« どうなるアウェーツアー | トップページ | ジャック・バウワーはドキドキキャンプ »

2010年2月 4日 (木)

パクでなくパークの話

ど~も、パクのチャントは「パーク、パーク、金沢、金沢パーク」だなとすぐに思いつくも元曲はなんだろうと考えていたら広島カープの球団歌でしたorz

さてさて、本日のお題はパクじゃでなくてパークの話。
ホーム開幕戦は津幡に決定しました。2日前ぐらい前からそうなるだろうなと思っていてグーグルアースで津幡運動公園陸上競技場周辺で駐車できる場所を
おせっかいにも調べていました。

競技場横の駐車場はこれまでのとおり一般の車は停められないでしょう。一般車が駐車できるのは野球場横の駐車場、坂を下りた駐車場ぐらいしかありませんね。それらの駐車場もツエーゲン観戦者ばかりでなく体育館などの利用者の方も使用されるでしょう。

競技場に行く途中の会社さんには、道からだとよく分りませんが、グーグルアースで見ると割合大きな駐車場(競技場横の駐車場の2/3ぐらい?)があることが分かります。ご協力をいただければ助かると思いますが、拙ブログが言う立つ場には当然ありません。
10分ぐらい?歩くことになりますが、旧8号線をはさんだ倶利伽羅郵便局横に大きな空地があります。そこを駐車場として利用できれば便利そうです。

入替戦では多くの路上駐車が出ていたようです。なんどもそんな事態になるわけにもいきませんから、旧8号線から入る踏切に人を置いて、競技場周辺の駐車場が埋まった時点で、車を進入を止める措置が必要かもしれません。
もし倶利伽羅郵便局横の空地が利用できれば、道の駅向かいのJR線路下の狭い通路に人を置いて誘導する方法も考えられます。

パーク・アンド・ライドシステムも本気で考えなきゃならないでしょう。パーク・アンド・ライドシステム利用者には3節以降の招待券のプレゼントすればとかすればとか無責任なことも思いついたりしますw

まぁとにかく同じ会場の試合にしても、地域にいるのとJFLでは全然違う、ということですね。
中の人、ボランティアの方々はより大変になると思いますが、ガンガッてください。

最後に中の人へ。津幡町長さんをぜひ試合に招待してください。

|

« どうなるアウェーツアー | トップページ | ジャック・バウワーはドキドキキャンプ »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうなるアウェーツアー | トップページ | ジャック・バウワーはドキドキキャンプ »