« にっていをみている | トップページ | 「さよならドビュッシー」 »

2010年2月26日 (金)

このエントリーは時間がかかったよ

クロスカントリーの予約録画がことごとく失敗して業を煮やし、夜中に録画スタートし朝停止しようとしたらやっぱり録画失敗して泣いています。パソコン寿命だよ・・・orz。

さてさて、こんな事情で泣いているオヤヂの方のPちゃん(臥薪嘗胆参照)ですが、もっとやり切れない人が全世界に中継されていました。TOYOTAの社長ではありません。



アウトコース(左側)を滑らなきゃならないのに、インコースを滑ってため、優勝した韓国選手より4秒も速いタイムだったのに失格となってしまったクラマーさんです。

写真① 現在1位のリより速いことを知らせるコーチ
写真② コースを間違えた瞬間
写真③ クラマーさんは失格していたことをレース中知らず、レース後そのことを知らされ激高
写真④ 悄然とするクラマーさん

このレースを録画中継で見ていてました。韓国選手リが優勝していたのは知っていたので、なぜリより早いクラマーが優勝できなかったのか不思議に思っていながら見ていました。

思い出されるのは前回トリノの女子スノーボードクロスファイナル
目の前の金が・・・。

一方でこんな選手のことも思い出されますねw

|

« にっていをみている | トップページ | 「さよならドビュッシー」 »

ネタです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にっていをみている | トップページ | 「さよならドビュッシー」 »