもらいたいと思いますた。

最後まで長文をお読みいただいた方は乙でした。当方サッカード素人、かつ、いい加減なレポートであることをご承知ください。

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (5)

2010年3月20日 (土)

恐怖の大王

2010年3か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
ドラゴンの大王を蘇らせ、
JFLの王座を首尾よく支配するために。

元ネタ
1999年7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモアの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために。

ど~も、花粉のせいか頭痛がorz
雨はもちろん嫌だけど、晴れたら晴れたで花粉で苦しみそうです。
というのは今日は仕事で清掃活動や告知・署名活動に参加できなかっため、せめてということで仕事が終わってから明日の試合会場、津幡運動公園に行ってきました。現地に近づけば近づくほど頭が痛くなってきます。もっとも夕方になるといつも頭が痛くなるのでそのせいかもしれませんが・・・。

会場に着いたのは5時30分過ぎ。クラブスタッフが明日の準備をしていました。おつかれさまです。
スポンサー看板などはまだ設置されていませんでしたが、道路からピッチを見えなくするための目隠しが柵の上に設置されていました。ツエーゲンのエンブレムがひとつ書かれていましたが、他は津幡町のPRなどが書かれていました。かなりの費用がかかっていると思われますが、津幡町(或いは観光協会)から費用が出ていると思われます。ありがとうございます。携帯で写真を撮ったのですが、携帯音痴の悲しさ保存されていませんでした。写真が得意なブロガーには是非写真をうpしてもらいたいところ。

ところがこの風。今もビュンビュン大きな音をたてています。せっかくの目隠しが痛むのではないかと心配です。
冒頭の「恐怖の大王」は「強風の大王」の駄洒落でしたw
この風は
昨年のリーグ戦の順延を否が応でも思い出させてくれますね。あの時はアウェーチームは福井でした。福井にはお気の毒でしたが福井サポさんを含め影響は最小限だったと思います。明日はJFLということで相手チーム、遠方からお客さんもいらっしゃるようなので、まずは無事に開催されることを祈るだけです。
そして、雨も風も少しでも弱くなって、多くのお客さんにご来場していただきたいです。

それとも、明日生まれるはずのドラゴンのゴールが雨と風を呼び寄せたのか!?

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

やねがねーや

ど~も、走り回らない方のPちゃんです(臥薪嘗胆参照)。

さてさて、ホーム開幕まであと2日となりました。
明日はサポによる
スタジアム清掃活動とホーム開幕戦告知ビラ配り&署名活動が行われます。Parkerは年に何回しかない土曜日出勤に当たったため参加できなくて申し訳ないです。
試合当日は朝から町会関係の土方仕事をしなければならないため、スタジアムに何時に逝けるかは不明。どうせ自転車でGO!の予定なんで駐車場もノー問題と思っていたのですが、当日は雨!?土方仕事が早く終わらない場合はシャトルバスを利用することになりそうです。バスは何台出るんだろう?

駐車場問題についてはおひさるから告知が出たので(土曜日か日曜日の北國新聞にも広告が出ると想像)少しは混乱が収まると思いますが、雨の場合現地で困惑する人が多くなるのでは思ってしまいます。
ご存知のとおり津幡には観客席に屋根はありません。西部緑地ではコンコースがあるのでハーフタイムなどでは雨を凌ぐことができますが、津幡では雨のあたらないところは飲食ブースのテント内とトイレぐらいです。以前津幡を訪れた方ならもちろんご存知のことなのですが、西部のような会場だと思い込んでいる方は2時間以上雨にうたれる用意をしていただきたいと思います。

対SAGAWA戦用のネタは準加盟チームじゃないんであんまり浮かばばないw2年前の天皇杯で考えたネタがあったんでそちらを見てください。

2年前の観戦記。昨年同所で行われた入替戦と並んでメインとサポゾーンが一体となって一番熱くなった試合だったと思います。

日曜の試合もその試合と同じような、いやもっと熱くなる試合にしましょう!

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

ごめんですめば偵察はいらない

ど~も、花粉で元気のない方のPちゃんです(臥薪嘗胆参照)。
さてさて、土曜は土曜で朝からやることはあるは、日曜はツエーゲンだということで寝不足気味。ブログに時間をかけすぎているので今日はチャッチャッと終わらすよ。

JFLに昇格し、特に東京での試合だったこともあり、地域と違うなぁと早速思った第1節だったわけですが、スカウティングがJFLではどうなっているかふと疑問に思った次第。
北信越では短期決戦、狭い地域ということで上位チームが次節の対戦相手の試合をビデオで撮っている光景が見られましたが、JFLではどうなっているんでしょう?
一切行わないのか、近場のチームのときだけ行うのか、エロイ人教えてください。

そしてうちには関係ありませんが、今年の地域リーグ決勝大会の出場枠が12チームに決まった模様です(昨年は16チーム)。前年昇格チームがでた地域や登録チームが多い地域は2枠を持っていましたが、それがなくなるようです。これはこれで厳しいですね。しかし、一次リーグはどうするんだろう?

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

今年最後のバスツアー?

前回の続きです。

会場に入るとバックアウェー側椅子席にダンマクが張られている。なかなか壮観。しかし角度がないのでピッチレベルからはよく見えないだろうなぁ。津幡で選手に見せたいなぁ。しかし、一番巨大なダンマクがデカ過ぎて張られていない。津幡でも無理だろうし、アウェー町田戦がお披露目になるのか?

駐車場がほとんどないこともあり、多くの観客は公共交通機関でいらっしゃったと思います。自転車・バイクも多く駐輪されていました。金沢市民や西部でも自転車をよく見かけますが、バイクを見ることはほとんどないので、こんなところでも東京は違うべと感心することしきり。

公式入場者数は1100人でしたが、もっと入っているような気がしました(1500人ぐらいはいるかとw)。久保人気ということもあったのでしょう、メインはホーム・アウェー側ほぼ同じような人数。バックはさすがにホーム側が多かったですが、アウェー側もダンマクをワンブロック外すぐらいのお客さんが入っていました。金沢サポの後で柵によしかかって観戦する方も数名いらっしゃいましたね。

広島サポさんなんでしょう、紫地の久保ダンマクをうちのダンマクの上にかけようとしていたのですが、上手くかけれない方がいました。その方はうちに遠慮してうちのダンマクに足を入れられないので、Parkerがおせっかいにもダンマクを広げる手伝いをしている時に古部のゴールがw古部のゴールはローカルニュースで見ました。
新潟サポさんにもお声をかけてもらいましたし、マリノスサポさんもうちの近くで観戦してようです。そして昨年退団したチビっ子トリオも来場していて、久しぶりに顔を見ました。

試合後の選手の出待ちの人数と客層が金沢と全然違う。やっぱり東京(何回使っているこのフレーズ)。金沢でコアサポ以外で選手の出待ちをするのはほとんどが子供、あとは女性が多いように思えますが、子供は少なく成人男性が多かった。久保、田中俊也といった元J組だけでなく、出待ちで上野監督にサインを求める人を初めて見ました。

帰りの車中は買ったきりで見ていない、JFLの裏でひっそりと開催されるワールドカップとかいう大会関連のD!V!D!(2002年に開催されたやつ)を流す。こんな時でもないと見ることはないなw

Parkerは久保ゲーフラ初お披露目。ついでに中田ヤスタカゲーフラも。昨日のスポーツ報知の写真に写っていましたwカメラの位置関係でヤスタカゲーフラの方が目立っていたのは残念。真面目で熱いサポ諸氏にまた怒られそうな予感orz。

今年のアウェー観戦は近場以外(松本・滋賀・京都・福井)では、カネと家族の機嫌のため開幕戦だけの予定でした。久保加入の影響もあるけれど、東京開催というだけで(というか東京だからか)ピッチ以外の風景が北信越と大きく変わったことが面白く、アウェー町田戦も行きたくなってきた。
(見飽きた)松本以外のJ準加盟のサポも見たい。鳥取、長崎は絶対に無理なので、行けるとしたら町田しかないんだよねぇ・・・。

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は「石川県にJリーグクラブを創る会」へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

今年最初のバスツアー

あの~、おひさるのホーム開幕戦告知はまだでしょうか?開幕戦があれだけローカルニュースで大きく取り上げられ次節ホーム開幕戦の告知もしてもらっても、おひさるがあれじゃ・・・。ビジネスチャンスを逃がしていると思うのですが・・・。

昨日購入した表一面のスポーツ報知さん(某松本サポ氏に嫁ぐ予定)が意外と言っては失礼ですが予想より良かった。署名記事だし、先日の練習見学で顔を覚えたので今度名前で呼びかけようw
北陸中日さんは力の入った記事でした。ツエーゲンサポは必読と言っておきましょう。
スポンサーさまの北國さんはスポンサーさまとは思えない淡々とした記事で肩透かし。ホーム開幕戦を楽しみにしましょう。

さてさて、先日のバスツアーは午前3時30分に金沢駅を出発(実際は参加者が速めに揃ったため10分ぐらい早く出発)し、当初の予定は午後11時45分到着となっていましたが、10時に会場に着くことができました。
参加人数少な!その少ない人数でツアーを実施してくださった株式会社バケーション様には感謝です。
まずはツアーの簡単な説明があって睡眠時間。全然眠れないかと思っていたら、意外にうとうとできた。やっぱりアルコールを控えめにしたのが良かったのかな。睡眠タイム後はParkerが用意してきた気合注入D!V!D!を鑑賞。でも参加者ほとんどが見ていたのであんまり気合が入らなかったかもorz

バスは北陸道を北上し、名立谷浜SAで最初の休憩、上越ジャンクションから上信越自動車道を南下し、横川SAで2回目の休憩、ここで朝食を食べ、関越自動車道に入り、三芳PAで最後の休憩をして西が丘に着いたのは10時頃か。このバスから降りてくるのをカメラを持って待ち構えている石川の某テレビ局(この日石川の全地上波民放4局!がわざわざ東京まで取材に来てくれました)。参加者ビビッて降りられないw。

バスが着いた時すでに金沢サポが30人近く先に着いている。皆さんヒマ熱心ですね。
天気が良い!くそ、日本海側でこの天気は・・・。まぁ金沢も天気が良かったらしいのですが。
Parkerさん、例によって例のごとくコンビニに買出しに行っていると、あれParkerの荷物を置いてサポがいなくなっている。ヲイ、漏れの荷物置いていくなよ!ゲーフラ盗まれたらどうすんだよ(突っ込みところですよ)!どうやらみんなはダンマクを貼りに行った模様。人数が足りているだろうと、Parkerは後来る金沢サポの説明係兼金沢サポここに在りと石垣に寄りかかり日向ぼっこ(アルコールあり)。

開門後会場に入ると・・・・長くなってきたので今日はここまで。読みたくないだろうけど続きます。

金沢サポにもおなじみのブログ、「ここからJリーグ」さんがこれまでの記事を一部まとめ、書籍形式でネットで公開しています。
昨年のJFL4試合を公開しておりますので、JFL勉強にご一読を!

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。
署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は「石川県にJリーグクラブを創る会」へのクリックとご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

ご祝儀的評価 武蔵野戦感想

ど~も、今日は頑張ってレポート書いちゃうよ!と思っていたけれど、「サッカーのある暮らし」さんのような優れたレポートを読まされたらレポを書く意欲がなくなるというものです。

昨日の試合に関しては、久保加入の話題(昨日の入場者数1100人、昨年の武蔵野の開幕戦が674人、ソーススポーツ報知)と東京での試合ということで、「ツエーゲン」で検索すると「サッカーのある暮らし」さんだけでなく、いくつものブログがヒット、某巨大掲示板でも中立の方の書込がありましたし、twitterでも多数のヒットがありました。
こんなところでもあぁJFLに来たんだなぁ、東京はやっぱり違うずらわぁ、と思ってしまいますね。

そんなブログや書込みを見ると、ツエーゲンは所属選手が少ないだけでなく、今季新加入が多いのにこれだけできるとは思えなかった、などうちに好意的な書き方が多かったように思えます。
まぁ(自称)サポも思っていたんですが!
カターレとの練習試合を見てこれだけ攻撃の形ができているとは思いませんでした。昨年の開幕戦とえらい違い。中盤では武蔵野の圧力が強かったもののサイド攻撃が効いてシュートチャンスはツエーゲンの方が多く作ることができていました。残念ながら得点のなった以外のシュートのほとんどがキーパーの正面だったように思えました。
またブログ等で多くの選手が褒められていましたね。

  久保 田中俊
ユン        古部
    山道
   長谷部
根本 MJ 諸江 斉藤
     田代

途中でユンと古部が位置を変えていました。ユンも古部も良かった。

久保はまだ本調子でないようですし、その一方でチームも久保の欲しいボールを出せてなかったような。後半久保の絶妙の飛出しが会ったのにボールが出てきませんでした。他にも良いタイミングで飛び出した選手にボールが来なかったケースが何回かありました。

長谷部だったと思いますが、武蔵野の時間帯にシュートコースが空いていたのにミドルシュートを撃たないシーンが2回ほどありました。中盤の底からゲームを作っていたところは良かったですが、もっとシュートの意識を持ってもらって欲しいと思いましたね。

1点目の失点については田代のキャッチングミスもそうですが、武蔵野の選手が2人詰めていたのに、ツエーゲンの選手は誰も詰めていなかったことの方が残念です。ミスは仕方ないと思うんです、そのミスをカバーできるのが良いチームだと思うのです。

後半足が止まったことは反省点ですが、個人的には(淡路島・静岡キャンプがあったとはいえ)2月の雪で室内練習が多かったことも影響していると思うのです。この点に関しては楽観的(当方サッカード素人)です。

後半足が止まったことに対し選手交代はできなかったのでしょうか?
公式記録を見るとベンチ入りは7人できますがこの日は5人しか入れていません(山根と田中賢治は故障ですが曽我部と豊田は?)。5人はGK大橋、DF木村、込山、FW鳴海、菅野(久保と交代出場)と中盤の選手がいないんですね。もしできたとすれば、MJをひとつ上げ、込山を最終ラインに入れることくらいだったしょうか。

厳しいことも書きましたが、今後の戦いに希望を持てたことは間違いありません。これはParkerだけでなく、サポ、現地で観戦した中立の方々、県内メディアすべてに共通しているように思えます。
ただ、これはJFL開幕戦、アウェー、昨年2位の強豪との対戦という様々な要因があっての
ご祝儀的評価でもあると思います。
Parkerはこれぐらいできるのが基本と思い込んだので、ふがいない試合したらビシバシ文句言っちゃうよw

ちなみにツエーゲンとなってから初の開幕戦敗戦(地域とJFLと比べちゃいけませんね)
あと
3-0からひっくり返されたことがあるから、サポは気にしないこと!

| | コメント (3)

2010年3月13日 (土)

俺ら東京さ行ぐだ

ど~も、替歌を作ろうとして挫折しました~。

ツエーゲン金沢の新たな冒険が明日いよいよJFLで始まります。
昨年に比べれば厳しい戦いが多くなるでしょう。

だからこそわれわれは昨年以上の応援をしなければなりません!
昨年以上に選手の後押しをしましょう!

前にも同じことを書いた記憶があるけど気にしない。
とりあえず選手のチャントをおぼえなきゃ。

さてさて、明日対戦相手の横川武蔵野FCは昨年JFL2位の強豪です。しかしながら主戦クラスの何人かの選手が町田等に移籍したそうです。ダイジェストの名鑑を見ると元Jの選手はいないんですね。そんな中で背番号10の高松健太郎選手は多分ですけど実際にプレーを見た記憶があります。数年前に富山までJFLダブル開幕戦を見に行った時、三菱水島でプレーしていたはずです。三菱水島でルックスもそうですが、プレーでも一人目立っていた印象があります。

一方ツエーゲンは選手が足りないため紅白戦もできず、故障で出場できない選手もいるようで苦戦は免れないと思われますが、昨年来の堅守と高さ、2トップ(久保と田中をキボンヌ)の活躍、そして密かにツエーゲンの選手の中でJFLウオッチャーを一番驚かせるであろうユンのスピードで2010年の冒険を勝利でスタートしましょう。

Parkerはバスツアーで参戦します。Twitterで西が丘までの道中と試合後の感想をうp予定。ハーフタイムはともかく試合中の速報は多分できません。
http://twitter.com/P_RedZweigen
(↑アドレスのブログなどでの直リンの貼り付けはお断りいたします。拙ブログの芸風を知らない方に速報目的で読まれたくないんでご理解願います。)

ブログの更新は月曜日以降になる予定です。

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

署名活動にご協力ください

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。

署名活動の動機と提出先は『石川県にJリーグクラブを創る会』に詳しく説明してあります。

署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします

| | コメント (0)

ニイのムサシノ

元ネタ

チュチュチュチュルチュルルチュチュチュチュル
チュルルチュチュチュチュチュ

ニイのムサシノ 負けたのさ
昼の日だまり 西の丘
遠い東京 緑の芝が
キラキラゆれてる 午後でした
ニイのムサシノ 向こう見ず
真赤に燃えてる金沢に
試合をいどんで 負けたのさ
抜かれて取られて 負けたのさ
ニイのムサシノ 負けたのさ
お日様仰いで 負けたのさ
高い青空 河の横
3月14日の 午後でした

町田戦前は「まいっちんぐマチダ先生」でどうでしょうか?

ホンットごめんなさい

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

JFL開幕戦バスツアー

ど~も、数千人アウェーの前で一人サポという妄想を実現化するのは、70人近くの青い人たちの先頭に赤い格好で1人のこのこ行くことから始めるべきだと思います!小さなことからこつこつ、との精神を実践するParkerさんです。ちなみに酒の勢いでした。

開幕戦のバスツアー申し込みしており、なんとか運行されるとのことで安心しました。
JFL昇格一年目の開幕戦、日帰りツアーということで最小随行人数25人は問題なく集まると思っていました。しかし、実際の申込人数は大きく最少随行人数を下回りまわっていたとの連絡が昨日ありました。今日の仕事中はツアーが成立するか気が気ではありませんでしたが、主催会社の株式会社ヴァケーションさんのご厚意によりなんとかツアーが成立しました。ありがとうございます。

バスツアーのため定期貯金の一部の崩し、車中で見るD!V!D!も用意、家族に嫌味を言われ許可(事後ですが)をもらっていて、もしツアーが中止になっていたらここで暴れるつもりでした。いろいろ言いたいことがありますが、Jを目指すクラブの(日帰りの)開幕戦バスツアーが中止になったら恥ずかしいという思いがあることだけを書いておきます。

持って行くD!V!D!は、昨年入替戦@刈谷のバス内でも流した入替戦@津幡と某サポ氏によるその時点までのローカルニュースをまとめたものツエーゲン2009というべきもの。他にようつべの入替戦@刈谷のダイジェスト、地域決勝@アルウィンの松本戦、地域決勝プロモ映像、ドラゴン久保ゴール集をD!V!D!に焼こうとしましたが、こちらは失敗orz仕方がないので、昨年のJゴール集と、JFLの裏でひっそりと開催されるワールドカップとかいうマイナー大会の関連D!V!D!、その他を持って行く予定です。
他にツエーゲン関連のお宝D!V!D!を持っている方も持ってきて欲しいと思います。
この話は独断です。バスにDVD装置がなかったりして。
そういえばPerfumeの直角三角形ツアーのD!V!D!をまだ見たいないので、持って行ってイイですか?

昨年の全社@市原の行きを深夜バスで行ったんだけど30分ぐらいしか寝られなかったし、仙台の時もほとんど寝られませんでした。原因は酒のせいだと思うんで今回は控え目にします(当社比)。

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

「あねチャリ」

自転車「青春」小説かな?

1月に読んですぐに感想も書き上げていましたが、書くことが毎日ありなかなかうpすることができませんでした。今日は帰りが遅いのと、気になることがあり(明日書きます)新しいエントリーを書く意欲がわかないためようやく陽の目を見た次第。

著者は川西蘭。著者はすでに自転車小説「セカンド・ウィンド」(ピュアフル文庫 現在2巻まで刊行 以下続刊予定、感想をうpしていない)を書いています。

一口に自転車小説といっても青春小説、成長小説、ミステリー、冒険小説などいろいろなジャンルに分けることができます。しかし、競技としてはロードレースが取り上げられることがほとんどと言っていいでしょう。これまで紹介してきた小説もすべてロードレースでした。

ところが本書は珍しくトラックレースが題材となっています。そして主人公は高校を中退した女の子。
トラックレースといえば「競輪」を思いうかべる方が多いと思います。主人公は競輪は男子選手のみですから、「競輪」ではなく「ケイリン」を目指すことになります。「ケイリン」は「競輪」を発祥として世界選手権やオリンピックでも行われている競技で題材自体が自転車小説自体が珍しいのにさらに珍しいと言っていいでしょう。

以下ネタバレ

.

.
.

主人公が打ち込んでいたバレーボールを怪我のため辞め、そのため太ってきてダイエット目的で自転車に乗り始め、そこから自転車レースにのめり込むきっかけから本格的に選手生活に入るまでがほとんどを占めています。トラックレース終盤のもがきなどの描写は書けていると思いますが、トラックレース特有の駆引の妙を期待すると肩透かしを食らうと思います。
トラックレースではありませんが(暴力団の資金源となる闇自転車レースを題材にした
「走って帰ろう!」で はレーズの駆引の描写が楽しめました。

Parker的には「自転車小説」というより、「自転車」を題材にした青春小説、という感じでした。お好きな方はドウゾといったところでしょうか。

内容以外ではタイトル「あねチャリ」が良くないなぁ。もっと良いタイトルはなかったのかな?
それと帯の宣伝も良くない。「人呼んで、”ピストの妖精”」との宣伝文に書いてあるが、本書ではそんな箇所は全然ありませんし、「日本初の女子ケイリン小説」では断じてありません。

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

おひさるリニューアル

ど~も、サポとは名ばかりのクレイマーです。

さてさて、拙ブログにいただいたコメントや金沢系ブログでおひさるのリニューアルが話題になっていて評判が宜しいようで。
ここはクレイマーの名に懸けて難癖をつけてみようかと

と思いましたが、確かに良くなったと思います。
リニューアルに伴ってここだけは直してほしいと思っていたのが、後援会とチケットの案内を分りやすく表示してもらうことでした。フラッシュですぐに目に入るようになったのはGJだと思います。
日程も見やすくなりましたし、会場の地図もリンクされましたから、初めて試合を見に行こうとする方への配慮されたように思えます。アウェーの試合会場は分りにくいですが、次の試合の案内に紹介してもらうことに期待しましょう。

ようやくリニューアルなったところでこんなことを言うのは心苦しいのですが、やっと他のクラブ並になっただけとも言えると思うのです。魅力的なサイトになるかは今からの取組です。
開幕戦の結果(と画像)がいつ更新されるか、そしてホームの試合の告知がどんなものになるか期待したいと思います。

最後はやっぱりクレイマーでした。

| | コメント (2)

2010年3月 8日 (月)

キックオフパーティの翌日に

ど~も、今日は頭が痛かったデス。この痛みは二日酔いだけではないはず・・・。

さてさて、昨日はキックオフパーチーに逝ってきました。
ホント反省しています。

12月に行われたJFL昇格直後の報告会、昨年のキックオフパーティよりも人が少ない感じ。周りのサポに聞いたら、日曜の昼は皆さん忙しく(コアサポは例外)、平日のほうがスポンサー様関連の出席者が来やすいのではないかとの指摘。なるほど。報道機関によって出席人数は400人から500人といたところのようです。

渋谷、米沢両代表理事の挨拶の後、来賓挨拶は森元総理から始まる。ご存知のとおり森元総理はラグビー協会の会長でもあり、FIFAワールドカップ日本招致委員会の特別顧問です。挨拶はどっちかというとラグビー協会会長的立場だったかな。その後も国会議員さんの挨拶が続く。挨拶はなかったものの県会議員・市会議員さんも多くいらしゃっていました。
そのこと自体悪いとは言いませんし、上手く言葉にできないのですが、なんか市民県民からの盛り上がりに欠ける感じがします。会費制のパーティ大いに結構です。馬鹿なコアサポからお金をむしり取っても全然かまいません。その一方で無料で気軽に新体制を披露できる機会が開幕戦までに行えたらな、との思いがあります。もちろんチームの負担は最小限にしなければいけませんし、まだ新加入選手がいるかもしれないことは承知しています。ないものねだりを言っていることは自覚はしています。昨シーズンの選手サイン会はホーム最終戦でした。できるだけ早い時期にサイン界などをやってもらいたいなぁと思います。

その後乾杯の後アルコールも入った懇談タイム。報告会と同じかんじで話しかけたのが失敗でした。報告会のときはシーズンも終わり選手もこちらの顔をなんとなく知っていますが、今の時期選手は金沢に慣れていませんし緊張もしていたでしょうから、こちらもそのつもりで話しかけなければなりませんでしたが、パーティの前から飲んでいたため変なテンションになっており、某選手には特にご迷惑をかけたもよう。すんません。

直接話をさせてもらったのは、木村選手、菅野選手、鳴海選手、ユン選手(通訳を介して)、曽我部選手、田中賢治選手、コミー、ミッチー、豊田選手、上野監督、栗本強化担当といったところ。
曽我部選手に
津幡の紅白戦でネモへのアシストのクロスを出したかかを確認したらやはりそうでした。
何人かの選手に今年ヤレそうかきいたところ、異口同音に「みんな上手いからイケるだろう」と言っていました。
あと、ミッチーと上野監督に拙ブログを紹介していておきました(゚∀゚)

ドラゴンゲーフラを持って行ったので、久保選手にサインしてもらおうと思いましたが、周りに人多杉で会場でのサインは諦める。疲れた顔をしていたような。しかし、その後帰りに無事サインをしてもらえたのですが、なぜその場所に・・・。
Dvc00001
(左下はサッカーーマガジン)

その後2次会で暴れ、またも反省してます。でも知り合いばかりだったからからまいっかw

と、Parkerが二日酔いとなぞの頭痛で悩んでいた時上野監督はこんなところこんなことを言っていた!。おつかれさまです

| | コメント (2)

2010年3月 7日 (日)

昨日のJリーグタイムが面白杉田かおる

ど~も、鹿島-浦和を後半の30分だけ、ガンバ-名古屋を後半の20分だけ(レッド・カーペットとめちゃイケを見ていたため)しか見なかった似非サッカーファンです。

さてさて、そんな似非サッカーファンもNHK-BSのJリーグタイムがしっかり見ましたのでその感想を書きたいと思います。開幕戦ということもあり、面白い試合が多かったのですが、昨日の放送は試合以外の部分がバラエティ的に面白かった。

ゲスト解説者が枕詞にダジャレのとつくことでおなじみの早野氏でしたからお祭りムードを一層高めてくれます。そして予想を裏切らないダジャレ連発に、早野氏だけでなくキャスターも悪乗りしてダジャレ連発w

広島-清水戦で、「小野を信じてください」

同じく広島-清水戦で清水の大前選手がゴールを決めて「オー・マイ・ゴッド」w「オー・マイ」と「大前」をかけていますって、解説するほどのものじゃありませんねw他人とは思えないダジャレレベルw

キャスター嬢が湘南ホーム平塚球技場にレポートに行った時だったと記憶していますが、早野氏「湘南に行ったんですか」キャスター嬢「しょうなんです」

早野氏はレギュラーキャバクラスター嬢に振ってダジャレを言わせるアシストも記録。湘南-山形戦、平塚のジャーンが得点を決めたシーンで、早野氏「平塚球技場で音が鳴ったそうですよ」キャスター嬢「ジャジャーンですか?」

で、締めがキャスター嬢の一番印象に残ったプレーが、鹿島の興梠慎三選手と小笠原満男選手の「慎満(親密)コンビ」。

ダジャレだけでなく広島の面白PK


Fマリノス木村監督を必要以上に抜くカメラと、敗戦にも関わらず流されたインタビュー、湘南ホームで多分親に無理やりさせられたと思う小学1年生ぐらいの男子の「SHOUNAN」カット(*)とネタ的にも満載。

とここまでバラエティ的、ネタ的面白さについてだけ書いてきましたが、開幕戦特集というためかいつもより長い50分の放送枠で、J1だけでなくJ2の試合の様子も流されボリューム的にも大変満足できました。大宮の塚本泰史選手の骨肉腫発表の記者会見の模様と塚本選手の昨年のプレーも流されたことが良かった。
これだけの長さと濃い内容と、そしてバラエティ的面白さがあれば、総合で放送されても違和感がないと思います。ゲスト解説は早野氏を中心にミシェル氏と原氏で回せばサッカーにそれほど興味のない人も見てくれるんじゃないかなと思います。
そんな意味では木村氏が監督になって二重に良かったと。山本人間力氏もなんでNHKに重宝されているんだろう。現場復帰してくれないかな?

*人の親としてどうかと思います。もちろんいい大人が自分の意思でやる分には全然かまいません。
例えば地域から今年JFLに昇格した某物好きクラブのサポとか。
今年もやるんでしょw

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

あと一週間

ど~も、金沢駅での署名活動のことも書かなきゃと思いながらもいろいろネタがあって遅れ気味で~す。

さてさて、昨日の練習試合でようやく初勝利。良い形で得点できたようですが、日曜のカターレとの練習試合を見ているだけに相手が相手だけに(サテライトだけでなくユースの選手も混じっていたようです)と思ってしまいます(汗。

カターレとの練習試合後、選手待ちをしていたサポに監督がわざわざ近寄って、チームはまだまだです、これから仕上げます、との内容のことを言ってくれました。言われなくても試合を見て分りました、とちゃちゃを入れるサポもいました(Parkerです)。そういえば、昨年の全社QFは北信越リーグ3週間前に行われ、その試合もまぁひどくて、試合後上野監督とたまたま会った時「まだまだですね」と軽く毒を吐く程。

リーグ開幕以降は3連勝(福井戦が強風の為延期)した後、(ツエーゲンを除いた)3強の一角アウェーJSC戦で勝点1を得たものの続く長野・松本戦で連敗したのは皆さんご記憶のことと思います。
開幕3連戦したとはいえ決して楽観できる内容ではありませんでした。ボランチが不安定、右サイドバックもやや不安、左サイドバックは運動量に不満、ブラジル人FWも得点を量産していましたが3強に通用するか確信を持てず(諸江・込山のレッドクリフズは期待通りでした)、長野・松本戦でその不安が露になりました。逆に言えばそれだけ不安があっても北信越リーグでは下位チームに勝てることができたといえます。結局足りないポジションに古部、三原、園田の途中加入があり、それによるコンバートがあってチームを建て直してJFL昇格ができました。

言うまでもなくJFLは甘くはありません。そして、JFLの移籍期間では4月3日以降はクラブ間の移籍は7月16日まではできないらしいとのこと。もともとサイドバックの選手が足りていない上、園田退団が輪をかけた形となりました。昨年のようなレンタル移籍も移籍期間のことがあり悠長なことはできません。
あと一週間でどこまでチームを作られるか?、そして新戦力の加入はあるか?

それはそれとして、明日キックオフパーティに逝きま~す。昨年の根本のようなサプライズはあるか?パーティ終了後ツイッターで報告する予定です。
http://twitter.com/P_RedZweigen

最後は宣伝でサーセン

| | コメント (8)

2010年3月 5日 (金)

ツイッターで記事をツクッター

ど~も、今回のタイトルを見るだけで管理人がオヤヂであることがバレバレのブログです。

さてさて、そのオヤヂも流行のツイッターを始めて10日ぐらい経ったのでしょうか。
よくわからないままツィートし、よくわからないままフォローされています。

すんませんね、ブログの宣伝しかしていないのに。

先日のカターレとの練習試合では速報の真似ごとをしたものの、日頃携帯で文章を作ったことのない悲しさ、文章を書いているうちに追加点を見逃すという失態。
それでも日が経つうちにツイッターの魅力がわかってきました。
なんとなくですけど。説明がまんどくさいんで知りたい人はググってください。今日特に思ったのが、情報を発信するだけでなく入ってくるんですね。

本日行われた清水エスパルスとの練習試合をツイッターで速報してくれた方がいらっしゃって、おひさるだけではわからない得点の流れや選手交代を知ることができました。

そして宇都宮徹壱氏が「フットボールの犬」でミズノスポーツライター賞を受賞したことを自身のツイッターで報告されていました。おめでとうございます。

ということで今後もツエーゲンを中心にいろいろとツィートしていきたいと思います。もっとも試合に関しては試合前と試合後はともかく試合中は無理ですね。ハーフタイムではなんとかできると思いますが。次回はキックオフパーティ後か?
漏れが携帯を打つようになるとはちょっと前まで想像もできませんでしたw

すんませんね、ツイッターの宣伝しかしていなくて。

| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

園田退団

長崎サポ石橋さんのコメントを受けて一部訂正しました。

非常に残念です。ツエーゲンの戦力ダウン必至だと思います。
そして園田個人にとってもこの時期の退団で移籍先を見つけることができるのか?

園田を初めてみた昨年北信越リーグ13節アウェー長野戦は衝撃的でした、そして最終節アウェーで松本をチンチンした試合
地域決勝大会は園田が登録期限のため出場できなかっため入替戦を覚悟していました。そして地域決勝さえ乗り越えれば、園田がいるので入替戦でJFL昇格ができると思っていました。
地域からJFLに昇格したしたため多くの選手が退団しましたが、園田はJ2昇格のためには絶対必要な選手と思っていました・・・。

園田の魅力は運動量、古部とのコンビネーションでお互いにスペースを埋め、左サイドを活性化していました。そしてそのプレースタイルは一言で言うと「好戦的。長崎サポさんから徳島サポさんを経由していただいたダンマクでのフレーズは「弾丸野郎」でしたが、個人的には「突貫小僧」がはまると思っていました。
ただ、「好戦的」なのはプレーだけでないことは練習見学や試合終了後の態度でなんとなく見えていました・・・。

とにかく今回の退団はチームにとっても、サポにとっても、園田個人にとっても不幸だと思うのです。

サポに言えることは「園田、ありがとう」の一言です。

| | コメント (2)

2010年3月 3日 (水)

「クラシコ」

ど~も、JFLに昇格しても訪問者は地域時代と変わらない、地域密着型ブログです。

さてさて、そんな地域密着型ブログとしては北信越のことは忘れてはいません。戻りたくないよ。
ツエーゲンがアウェーの時にはJ2カターレだけでなく、北信越も見に行きたいと思っています。今年の全社北信越は石川開催ですよね。
北信越からの腐れ縁ジャナカッタ
お互いがお互いのアウェーで強くうちこそが被害者と思い込んでいる同士でお馴染みの松本系ブログなどで長編サッカードキュメント映画「クラシコ」が話題となっている模様です。
ポスターを見ればどんな映画がすぐにご理解いただけると思います。

まず日本で長編サッカードキュメントを作ろうとする酔狂がイイですね。しかも地域リーグ。映画とはいえこれも立派なサッカー文化・スポーツ文化だと思います。

当事者でなく一番近いであろう傍観者がやっと見ることのできた全社北信越と全社準決勝の信州ダービーは強烈な印象が残っています(そして全社3位決定戦の同点ゴールと決勝ゴールも忘れることができません)。

金沢で一般公開(映画館)されることはないと思いますが、巡回公開でもあれば見に行きたいと思います。
↑これぐらい書いておけば某クラブサポ氏から今度はD!V!D!が送られてくると思います!

Epson273

Epson274

JFL開幕戦、アウェー武蔵野戦のバスツアー募集まだ?(´・ω・`)

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

石川テレビを見よう

ど~も、昨日・一昨日とカターレとの練習試合をネタにしましたが、検索ワード「カターレ」で拙ブログを訪れた方は7人、「松本育夫」で訪れた方と同じ人数(過去7日)だった、地域密着を掲げるブログです。

さてさて、金沢系ブログによると石川テレビの夕方ニュース番組で毎週月曜日ツエーゲンコーナーができたとか。Parkerはその時間は仕事でテレビを見ることができないのですが、素晴らしいことだと思います。
そこでサポができることは普段夕方見るテレビを石川テレビにすることではないでしょうか(他局がツエーゲン関連のニュースをやっている時を除く)。
それが石川テレビさんに対するお礼の気持ちになりますし、ツエーゲンで数字が良くなれば他局もツエーゲンをもっと放送してくれるかもしれません。
少なくとも月曜日夕方は石川テレビ中心で行きたいですね。

後は雑談などを

イラン代表にカリミが復帰したとのことです。以前拙ブログではカリミの追放のことについて書いていました。イラン政府が余裕を持ったのか(もしかすると核処理施設問題が影響しているかもしれません)、サッカー協会が政府から影響を受けなくなったのかはわかりませんが、政治問題でプレーができなくなるのは悲しいことですからまずは喜びましょう。

毎日読んでいる新聞は讀賣と日経。オリンピック報道では断然日経が良かった。浅田選手が銀メダルを取った後の報道は銀メダルのスピードスケート女子パシュートぐらいでした。一方日経はクロスカントリー、バイアスロン、アルペン、アイスホッケーにも紙面を割き、詳しい情報を読ませてもらいました。南アフリカワールドカップ期間中は日経の購読をお勧めします。
スピードスケートのパシュートは自転車の追い抜きからきているのでしょうか。自転車の場合追い抜いた時点で勝利は決まりますが、スピードスケートはどうか気になってググッたら追い抜くと失格になるそうです。

カーリングがよく放送されて、これまでこんなにカーリングがテレビで流れたことはない、選手の掛け声の意味は?などとテレビで言っていましたが、(時差の関係でライヴ中継されたのも大きいにしても)4年前も同じことが言われていましたよね。結局マイナースポーツにとってはオリンピック競技でなければ(しかもメダルをとるか、長時間テレビに映らなければ)、世間一般ではなかったも同然です。

他の金沢系ブログでも書かれていましたが、日本は国がスポーツにお金をかけません。たまにオリンピック選手に税金でオリンピックに行っているくせになどと責める人がいるようですが、オリンピックはともかくとして他の大会への遠征は自費で行くケースもよくあり、金銭上の理由から競技生活から引退せざるを得ない選手もいます。オリンピックの時だけたまたま見てそんなことは言わないように心がけいます(サッカー男子除く)。スケルトンの越選手は自分でスポンサー探しをしたことで有名です。その越選手、スケルトンがオリンピックに復活したソルトレイク以降トリノ、バンクーバーと成績が落ちています。原因の一部にオリンピック競技になったため他国もスケルトンに力を入れるようになったとのことです。
女子パシュートに関しては日本チームはトリノの反省を元に所属チームの枠を超えて一緒にトレーニングした結果との記事を読みました。もしかするとソチ以降、他国もパシュートに力を入れてきてこれまでのように上位に進出できなくなるかもしれません。

すいません最後はgdgdになりました。

明日発売のサッカーマガジンにJFL名鑑が掲載されます。リニューアルなった松本山雅のサイトで知りました!

| | コメント (0)

2010年3月 1日 (月)

練習試合なのに内容濃杉

ど~も、ドラゴンゲーフラが某金沢系ブログでようやくうpされました。ありがと~。次は中田ヤスタカゲーフラうpをお願いします。

さてさて、昨日のカターレさんとの練習試合。前回のエントリーでは内容は語れないと言いましたが、試合以外ではネタ満載w練習試合で走りすぎだな>漏れ。

今回は某サポの車に同乗させてもらいました。金沢駅まで電車で行き、そこで拾ってもらいました。駅に着いてまず発泡酒をゴクリ。よーし、調子出てきたぞー(゚∀゚)。
高速道路でチームバスを追い越し、コンビニで昼食等(等には発泡酒が含まれます)を購入して会場の県総に着いたのは11時20分ころか。金沢サポでは一番乗りだけど、カターレサポは40人近くがすでに終結。チャント練習をしているのを酒を飲みながら見る。
そのうち金沢サポもぼちぼちと到着。カターレサポがチャント集を配布していたので、コールリーダーにもらって来たら?と振ると、
そんなことができるのはPさんしかいないでしょ、と言われる。確かに漏れしかいないわな。
と、いうことでカターレサポ7・80人が開門を待って並んでいるところに、赤いParkerさんがとことこと近づいていくと、「なぜツエーゲンサポがここに来るんだ」という声なき声が毛穴のひとつひとつから入り込んできます。先頭に行って「チャントの参考にしたいんでチャント集いただけませんか」とお願いし
無事いただくことができました。カターレサポさん、ありがとうございました。
カターレさんがカテゴリーが上だし、練習試合だし、コールリーダーさんのお顔も存じていたので、まぁ大丈夫だろうと思っていました。JFL公式戦ではさせないで。でも、やるとしたら松本相手かなぁw
↑やらないんで安心してください松本サポ様

じっくり選手を見たいんでメインでtwitterをしながら観戦。カターレゴール裏の人数はツエーゲンの6・7倍か。ツエーゲンはチャント練習も兼ねていることもあり、カターレサポ圧勝。って、メインでマータリと酒を飲んでいる人間がそんなことを言う資格はないんですけどね。
観客は1500か1600といったところでしょうか。

試合終了後コンコースで行われていたファン・サポータの交流会を同じ車で来ていた仲間と赤い格好でぼ~と見ているとJ’sGOALさんに取材されました。北陸ダービーについて聞かれたのですが、ダービーへの思いだけでなく一昨年の天皇杯2回戦「ねぇねぇいつ昇格するの」ダンマクの話まで遡り熱く語りましたw写真の材料がないのが申し訳ないと思ったところ、例の久保ゲーフラを持ってきていることを思い出し、写真を撮ってもらいました。さすがに中田ヤスタカゲーフラは出せなかったデス。でも写真うpされていないorz

話をしているうちに、背広を来た上品な男性が我々の隣にいらっしゃるのに気づく。J’sGOALの記者さん「カターレの社長さんですよ」。というわけでカターレ社長さんに、本日の練習試合のお礼、北陸ダービーをやりたいと思う気持、そしてまた練習試合を組んでいただけるよう金沢サポを代表してお願いしておきました。古部が褒められていましたよ。

その後選手の出待ちに移動。選手が続々とバスに乗ってきますが、某選手1人がバスから離れていきます。もしかして、飲物を買いに行くのかな?ところが県総施設内の自販機は冬季のため稼動していませんでした。某選手にそのことを伝えるとやっぱり飲物を購入するつもりだったようです。Parker試合前に寄ったコンビニでたまたまポカリスエットを購入し(二日酔いだったため)、まだ栓を開けていなかったのでそれを某選手にあげることにしました。ところが、エコバックの底にあったため最初に出てきたのが発泡酒の空缶3本。某選手・出待ちサポ、Parkerがビールをあげると思ったのか一瞬空気が固まるw

てなことで試合以外の内容が濃杉てお腹いっぱい。
アルコールのせいもあるんですけど↑

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »