« ユンの入団を予言していた | トップページ | チケット情報など »

2010年2月19日 (金)

オリンピックを見てツエーゲンを思う

ど~も、五輪もいいけど二輪(サイクル・ロードレース)も見たい、と某フィギュアスケート選手のスケート刃と全く違うキレの悪い洒落で今日も恥めてしまったParkerです。

さてさて、そのフィギュアスケートで高橋選手が男子初のオリンピクでのメダルを獲得しました。普段全くフィギュアスケートに興味がないので、分ったようなことは書けませんし、感動をありがとうとは恥ずかしくて言えません。録画中継を見たところ4回転ジャンプを失敗したとのこと。

(以下は思い込みで書いています。思い違い等あればご指摘ください。)

その4回転ジャンプをしないという選択もあったそうですが、高橋選手はあえて4回転ジャンプを選択したとか。その結果銅メダルが銀か金に変わっていたかは詳しくないので分りませんが、自分の信念で4回転ジャンプにトライしたことに拍手したいと思います。結果的に3位でしたが、仮に4位に終わったとしても、高橋選手は悔いることはなかったのでしょう、周囲から止めるべきだったと言われてもです。

女子モーグルでは上村選手の4位が大きく報道されていますが、某巨大掲示板では上村選手より、予選では振るわなかったものの、決勝では積極的な滑りで勝負をかけた里谷選手選手への賞賛の声が大きくなるほどと思いました(某巨大掲示板の特有の性格を差し引かなければなりませんが)。

とまぁ、選手が信念をもってリスクをかけた勝負に対しては、結果がどうなろうと拍手をしたいわけです。

で、ここからツエーゲンw
はたして昇格をかかった試合で、例えば引分でよい試合を勝ちに行くゲームをすべきか考えてみました。て、昨年の入替戦セカンドレグか。
積極的に攻撃をしかける試合なんてとんでもなかったですね。ドン引きサッカーと揶揄はされましたが、昇格の可能性を高めるための金沢サポ納得のリアルな試合展開だった(少なくともParker個人は)と思います。
オリンピック選手へ結果度外視勝負論とは全然逆w

その違いはなぜか考えてみました。
・個人競技とチーム競技の違い
・思い入れの違い。所詮オリンピックの時しか関心をもって見ない、他人事だから
1年の集大成とか多くの人に影響を与えるということは基本的に変わらないと思います。
それともサッカーという競技自体の特徴もあるのでしょうか。野球で守備的に戦うといわれてもピンときません。基本的に点が入りにくい競技で、引分もよくあるということが、積極的・消極的な試合展開をしても結果が残せる可能性があるかもしれません。

どなたかその違いについて納得できる説明をしてくれませんでしょうか?

|

« ユンの入団を予言していた | トップページ | チケット情報など »

ネタです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユンの入団を予言していた | トップページ | チケット情報など »