« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

練習試合カターレ戦を見に行ってきますた

というわけで練習試合カターレ戦を富山県まで行ってきますた。内容については語りたくないなぁ、というか語るべき内容はなかったか。開幕を1週間後に控えたJ2チームと、開幕まで2週間あり雪のため練習不足のJFLとのチーム力の差がはっきりと出た試合だったと思います。

結果は2-0の完敗。1失点目は前半半ばで山根が2枚目のイエローカードで退場(こんなところでKYぶりを見せてカターレさんすいません)なり、そのプレーで与えた直接フリーキックを決められたもの。見事なフリーキックでした。
2失点目はtwitterを更新している間に決められ見ていません。一緒に観戦したサポ仲間によるとクリアミス(空振りorz)によるものらしいです。
先発はこんな感じだったかな

   田中 菅野
 古部       斉藤   
   山根 山道
根本 諸江 MJ 長谷部
      田代

山根が退場になり(上野監督はカターレベンチに向かって頭を下げていました)、1人少なくなったツエーゲンは曽我部を入れ再び11人となりました。練習試合ですからね。
後半開始時、選手を交代させませんでしたが、ポジションを入れ替えてきました。

    田中 菅野
 古部       曽我部
   長谷部 山道
根本 諸江 MJ 斉藤   
      田代

その後鳴海と菅野が交代しました。試合後カターレのファンとの交流会の時間調整のためか、後半は50分くらいあったんじゃなかったかなw

攻撃に形がありませんでした。攻撃で一番目だったのは古部、単独のドリブル突破などカターレにとっては脅威ではなかったでしょうか。今そんなに調子よくて大丈夫と逆に心配w曽我部は点にはならなかったものの抑えた惜しいミドルシュートを2本撃っていました。田中俊也はまだまだの印象というか孤立していたような。

守備もまだまだ。根本の左サイドは相変わらずだし、センターバックも今日見た限りでは昨年の安定感には程遠いでした。山根はさすがに効いていた印象。

この試合での不満は選手交代。田代をそのまま使う必要があったのか、込山・豊田をなぜ出さなかったのか?昨年は選手を固定して戦っていました。短期決戦、選手が揃ったのが遅かった等でやむを得なかったと思いますが、今年は全34節の長いリーグ戦ですし、選手の能力の差もそんなに大きくないと思います。チーム活性化のためにももっと多くの選手の見たかったです。

うちは悪かったけれど、そのうちから直接フリーキックとクリアミスによる得点だけでカターレさん大丈夫?

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

衣替え

ど~も、トラの方のPちゃん(臥薪嘗胆参照)です。

さてさて、いよいよ明日富山県総でカターレさんの胸をお借りして(謙虚)プレシーズンマッチが行われます。でも俺達KYだけど。

自主トレ(ゲーフラ作成)、キャンプイン(ダンマク作成)を経てサポPちゃん(トラの方)もプレシーズンマッチに突入です。地域からJ(FL)に。チームが大きくなるために当然(言葉は悪いですが)捨てるものも出てきます。Pちゃん(トラの方)作成のダンマク「北信越制覇」など地域でしか使えないものは当然ながら使えません(嬉)。

そして、昨年まで4年間を着続けたため「それは赤じゃない」「ピンクでしょ」「洗剤使い杉」「裏返して干すべき」などとサポ仲間から言われ、果ては売店で売り子をしていた選手からも「色落ちしていますよ、買い替えしませんか」とまで言われたTシャツもお役御免です。色落ちと言われようが、地域にいる間はこのTシャツを着続けようと誓っていたのれす。

本日サポと監督・選手が署名活動を行います。トラの方のPちゃんもお手伝いする予定で、やっと新しいTシャツを着ることになります。

署名活動頑張ります。「トラだ、署名活動のトラになるのだ」の精神でガンバリます。
ついでにプレシーズンマッチでもトラになる予定。(同乗者が許してくれれば)飲むよ。

練習試合をtwitterでてきとーにうpする予定です。
アドレスは 
http://twitter.com/P_RedZweigen 多分。

| | コメント (0)

2010年2月26日 (金)

「さよならドビュッシー」

ど~も、会社で下っ端(下っ端のParkerより更に下の)にサポ活動について語っていたら「真面目ですね、会社と全然違う」と言われてその意見に同意する、酒を飲みながらブログを更新する方のPちゃん(臥薪嘗胆参照)です。
さてさて、本日のお題は「このミステリーがすごい!」大賞受賞作、
「さよならドビュッシー」

ストーリはこんな感じ。
主人公はピアニストを目指す女子高生。彼女は火事により愛する祖父と仲の良い同い年の従兄弟を亡くすとともに瀕死の重傷を負います。全身焼きただれ奇跡的に助かるものの、全身皮膚移植を受け日常生活さえ1人で送ることはできません。それでも良き指導者に巡り会えピアノを弾くことに喜びを見出し、必死にピアノの練習をし、コンクールに出場できるようになります。
その一方、資産家だった死んだ祖父は彼女に多額の遺産を残し、彼女が事故見える事故にあうように仕組まれた罠が張られ、ついには母親が不自然な死を遂げます。

これだけのストーリなら硬派スポーツブログのネタにはならないかもしれませんが、本書は音楽をネタにした
「スポ根」小説でもあるのです。
主人公がハンディを負った身体で正に必死でピアノに打ち込む姿勢はスポ根そのものです。そして個人的にはやややりすぎと思われるいじめっこ3人組の存在がその印象を強くします。

そして音楽を聴く喜びを表した文章の美しさ。
最近話題の映画化された「のだめカンタービレ」。映画化の前にテレビでドラマとして放送されていたことは皆さんご承知されていると思いますが、さらにその原作のコミックを読まれた方はどれだけいらっしゃるでしょうか?Parkerはコミックから読んだ口なのですが、このコミックはコメディ部分も面白いはもちろん素晴らしい音楽を聴くことをコミック化したことだと思ってます。
そして「さよならドビュッシー」での素晴らしい音楽を聴く喜びを表した文章は「のだめ」に重なっていると思いました。音楽を扱った小説として、「のだめ」ファンにも自信を持ってお勧めできます。

最後に、「このミステリーがすごい!」大賞受賞作ですのでミステリ小説でもあります。これも良くできていますが、確かに審査員が指摘しているように瑕もあります。ただ、ミステリ愛好家Parkerの持論は「瑕のあるミステリの方がこくのある小説になることが多い」なのである程度目をつむります。伏線も張られていますし、事件が解決してからより重い真実が明らかになってきますので個人的には許します。
ちなみに本エントリーはミステリ的に「瑕」のない文章です。

青春「スポ根」音楽(ミステリ)小説として本書を自身を持ってお勧めします。嫁!

ちょっと早いけれど2月に読んだ本
「インディゴの夜」加藤実秋
「SOSの猿」伊坂幸太郎
「密室の如き篭るもの」三津田信三
「凶鳥如き忌むもの」三津田信三
「山魔の如き嗤うもの」三津田信三
「神去村なあなあ日常」三浦しをん
「スポーツルールはなぜ不公平か」生島淳
「さよならドビュッシー」中山七里

「インディゴの夜」昼ドラの原作本。ミステリとしては弱いが読んでて楽しい本でした。「SOSの猿」伊坂作品はデビュー作以外をこれで全部読んだことになりますが、前作「あるキング」とともに読むのが苦痛でした。三津田信三3連続も以前読んだ「厭魅の如き憑くもの」 「首無の如き祟るもの」の方が上でした。「神去村なあなあ日常」ユーモア青春林業小説。読んでて楽しかった。あと2作はブログで紹介済。翻訳小説を読んでいないので反省です

| | コメント (2)

このエントリーは時間がかかったよ

クロスカントリーの予約録画がことごとく失敗して業を煮やし、夜中に録画スタートし朝停止しようとしたらやっぱり録画失敗して泣いています。パソコン寿命だよ・・・orz。

さてさて、こんな事情で泣いているオヤヂの方のPちゃん(臥薪嘗胆参照)ですが、もっとやり切れない人が全世界に中継されていました。TOYOTAの社長ではありません。



アウトコース(左側)を滑らなきゃならないのに、インコースを滑ってため、優勝した韓国選手より4秒も速いタイムだったのに失格となってしまったクラマーさんです。

写真① 現在1位のリより速いことを知らせるコーチ
写真② コースを間違えた瞬間
写真③ クラマーさんは失格していたことをレース中知らず、レース後そのことを知らされ激高
写真④ 悄然とするクラマーさん

このレースを録画中継で見ていてました。韓国選手リが優勝していたのは知っていたので、なぜリより早いクラマーが優勝できなかったのか不思議に思っていながら見ていました。

思い出されるのは前回トリノの女子スノーボードクロスファイナル
目の前の金が・・・。

一方でこんな選手のことも思い出されますねw

| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

にっていをみている

ど~も、可愛くない方のPちゃん(臥薪嘗胆参照)です。

さてさて、JFLの日程が発表されました。
面倒くさいのでリンクしか
貼らないよ

今年は子供会の世話をしなければならないので、ホームであっても行けない試合もありそうです。
アウェーの泊まりはしないつもり。福井、松本、滋賀は乗合わせや自力でも行けるけれど、あとは日帰りバス(夜中出発夜中着)が運行される時ぐらいしか行けないかな?アウェーの予定は立てられませんが、祝勝会二日酔いになりそうなので9月27日の有給だけは一応申請しておきますw
リーグ戦以外では天皇杯県大会決勝8月29日(スーパーシードとして決勝のみの出場と予想)と9月4日か5日に本大会1回戦を西部でやるのでは。

津幡で8試合か・・・。駐車場とトイレが心配です。
松任も同じ。市役所の駐車場は使えるのかな?
七尾は分らん。大丈夫?

昨年、一昨年と開幕戦の津幡を自転車で行きましたがw、今年は何試合自転車で行けるのか?3月は風が強くてキツイのよ。

話は変わって28日のカターレとの練習試合を見に行く予定です。流行にのってtwitterを始めたので、てきとー(←ここ重要)に中継します。アドレスは明日か明後日忘れなければお知らせします。

| | コメント (5)

2010年2月24日 (水)

カーリング人気を考えた 

     
ど~も、ペットでない方
(*)のPちゃんです。

さてさて、オリンピック中継に見ようと適当にチャンネルを回したら、お目当ての競技の結果が映されていてテンションがただ下がりorzその見たい競技の放送予定はずっと後だったのに見る気なくなるよorz
そんなタイミングが悪いペットでないのPちゃんがお送りするタイミングの悪い本日のエントリー。
お題は予選敗退が決まったカーリング。

他に関心のある競技(つまりメダル獲得できた競技のこと)がないため、カーリングが注目され中継の主役となる日もあります。実際にお茶の間の人気があるようです。
その人気の原因を考えていて思いついたのが、
「相撲=野球=カーリング」論
この三つの競技の共通点は、はい、もうわかりましたね。「間」です。
「間」があり「緊張」と「弛緩」が繰り返す点では、カーリングは日本人の観戦スタイルに合っているかもしれません。

トリノの時に比べてミスショット多かったようですが、気のせい?

* 臥薪嘗胆2月21日参照

| | コメント (2)

2010年2月23日 (火)

北信越の人

ど~も、歌ネタは昭和歌謡かテクノかと極端すぐるブログです。

元ネタ


はるばるきたぜ JFLへ
地獄の地域をのりこえて
もどってくるな 云いながら
うしろ姿で泣いてた君を(○くい な○の)
おもいだすたび かえりたくなくて
とてもがまんが できなかったよ

当初別のネタをうpするつもりでしたが、笑の神(貧乏神)様が降りてきて3分で完成しました。

追記
2月24日 午前0時37分
NHK-BSのニュースによるとWWEのアンダーテイカーが、効果の花火事故で火傷したとのこと(アメリカの全国ニュース)。それでもその後試合をしました。
あと、個人的にはフィギュアより複合団体とスピードスケート10000mに興味あり。

| | コメント (2)

2010年2月22日 (月)

自主トレの成果を見せたい

ど~も、頭痛が・・・、花粉のような気がします(欝。

さてさて、何度も話題にしてアレですが、ダンマク作成をするとシーズンが近づいたなぁと思えます。って、嘘です。サポが集まってのダンマク作成への参加は今年が2回目でした。MJの▲は我ながらイイ仕事をしたと思っています(ネタ的に)。
チャント練習をしているサポは一足早いですが、サポミは別として今回のダンマク作成がサポにとっての本格的シーズンイン(選手にとってのキャンプイン)になるのかな?選手はチーム合流前に自主トレを行っていると思いますが、Parkerも自主トレ代わりに新作ゲーフラを2枚仕上げました。自分の携帯で撮ってもうpできる自信がないので、先日某サポ(S系)に写真を撮ってもらい代わりにうpしてもらうよう言ったのにまだうpしてくれません。

ということで、キャサリン(あ、キャサリンと言っちゃたね)、
ゲーフラの画像早くうp汁!
↑大切なことなので3日連続で言いました

とあるブログによると28日富山総合運動公園陸上競技場でカターレとの練習試合が行われるとのこと(ソース 赤と青の区別がつかないことで有名な報知)。キックオフ時間、一般公開の有無などの詳細は後日発表とのことです。
これは楽しみ、公開試合なら行かなきゃなりませんし、新作ゲーフラデビューですよ。

ということで、キャサリン、ゲーフラの画像早くうp汁!
大切なことなので2回言いました↑

話はガラリと変わりまして、オリンピック関連の話です。

先日
スノーボードの文化があるんじゃないかと書きました。そんな思いに答えてくれるように今日の日経に、在米ライター丹羽政善氏の『スノボ悩める「居場所」』との文章が掲載されていました。
従来のスキーとは異なる価値観を持つスノーボーダーが長野オリンピックでの正式競技化に際し、国際スキー連盟(FIS)に置かれたのが不幸の始まりとし、中にはオリンピックをボイコットしたり、競技シーンから去った有名なボーダーもいるとのことです。

カーリング解説の小林宏氏の評判が良いようです。ここからはネットで知った情報ですが、氏の解説スタイルには
「カーリング精神」があるのではないかと指摘する方のいるようです。「カーリング精神」はゴルフと似ていますね。
スポーツそれぞれの文化あり面白いなぁと思います。

あと、キャサリン、ゲーフラの画像早くうp汁!
大切なことなので3回言いました↑

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

後援会ご入会のご案内

おひさるトップ画像は後援会募集の告知にすべきだと思います!

ど~も、またまたクラブに難癖をつけてしまった、面倒な(自称)サポです。

さてさて、熱くないブログのつもりですが、コメントが多いのは比較的真面目な内容のようです。ネタ系はツマんない?
で、今回も比較的(あくまで拙ブログ内で)真面目な内容でお送りします。

いや、ほんと他のJ昇格を目指すクラブの公式を見てみるとどこもトップは後援会募集やシーズンチケット告知なんですよね。

松本
鳥取
長崎
町田 

真似すればいいというわけじゃありませんが、うちは商売下手だなぁと思いますねorz。毎日おひさるを見ているけれど、後援会募集がどこに書いてあるかすぐに分らなかったw3月のおひさるリニューアルに期待しましょう。

後援会の特典ですが、以前のエントリーにも書きましたが、レギュラー会員2口入会でシーズンチケットのつもりと思うことにしました。ホームゲームが倍以上(7試合→17試合)になったんです。でも、このやり方はJFLまででしょうね。
さすがに3口入会はきついなぁ。文句ばかり言って、クラブにお金を落とさないサポで正直すまんかった。

しかし、クラブのために後援会員を増やす方法を考えました。

松本サポさん、うちの会員にならない?
↑クラブの財政的には拙いかなぁ?
  後援会員が増えるのはいいのかな?

とまぁ一方的に押し付けるのは悪いんで、ガンズ会員になろうと調べたら、特典はA席チケット2枚だったので止めました(゚∀゚)

| | コメント (2)

クロカンーリング

ど~も、自信はともかく楽しくかつバカバカしく応援したいと思いま~す(*)
 
今日はダンマク作成に参加しなくてすんませんでした。先に家族サービスを入れておいたもんで・・・。

さてさて、あれだけ放送されているのにフィギュア高橋選手の演技を見ていないことに気がつきませんでした。ちなみに織田選手の例のシーンだけは見ています!

オリンピックでは前々からクロスカントリーを見たい!と書いてきたわけですが、今日早朝に放送されたクロスカントリー男子パシュートの録画を順調に失敗しましたorzやがて丸8年に達しようとするパソコンは信用できないorz。
今大会クロスカントリー、複合中継を全く見られなくてorzだったわけですが、NHKのサイトから動画クリップを見られるんですね。ニュースより長いので重宝しています。でもやっぱり中継が見たいなぁ。男子40kmリレー(2月25日 04:15~) は絶対に面白い(はず)。特にサイクルロードレースファンは必見(だと思います)。男子50kmクラシカル(3月1日 02:30~) も壮絶なレースです。どーか無事に録画ができますように。

新聞は日経を読んでいるんですが、オリンピック関連の記事が面白い。
昨日の女子カーリング対イギリスでは双方のスキップの好ショット連発でしたが、イギリスのスキップ、可愛いイブ・ミュアヘッドタンのショットは「じり貧の末」と枕ことばがつくもので、そこに至るショットの手順と正確さに差があったというものです。なるほど、可愛い(大事なことなので2度言いました)イブ・ミュアヘッドタンがあれだけの好ショットをスローしたにもかかわらず点差が開いたのはそういうことだったのですね。てか、カーリングはやっぱりわからん。

その日経のオリンピック以外の運動面ではサッカー日本代表について書かれています。サッカー評論家ではなく日経のサッカー記者のみ(武智、吉田、阿刀田記者)の座談会というのがいかにもです。内容はご想像どおりでした。

あと、キャサリン、ゲーフラの画像早くうp汁!

*当日見ていましたが、すいません、書くタイミングがなくて2日遅れてしまいました

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

男はダマってダンマクを作る

ど~も、今日は昼ごはんを食べにダンマク作成に参加しました。
財布に200円しかなかったんで、他の参加者からおかずやおやつを恵んでもらい、
家にいるよりイイものが食べられました。ちなみに今日の参加者中最年長。
ガチにオール実話orz

さてさて、ダンマク作成です。
今回のダンマク作成の工程は大きく分けて3つからなります。
①すでにデザインしてあるデータをプロジェクターに映しトレース
②トレースしたダンマクにマスキングテープを貼る
③色塗り
もちろん他にも養生シート張り、後片付けなどの作業もあります。

①の作業は決まった人数しか必要となりせんが、②③の工程は人数がある方が進みますし、特別な技能は必要としません。ツエーゲンのために力になりたいというという気持ちさえあれば誰でもできます。

今年は大ダンマク1枚と選手ダンマク10枚を作成予定しています。本日の段階で③の工程まで終わったのが選手ダンマク3枚、②の工程まで終わったのが2枚です。
作業は遅れ気味です。初日で作業が慣れないためもありますが、人が足りないのがもっと大きな原因だと思います。このままだと明日までに作業が終了しないかもしれません。開幕までの予定もいろいろ入っているので、明日お時間のある方には参加をお願いしたいと思います。

ちなみParkerさんは明日不参加で、正直すまんかった。
業務連絡。ゲーフラ2枚とエコバックを忘れたので、どなたか預かっておいてください。

あと、キャサリン、ゲーフラの画像早くうp汁!

| | コメント (0)

チケット情報など

ど~も、明日の昼食費をどうするか悩んでいるリアル貧乏Parkerです。
さてさて、そんなParkerさんは後援会には入らならないし、チケットの価格も気になるところ。
相変わらずしょぼい会報誌に対して某サポ氏作成のビックフラッグが豪華な感じを与える後援会リーフレットが届きました。
5000円のレギュラー会員の特典は、チケット大人6枚とストラップ1個に会員証。(おひさるに後援会情報うpされている?)

そしておひさるに出ていたチケット料金。

                               後援会     後援会
        前売 当日      前売       当日
一般      1200 1500    1200       1200
高校大学生  600    800      600         600
小中学生    300    500      300         300

富山にYKKAP、アローズを見に行っていた時は当日1000円だった記憶があります。
カターレがJFLの時も1000円だったと思いますが。
まぁ少なくともYKKAP、アローズは企業チームでしたから、料金を安くできていたかもしれませんが、それでも当日1500円は高い印象です。
お年寄りはコンビニで前売券を買えるのかな?ちなみにParkerが初めてコンビニでサッカーの前売券を購入したのは昨年で、それまでは魂が抜かれると思っていました。

クラブの財政が厳しい故の価格設定であることは理解していますが、この価格にあう試合を見せなければなりませんね。
西部ではともかく、津幡でこの値段はどうかなと思います。駐車問題を含め、お客様に満足してもらうようにしなければなりませんね。

結論は後援会に入ってください、です。2口(ホーム17試合に対し、チケット12枚)入ってもいいかもしれませんよ。
それに予想より後援会員数少ないんですよorz。

JFL全日程発表は2月25日とのことです。

| | コメント (8)

2010年2月19日 (金)

オリンピックを見てツエーゲンを思う

ど~も、五輪もいいけど二輪(サイクル・ロードレース)も見たい、と某フィギュアスケート選手のスケート刃と全く違うキレの悪い洒落で今日も恥めてしまったParkerです。

さてさて、そのフィギュアスケートで高橋選手が男子初のオリンピクでのメダルを獲得しました。普段全くフィギュアスケートに興味がないので、分ったようなことは書けませんし、感動をありがとうとは恥ずかしくて言えません。録画中継を見たところ4回転ジャンプを失敗したとのこと。

(以下は思い込みで書いています。思い違い等あればご指摘ください。)

その4回転ジャンプをしないという選択もあったそうですが、高橋選手はあえて4回転ジャンプを選択したとか。その結果銅メダルが銀か金に変わっていたかは詳しくないので分りませんが、自分の信念で4回転ジャンプにトライしたことに拍手したいと思います。結果的に3位でしたが、仮に4位に終わったとしても、高橋選手は悔いることはなかったのでしょう、周囲から止めるべきだったと言われてもです。

女子モーグルでは上村選手の4位が大きく報道されていますが、某巨大掲示板では上村選手より、予選では振るわなかったものの、決勝では積極的な滑りで勝負をかけた里谷選手選手への賞賛の声が大きくなるほどと思いました(某巨大掲示板の特有の性格を差し引かなければなりませんが)。

とまぁ、選手が信念をもってリスクをかけた勝負に対しては、結果がどうなろうと拍手をしたいわけです。

で、ここからツエーゲンw
はたして昇格をかかった試合で、例えば引分でよい試合を勝ちに行くゲームをすべきか考えてみました。て、昨年の入替戦セカンドレグか。
積極的に攻撃をしかける試合なんてとんでもなかったですね。ドン引きサッカーと揶揄はされましたが、昇格の可能性を高めるための金沢サポ納得のリアルな試合展開だった(少なくともParker個人は)と思います。
オリンピック選手へ結果度外視勝負論とは全然逆w

その違いはなぜか考えてみました。
・個人競技とチーム競技の違い
・思い入れの違い。所詮オリンピックの時しか関心をもって見ない、他人事だから
1年の集大成とか多くの人に影響を与えるということは基本的に変わらないと思います。
それともサッカーという競技自体の特徴もあるのでしょうか。野球で守備的に戦うといわれてもピンときません。基本的に点が入りにくい競技で、引分もよくあるということが、積極的・消極的な試合展開をしても結果が残せる可能性があるかもしれません。

どなたかその違いについて納得できる説明をしてくれませんでしょうか?

| | コメント (0)

ユンの入団を予言していた

ど~も、予言するブログです。いや、ほんと。

一昨年の金融不安がスポーツ界に与える影響をかなり早めにエントリー
し、2006年に旧YKKAPとアローズの統合を予言し、今日入団が発表されたユンはこのエントリーの「先日の紅白戦で左トップの選手」だと思われます。

韓国人練習生が4人参加していたとの報道がありましたが、現在のところ入団が発表されたのはユンのみです。紅白戦を見た者としてユンの入団には納得できますし、攻撃陣のチーム内競争が一挙に厳しくなったと思います。


実は韓国人選手の入団を一昨年に予言していました!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

ちなみに予言で最も大事なことは当たったことのみ振り返ることです!

| | コメント (2)

2010年2月17日 (水)

うちはまだまだであることを再確認する

ど~も、サポ仲間から、もっと真面目なエントリーしろぉゴラァ、とお叱りを受けました。え、拙ブログで真面目なエントリー期待されてるの?

さてさて、そのサポ仲間が某JFL昇格クラブのサポ氏から預かっていたブツを受け取りました。
ありがとうございました>某JFL昇格クラブのサポ氏

ブツは昇格記念グラフやスポーツ紙やローカル紙。昨年某所で行われた地域決勝大会での地元クラブの昇格の盛り上りはロカール紙や公共放送で知っていました。昇格記念グラフについてもその存在は知っていましたが、現物を見るのは初めてでした。うちのクラブの会報並のしょぼいものを予想していたのですが、立派なのと良心的価格にビックリ。一昨年、ミリオンスターズが優勝したときに記念グラフ誌が出て目を通した記憶がありますが、それよりも断然良いですね。
価格は置いといて内容が素晴らしい。それまでしっかり試合を追いかけないと書けませんね。仮に石川ローカル紙が同じような昇格記念グラフを作ろうとしても、多分作られないでしょう。
この昇格記念グラフを見るだけでも、このクラブがいかに愛されているかが伺えます。
たまたま昨日は某JFL昇格クラブがJリーグ準加盟を承認されたこと。これだけ愛されていれば当然のことですね。いつもうちの一歩以上前に行っているなぁ。

うちはまだまだですねorz

当方嫉妬深く、かつ僻みっぽいので、実はまだ昇格記念グラフをじっくり読んでません(゚∀゚)

リーグ戦では覚悟しとけよ、ゴラァ

| | コメント (3)

2010年2月16日 (火)

「スポーツルールはなぜ不公平か」

ど~も、言葉の乱れを批判されてのでエントリーを1日自粛しました。反省してま~す。

まぁ、真面目な話、國母選手のあのファッションはスノーボーダーの文化があるんじゃないかと思っていて「スノーボード 文化」でググると正に思っていたとおりの文章を読むことができました。ネタにはしましたが、國母選手に含むところは全くありません。
普段全く見ていないのに、オリンピックの時だけ4年に1回しか見ないのに、いやそのオリンピックでさえメダルを獲った獲らないでしか見ていないので、分った顔をして選手を批判する資格はParkerにはありませんよね。

 

さてさて今回のお題は「スポーツルールはなぜ不公平か」以前サッカーのルールについての本では「オフサイドはなぜ反則か」紹介しました。「オフサイドはなぜ反則か」は面白かったですが、さて本書は?

本書のタイトルはいささか扇情的ですが、内容のほとんどはサッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどの歴史的なルール変更の背景とルール変更による競技の影響などについて書かれたものです。そして競技による考え方の違い、文化の違いについても勉強することができます。

そして現在多くのスポーツで行われているルール変更はメディア向けのためと多くの方は感じていると思いますが、本書では具体的な例と、それによる競技の変質についても書かれています。メディア向けと書きましたがその背景には競技自体の衰退がかかっていることも知ることができます。

競技の変質といえば、北京オリンピックの柔道はJUDOであって柔道ではないと思って見ていました。日本の柔道は「武道」であり、JUDOは「勝敗を争うスポーツ」だと漠然と思っていましたが、本書でも全く同じことが書かれていました。柔道JUDOに至る世界への普及についても書かれています。英語でコミュニケーションを取ることが苦手であることが原因のひとつだという指摘が興味深いです。これは柔道に限らずないことで、そして良い意味でも悪い意味でも日本では競技団体のトップがアマチュアであることも原因ではないかと思います。

タイトル、そして帯には『明らかにニッポンを標的とした、ルール変更という名の「いじめ」』という部分は最後のほうにノルディック複合のルール変更で述べられていますが、分量にしたはわずかでもっと具体的に書いてほしかったところです。

最初に書いたとおり、サッカーのルールの歴史ついても書かれています。
スゲー面白レー本だからマジお勧めっすよ。
↑オチをつけられずにいられない拙ブログの文化

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

言葉の乱れで批判を受けてみる

いちおー、自分もー、バンークバーー・オリンピックっすか、興味あるんでエントリーしま~す。

自分はークロスカントリーが好きっす。
でもぉー放送がなかなか見られる時間じゃないんでー残念っす。一般的にぃー人気ないんでぇ録画中継もされそうもねぇし。録画ぁしても見るかわかんねぇし、どんだけ見られるんだろぉ?
クロスカントリーが好きなんでぇー、複合やバイアスロンも見たいっす。
前回の世界選手権でぇー、ジャパーン!(ヒロミGO口調で)が超久しぶりに優勝したんでぇー今回どこまで上位にくらいつけるか楽しみっす。
今日ー楽しみにしていたバイアスロンの中継があったんすけど、睡魔に負けて居眠りしてしまったすよorz
あ、知っていました?バイアスロンの「バイ」は「2」という意味なの?「3」になるとトライアスロン、「10」になると「デカスロン」(十種競技)になるんす。これ豆な。

あとスピードスケートの中距離・長距離も好きっす。

スポーツ見る方では、自分Sっすかねw

このブログを読んでくれた人には「渋い」と感じてもらいたいで~す。

競技についてはこちらのサイトが分りやすく説明してあると思います。

| | コメント (0)

日本ー韓国戦を見た(ただし女子)

ど~も、健全性も誠実性もない硬派ブログ(本気)です。

さてさて、そんな管理人のツエーゲンを除く最近お気に入りのサッカー選手といえば、東アジア選手権でなでしこフル代表デビューし、チャイニーズ・タイペイ戦で2得点を記録した真奈タン。
といってもライヴ中継で見たことがなく、ようつべやFIFAおひさるでしか見ていないのです。
なでしこフルもオリンピック予選や本大会でしか全国中継されません。

そして、今回の東アジア選手権の韓国戦が13日ライヴ中継がされるとのこと。ところが中継は関東ローカルの模様。見たい、見たい、見たい(真奈タンを)と思いググッたら、ネットで見ることができました。といっても画面は小さい、画質は粗いはでなんとなくですけど。それでもフジの中継で良かった。音声だけだと朝日の糞中継だと試合の流れが全く分らないからw

試合序盤のビューティフルゴール2得点(鮫島彩タンの切れ込んでのシュートも良かった)でなでしこが先制、後半は韓国の猛攻に遭い、1点返されるもなんとか守りきり2大会優勝を飾りました。真奈タンは後半途中からの出場でしたが、(画質が画質だったので詳しくは言えませんが)全く良いところがありませんでした。チャイニーズ・タイペイ戦の2得点で大会得点王(4人)にはなりましたが、ほろ苦いフル代表デビューになったのではないでしょうか。今回の経験を7月にドイツで行われるU20女子ワールドカップ、そして来年の女子ワールドカップ(女子フル代表)、2年後のロンドンに生かしてもらいたいですね。

ついでにググッて海外のテレビ中継をいろいろと見てみる。特に見たいものはなかったけれどロードレースシーズンに備えてブックマークしたり、ダウソロードしておく。

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

GMの記者会見を聴いた

ど~も、チーム練習がなかったのでおひさるに告知されていないラジオかなざわの情熱サッカーを、木村GMと上野監督の記者会見が放送されることなので聴きました。

今回の件でのクラブ発表を二次情報でなくて直接知ることができたので良かったです。

個人的には準加盟申請ができなかったことは過去のことですから、そのことに対し今更批判するつもりはありません(反省し今後に生かして欲しい)し、知事の発言も分らないでもありません(*)。
ただ、来年J2昇格を目指すと発言していた以上は、公式におひさるで発表し謝罪すべきだとは今でも思っています。
で、今回聴いた木村GMの記者会見の模様ですが、この内容を編集すればおひさるで載せれば問題ないと思います。

以前「クラブは苦痛を売る」とのエントリーをしました。そんな苦痛を売るクラブに求めるのは「クラブの健全性、透明性、誠実性」なのです。

番組では、今回の未申請にあたってはクラブに最大の責任はあるが、スタジアム問題などを指摘しなかったマスコミ、ファン(個人的にはサポだと思います)も成長しなければならないとも語っていました。ほんとそのとおりで、責任の一端はサポにもあると思っています。

今回の放送をデジタル録音(無茶苦茶音質が悪く、一部聞き取りにくい箇所もあり)しました。
後々のネタになりそうなので保存しておきますw

*Jリーグのクラブができた時のメリットをご理解しているのかと
  も思いますが。
  もっともデメリットをも計算の上での発言かも知れません。

スタジアムの条件が一層厳しくなりそうです

| | コメント (9)

2010年2月12日 (金)

金沢は今日も雪だった(正確には”昨日”も雪だった)

あなたひとりにかけた恋
おひさるの告知を 信じたの
さがし さがし求めて
ひとり ひとりさまよえば
行けど切ない 雪の芝
ああ 金沢は今日も雪だった



仕事のことには触れないでください!
ついでに歌ネタが古いことにも触れないでください!

というのは、今日も練習見学逝ってきたのです。今週3回目w
もう選手・スタッフが不憫で不憫で(涙)。
月曜日が屋内練習、昨日木曜日が気温4度でミゾレまじりの冷たい雨に撃たれ、水が浮いたグラウンド、そして今日も屋内練習。
来週の淡路島の好天を祈るばかりです。どうか充実した練習ができますように!

月曜日の練習は選手の数が多い?曽我部がすでに合流していたのか?

木曜日は傘をさして見ていたけれどとにかく寒かった。最後足の感覚がなくなってきたwそれでも傘をさしていただけマシで、選手はどれだけ寒かったことか・・・。話は飛びますが、夜に行われた代表の試合もこんなコンディションだったんでしょう。よく16000人もあの試合内容で最後まで残っていたと感心しました。
冷たい雨の中見学していたヒマ熱心なサポ約15人。赤い傘はParker1人。みんなだダメジャン。見学用に赤い傘を用意するようにw
できればこんな↓かんじにするとイイですよ!
Skasa

そして、今日の練習で曽我部を確認。紅白戦でネモのアシストとなったクロスの選手で間違いないと思います。
練習が終わった後、若い数名の選手で鳥かごでじゃれているwこんなかんじででコミをとっていければ良いですね。
その時Parkerは運動不足を少しでも解消すべく、観客席回りのランニングコースを40分ぐらいひたすら歩いていました。ただ歩くもなんなんで柳家喬太郎師匠の落語を聞きながら歩いたため、時折にやにやしたり噴出し笑いをしていたので、他のランナーの方は不気味だったと思っていたでしょう(普通に歩いていても不気味と言わないように)。

よし、明日も見学に行くぞ!

え、明日の練習中止orz

西部サブは雪が残っているし、津幡の芝もあまり良くないし(昨日の雪が残っている可能性あり)、体育館は予約が入っているだろうし(根拠なし)、来週の淡路島キャンプに備えてオフにしたほうがいいかもしれませんね。

準加盟が認められようが認められまいが、チームを応援していることを少しでも見せたくて、今年はできるだけ練習見学をしようと思っています!たとえ選手からするとあのおっさん誰?だと思われてorzでもです。

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

人生、明るい面だけ見ていようぜ

ど~も、最もヌルい金沢サポのブログです!

今日もヌルいよ!
固い話題が続いたので、今日はサッカー系音楽を探していた時のお話です。決して現在の状況とリンクさせているわけじゃないからw誤解なきよう。

サッカー系音楽をいろいろ探していたところ、FIFA ANTHEM、2002ANTHEMなどANTHEM系は別として元々知っている曲が少ない。
曲を聴いたことがあっても曲名はほとんど知らない、サッカー番組、ニュース番組のサッカーコーナーの音楽と解説されていてそういえばそうかと思ったり、サッカーに関する曲を集めたCDに収録されていてもなぜこの曲が?と思う曲もあります。
そんな中、以前から知っていた数少ない曲のひとつが

Always look on the bright side of life / Monty Python

イギリスのコメディ集団、Monty Pythonによる映画「Life Of Brian」のエンディングに流れる曲です。
Monty Python大好きです。

曲名は「人生、明るい面だけ見ていようぜ」という意味らしいです。

Monty Pythonらしい楽しいライブ映像はコチラ

サッカーとの関わりは、マンチェスター・ユナイテッドFCが負けた試合の際に、サポーターがこの歌を合唱することがあるらしいとか。
全然知らなかったのですが、今回この文章を書くにあたって調べたところ、某スポーツメーカーのCMにも使わていました。このCMの曲ということなら知っている方も多いでしょうか?

最後にMonty Pythonの代表的スケッチ(コント)、シリーウォーク(バカ歩き省)でお別れしましょう。


ちなみにヌルヌルプレイも好きです!

| | コメント (0)

2010年2月10日 (水)

ちじも積もれば山となる

ど~も、最近は全く飲まないか泥酔するかですが、今日はちょうどよいほろ酔いです(でも人から見れば泥酔状態)。

さてさて、どうしても触れずにおれない「準加盟」問題です。一夜明け新聞等でも詳しい報道がされた模様。その中にツエーゲン関係者が谷本知事を表敬訪問した際、ドラゴン久保が知事と握手している写真がありましたが、その写真を見て複雑な気持ちになりました。

ドラゴンの入団会見に潜入(といっても会場前に張っていただけですが)した時のことです。記者会見の隣の会場で邦楽関係?の新年会?があり、谷本知事が来賓で招かれていたのでしょう、記者会見が行われていた会場の数メートル先に新年会?を退席してから歩いていたのです。もしこんな状態になると分っていれば、知事の髪の毛を引っ張ってでも入団記者会見会場に入れさせたのですが・・・。そうすればもう少し事情が変わっていたかもしれません・・・。

今回のエントリーは県外の方が読んでも面白くないですよ。

おひさるで今回のことがまだ説明されていません。
こんなんじゃいつまでたっても上がれるものも上がれませんよ。
早急に今回の事情を報告すべきです。

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

雨降って地固めよう

Parker38歳、なんでだろうParker寒くなってきてイライラする。パソコンがすぐに固まってイライラする。だから今日はそんなイライラを原動力をしたブログでお楽しみください。

と、書きましたが楽しめないニュースがあったもよう。
ツエーゲン系ブログやネットで知りましたが、現在報道機関で確認できたのは次の二つのみ。

北陸朝日放送 
テレビ金沢 

Jリーグ昇格の条件となる準加盟申請について期限までに申請できなかったことをツエーゲン金沢が発表。
その結果「今シーズンのJリーグ昇格は不可能」(北陸朝日放送)、「規定上来年のJリーグ入りは難しくな」ったとのこと(テレビ金沢)

Jリーグ昇格の条件となる準加盟申請について期限までに申請できなかったことは周知の事実でしたが、その事実と今シーズン4位以内に入ってもJリーグの昇格がなくなったことをようやくクラブか明らかにした模様です。

記事が短いため、上記のことぐらいしか分かりません。新聞などでもっと詳しい情報を知りたいですね。

申請(と発表)が遅れた理由を明らかにしなければなりませんが、相手があることなら明らかにできないこともあるでしょう。もし、クラブの不手際なら一刻も発表しなければなりません。

心配なのはJ2昇格を目指して移籍してきた選手達です。我々がサポートしなければ。

で、自分はというとそれほどこたえていないかな?
金沢サポをやっていれば、これぐらい耐えられますw
来期のJ昇格があろうがなかろうが、そんなこと関係なくチームを応援しますYO!

Jリーグの昇格がなくなっても4位以内を目指しましょう。そして、これだけの成績でなぜJリーグに上がれないんだとの県民の声が高まります。雨降って地固まる、ですよ。

| | コメント (2)

2010年2月 8日 (月)

ドラゴンフライ

ど~も、本日出社に及ばず、ということで練習を見に行きました。明日はちゃんと会社に逝きますYO!

Parkerの住んでいるところは金沢市内でも雪の少ないところで、地面にはほとんど雪は残っていません。本日の練習予定場所は海に近いので雪はないだろうと思っていたら、真っ白でとてもじゃないですができる状態でありませんでした。近くの別の室内で練習できる場所に行ってみたところ、予想どおりそこで練習をしていたので見学することはできました。

室内での練習を見て思ったのが、選手たちに芝の上で練習をさせたいということ。そして、サポが週末に練習場所の除雪をしていれば、今日の練習は芝でできたんじゃないかということ。

スコッパ等で除雪をすると芝を痛めるかもしれませんが、トンボ(クラブが野球場から借りてきてもらいましょう)やスノーダンプを使えばその心配もないでしょう(いや、それでも芝は傷むのかな?)。
その練習場所は県の施設ですから、除雪にしてもクラブから管理施設に申し出るのに面倒な手続きがあるかもしれません。

今年はサポが練習場所を除雪する機会はもうないと思いますが、来年以降もそんなことがあれば、クラブからサポに除雪の協力を求めてもいいんじゃないかと。その後すぐに練習できるまではいかないでしょうけど、ある程度しておけば融けるのが早くなりますしね。

これぐらいの雪なら20人もいればなんとかなるでしょう。週末ならそれぐらいヒマ熱心なサポが集まるでしょう。

ドラゴンフライとはトンボ(昆虫の)のことです

| | コメント (4)

2010年2月 7日 (日)

ポジションを妄想してみる

ど~も、前回と前々回のエントリーで読者を置いてけぼりにしてしまったブログです。

さてさて、今回はちょいと真面目なエントリーを。

現在の所属選手は次のとおりです。
(某ツエーゲン系ブログから拝借しました。多謝)

GK
田代 祐平    契約更新
大橋 基史    新規加入(流通経済大学)
DF
諸江 健太    契約更新
MJ        レンタル(アルビレックス新潟)
豊田 和斗    契約更新
園田 清次    契約更新
根本 裕一    契約更新
込山 和樹    契約更新
斉藤 雄大    契約更新
MF
山根 巌       新規加入(柏レイソル)
山道 雅大    契約更新
長谷部 彩翔 レンタル(アルビレックス新潟)
FW
久保 竜彦    新規加入(サンフレッチェ広島)
菅野 哲也    レンタル(湘南ベルマーレ)
古部 健太    契約更新
田中 俊也    新規加入(愛媛FC)

このメンバーだけで昨年のチームを基にメンバーを組んでみます。
残留選手を優先した形にしましたが、他意はありません。

    久保  田中       (古部、菅野、MJ)

 古部
            根本    長谷部、菅野(斉藤)   
    山根  山道  

園田 諸江 小宮山 斉藤   MJ、豊田(山道)

      田代          大橋   

こんなもの?

菅野はFW登録ですが、練習を見てあえて1列下げてみました。
根本もDF登録ですが、個人的にはディフェンダーとして見たくないw
MJ、豊田はSBもCB両方できるでしょう。斉藤、園田はCBはできません。
MJは終盤の電柱としてFWにも入れておきましたw

足りないところはどこか、これからの新入団選手のポジションを妄想してみます。
昨年レンタル選手が非常に有効だったので、今年もそのパターンありと思い、今月発表の選手は7人と予想。
まずはGKに1人。
DFはあと2人、CBとSB1人ずつ必要では?
FWはもういいと思いますがあと1人がくるかも。先日の紅白戦で左トップの選手が良かったので来る?
ここまでで3(4)人。残りはMFで3(4)人。
ボランチができる選手が1人。2列目の選手で2人でどうでしょうか?
山根のパスに期待するなw、との情報もあります。昨年はまーくんがゲームを作っていましたが、その後釜がいない感じなので、中盤でゲームを作る選手をキボンヌ。紅白戦で根本の得点をアシストした練習生は正にそのタイプの選手だと思いましたが、入団なるか?

とここまで書きましたが、退団した選手のポジションを埋めるだけで済んだのではないか、と今気づいたorz

| | コメント (0)

「円生」争奪戦

落語を聴くことはたまにしかありませんが、落語家(芸人)の世界が好きで落語に関する本を時々読むことがあります。
ということで、
「昭和の名人 円生」の名跡争奪戦のニュースにおぉと思いました。

落語協会から独立した円生(円楽)一派ですが、円生没後は協会に戻る者とそのまま留まる者に分裂し、円生の孫弟子と弟子とで名跡争い、円生の遺族の意向も無視できない中での高座対決です。
昨年円楽が死去した時に週刊誌でも円生名跡のことが書かれていたり、円丈の「御乱心 落語協会分裂と、円生とその弟子たち」を読んでいたりして、このニュースに興味を持ちました。
「円生 名跡」でググればなぜこんな経緯に至ったのかより深く知ることができます。 

落語ミステリ「笑酔亭梅寿謎解噺3ハナシがはずむ!」という本では大名跡襲名を争う2人が交互に一席演じて投票でどちらに決めるというストーリがあり、小説みたいだな、というかプロレスっぽいですよね。

どちらが円生を継ぐことができるのか注目です。

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

ツエーゲンサーキュレーション

元ネタ

アカモノガタリ 第10話
ツエーゲンサーキュレーション 百万石撫子

せーの でも そんなんじゃ だーめ
もう そんなんじゃ ほーら
サッカーは進化するよ もーっと もーっと

言葉にすれば 消えちゃう関係 なら
言葉を消せばいいやって 思ってた? 恐れてた?
だけど あれ? なんか 違うかも
千里の道も一歩から 石川の固いそんな意志で
塵も積もれば やまとなでしこ? 詞ーぬきで いや 死ぬきで

ふわふわり ふわふわる ツエーゲンの名前を呼ぶ それだけで宙へ浮かぶ
ふわふわる ふわふわり みんなが笑っている それだけで笑顔になる

(サッカーの)神様 ありがとう 運命の悪戯でも
めぐり合えたことが 幸せなの

でも そんなんじゃ だーめ
もう そんなんじゃ ほーら

サッカーは進化するよ もーっと もーっと

そう そんなんじゃ いやーだ
ねぇ そんなんじゃ まーだ

ゴールを見ていて ずーっと ずーっと

元ネタのオリジナル

どうぞ、iPodに追加してください!

| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

ジャック・バウワーはドキドキキャンプ

どぉも。金沢は今日もゆっきーでした。
今日も今日とて、あぁ仕事行きたくない、行きたくない、行きたくない、行きたくない、行きたくない、と思いながら朝ごはんを食べていると、めざましテレビで松本という字のテロップが・・・。朝から不快なおや?と思っていると、なにやら松本で異色の映画が公開されている模様。
あぁ仕事行きたくない、行きたくない、行きたくない、行きたくない、行きたくない、と思いながらと半分眠りながら見ていたためはっきりしないのですが、「少年探偵ガンズ」とかのタイトルで、スタッフ・出演者すべてがガンズこと松本サポだったような記憶が・・・。
ぜひコメントで正確な情報を教えていただきたいものです。じゃないとこの情報一人歩きしちゃうよw
ちなみに、あぁ仕事行きたくない、行きたくない、行きたくない、行きたくない、行きたくない、と思うのは、雪の日だけじゃなく、雨でも晴天の日でも同じです。

さてさて、本日のお題はその雪というか天候です。
この雪でも外で練習をしているんでしょうか?おひさるあたりでちょっこと写真でも掲載してもらえるとありがたいのですが。明日は津幡で午後から練習らしいですができるんですかね・・・?いちおー逝くつもりです。
と、本題はそれでもない。
おひさるでは告知されていないものの報道によると淡路島でキャンプを実施するとか。JFL昇格すると違うなぁ、
お金ないのに・・・、と思っていたのですが、この天候じゃ暖かいところでキャンプ実施しなきゃダメポですね。それに地域時代に比べ一ヶ月開幕が早いし。
同じ日本海側の秋田の練習場所を調べたら
屋内の人工芝で練習をしている模様です。ソニー仙台は御殿場で合宿!?松本は2月22日からキャンプの模様。
何回も書いているけど地域とは違うわ。

| | コメント (2)

2010年2月 4日 (木)

パクでなくパークの話

ど~も、パクのチャントは「パーク、パーク、金沢、金沢パーク」だなとすぐに思いつくも元曲はなんだろうと考えていたら広島カープの球団歌でしたorz

さてさて、本日のお題はパクじゃでなくてパークの話。
ホーム開幕戦は津幡に決定しました。2日前ぐらい前からそうなるだろうなと思っていてグーグルアースで津幡運動公園陸上競技場周辺で駐車できる場所を
おせっかいにも調べていました。

競技場横の駐車場はこれまでのとおり一般の車は停められないでしょう。一般車が駐車できるのは野球場横の駐車場、坂を下りた駐車場ぐらいしかありませんね。それらの駐車場もツエーゲン観戦者ばかりでなく体育館などの利用者の方も使用されるでしょう。

競技場に行く途中の会社さんには、道からだとよく分りませんが、グーグルアースで見ると割合大きな駐車場(競技場横の駐車場の2/3ぐらい?)があることが分かります。ご協力をいただければ助かると思いますが、拙ブログが言う立つ場には当然ありません。
10分ぐらい?歩くことになりますが、旧8号線をはさんだ倶利伽羅郵便局横に大きな空地があります。そこを駐車場として利用できれば便利そうです。

入替戦では多くの路上駐車が出ていたようです。なんどもそんな事態になるわけにもいきませんから、旧8号線から入る踏切に人を置いて、競技場周辺の駐車場が埋まった時点で、車を進入を止める措置が必要かもしれません。
もし倶利伽羅郵便局横の空地が利用できれば、道の駅向かいのJR線路下の狭い通路に人を置いて誘導する方法も考えられます。

パーク・アンド・ライドシステムも本気で考えなきゃならないでしょう。パーク・アンド・ライドシステム利用者には3節以降の招待券のプレゼントすればとかすればとか無責任なことも思いついたりしますw

まぁとにかく同じ会場の試合にしても、地域にいるのとJFLでは全然違う、ということですね。
中の人、ボランティアの方々はより大変になると思いますが、ガンガッてください。

最後に中の人へ。津幡町長さんをぜひ試合に招待してください。

| | コメント (0)

どうなるアウェーツアー

土日の高速道路上限1000円が6月で廃止になるようです。
昨年は高速道路1000円の影響でおひさるツアーがいくつも計画されたものの実施されたのは、天皇杯仙台戦(午前3時出発、到着は翌日午前0時だった?)と入替戦@刈谷のみでした。
Parkerはそのおひさるツアー両方に参加し、ガンガン飲んでいました。ちなみにサポの車に乗せてもらったときもガンガン飲んでいました!

さて、上限1000円廃止でおひさるツアーはどうなるでしょうか?

近いアウェーは松本、滋賀(SAGAWA、びわこ)、京都(佐川印刷)ぐらいで、あと浜松(Honda)も大丈夫?。この辺ならばサポ乗合が便利だと思いますが(車中ガンガン飲めることが許された場合)、栃木、高崎、仙台、町田、武蔵野までとなると日帰りおひさるツアーが実施されればそちらの方が便利かもしれません。
千葉(ジェフリザ)、茨城(流通経済大)、鳥取は車中一泊で行けるのか?
全く分らないで書いているんで、思いっきり違っているかもしれません。ツッコミよろしく。

もっともガラガラだった仙台戦のアウェーツアーでさえ眠れなかった繊細な神経の持主のParkerさんには混んだバスは辛くなりそう。隣で爆睡していた鰤雷様が羨ましかったw

秋田、長崎、宮崎(ホンダロック)、沖縄(琉球)は昇格に関係しなければおひさるツアーはないでしょうね。もし、琉球戦のおひさるツアーが企画されたらクラブを見直します(どこで読んだか思い出せないけれど、どこかのサポでは琉球戦ツアー担当者を置いているとか)。

| | コメント (0)

2010年2月 3日 (水)

対照的なチーム作り?

ど~も、忙しくて(←仕事で!本当よ)2日も更新をさぼってしまいますた。
さてさて2日ぶりの記事はうちと今期からJFLに昇格した某チームとの比較です。
あと2日ぶりのこともあり毒入。

ツエーゲンの昨年からの残留選手は9名。
ツエーゲンは一昨年に続く大量退団と一部で言われているようですが、個人的には一昨年の大量退団とはまったく性質が違うと思います。残留選手はほぼ予想通りでした。
JFLで戦うだけなら残留選手はもっと多くなっていたと思います。本気で4位以内を狙い、J2昇格後のチーム作りを見据えたからこその大量退団だったのだと思います。

一方、某チームの残留選手は15名だとか。
予想以上の数の選手と契約更新したと思います。一昨年はチームの精神的中心選手と契約解除していただけになおさらその思いが強いです。

某チームの残留選手はレギュラー選手以外も多いようです(すんません、よく知らないくせに書いています)。昨年ツエーゲンと某チームは5回対戦し、2勝2敗1分でした。うち2試合は地域リーグでの対戦、1試合は地域決勝大会決勝リーグとお互い負けられない試合でしたが、残りの2試合は勝っても負けても大勢に影響しない、お互い3連戦目、5連戦目で試合でした。その試合においてツエーゲンは一部選手を除きフルメンバー、某チームはレギュラークラスを外して戦い1勝1敗でした。それだけ某チームのレギュラーから外れた選手のレベルが高いと言えたかもしれません。

ところがそんな単純な話ではないかも。ツエーゲンは一昨年の大量退団故にチームが熟成せず、リーグ戦の優勝が早々に消えました。その結果、いちはやく全社に切り替えし、その後負けられない試合が続き、全ての試合をレギュラークラスの選手で戦わせざるを得なかったもしれないのです。そう考えると、一昨年の大量退団が、昨年の多くの選手の契約解除に至ったかもしれません。
ちなみに市原での決勝前、某チームのサポ数名とお互いの先発メンバーを予想しあっていましたが、お互い当たっていましたw。

残留選手を見ると対照的なチーム作りとなりました。
JFLでどちらが順位が上になるか?
             ↑予想するまでもなく当然うちですね!

でも一番意外だったのは、某チーム監督の契約更新でした。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »