« 前半90分で1点リード | トップページ | バスツアー運行決定! »

2009年12月14日 (月)

津幡の風景 といっても画像なし

入替戦前日のエントリーでファーストレグを
「石川のスポーツ文化が変わるかもしれない試合です。」
と書きました。

サポミに出席した時に、サポが用意した赤い画用紙、ミニフラッグ、Lフラッグをメインスタンドに配り、選手入場の際に掲げてもらったり、振ってもらおうという企画を知っていました。
入替戦が行われた津幡総合運動公園はツエーゲンが初めて戦った会場でもあります。Parkerはその時はもちろんサポでなく、赤いチアペーパーをもらってメイン中央部に座って観戦していました。それ以前に富山にJFLを見に行って経験で、選手入場の際は配布されたチアペーパーを掲げていましたが、周辺に同じようなことをする人はほとんどいませんでした。しかし、2年目、3年目、4年目(今年です)と金沢市民でサポがメイン(といってもメインしかありませんが)中央部で、ミニフラッグやチアペーパーを掲げるようにお願いして多くの方に協力してもらえるようになっていました。
入替戦では多くの方に画用紙を掲げてもらえると思っていました。

津幡のメインスタンドは小さくて多くの観客を収容できません。幸いにして入替戦当日は雨もなさそうで、入場料は無料、ここにきてマスコミの報道も多くなり、津幡でこれまでにない観客数が来るだろう、メインスタンドに座れない方がバック、サポゾーンの近くで観戦することが予想できました。
あわよくばサポゾーンだけでなく、ホーム側半周をツエーゲンを応援する人で囲めるのではないかとまで思っていました。

入替戦前日のサポによる告知・募金があり、金沢駅の活動だけ参加しました。金沢駅での反応は正直良くありませんでしたが、何も言わず募金をしていただける方がいらっしゃったり、エムザでは反応が良く、入替戦に行くよと声をかけていただいた方も多かったとのことでした。

駐車場問題を別にすれば、市民でするよりは津幡の試合の方が良かったと密かに思っていました。
そして入替戦当日。

メインスタンドはまさに空席なし。多くの方に赤い画用紙を掲げていただきスタンドは赤く染まりました。画像は他の金沢系ブログで見ることができます。
画用紙だけでなくLフラッグも貸出したところ、年配の集団で観戦に来られていた方が試合中ずっと掲げてくれていました。
メインスタンドから溢れた観客の多くはサポゾーン周辺に集まって観戦していました。前日の雨で芝が湿っていてシートがないと座れなかったり、サポゾーンはバック中央部に近いところで一番見やすい場所あったといこともありましたが、あえてサポゾーン周辺で見られて手拍子を合わせていただいたと思います。
試合前メインで配布しようとしたものの、配布しきれず余ったLフラッグをハーフタイムにサポゾーン周辺に持ってきたところ全て子どもたちの手に渡りました。
土曜日には刈谷まで行くとの方も何人かいらっしゃった、と試合後メインスタンドのサポ仲間から聞きました。

4年目にしてなにか大きく動き出したようです。
これもここまで勝ち進んで来たからこそ。
19日も勝ってJFLに昇格すればもっと前に進めるはずです。
新しい石川のスポーツ文化を皆で作っていきましょう!

ちなみにゲーフラは相変わらずの不人気ですたorz

|

« 前半90分で1点リード | トップページ | バスツアー運行決定! »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前半90分で1点リード | トップページ | バスツアー運行決定! »