« サッカー批評 44 | トップページ | 地域密着について »

2009年9月14日 (月)

雨の試合中止でこの人も怒った

ど~も、ムスコが運動会で赤チームなので赤いタオルを貸してと言ってきたので、ツエーゲンのタオルマフラーを貸したバカ親です。

さてさて、先日の鹿島ー川崎戦がで雨で試合が中断・中止したそうです。
たかが4年の歴史しかないツエーゲンですが、強風で試合中止になったという得がたい経験をしています。Jにいて遠方のサポーターが来ていればまた論議を呼んだかもしれません(この時の対戦相手はお隣の福井)が、スポンサーボードがバックスタンドまで飛んだり、ゴールキックがそのままゴールになりそうなくらいの強風で、観客・選手に危険であり、サッカーがサッカーでなくなる可能性もあったので中止は仕方なかったと思います。

豪雨と言えば昨年の天皇杯2回戦、加古川でのカターレ富山戦。この試合は前半戦にゲリラ豪雨に襲われました。しかし誰一人中止のことなど考えていませんでした。
今回のJの中断は観客・選手に危険なことはなかったようですし、なぜ中止になったのか不思議ですし、多くの方も同じように思っているようです。

特に川崎サポーターからすれば、ナビスコ、AFC、代表とチーム・選手に過密スケジュールの負担が多く、首位鹿島に勝点差をあと15分で縮められそうなだけだっただけに、なおさらやりきれないと思っているでしょう。

ということで、今回の決定に納得できない方のご意見です。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8213184

|

« サッカー批評 44 | トップページ | 地域密着について »

その他サッカーのお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカー批評 44 | トップページ | 地域密着について »