« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

「あるキング」

ど~も、今週笑ったのは、ガリガリガリクソンとあやまんJAPANと知性の欠片のない、ツエ系ブロガーの落ちこぼれParkerで~す。

さてさて、今回紹介するのは「あるキング」、作者は伊坂幸太郎
ストーリーは内容紹介から引用します


「天才が同時代、同空間に存在する時、周りの人間に何をもたらすのか?野球選手になるべく運命づけられたある天才の物語。
山田王求はプロ野球仙醍キングスの熱烈ファンの両親のもとで、生まれた時から野球選手になるべく育てられ、とてつもない才能と力が備わった凄い選手になった。王求の生まれる瞬間から、幼児期、少年期、青年期のそれぞれのストーリーが、王求の周囲の者によって語られる。わくわくしつつ、ちょっぴり痛い、とっておきの物語」

一応スポーツ小説?
もっともParkerが本書を読んだのはスポーツ小説としてではなく、伊坂幸太郎の本だから。
で、内容はスポーツ小説ではなくて「人気作家の新たなるファンタジーワールド。」(帯から引用)でした。
Parkerがこの作家に求めるのは小説の上手さなんですけど、本書にはそれが感じられませんでした。
ネタにしてなんですけれど、人にお勧めできませんね。
映画になった「ゴールデン・スランバー」は面白い本です。

1月に読んだ本
「トーキョー・プリズン 」柳 広司
「新参者」東野 圭吾
「あねチャリ」川西 蘭
「彼女はたぶん魔法を使う」樋口 有介
「浅草映画研究会」浅草キッド、中条 省平
「笑撃! これが小人プロレスだ」高部 雨市
「あるキング」伊坂 幸太郎

| | コメント (0)

2010年1月30日 (土)

AKB約30を見てきた

ど~も、昨日の1時間30分は一体・・・Parkerです。

さてさて、今日もAKBの追っかけとしてツー・グラスホッパーに逝って来ましたYO!
AKBはどうやら仮メンバーが増えたみたいです。よく分らないけど。

練習内容を詳しく書くのは基本的に自粛していますが、この時期ですし、在籍選手も確定していませんから今回は少々踏み込んで書いてみます。

トライアルは昨日までと思っていましたが、今日までなのでしょうか?
トライアル最終日としての?紅白戦が本日の練習内容でした。

赤ビブス組はGKを除いてツエーゲン選手。対する黄ビブス組は一部のツエーゲン選手練習生の混成チーム。30分ハーフ?を2本。2本目は赤組に1本目黄組にいた新加入選手と練習生が交代で入り、黄色組には韓国人練習生が入ったのかな?

練習生は基本技術がしっかりしていた印象。当然トライアル組(黄組)は赤組よりモチベーションが高いわけで、トライアル組のペースで試合が進み、先取点まで取るw。
しかし、安心してください!得点者は一緒に観戦していたサポによるとMJだった模様。
一部選手が入れ替わった後半は赤組ペース。ネモが左足でゴールを決め、2本を1-1で終える。

この時期ですからプレーや連携を云々言うのは野暮ですが、印象に残った選手の感想を少々。

ドラゴンの加速と、加速に入った時でも背筋を伸ばした姿勢が美しい。期待しちゃうよ!
「前を向いたときの攻撃のバリエーションを見てほしい。」と新加入記者会見で言った菅野選手のドリブルはキレていました。個人的には2列目からの突破が楽しみ。
ネモはクロスは今一だったけれど、積極的な動きが目立っていました。
園田には公式戦も練習試合も関係ありませんw今日も全力プレーでした。

後半ツエーゲンに入り、ネモのゴールのアシストした練習生は当然ながら目立っていました。顔は覚えたぞ。
噂のパクはもっと積極的なプレーを見たいと思いました。

来週にも新入団選手の発表があるのかな?それとスタッフも・・・。

見学者は50人くらいか。予想よりも少なかったw寒かったからか?

| | コメント (0)

2010年1月29日 (金)

白鳥の水かき

もう嫌になりました!

白鳥は優雅に水上を漂っているようにみえますが、水中では必死に水を漕いでいるのです。でも人にはその水漕ぎは見えず優雅な白鳥しか見えないのです。
拙ブログも同じなのです。どーせビール飲みながら思いついたことを適当に書いているのだろうと思われている読者の方も多いのでは?
大きな誤解です。
飲んでいるのは発泡酒です!
いや、そんなことではなくて、いろいろ考えたりネットであれこれ調べてから書いていて、皆さんが思うより時間をかけているのです(文才もないしorz)。

さてさて、今回思いついたネタはドラゴンが過去、西部緑地で試合したことがあったのではないかということ。
Parkerさん、いつかは覚えていないのですが、冷たい雨に打たれながら西部緑地で広島の試合を見た記憶があるのです。対戦相手も覚えていないのですが、なんとなくコーナー2本で広島が勝った記憶があるのです。ちなみにそのゴールシーンは2本ともホーム側ゴールで決まり、アウェーゴール裏(広島側)で観戦していたため良く分りませんでしたorz
で、この試合がいつ行われ、ドラゴンは出場していたのか、そしてゴールを決めたのかネットで調べてみようとしたのです。
調べ始めて15分ぐらいでその試合は2001年11月3日に行われたJリーグセカンドステージ12節「ガンバ大阪ーサンフレッチェ広島」であり、2-1で広島が勝利したことは分かりました。またこの年のドラゴンはリーグ戦15ゴールをあげ(キャリア2番目の記録)、公式戦全出場をしていることも分りました。ドラゴンは西部緑地ですでにプレーをしていたのです。
問題はここから。広島の2得点は誰の得点かです。ところがこれが分らないorz
「2001年 セカンドステージ」「Jリーグ2001年」「サンフレッチェ広島 西部緑地」「久保竜彦 全ゴール」など思いつく検索ワードでググってもヒットしない。Jリーグ、広島、ガンバのおひさる、サッカーマガジンのバックナンバーなどを調べても分らない(2002年以降は調べられるようですが)うちに1時間30分もタッチまったよ。チョット、チョットチョット。幽体離脱しそうなほど疲れてしまって嫌になってしまいますた。

ということで情報プリーズ。
2001年Jリーグセカンドステージ12節「ガンバ大阪ーサンフレッチェ広島」(11月3日)の広島の得点者をどなたか教えてください。

| | コメント (4)

2010年1月28日 (木)

AKB27を見てきた

ど~も、ネタにする映画と音楽のほとんが昭和の香り漂うブログです(アイドル関係除く)。

さてさて、大人数で誰が誰だか分からないでお馴染み、といえばAKB27ですよね!
Parker、本日休みでしたのでウェスト・グリーン・パーク・サブで練習風景を見てきました。

ウェスト・グリーン・パーク・サブに10時ごろ着くと早くもヒマ熱心なヲタサポが2名います。ちなみにParkerさんは練習見学の後、昼食を食べる、本屋で立ち読み、ゲーフラ作り、昼寝、ビール発泡酒を飲み、Perfumeの新作DVD「直角二等辺三角形TOUR」(石川公演逝って来たよ!)を見ながらレポートを書くといったハードスケジュールが控えているので非常に多忙なのです。

練習初日、2日目は好天に恵まれていたと記憶していますが、本日は冷たい雨が降る生憎の天気です。誰のせいでしょう?結局この日の見学者は3名だけでしたが、土曜日の津幡は50人以上の見学者が集まるのではないでしょうか。

練習生を含め30人近くがいることは金沢系ブログ等で知っていましたが、参加者全員がお揃いのトレーナーを着ていたことが意外でした。昨年は正式に入団しない限りトレーナーを支給されませんでしたからね。おかげでプレー中は誰が正式メンバーで仮メンバーか混沌とし、さすがAKB27と納得。

そんな中でも新正式加入メンバーで目立っていたのは会員ナンバー9の竜子ちゃん。そのスレンダーなボディは正に筋肉とバネの固まり。機会があれば上半身のヌードを見たいです(性的な意味はなく)。
もう一人分ったのはフィールドプレイヤーで一番のノッポさん、アルビレックスから移籍してきたMJことミッシェル・ジェームス。他の正式会員は残念ながら練習中は確認できませんでした。

多くの仮メンバーは総じて大柄ですね。チビッコギャングが脱退したからなお目立ったかも知れません。一番のチビッコはソノちゃんだったかな。
噂の韓流仮メンバーは練習中は確認できませんでしたが、練習後4人で移動して彼女たちがそうだったのかな?

今日の練習はやはりトライアルだったと思います。実戦形式でした。
竜子ちゃんのゴールは見ることができませんでしたが(見逃しただけかもしれません)、左サイドからゴール前に触ればゴールという速いクロスを入れました。
そのクロスをゴール前で合わせるメンバーはいませんでしたが、右サイドで角度のないところから豪快なシュートをネットに突刺すシュートを決めるメンバーが!でも誰!?
他にも豪快なミドルシュートを決めるメンバー(正式メンバー?仮メンバー?)、絶妙のクロスに絶妙の飛び出しでスライディングシュートを決めたメンバー(クロスを出したのは仮メンバー、シュートを決めたのはソノちゃん)と、見ていて楽しかったです。
新メンバーが加入してから初の練習見学で顔見知りのヒマ熱心なヲタサポ(繰り返しますがParkerは忙しいのです)とあ~だ、こ~だ、と言いながら見ていたのは楽しかったですね。屋根と壁のあるところで見ていたし、意外に寒くもなかったし。

明後日の練習には多くの仮メンバーが参加しないのではないかと予想していますが当たるか?
AKBとはAkai Kanazawa Ballersとの意味です。

| | コメント (2)

2010年1月27日 (水)

なんとなく夕刊紙っぽく

準加盟問題などで疑惑に立たされている豪腕共進党金沢幹事長に新たな疑惑が発覚した。
準加盟問題疑惑に口を閉ざしている共進党金沢幹事長にはもうひとつ大きな疑惑が持たれている。選手契約問題がそれだ。2010シーズン始動が始まるというのに退団が発表された以外の選手の契約更改がすべて発表されていない。新入団発表もJからの選手分しか発表されていない。選手の数が全然足りていないのだ。
共進党党員からは不満の声が漏れるものの金沢幹事長の豪腕に恐れているのか表向きは大きな声は聞こえてこない。
ところが、練習初日には入団が発表された選手だけでなく30人近くが練習に参加していたのだ。選手不足から一転しての多くの入団希望選手に共進党党員の戸惑いは隠せない。この練習生たちはいつから、どんなルートで参加してきているのか、また外国人がいるのではないかとの情報も錯綜し、なぜ発表しないのかいう新たな疑惑が発生した形だ。
一刻も早く金沢幹事長自らの説明が望まれる。

時事ネタ、時事ネタ。上手くないけどorz。
まぁ説明については、したくても相手があるからできないのではないかと楽観的に考えますか(根拠なし)。

| | コメント (2)

2010年1月26日 (火)

プロレス本座談会

ど~も、片町での飲み会でお財布忘れたParkerさんです。

さてさて、本日のお題はツエーゲンではなくプロレス本。

「本の雑誌」2月号を発売2週間後にようやく目を通すと、「プロレス本60分一本勝負座談会」との記事が掲載されていて、本誌が書店に並んでいる間にネタにしなければならないと思った次第。
さっそく内容を少し紹介します。

「プロレスは日本史と似ている」
ある事件の真実はその事件にかかわった人物分の見方があり、評価がある。どの真実を信じるかどんなスタンスをとるかは好ききずきといった意味です。
ホント、プロレスってこの手の話が多いです。

「梶原一騎史観→村松友視史観→ターザン山本史観」
よく分かるwいったん熱が冷めていたプロレスを見るようになたのは、村松友視の「プロレス本」が切っ掛けでした。

「馬場派は二重差別されている」
プロレスファンであることで差別され、馬場派であることで猪木派からも差別されていたとの意味w
猪木は「ストロングスタイル」という名の「ギミック」を使っているだけなんですけどね。

「外人レスラーの自伝系はいいのが多い」
『テリー・ファンク自伝』『ダイナマイト・キッド自伝 ピュア・ダイナマイト』『ブッチャー 幸福な流血』が評価されています。3冊とも全部読んでいて確かに面白かったです。『リック・フレアー自伝 ドゥー・ビー・ザ・マン』『エディ・ゲレロ自伝』『フレッド・ブラッシー自伝』も負けずに面白い。日本人レスラーのはあんまり読んでいませんが、面白かったのは『TAJIRI ザ ジャパニーズバズソー』『ミスター・デンジャー プロレス危険地帯』ですね。

「プロレス本はだいたい四種類に整理できるんじゃないかと」
妄想系(村松友視など)、暴露系(ミスター高橋など)、ノンフィクション系、自伝系の四つ。
でも第五に神話系もあるんじゃない(「プロレススーパースター列伝」など)?Parker的にはファンタジー系といった方がすっきりします。

ということで、プロレス本が好きな方は「本の雑誌」2月号をチェックということで。
それとこの記事で
「昭和プロレス・マガジン」誌を知りました。濃いわぁ~。

「ハーリー・レイス自伝」を昨年11月に読んでいるのでその感想も書かなきゃいけないし、「笑撃!これが小人プロレスだ」が今日届いたので近々読む予定です。

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

2010シーズン始動

今日はツエーゲンの練習初日!ということでしたが、仕事で練習見学に行かれず、ニュースも少ししか見られず(ケーブルテレビとテレビ金沢のサイトのみ)と練習の様子は見学に行ったヒマ熱心なサポのブログだけが頼り。

レポを読むと30人以上が練習に参加していたということで、入団希望選手を練習で選考しているようです。選考に時間をかけているのでこれからの新入団選手に期待です。そういえば昨年もレッドクリフ諸江、ネモは入団発表前から練習参加していました。

報道カメラも多く、テレビ局各社でもニュースになったようです。JFL昇格とドラゴン・田中加入で注目度が一挙に高まってきているので、ホーム開幕戦の集客に繋げたいですね、ってどこでやるんだろう?
練習見学は面白いですよ。関心のある方は(まだ寒いですが)一度見に行かれると良いと思います。

Parkerも今週は練習を見に行く予定です。
注目はもちろんドラゴン。広島のスカウトがドラゴンに注目したのはボールを片足のせている時の姿勢の良かったから、との記事を以前日経で読んだ記憶があるので、プレーもそうですが姿勢を見てみたいと思います。

| | コメント (3)

2010年1月24日 (日)

昨年のシーズン前と比べてみた

ど~も、やらなきゃいけない件が今日で終了になったので、バリバリ更新するYO!
でも、飲み杉ちゃった・・・

さてさて、ブログをちょっと怠けていた間に、約更改選手、新加入選手がおひさるで発表になっています。
更改が発表されていないのは雄大一人。早く更改の告知を読みたいですね。
雄大が更新すれば昨年からの残留選手は9人となります。

現在のところ新入団は6人
FW ドラゴン(前広島、33)
   菅野哲也(湘南からレンタル、20)
   
田中俊也(前愛媛、25)
MF 山根巌(前柏、33)
   長谷部彩翔(新潟からレンタル、19)、
DF MJ(新潟からレンタル、21)

全く知らない選手もいますが、退団した選手のポジションはとりあえず埋まった印象はありますね(タッシー頑張れ)。もちろん昨年のレギュラーも今期のレギュラーの座が約束されれいるわけではありません。質の高いチーム内の競争を期待したいところです。

さて昨年の新入団の発表等がいつぐらいだったのかおひさるで調べてみました。

09/01/24上野展裕氏 監督就任のお知らせ
      (この時点で選手の在籍は8人)
09/02/02吉山由高選手 退団のお知らせ
09/02/03木寺浩一選手、松下晋也選手、和田翔太選手、
      原伸吾選手、新加入のお知らせ
09/02/03初練習(拙ブログの過去の記事から)
09/02/04ビジュ選手 新加入のお知らせ 
09/02/24山道雅大選手、込山和樹選手 新加入のお知らせ
09/02/27豊田和斗選手 新加入のお知らせ
09/03/06諸江健太選手 新加入のお知らせ 
09/03/18遊佐克美選手、仲谷圭史選手、デニス選手、
      クリゾン選手 新加入のお知らせ
09/03/22全社県大会 準々決勝
09/03/31斉藤雄大選手 新加入のお知らせ
09/04/02根本裕一選手 新加入のお知らせ
09/04/12北信越リーグ開幕

こうやってあらためて見ると昨年はすごいなぁw
JFLの開幕が北信越リーグよりほど1ヶ月早いわけですからその分ずらしてみると今年は選手が揃っていますね!

もちろん、JFLと地域が違うことは重々承知です。

昨年のチームは”守備のチーム”だと思っていました。その中核となったレッドクリフズが残留し、中盤にはビジュに代わるボール奪取職人の山根の加入により、守備のベースは早い段階でできると思います。以前書いたように悲観も楽観もしていません。

ここまでの新入団選手はJで実績のある選手を完全移籍で、Jで実戦不足の若手選手をレンタル移籍で獲得しています。
JFL、地域からの移籍選手、新卒選手の新入団もこれからあるでしょう。
昨年の大学新卒選手入団発表が、2月24日(コミー、ミッチー。もっともこの2人は前年に加入するとの報道がされていました)、3月18日(KC)、3月31日(雄大)、高校新卒選手入団発表は2月27日(和斗)とかなり遅いです。カテゴリーも上がり、開幕も早いですから、高校新卒選手はともかく大学新卒選手の入団発表は昨年のように遅れないでしょう。JFLを勝ち抜くだけでなく、J2での基盤作りのためにも新卒選手の入団も待ち遠しいですね。

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

年1回の定期調査ができない件

ど~も、コメントでは「前を向いていきましょう」と書きながら快調に現実逃避を継続中、Parkerです。

さてさて、以前から拙ブログをご存知の方なら、Parkerさんが定期的にとある場所でとあるご職業の方々にツエーゲンの世論調査を行っていることをご存知だと思います。
その今年度分の世論調査は明日実施予定だったのですが、ず~~~と現実逃避を続けていたためできなくなってしまいました。

        ザ・自業自得orz

昨年は金沢駅前、2年前・3年前は片町で調査を行っており、今年はJFLに昇格して一層注目されているだけに調査できないことが残念でなりません。
逝きたかったなぁ、キャ○ク○に・・・。

ちなみに懸命な調査の結果、ツエーゲンの話をするなら、金沢駅前より片町の方が反応がイイです!

また現実逃避で更新してしまった・・・orz

| | コメント (0)

2010年1月21日 (木)

石川のサッカー情報

今日も元気に現実逃避!その報いを受ける可能性が大DEATHorz

現実逃避でネットを回っていると興味深いサイトを見つけました。

「石川県のサッカー情報とリンクサイト」NPOホペイロ

リンクが充実しており、サッカー場の案内もあり、各カテゴリーのスケジュールもこれから更新されそうです。石川県内の社会人、大学、高校サッカーの情報などはこちらですべて確認できそうです。
もちろんツエーゲンの情報もウpされています。

ツエーゲンはもちろんですが、石川県のサッカーに興味のある方はお寄りください。

リンクフリーでバナーも用意されていて協力したいのですが、バナーの貼り付け方が分かりませんorz

| | コメント (6)

2010年1月18日 (月)

どこでうちの名前が?

刈谷戦を経てドラゴン加入で注目が高まっている「ツエーゲン金沢」。
ツエーゲン系ブログの小便横丁こと拙ブログも金魚の糞よろしくアクセス数が上がり汗顔の至り。

アクセス解析をすると検索ワードの上位に「ツエーゲン」「ツエーゲン金沢」「ツエーゲン金沢 ブログ」などがあるのは当然ですね。かって上位だった検索ワード「松本山雅」は外れていますw

問題は検索ワードに「ツエーゲン金沢な日々」が出てきているんです。以前はなかったのになぜに?
どこかで拙ブログの名前が出ているの?mixi?

奇になる気になる。
教えてエロい人!

選手の動きについては後日書きます。
今回の文章は以前に書いていたものです。

| | コメント (2)

2010年1月16日 (土)

今日も更新しちゃったよorz

うー、今日こそは更新しないつもりだったのに・・・。
で、本日のネタは
中日スポーツ。滅多に買いませんが、ネットをフラフラと回っていると同紙にツエーゲンの記事が出ているとのこと、しかも画像を見るとレッドクリフ諸江の写真つきで「1年でJ2へ」との見出、時期が時期だけに買ってきますた。画像はない(キッパリ)

記事はレッドクリフ諸江へのインタブーなのですが、インタブーの内容はまぁあんまりありませんw
「1年でJ2に上がることしか考えていない」
「(昨季は)負けられない試合ばかり。奇跡のような昇格だった」
「(ドラゴンの加入をニュースで知り)びっくりした」w
などなど


中で印象的なのは「今は自分のためだけでなく、街を盛り上げたい気持ちが強い」との一言。レッドクリフ諸江はインタブーでは同じようなことを毎回言っています。彼の本心なのでしょうね。
名古屋から刈谷に在籍していた時のことも書かれています。初めて知ったことも多かったです。

レッドクリフ諸江ヲタは買え

追記
MJは昨季JSCではセンターバックのみでの出場だったとのことです(JSC関係者の方のブログで聞いてきました)。

| | コメント (0)

言うだけ番長ですまんかった

さてさて木寺選手の退団でいろいろ思ったとを書いてみたいと思います。

退団自体は(どんな経緯があったか知るわけもないですし)仕方ないと思います。
が、発表のタイミング。おひさるに「1月7日の予定がクラブ側の不手際により、本日になりました。」と書いてありますが、1日や2日ならともかく1週間遅れるとはどういった事情なのでしょう。
それでなくても昨年12月26日の契約選手満了の告知も本来なら前日にするはずだったのが遅れたとのことですので、同じこと、というかそれ以上のことを再現してしまうとは・・・。
選手からすれば公式発表がなければ動きにくいということもあるでしょうから、もうこんなことは二度と起こさないで欲しいです。
そして木寺選手のコメントがない件。どんな事情があるかは知りませんがファン・サポからすれば残念です。

うちと違って真面目な某ツエーゲン系ブログでなるほどと思ったのが、おひさるで退団する選手にねぎらいのコメントがないとの指摘。言われて初めて気がついたのが恥ずかしいですが、やっぱり寂しいですよね。そして以前から思っていたのが、トップの画像。退団した選手の笑顔が辛いんだ・・・。年も変わったし、画像変えてもいいんじゃない?ドラゴン、山根の入団記者会見もやったんだし、その写真使っていいんじゃないでしょうか。おひさるバージョンアップを希望します。

話を広げていきます。
ここ数日話題になっている「Jリーグ準加盟申請」問題。実際のところはどうなっているのかさっぱりわかりませんが、クラブとして早急にこれまでの事情を公開すべきだと思います。

更に話を広げます。
うちと違って真面目な某某ツエーゲン系ブログでGMを専任とすべきとの意見がありそれもそうだと思いますが、それよりぶっちゃけ事務方に人が足りていないんじゃないでしょうか?いや中のことは全然分からないですけど。
ただJFL昇格で事務量が増えるのに地域時代と同じ体制で大丈夫?という思いはあります。お金がないことも分かりますし、お前は何をするんだと言われても後援会に入ること以外できることはないんですが・・・。みんなで考えていかなければなりませんね。

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

木寺選手退団

チームを最後方で支えてきてくれた木寺選手が退団しました。
形的には自主退団ということになるのでしょうか。

地域決勝@アルウィン対松本戦でのPK戦(もし勝点1だったら・・・)、入替戦@津幡でのファインセーブ(もし先取点を取られていたら・・・)など正に最後の壁となりJFL昇格に大きな力になってもらったのですが残念です。

ベテランとはいえまだまだやれることは金沢サポならわかっているはず。
新チームでの活躍を期待します。


木寺選手ありがとうございました。

.
.
.
.

その他思ったことは、木寺選手に失礼なので別のエントリーにします。

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

菅野哲也,、マイケル ジェームズ選手入団

昨日湘南ベルマーレから菅野哲也(かんの てつや)選手のレンタル移籍が発表されました。菅野選手1日遅くなって申し訳ないです。

昨年はルーべとまーくんのレンタル移籍で昇格できました。菅野選手の活躍にも期待します。

湘南ベルマーレでは過去2年公式出場はなく正直その名前は知りませんでしたが、Fリーグにも登録されていたようで、そんな選手がいたことは知っていました。
おひさるによるとドリブルに自信があるようですし、金沢系ブログでも書かれていたようにテクニックにも期待したいですね。

Photo_5

.
.
.
.

.
ゲーフラを作るならこんな感じかな?

今日発表されたマイケル ジェームズ選手。
昨年はJSCに所属していて対戦していますが、正直印象に残っていないです(攻撃陣ばかりに目が行ってので、汗)。
ツエーゲンは昨年センターバックをレッドクリフ諸江(やっと契約更新)とコミー(契約更新まだ?)のフル出場で乗り切ることができましたが、バックアップの薄さが気になっていました。マイケル ジェームズ選手の加入によって高いレベルのレギュラー争いに期待です。(追記 サイドバックらしいですorz)

Photo_4   

.
.
.
.

.
ゲーフラを作るならこんな感じ?

菅野哲也選手
マイケル ジェームズ選手
一緒に戦おうぜ!

| | コメント (2)

2010年1月12日 (火)

新入団第2報

現在おひさるではでていませんが・・・
柏レイソルから山根 巌選手が加入です!

ソース
http://blog.reysol.co.jp/news/2010/01/post_333.html

ブログもやっています。そして最終更新はコチラ

ボランチです。有力なレギュラー候補の入団です。

過去、大分、川崎、柏をJ1に昇格させた昇格請負人。Jリーグ通算298試合出場の頼れるベテランです。
広島に在籍したこともありましたから、やはり上野監督とのコネクションで入団に至ったのでしょうか。

山根 巌選手、一緒戦おうぜ!

| | コメント (6)

2010年1月11日 (月)

「フットボールの犬」

昨年11月には本書読んで文章も書いていましたが、11月からああいう状況だったのでうpのタイミングを逃していました。

著者はお馴染みの宇都宮徹壱氏。ただし本書は地域リーグではなく、ヨーロッパ・サッカーの取材。
しかし、そこは氏らしくイングランド・プレミア、イタリア・セリアA、スペイン・リーガエスパニョーラといった華やかな舞台ではなく周縁部といってもよいところが中心です。
スコットランド、アイルランド(北アイルランド)、ポーランド、ユーゴスラビア(セルビアとモンテネグロの連合国家時代)、フェロー諸島、エストニア、ウクライナ、旧東ドイツ地域、クロアチア、マルタ、ロシアなどのルポルタージュ。国内では地域リーグの取材に力を入れている宇都宮氏らしいといえば宇都宮氏らしい。
本書の取材時期は10年に渡り、「グローバル化」が進んでいることがサッカーを通じて感じることができます。
取材対象が対象だけに派手な印象はありませんが、というかそれ故にか、そして旅行記が好きなので面白く読めました。お勧め。

本書を面白く読めた方には、以前紹介した本もお勧めします。
こちらの2冊も決して華やかでない海外サッカーのコラム・ルポです。


「フットボール・デイズ」カイサワベ

「ゴール裏で日向ぼっこ―熊さんの世界フットボール探検隊」熊崎 敬

本書を読んで記憶力がなくなっていることを痛感する。
記事のひとつ、2006ワールドカップヨーロッパ予選プレーオフ スイスートルコのルポを非常に楽しみにしていました。この試合がどんな雰囲気か動画で感じてください。
プレーオフ第2戦トルコホーム、試合前スイス国歌がブーイングでほとんど聞こえません。



終了のホイッスルと同時に両チームが全速力でベンチ裏に走りこみます



その後通路で大乱闘が起きました

ところがこの試合を知るきっかけとなったのが、
本書の記事の
元原稿だったのです。

ツエーゲン誕生前の記事ですから、2005年当時宇都宮徹壱氏を知っていなかったから仕方がないといえば仕方ないかもしれません。しかし、この記事以外の初出を少なくとも3篇は読んでいるはずなのにまるで覚えていないのにはちょっとショックでしたorz。

同じく宇都宮氏の著書「幻のサッカー王国」の感想はコチラ

さてさて、やることがありながら一昨日はsuudoku(ナンバープレイス)に、昨日は音楽CDに現実逃避していましたorz。編集したCDはトランス、チャント作成の参考になりそうもありませんw
トランスがどんな感じの曲で、初音ミクってなんなの?という方にコチラの動画。




ドラゴン入団記者会見潜入作戦出発前に見たため、「燃えよドラゴン」ゲーフラを探す時間をなくしてしまいましたorz。

ちなみに今日は自転車小説に現実逃避しています!

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

本物だぁ~(動画リンクつけました)

ど~も、忙しいのにsuudoku(ナンバープレイス)に現実逃避して気がつけば午前1時30分、Parkerですorz。

さてさて、本日はドラゴン久保竜彦の入団記者会見があるとのことで逝ってきました。

場所は大体見当つくも時間はわかりませんでしたが、ジャーの道は象印蛇の道は蛇ということで記者会見場所に。情報交換していたサポ仲間が3名と合流後、記者会見場所前にスタンバイ。

逝っても記者会見に立ち会えるなどとは毛頭思わず、生ドラゴンを一目見て、本当にツエーゲンに来たんだということを実感したい一心でした。ところが生ドラゴンは我々が張込んだ違う入口から記者会見場所に入ったようで見ることができず。

マークを外す動きはさすがですね!

最初集まっていたサポは4人でしたが、だんだん増えてきて最終的には15,6人集まったのかな?皆さんヒマ熱心ですね。
またまたサポ仲間に挨拶代わりに「今日飲んできたのですか?」と聞かれたので「ビールとワイン飲んできました」と、ドラゴンにはできないと思われる滑らかな口調でに答えました。
扉の閉じられた会見場所の扉が開いたのは30分ぐらい後だったでしょうか。記者会見を終えたドラゴンはまたまた我々がいる場所と違うところに退く(;_;)。

しかし、すぐにドラゴンが我々の方まで

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

本物だぁ~!ドラゴン△
本当にツエーゲンに来たことを実感しました。

サポはコールこそはしませんでしたが、拍手でドラゴンを歓迎!
ファンサービスは苦手と聞いていましたが、ドラゴンは笑顔で全然そんな風に思えませんでした。そして握手会w
日頃はコーハーなサポを自認するParkerさんもミーハーにも握手してもらいました。思ったよりも手が小さくて柔らかくて意外でした。

その後サポ数名がインタブーされていました。Parkerさんは酔っ払っていたので無事スルーされる。

ドラゴン応援しまっせ!
一緒にJ2に行こうぜ!



テレビ金沢の動画

| | コメント (0)

ここまでした

熱烈歓迎!強竜久保竜彦!

ということでその熱意を形で表そうとすると、頭髪カットが一瞬頭をよぎりましたが瞬時に却下!
やぱーりParkerさんはゲーフラだよねということで下準備しました。


1 2_2

.
.
.
.
.

。。
(右の画像を黒の部分が多いので加工しました。実際に作成するときは、背景の白の部分を無視して顔や腕の部分のみを塗ればよいはずです)

完成イメージ
3
.
.
.
.
.

Parkerが実際に作るのは先になるので、「俺がやる」「いや俺がやる」という方がいらっしゃったらご自由にお使いください。ただし、ダブるとカッコ悪いのでその際はコメントをいただきたいと思います。

「じゃあ俺がやる」「どうぞ」「どうぞ」というパターンになりそうですがw

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

いいチーム、がんばれそうなチーム

ど~も、20歳以上年下の女子社員に初音ミクをレクチャーするオヤヂ、Parkerです。

いや、反省しているんです。昨日のエントリーをです。
元代表の選手がJFLに昇格したばかりのチームに来るのに、ちょっとネガティブな書きかたをしてしまいました。もっとポジティブなエントリーをすべきでした。
ツエーゲン系ブログでも、まずはフル出場できるのかというエントリーが多かったように思えます。

一方でこれまで特にツエーゲンに興味をもたれていなかったと思われる県内のブロガーは、スゲー久保が来るのか、じゃあ1回見に行こう、という書き込みが多かったですね。JFL昇格より久保加入のエントリーの方が断然多いように思われました。

ということで反省を込めて、ここ最近のドラゴン関係のインタビューなどを紹介します。

2009年J1最終節 広島 vs 京都 試合終了後のコメント
Q:カテゴリーのこだわりは?

「全然ないっすね。いいチームなら、がんばれそうなチームだったら、どこでもいいです」
とドラゴンは答えています。

Jリーグ合同トライアウトでのインタビューです。ここで初めてドラゴンの口からツエーゲンの名前が出ました。

実際のインタビューはこんな感じ

これらの情報は某巨大掲示板のドラゴンスレッドで拾ってきたものです。ここを読むと昨年出場試合が少なかったのは、広島のシステムと久保が会わなかったことが一番の原因ではないかとの見方でした(掲示板の性格が性格なのでそういう見方もあると取ったほうが良いと思いますが)。むしろ出番が少なかった分だけ腰が一時よりも良くなってきているそうです。練習にも熱心で若手に良い見本となっているということです。

ドラゴンはうちを「いいチーム、がんばれそうなチーム」だと思って来てくれました。
サポはその心意気に応えていきましょう!

| | コメント (2)

2010年1月 7日 (木)

久保竜彦選手入団!

アメトークを見ながらパソコンを立ち上げる。8年間酷使してきたPCは起動に5分かかります。
ようやくPCが立ち上がり、某巨大掲示板のツエーゲンスレッドに行くと昇格して以来の書き込みが、なぜ?
次に拙ブログをみるとこんな時期なのにアクセス数が急増、なぜ?
これはなにか事件がおきたと思い、おひさるにアクセスとしても繋がらない・・・。
もしかしてまた
大量退団?嫌なことが頭をよぎる・・・。
結局ツエーゲン系ブログを読んで謎が解けました。

いや、ビックリしました。

1ヶ月ぐらい前の「サッカーマガジン」にJリーグトライアウトの記事で、久保選手が「ツエーゲンの練習に参加すると言った」と書かれていたことを知っていました。しかし、ここ数日ネットで久保選手は熊本行きが濃厚との噂も読んでいたのでツエーゲン加入の話はなくなったと思っていました。

ただ、漠然と思っていたのが、熊本からのオファーが現場(監督)から出たものなのか、フロントから出たものかよく分らない点(もちろんParkerの勉強不足)。
一方、前述の「サッカーマガジン」(部屋のどこかにありますが、見つかっていません)では、広島時代にツエーゲン上野監督と選手・コーチとして関係があり、その監督自身の獲得希望だったと書かれていたと記憶しています。
もしかしたらそんな熱意の差が久保選手がツエーゲンを選んだ理由かもしれません。あと性格?

一方で久保選手はツエーゲンの練習に参加すると言っていましたが、実際に練習参加したのでしょうか?それとも金沢でなくても、ツエーゲンのスタッフ・フロントが久保選手の練習をどこかで見たのでしょうか?
見たからこそ契約をしたと思いますし、戦える選手と判断したからこその契約でしょう。
まさか熊本との競争ということはないと思いますが。

久保選手、一緒に戦っていこうぜ!

ゲーフラは2代目「DORAGON GOAL Z」かw

| | コメント (3)

2010年1月 6日 (水)

まーくん神戸復帰

シーズン途中から神戸からレンタル移籍し、ツエーゲンの中盤を締めたまーくんこと三原選手が神戸に復帰することになりました

神戸から契約解除もされていなかったので当然予想されたことです。

金沢に残ってくれたらとの思いは全くないことはないですが、今度はJ1でぜひ活躍を見せていただきたい。昨年みたいな経験はなかなかできません(我々ももうしたくない)。あの苦しかった時期を今後少しでも役に立ててもらいたいと思います。

今度は全国ニュースでまーくんの雄姿を見ることを楽しみにします。

これまでありがとう!

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

以前作ったモノですが・・・

金沢系ブログで偉人ネタをやっていて、Parkerが推したのは武神ブルース・リー。以前作ったモノを紹介します。

人物系はもう一人、菊千代さん(三船敏郎「七人の侍」)はこんな感じで作っていきました。

S


.

S2

.
.
.

石川に縁のある偉人では中田ヤスタカを推しましたが、反応が悪いw
嫌がらせに加工した画像を貼っておきますw

Ystk



.
.

Ystk3 Ystk4
いけるかも、作ろうかなw.

| | コメント (0)

2010年1月 4日 (月)

ツエーゲン昇格PV見たよ

どーか、このブログを○星○○るさん(諸星あたるでないだっちゃ)が見ていませんように!

さてさて、冒頭のD!V!D!じゃなかったようつべを見ました。
いや、泣けるわ!

個人的には入替戦@津幡のコレオ(たった数百人でのコレオかもしれません)がツボ。以前にも書きましたが、4年前の開幕戦、いや昨年のリーグ戦でもちょっと考えられませんでした。
無料試合だったこと、報道が増えていたこと、雨が降らなかったこと、小さいスタンドだったからこそ密集していたこと、これまでも市民でサポが声かけしていた、そしてサポ的には1週間前に決まった試合に企画し急遽紙を用意したこと、サポミに参加する人数が増えメッセージを書く人数が増えたことなどいろいろ重なって、そしてなによりあの日の観客は「タダ券もらったしサッカーを見に来た」のでなくて寒い中「ツエーゲンを応援しに来た」方ばかりだったので、あのコレオが完成したと思います。その経過を知り、微力ながらお手伝いをさせてもらった者として感慨深かった。

そして同士サポ、闘う仲間が増えてきたこともうれしい。昇格できなかった3年は決して無駄じゃなかったんだ(涙)
熱いだけでなく、バカサポもいるしw(まぁParkerさんと鰤○様←失礼! だけですけどね)

サポ以外の人がどう感じるか知りたいですね。

SIXXさん、gb!(great  job)
ありがとうございます。

,
,
,
,
,

業務連絡
3週間ばかり忙しくなりますので、凝ったウpができなかったり、怠けたりします

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日)

武ログ Parkerの天下布武日記

掴みはOK!

ど~も、けっこう飲んでいますが、ツエーゲンをスタジアムで応援しているときの方が飲んでいることに気づいたParkerです。

さてさて、飲んで、お笑いを見る正月も2日になると見たいテレビも少なくなり、本を読む時間ができました。傑作スパイ小説「ジョーカー・ゲーム」「ダブル・ジョーカー」の柳広司「トーキョー・プリズン」を期待して読むもこちらは失敗作、がっかりでした。「2010このミス」国内部門1位の東野圭吾「新参者」、傑作!。「容疑者X」は世評程の評価はできませんでしたが、「新参者」は文句なし、嫁。
とここまでも話は拙ブログ的にはどうでもよくてw、大晦日に読んだ信長が書いたブログという設定の
「武ログ 織田信長の天下布武日記」を読む。信長の口調が軽くて「www」、昭和を含む懐かしネタが多く、大いに笑えました。というわけで今回は、この本が元ネタ。例によって時々悪口が書いてありますが、元ネタに忠実ということでご勘弁を

武ログ Parkerの天下布武日記 下の章
JFL変

平成22年 1月3日

正月なのにヒマ ていうか正月だからヒマなのかw

お笑いもテレビでやっていないし 今日もこんな時間にビール飲みながら更新してるwww

もっとも予がヒマなのに世間ではそうでもないみたい アクセス数少ない(○`ε´○)

コメントは松ちゃんサポからだけだし(*^ω^*)ノ彡 今年もヨロ!

うちは赤系ブログなのにwww

しかし 天下布武日記といいながら 北信越に足止めをくらった4年 長かった(ノω・、)

越後上杉一門JSC学徒 信州善光寺宗教軍団 同じく信州は甲州武田軍団の流れを含む緑の松本軍団との抗争に明け暮れたが いよいよ全国進出キタワァー★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

JFLでもガンガルよ\(*`∧´)/

その4年で最も激しく抗争した松本軍団と一緒に全国進出するのも何かの縁かw

こいつらいきなりネタダンマク貼り付けるなど油断できない 笑ってはいけないシリーズのダウンタウンつぅかの!

よって予は松ちゃんと呼ぶことにしたwww

こやつらの中にうちらを「赤い小悪魔」と呼ぶ輩がいるらしい 

うちはモテモテのギャルかよ(*`ε´*)ノ

うちが「赤い小悪魔」なら松ちゃんは
グリンムリン」だなwww
Photo

.
.
.
.
.




いたずら好きだしwww

予のお触れによりグリンムリンに以下のことを禁止する

「光に当ててはいけない」
「水をかけたり、濡らしてはいけない」
「真夜中(12時過ぎ)に食べ物を与えてはいけない」

でもこれだと 晴れの日でも 雨の日でもだめじゃない!?

だから松ちゃんサポ「グリンムリン」は増殖しているのか
ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

うちももっと志願兵を増えなければ・・・

最後に信州新春らしく一句で締める

泣かぬなら

泣かしてやろう

ライチョウを

あ これ 猿の句だったwww

注 猿→木下藤吉郎、後の太閤秀吉である

| | コメント (0)

2010年1月 2日 (土)

お正月と言えばお笑いですよね


ど~も、大晦日の「笑ってはいけないホテルマン」からお笑い番組しか見ていない(金沢ケーブルテレビ「ツエーゲン特集」と天皇杯は一応見た)、
ピンクのツエーゲンシャツを着ている、林家ぴーです。

さてさて、お正月といえばお笑いということで、サッカー系サイトを回っていて見つけたお笑いサッカーシーンを集めた動画をお年玉代わりに貼っておきます。某ツエーゲン系ブログのお年玉動画とえらい違いw

Comedy Football 2009 - (part 1/2)
Funny, humor and bizarre soccer from 2009 by tvgolo.com



Comedy Football 2009 - (part 2/2)
Funny, humor and bizarre soccer from 2009 by tvgolo.com

話はガラリと変わりまして、プレイバック09番外編を書こうとしましたが、アクセス数少ないのでヤメた。書いたとしても基本悪口だしw

| | コメント (4)

2010年1月 1日 (金)

金沢ケーブルテレビ「ツエーゲン金沢特番」を見たよ

「爆笑ヒットパレード」を一旦視聴を中断して、おひさるで告知されていた、金沢ケーブルテレビ「ツエーゲン金沢特番」を見ますた。
あ、忘れていた、明けましておめでとうございます。

さてさて、番組の感想をサクッと。
金沢ケーブルテレビの久保アナウンサーがMCを務め、金沢出身のレッドクリフ諸江がゲスト。久保ちゃんが振って、レッドクリフ諸江がボケる答えるといった形で番組は進行します。
30分番組の22分ごろまでがこれまで放送された素材を使っての昇格までの道を振り返るといった内容(うちも似たようなことをしています)。ここまではこんなものかなと思っていましたが、感心したのはそれ以降。
J2昇格には成績だけではなく観客1試合平均3000人が必要なこと、サッカー教室(ビデオも流す)や地域貢献の重要性やツエーゲンがこれからも力を入れていくことを説明。昨年を振り返るだけでなく、今年の目標J2昇格や未来のことにも目を配った、新年らしい良い番組だったと思います。GJでした。

話はガラリと変わりまして(いや、ガラリでもないか)、2010年も続くプレイバック09、その第5回です。

昨日はリーグ戦まで書いていたな。その後の全社北信越、1回戦福井戦は快勝、続く本大会出場を賭けた2回戦は辛島監督らしくターンオーバーを使ってきたJSCに苦しみながら2-0の勝利、決勝は松本をリーグ戦@アルウィンの再現とばかりの快勝で初の「北信越」タイトル獲得。そして天皇杯もまぁ順調に(準決勝金沢大戦はややgdgd)県代表となる。

ここまでが8月で、石川・北信越ローカルの戦いで、いわばシーズン前半。次の試合からは全国レベルの戦いとなり、負ければ終了というシュチュエーション。シーズン前半と異なり、いつ終わるかわからないシーズン後半に入ります。観戦記も全国を意識してあえて詳しくウpしていません。決して酔っぱらって手抜きじゃありません。

そのシーズン後半の最初の戦いが天皇杯本大会1回戦
関西学院大を退場者1名を出しながら延長で勝利。一般的に考えれば、関西大学リーグの強豪(実際秋期リーグ優勝)と地域リーグのチームではうちが格下(関西学院大の監督が加茂さんということを除いても)と言ってよかったと思うけれど、金沢サポはその辺の感覚は薄かったかな。この勝利がその後の苦しい戦いを象徴していた、と言えるのは昇格を果たした今だからですね。

続く天皇杯2回戦
仙台戦は0-1の惜敗。個人的には一番辛かった敗戦でした。しかし、何度となくこの試合では無駄になったコーナーは全社への絶好の練習になったのでは・・・。

全社ではセットプレーが威力を発揮し地域決勝の2枠に残る。サッカーウォッチャー諸氏でも全社ナンバー1はツエーゲンとの評価がありました。

地域決勝に進出したツエーゲンでしたが、不安はソノジャーが規定によって出場できないこと。ソノジャーのポジションには、①ネモ②ビジュか雄大③ツジが入ると予想。予想通りネモが入りましたが、地域決勝は「良くも悪くも」ネモがキーとなると思いました。高知ラウンドは正直組み合わせに恵まれたと思いました。全社決勝の日に組み合わせが発表され、おかげで決勝敗戦の悔しさが紛れたかというか、負けてよかったと思いましたw

高知ラウンドを「予想外」の苦戦の末、決勝ラウンド@アルウィンに進出。正直3位抜け、入替戦かなぁと思っていました(だからといって応援に力を抜いたことはありません)。ウーヴァーは高岡ラウンドで見て強いことが分かっていたし、松本は浦和に勝ったことで確変に入り、鳥取ラウンドで難敵沖縄、山口に快勝してホームでしたから、「うちに負けても」2位以内にはいるだろうと思っていました。

そんなこともあり、ウーヴァーに負けた時も「明日引分で桶」と切替はできていました。YSCC戦ではあのPKまではキツかった。あのPKをキング・クリゾンはよく決めてくれ3位を死守。

そしてJFL17位のFC刈谷との入替戦。ホーム津幡で勝利、試合もそうですが報道も多くなりスタンドの雰囲気も良かった。そしてアウェー刈谷での引分でJFL昇格となりました。

ほとんどの方が読んでいないと思いますが、長文のプレイバック09にお付き合いいただきありがとうございました。
まだ書き漏らしたこともあるけど、こんなものかなw

次回(まだ続くよ)は、番外編として(インチキ)金沢サポの見た信州2チーム編を書きたいと思います。

| | コメント (2)

黒百合の下には

元ネタ 梶井基次郎「桜の樹の下には」
桜の樹の下には屍体が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ

黒百合の花の下には

黒百合の花の下には歓喜が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故って、黒百合の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。黒百合の花の下には歓喜が埋まっている。これは信じていいことだ。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »