« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

「P・G・ウッドハウスの笑うゴルファー」

一応スポーツ本になるのかな?
その名のとおりゴルフを題材にした6編からなる短編集です。
ゴルフとParkerさんとイメージが結びつかないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが当たりです。ゴルフはプレーもしませんし、中継も見ることもありません。それでもこの本を読んだのは、「ゴルフ」より「笑う」に重点が、より詳しく言うと「P・G・ウッドハウス」に惹かれて読んだ本です。

ここから長くなるよ。しかもツエーゲンに関係ないよ。

著者のP・G・ウッドハウスは20世紀最大のユーモア作家と言われるイギリス人作家。戦前から日本でも人気がありましたが、4年前から突如として文藝春秋社と国書刊行会から次々と作品が刊行されています。本書は集英社から刊行されました。
ウッドハウスはいくつものシリーズ物を書いていて、本書はそのひとつの「ゴルフもの」。ゴルフに憑かれた男女がゴルフによって恋が実るという、乱暴にいうとすべてこのパターンなのですが、ユーモアの達人ウッドハウスの手にかかるとどれもが愉快に面白く読めるのです。ゴルフに興味がなくても読める極上のユーモア小説集です。
ちなみにウッドハウスのゴルフものは「ゴルきちの心情」(創土社)、「ゴルフ人生」(日本経済新聞社)、続いて日本では3冊目となります。

Parker、この人の作品が好きで好きで、現在流通されている作品はもちろん、4年以上前からネットで古本を買い漁っていて、珍しい本も持っています(自慢)。一番高かったのは昭和4年に出版されたもので5桁出しました。
ただ、目下の悩みは新刊を買い続けていても、なかなか読めないこと。原因はツエーゲン。ツエーゲンを知ってからツエーゲンのことが気になって、悠々とした気持でじっくり落ち着いてウッドハウスの本を読む気になれないのです・・・。

P・G・ウッドハウスのことはまだまだ語り足りないけれど、Perfume以上に需要がなさそうだなぁ。

http://www.amazon.co.jp/P%E3%83%BBG%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%AC%91%E3%81%86%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC-P%E3%83%BBG%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9/dp/4797671912

| | コメント (0)

2009年9月29日 (火)

新潟国体レポートなど

先日、松本方面からお客さまが多かったので調べてみたら、松本ー刈谷戦のインチチレポートにリンクが張られていました。
しかも上下の立派なレポートに挟まれる
羞恥プレイw

奇しくも3本のレポートは松本戦だけでなく、翌日のツエーゲンー関西学院大学戦のレポートもしています。一つは宇都宮氏の天皇杯漫遊気、二つ目はインチキ、そして今回ご紹介する「ここからJリーグ」さんです。

「ここからJリーグ」さんはツエーゲン戦のレポートだけでなく、新潟国体のレポートもされています。
国体出場チームの編成、新潟(実質JSC)-香川(カマタマーレ基盤←全社でツエーゲンと当る可能性があります)のレポートなど読み応え充分です。

興味があればググれ!

| | コメント (0)

スポーツ本ばかりを読んでいるわけでない

ど~も、会社の帰りに運転しながら飲むつもりでノンアルコールビールテイスト飲料を買おうとしたら現金が137円しかなくて断念しました。100%実話デスorz

福井アウェーの折、テクノに行く前に古本をまとめて買ったことを書きました。
その時に買った本や新刊で読んだ小説をミステリを中心に備忘録的に記録しておきます。
あくまで自分用。よかったら参考にしてください。

評価点はサッカーと同じような感じ。
6.0が水準点。
6.5は面白い、7.0は傑作。
5.5ちょっとねぇ、5.0はもっと頑張りましょう、
4.5は買って読んだ自分が情けない、もう少しで本を投げつけるところだった。
*は今年刊行された本です。

*「ダブル・ジョカー」柳広司 7.0
*「贖罪」湊かなえ 7.0
「ハナシがはずむ」田中啓文 6.5
*「奈落のエレベーター」木下半太 6.5
*「数学的帰納の殺人」草上仁 6.0
「週末のフール」伊坂幸太郎 6.0
「砂漠」伊坂幸太郎 6.0
「傍聞き」長岡弘樹 5.5
「それでも、警官は微笑う」日明恩 5.5
「笑う警官」佐々木譲 5.5
*「エスケープ」渡部建 5.0
「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信 4.5
*「パラドックス実践」門井慶喜 4.5
 
同じ本でも、新刊ハードカバーで買った時と、古本で105円で買った時では、読んでつまらなかったら多分怒りが違いますw
今月は仙台と市原に逝く予定ですから、新刊ハードカバーの購入は我慢だなぁ・・・。

「一瞬の風になれ」「サッカーボーイズ13歳」の感想はいつうpできるのだろうか・・・

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月)

関西学院大戦の意味

ど~も、偉そうなタイトルだけど大したこと書けないんで最初からお詫びしておきま~す。

さてさて、ホームJSC戦の敗戦を最後に以降公式戦で連勝を続けているツエーゲン。何連勝だ・・・?まぁいいや。
連勝にケチをつける気は毛頭ありませんが、相手の餅に疑問があったり、明らかに調子が悪かったり、地力に差があったりと、手放しで絶賛できないのも事実です。

そして、北信越・県内のチームを相手に地域決勝・全社本大会・天皇杯本大会出場を求めて戦った8月30日までがシーズン前半、関西学院大戦からは全国を相手に戦うシーズン後半だと勝手に決めています。

そんな意味で餅も実力もあった関西学院大戦は、単なる1勝以上の意味があったと思います。
仮想関西リーグチャンピオン(これもParkerが勝手に言っているだけですが)は、ブロック内で好調だったツエーゲンの肝を冷やしたでしょう。これからの戦いの厳しさを早めに体験できたことは絶対にプラスになるはずです。

全社も勝ち進み、シーズン後半を「長く」しよう!



天皇杯1回戦での動員は全国1位らしいです。
これで2年連続なのかな?

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

来週はベガルタ仙台戦

ど~も、新携帯がさっぱり分かりませんorz

さて、いよいよ仙台戦が来週に迫って来ました。え、Parkerさんあわてんぼうさんだなぁ、って。
いやいや、主語が抜けているでしょ。仙台の来週の対戦相手はツエーゲンではなくてカターレ富山。
会場は県総、13:00キックオフ。
仙台(とサポ)のスカウティングをどうぞどうぞしてください、と言わんばかりの日程。
J2に昇格してからのカターレを観に逝っていないのでちょうどいい機会です。
10月4日は県総に逝かなきゃならないでしょ。

3日サポミ、4日仙台戦、5日クラブのイベント。最終日は逝けそうもないなぁorz


イベント情報はコチラ

http://www.kataller.co.jp/event/pdf/1004-1025.pdf

チケット情報はコチラ
http://www.kataller.co.jp/ticket/index.html

チケット情報を見てJFLと違うなぁと思いますた。

| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

マガジンキタ━━━(゜∀゜)━━━ッ!!

サッカーマガジン見ましたか?
サッカーマガジン創刊以来「初」の「女性選手」の表紙です。
その選手の名は
「岩渕真奈(拙ブログでは「マナタン」
澤の兄貴でさえ表紙になれなかったのに
(ていうか澤の兄貴だからか・・・?)

世界的に「最も注目される日本人プレイヤー」と言っても過言ではないかもしれません。
連休の影響での谷間企画かもしれませんが、将来的に貴重なバックナンバーになる可能性あり。
Parkerも当然永久保存。

ダメだしすれば、今回の記事だけではどれだけスゴいプレイヤーか伝わりにくいかもしれません。
「岩渕真奈を知る10の質問」がサッカー選手にする質問じゃないけどw、いつもこんな感じ?Parkerさん的には全然OKでしたけれど!

| | コメント (0)

携帯はもういいタイ(九州人風に発音)

ど~も、携帯で拙ブログを見ることも、自分のメールアドレスも知らない携帯オンチです。

最近カレンダー機能が使えるようになり、待受画面をPerfumeのあ~ちゃんにして、着メロをPerfumeの「エレクトロ・ワールド」にして、Perfumeの動画を保存した携帯を、前回の切替からやっと2年経過したのに、とある事情で7年間で4機めの携帯を換えることになったParkerさん。

今日、半日をかけて新しい携帯を手に入れました。説明を聞いて疲れたorz。

新しい携帯は写真も綺麗になったそうですし、ワンセグ・防水機能もついているので、前の携帯よりは機能的に上のようです(携帯オンチだからよく理解していない)。
待受・着メロ・動画保存はこれはこれで楽しみなので我慢するとして、ショックだったのが電話帳データの消失。カードでデータを移せると思っていたらできなかったとのこと。
どうやらデータを本体に保存していたのがまずかったらしいです・・・orz
そういえば、データを保存する時、保存先を聞いてきていました・・・orz
ツエーゲンサポのデータは全滅・・・orz

電話帳登録方法を最初から学習しなければなりまへん・・・orz

| | コメント (2)

2009年9月25日 (金)

「酔援」完成秘話

NO 発泡酒 NO LIFE
ど~も、見栄をはらないブログです。

その昔、酒を飲めば飲むほど強くなるというジャッキー・チェン主演「ドランクモンキー 酔拳」という映画がありました。
そしてParkerは酒を飲めば飲むほど応援に力がはいる「酔援」を取得しました!

全社北信越2日目JSC戦で「酔援」が完成したのでその完成秘話を。

この日は午前5時30分にファミレスで待ち合わせの約束でした。12時に寝て、4時30分に起きる予定でしたが午前3時に眼が覚める。二度寝しようとするも、寝られずファミレスに向かう。ファミレスでつい発泡酒を飲んでしまう。新発田行きの車中で、この日のため前日から冷やしてあった酒を飲んでいました。あ、運転手には前からお許しを得ていあたのでノー問題(のはずです)。

新発田に着いてからもコンビニで酒を買う。で、試合会場に着き、いよいよ応援だ!
Parkerいつもは速報班といっしょに見ることが多いのですが、この日は速報がない。サポゾーンの後方がいつものポジションなんだけれどこの日のポジションは前から3列目。Parkerのこの試合に向けるヤル気が分かろうというものです。乗せてもらった車の同乗者が、コールリーダーと太鼓隊の2人だったのも後方に行きづらかったのも原因です。

前から3列目だからいつも以上に大きな声を出さなきゃなりませんし、Parkerの後方にいらっしゃった新潟サポの方の声に少しでも追いつかなきゃという思いもありました。
いつも以上に大きな声を出せて「酔援」完成です。

しかし、「酔援」にも弱点が!
大きい声を出すことができますが、時折呂律が回らなくなります!

信州ダービーも飲みながら観戦。
夕食で皆が飲んでいる時には寝不足もありヘロヘロであんまり飲めませんでしたorz

今更ながら松本ー刈谷観戦記がヒド過ぎてど~もスイマセン。

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

みんなが思っていることを書いてみた

以前紹介したスポナビの天皇杯漫遊記
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/89th/text/200909210002-spnavi_1.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/89th/text/200909210002-spnavi_2.html

松本編もうpされています。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/89th/text/200909200002-spnavi_1.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/89th/text/200909200002-spnavi_2.html

全社1週間前にある天皇杯2回戦対Jにどう臨むか比較しています。

ツエーゲン上野監督のベガルタ仙台戦に向かう姿勢はほぼ予想通りです。
上野監督の性格では「試合を捨てる」ことはできないと思っていました。
全社で対戦する相手よりレベルの高い相手とやることは悪くありません。
自信をなくすことも心配されますが、元々格下。
選手も仙台戦を楽しみにしているとのことですので、ここで選手の気持にブレーキをかけることは全社に向けても士気に係わります。
怪我とレッドをもらわないことを大前提として、仙台戦に全力を上げることでしょう。

一方の松本の浦和に対する姿勢も予想通り。
昨年の経験がツエーゲンと松本の差ではないかと宇都宮氏は書いていますが、一番の理由は松本の相手が浦和だからではないかと思います。
浦和の破壊力は全社1週間前に戦うには利するものがないと思います。吉澤監督はホームでやりたくなかったのではと邪推までしました。
それに松本は昨年Jに勝っていますしね。

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

全社情報

ツエーゲンが3日目で対戦する可能性のあったレノファ山口(中国)が地域リーグ決勝大会出場を決めました。おめでとうございます。
http://www.renofa.com/

現在中国リーグ1位の佐川急便中国が出場辞退したとのこと。

どこと当ろうとも勝つしかありませんけどね。

| | コメント (0)

刈谷サポ圧勝

想像してごらん、7年間で携帯を3機洗濯される気持を。
想像してごらん、やっと前回の切替から2年経過したのに洗濯される気持を。
想像してごらん、やっとカレンダー機能が使えるようになった携帯を洗濯される気持を。
想像してごらん、待受画面をPerfumeのあ~ちゃんにした携帯を洗濯される気持を。
想像してごらん、着メロをPerfumeの「エレクトロ・ワールド」にした携帯を洗濯される気持を。
想像してごらん、Perfumeの動画を変換して保存した携帯を洗濯される気持を。

ど~も、何があったかは個人的なことで言えませんが、辛いことがあって落ち込んでいるParkerです・・・orz

19日(土)の午前9時に金沢を出発、東海北陸道を飛騨清見で降りて阿房トンネルを抜けるルートは楽だわぁ。唐沢そば集落で昼食をとってアルウィンに着いたのは12時30分ごろ。ParkerはUMの後方で見ることを主張するも、同行者はメイン観戦を主張。結局、Parkerは聞く人によっては悪口に聞こえることも平気で大声で言うことがあるのでメイン観戦をすることに。場所は当然アウェー側。横に座っていたのはどうやら刈谷の選手。それでも聞く人によっては悪口に聞こえることも平気で大声で言っていたような気が・・・・。

観戦場所を探している時に記者席前を通ったのですが、その時ラットトップを一心に叩いている人を見かけました。同行者と「徹ちゃんじゃね?」と言っていたのですが、どうやらご本人だったようです。JRで名古屋経由で金沢に来たらしいですが、声をかけていっしょに帰って来ればよかった。

ゴール裏の刈谷サポは25・6人くらいか。下段じゃなくて2段目に陣取っていましたが、試合前には下段に下りてくる。
試合前に「トットリサンガヨロシクダッテ」とのダンマクを刈谷が松本サポに見せつける。Parkerこれ見てスポンサー絡みと思ったので松本サポが怒るかと思いましたが笑う松本サポ。松本サポ大人だなぁと我が身を反省。
そして刈谷サポに裸族登場。この日のアルウィンは強風でParkerは寒かったのですが・・・。
試合前に刈谷サポから「松本山雅」コール。試合前にやるんだw
さらに刈谷サポはトランペットを使い始まる。え、アルウィンで使うと怒られるんじゃないの?主催が違うから大丈夫なのかな?
試合前は刈谷サポの圧勝でした。

2年前天皇杯2回戦で刈谷さんとやりましたが、メインしかなかった会場だったので、こんな面白い人たちと分からなかったのが残念です。
ちなみにこの試合では「ワニ」風船を持ってきた金沢サポもいました!

松山ケンイチ、ネモに似てねぇ?

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

Parker()()()/

スタジアムに着いたのが9時30分ごろ。サポは弾幕張りの真っ最中で誰もいない。手伝いできなくて申し訳なかったです。弾幕設置を終えたサポが出てきて、試合開始まで時間があるが誰も会場前から動こうとしない。どうやら限定の写真セットが目的のようです。て、他人事のように言っていますが、Parkerさんもそうでした。

写真セットを購入した後は予約してあった入場チケットの引換。今回もブースにはベンチ入りしない選手がお手伝い。今回はメールで事前予約し、ツエーゲンブースで購入する方法。デラさんに「お名前お願いします」と言われ名乗って購入。わかっていればParke名で予約しておくんだったw。来年からそうします。

ブースになつかしい虫かごが・・・。全社遠征募金箱ですね。なんとなく気が大きくなっていたParkerさん、チケット代金800円に1000円札をウミに渡して、「釣りはいらねぇ。とっときな!」

Parker△!

「写真、写真」と並んでいたサポに写真を撮れと強要するParkerさん。でも、硬貨じゃ写真撮られてもみっともないので1000円だけだけど入れて、再度「写真、写真」と並んでいたサポに写真を撮れと再度強要。
Parker()()()/!

サポとダラダラ喋っていると若いオネーサンが沢山乗っているバスが到着。急にテンションが上がるオヤヂたち(Parkerは違います)。関西学院大はアメフトで強豪だからチアリーダーではないかと誰かが言うと(Parkerじゃありません)、さらにオヤヂたちのテンションが上がる(Parkerは違います)。観戦場所を変えようか、関西学院大の近くに逝こうかと言うサポも(Parkerじゃありません)。クラブの中の人が近くにいたので「今からおひさるに関西学院大のチアリーダー来場と告知すべし」「誰かブログにうp汁」と言う人も(Parkerです)。しかし、誰かがバスに近づいて帰って来ると、「小松工業って書いてあったし、男の人も沢山いましたよ」との一言でこれまでの盛り上がりは一切なかったことに。

最近お子さんが産まれた某サポが今回は親子3人で観戦に来るとのことでしたので、お願いがあって電話をすると、後方で大きな泣き声が聞こえてきます。
「負け試合行きたくないよー」
「こんな用事きかなくていいよー」
多分どちらを言いたくて泣いていたと思います!

昨日のネタはふたつ。NHKの解説が元ツエーゲンのスーパーバイザーの宮澤ミシェルだったので、「ミシェル」ダンマク(といってもゲーフラサイズですが)を作成し、NHKのカメラに映してもらえるようにサポゾーンの後方に貼っておきましたw
もう一つは「仙台」。こちらは事前に誰にも言わず勝ってから出しました。それぐらいの分別はあるのです。

Parker()()()/ Parker さん カッコ 割る

関西学院大スタッフ・選手のツエーゲンに関するコメントです
http://voice-fromkansai.seesaa.net/article/128584149.html

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

関西学院大観戦記 と言うより断片的感想

ど~も、宇都宮徹壱氏と2日連続同じスタジアムにいたParkerです。そろそろ「天皇杯漫遊記」がうpされる?
と書いていたらうpされていました
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/89th/text/200909210002-spnavi_1.html

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/89th/text/200909210002-spnavi_2.html

やっぱり観戦記らしきものは上げなきゃね、でも観戦記は書けないので、現場とテレビ(ただし90分のみ)で感じたことを書いてみたいと思います。

関西学院大は強かった。リーグ前半のうちなら勝てなかったでしょう。北信越リーグで対抗できるのはJSCか長野ぐらい。それを象徴していたのはソノジャー。昨日も悪くはなかったけれど、北信越ではスーパーだったソノジャーが目立っていなかった。

一方でリーグ下位相手には得点を量産するも、上位チームでは目立った活躍がなかったキング、プリンスが、結果は出なかったけれどゴール近くまで攻め込む個人技を見せてくれました。調子が上がってきているのかな?

シュートをこれだけ撃たれたのもホームJSC戦ぐらいしか記憶ありません。連携ミスもあったので猛省して欲しい。タッシーのファインセーブで助かった。うちにとって幸いだったのは関西学院大に決定力のあるFWがいなかったこと。

交替選手が当たりました。守備の梃入れと同時に攻撃もできる選手の投入により10人でありながら運動量を保持して勝利することができました。ベンチ入り選手のレベルが高い証明ですね。昨年までJ1に所属していた選手がベンチスタートでも違和感ありません。

ゴール前での惜しいシーンがいくつもありましたが、決まったのは延長後半7分。ベガルタ戦、全社、地域決勝に向け、「惜しい」プレーを「決まった」と書かせてください。

松本-FC刈谷戦を「中立」的に観戦記を書きましたが、マイクラブは冷静に書けないなぁw。
ホームJSC戦後の試合(連勝スタート以降)を初めてテレビで見ましたが、面白いじゃないですか。「中立」の方もこの試合は「面白く」見ることができたと思います。って、これも贔屓目かw

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

関西学院大学加茂周監督インタビュー

前回のエントリーだけじゃなんなんで、録画しておいたNHK総合を見ています。前半を見たところ、危なっかしいプレーもありましたが、ツエーゲンは悪くない。関西学院大の球際の粘りがツエーゲンの攻撃を上回っている印象です。
そしてハーフタイムに関西学院大学加茂周監督インタビューがあったのですが、これが加茂さんらしいので紹介します。

アナ「ツエーゲン金沢事前にVTRなど試合見ていたと思うんですが、実際に戦ってみてどんな印象ですか」
加茂監督「いや、いいチームですよ。がんばるしね」
「注目の選手は?」
「別にいなかったですね」

「選手交替なども含めて後半はどのようにしかけますか?」
「いや、ふつう通りやります、はい」
「ふつうどおりと言うと」
「ふつうどおりですよ!」
「わかりました。なんとしても1点を取りたいところだと思うんですが」
「相手もとりたいと思ってるんで、先に点を取るほうが有利だと思うんですけど」
「選手にはどんなしゅうちをしますか」
「はっ!?」
「後半戦うに当って選手にはどんなことを指示されますか」
「いつものとおりがんばれと言います、はい」
「わかりました。どうもありがとうございます」

「しゅうち」はインタビューアの発音が不明瞭なため、加茂監督が「はっ!?」と聞きなおしていました。
インタビュー後、実況アナが苦笑いしていました。
加茂監督、69歳ですか。この御歳で現場にいるのもすごいですね。

延長戦は録画していないよorz
(ニュースで決勝ゴールは見ましたが)

| | コメント (0)

正直すまんかった

申し訳なかったです。
お詫びいたします。
え、何のことかって?
前回のエントリーのことでです。
たまたま自分に関係ない試合を観戦して偉そうなことを書きましたが、自分が応援するチームのことは冷静に評価できません。いや、評価できる試合もありますが、今日の関西学院大戦は評価できません。
関西学院大は強かった。ツエーゲンは後半にまーくんが退場して数的不利に陥った。それでも延長後半7分のルーベのゴールで勝てた。
全社に向けて良い経験ができた。

今書けるのはこれだけです(他にも原因がないことがないですが)。
応援に力が入り杉で喉が潰れました(他にも原因がないことがないですが)。
力を入れ杉でタイピングミスが多いのでこれぐらいで(他にも原因がないことがないですが)。
声の出し杉で呂律もまわらないし(他にも原因がないことがないですが)。

| | コメント (2)

2009年9月19日 (土)

松本山雅-刈谷FC見てきたよ

あらかじめ申し上げますが、松本サポ、刈谷サポの方はこのエントリーをお読みにならないことお勧めします。
.
.
.
.

Parkerがこの試合を見に行こうと思った最大の理由は松本の実力を見たかったから。
Parker、ほら松本好きだからw
今年松本の試合を4試合見ました。リーグ戦2試合と全社北信越2試合です。
ツエーゲンとは3試合して、ツエーゲンから見て2勝1敗でしたが、結果はともかくとして松本の試合内容は良くないものばかりでした。長野との試合を1試合見ましたが、前半はヒドかったものの後半で「奇跡」の逆転劇。
ということでツエーゲン・長野以外の対戦相手のサッカーが見たくて、金沢サポ一名と(ツマに怒られながら)刈谷戦に逝きました。
この試合におけるParkerの立場は「中立」。どっちが勝っても関心なし。「良い」サッカーが見たかったのです。

,
,
,

再度のお断り
松本サポ、刈谷サポの方はこのエントリーをお読みにならないことお勧めします。
,
,
,

松本の選手は良かったです。
Parker的には5番の斉藤が一番良かった。柿本も決めるべきところで決めた。大西は決勝点の折り返しクロスをよく上げた。今井はキレていた。鐡戸も良かった。ネット掲示板では批判されていた木村も悪くなかったと思います
試合終了直前のコーナー付近の時間の使い方も良かった。

決勝点は右サイドバック?から左への大きなサイドチャンジから大西へのパスが通り(大西にパスを出した選手は誰かは分かりません)、ゴールライン付近からの折り返しのセンタリングを柿本が刈谷選手と競り合いながら頭で決めたビューティフルゴールでした。観客は1469人だったと記憶


,
,
,

ホント、松本サポ、刈谷サポの方はこれ以上お読みにならないことお勧めします
,
,
,

選手はよくやっていたと思います。でもサッカーは良くなかった。
けっして金沢サポとして言っているわけでもなく、上から目線でもなく、一サッカーファンとしての発言です。

,
,
,

松本のサッカーは良くなかった。それでも勝てたのは刈谷が同じようなサッカーをして、もっと良くなかったからだと思います。
松本が攻め込まれていた時、守っていたのはディフェンスラインの4人だけでした。それでも数的には互角か4-3で優勢だったのは刈谷も同じサッカーをしていたから。お互い攻め込む時は3人あるいは4人だけ、守るのはディフェンスラインだけ。組織的サッカーを両方できていなかった。システム的には4-0-3-3?
刈谷のサイドはザルでした。
攻める時は数的には五分にも関わらず、ペナルティエリアに進入することなく、外からのミドルシュートばかり。惜しいシュートは何本かあったもののペナルティエリア内の決定的シュートはありませんでした。後半には良い折り返しがあったものの得点には結びつかず。
後半から出場したアマラオは交代時間が早すぎでした。良いプレーもありましたが、最後は動けず。

特に後半はお互い「雑」の一言。それでも松本の今井が出てきてからは試合が締まってきました。

お気を悪くされた方は、松本が浦和とやれる他サポの嫉妬として読んでください。

| | コメント (5)

明日の試合に向けて

ど~も、またまたサッカー関連でツマに怒られてテンションsagesageのブログですorz

それでも明日は試合があるということで、天皇杯1回戦への心構えなどを。

西部緑地での天皇杯開催は昨年に続いて2年連続です(*)。昨年はナイトマッチで2000人以上の観客が入り延長戦突入、決勝ゴールと同時のホイッスルで勝利するといった劇的な試合でした。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/sagawa-3c91.html
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-67c8.html
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-0b7f.html

不満だったのが入場ゲートがメインアウェー側一箇所だったこと。おかげでメイン観客席はアウェー
側の方が多かったorz。ツエーゲン主催の時はホーム側入口だから当然ホーム側の方が観客が
多いのですが。でもアルウィンはドアウェー入口でもホーム側観客が多いので、言い訳にならないなぁorzこういうところはまだまだ松本に遅れをとっていますね。

今年は恒例の県大会決勝のテレビ中継が選挙のため流れたので、代わりにローカルでNHK金沢さまによりテレビライブ中継されます。サポは録画を忘れずに。あとハーフタイムなどではサポゾーンが抜かれるので気を抜かないこと!昨年、Parkerさんたちがハーフタイムに見る人が見れば分かるぐらい数秒ですが抜かれた経験があります。実際は熱いサッカー談義をしていたのですが、なんという映像の恐ろしさ!、下卑た会話をしているとしか見えませんでした!

一番肝心なこと
関西学院大は強いと思いますが、今のツエーゲンなら勝てるはずです!
みんなで選手の後押しをしましょう。

(*)
西部では一県一代表になる前にも天皇杯の試合がありました。中田氏(旅人)が平塚でのルーキーイヤーの時、デンソーとの試合があり、Parkerさんは中田氏(旅人)目当てで逝った記憶があります。

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

スカウティングで先行しているはず

4時間30分の持ち時間を2時間30分で終わらせてしまったノープランのParkerさん、エントリーのタイミングもノープランでした。
このエントリーは今日あたりにすべきでしたorz

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-263e.html

関西学院大体育会サッカー部は13日(日)に試合があり、大阪教育大学を1-0で下しています。
8月にはUNION Dream Challenge Cup 2009で津幡で準決勝を戦っていますが、上記の試合とはメンバーが全く異なっています。
天皇杯決勝兵庫大会のメンバーは当然のことながら13日のメンバーが主となっています。

さてここから本題です。
ツエーゲンはスカウティングで先行しているような気がしてなりません。

コミーとミッチーの母校・大阪体育大は関西学院大と同じ関西学生サッカーリーグ一部です。ということは、後輩を通して関西学院大の情報を入手しているはず(キリッ

そして13日のツエーゲンはオフでした。これは監督・スタッフがリーグ戦を偵察していたにちがいありません(キリッ

ネタがないので妄想に頼るしかありませんorz

| | コメント (0)

2009年9月17日 (木)

関西学院大戦キャッチフレーズ

,

,

         とってカンガクー
           
(獲って関学ー)

,

,

元ネタ
http://www.youtube.com/watch?v=hBT75gYiB7k&NR=1

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

今日のサッカーニュース

すいません、真面目なエントリーが続いています。

日経の運動面のサッカーニュースはふたつ。
「赤字 13クラブに増」Jクラブの昨年度の経営状態の開示のニュースです。
「鹿島-川崎 中止の74分からの再開」

讀賣の運動面
「東京V再建 OBの手に」
「広島に制裁金1000万円」ベストメンバー規定違反によるものです。
なお、讀賣は社会面でヴェルディと鹿島-川崎の再会のことが書かれています。

いやぁ同じ日のニュースとは思えませんねw

讀賣でヴェルディの記事が書かれるのは当然です。
そして日経でのヴェルディの経営情報を見ると、選手・チームスタッフ人件費が26億2200万円とJクラブで最大で、営業支出は41億3400万円。下部組織の人件費があるとしても1位とは意外です。一方営業収入は41億4400万円で1000万円の黒字。収入は「補填」なのでしょうか?

日経にはクラブの経営情報の方がベストメンバー規定より重要ということでしょう。

Jリーグのサイトからのクラブ経営状況を見ることができます。
http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/2008-9/pdf/club2009.pdf

J1 1クラブ当たりの平均営業収入・・・ 34億5,100万円
                       
(前年度比+6%)
J2 1クラブ当たりの平均営業収入・・・ 9億6,300万円
                                             
(同△17%)
これは・・・
J2の減収は札幌・ヴェルディの昇格したことと、JFLからの昇格があったことも原因でしょうか?
世界同時不況の影響は今年度以降に出てくるでしょうから、もっと厳しい数字が出てくるかもしれません。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

地域密着について

昨日の記事では雨で途中中止になった鹿島-川崎戦のことを書きました。その試合の決着をどうつけるかが今日のJリーグ理事会で決めるとのことらしいのでネットで調べてみるともう一つ大きな議題があるそうです。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/09/14/15.html?feature=related
そういえば以前このことを見た記憶があります。

ネット掲示板を見てみると、こういう状態に追い込まれたのは地元軽視を続けていたのが原因の一つとの意見が多かったです。
人口の多い地域にあるクラブとはいえ、地元軽視の結果が(もちろん全てではないですが)こうなることを他山の石としなければなりませんね。

地域密着に関してここ一週間で気になる文章があったので紹介します。

ひとつ目は先週水曜日の日経運動面「フットボールの熱源」。手元にないのでうろ覚えですがご容赦を。内容はJのチームは地域密着を唱えているのは結構だが、強化をおろそかにしてはいけない。いくら地域志向を強めてサッカー教室を開いても、強くなければ子どもたちの憧れの対象にはならない。プロであるからまずは強くなければならない、といった内容だったと思います。記憶曖昧でサーセン。

もうひとつは先日紹介した、サッカー批評 44の柱谷幸一氏のインタビュー。J2昇格を果たすと、フロントから栃木出身選手を獲るよう言われたとのこと。以下引用
「フロントの言う意味は分かる。地元出身の選手を入れたチームを編成するというのは地域密着という意味において正論だし理想だろう。しかし、勝利というのはプロサッカークラブにおいて最大の売り物である。クラブの商品は試合なのだ。」(ミカミカンタ氏)
「10年後、20年後になってそこで(P注・地域の少年団やジュニアユ-スや高校)育った選手が出てきた時に、初めて栃木県出身の選手で強いチームが作れるんであって、今すぐというのは無理ですよ」(柱谷氏)

ツエーゲンも地域密着と強化を同時に進めていかなければなりませんね。
地元選手の受皿なる、というのがクラブ創設の目的だったと記憶していますが、それだけの選手を育てられるように石川県全体で強化を進めていかなければならないと、柄にもないことを思ってしまいました。

鹿島-川崎の扱いの結果が出ました
10月7日(開始時間は未定)にカシマスタジアムで中断した後半29分、川崎が3―1でリードの状況から再開。出場選手などは中止時点と原則同等にする、とのことです。



| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

雨の試合中止でこの人も怒った

ど~も、ムスコが運動会で赤チームなので赤いタオルを貸してと言ってきたので、ツエーゲンのタオルマフラーを貸したバカ親です。

さてさて、先日の鹿島ー川崎戦がで雨で試合が中断・中止したそうです。
たかが4年の歴史しかないツエーゲンですが、強風で試合中止になったという得がたい経験をしています。Jにいて遠方のサポーターが来ていればまた論議を呼んだかもしれません(この時の対戦相手はお隣の福井)が、スポンサーボードがバックスタンドまで飛んだり、ゴールキックがそのままゴールになりそうなくらいの強風で、観客・選手に危険であり、サッカーがサッカーでなくなる可能性もあったので中止は仕方なかったと思います。

豪雨と言えば昨年の天皇杯2回戦、加古川でのカターレ富山戦。この試合は前半戦にゲリラ豪雨に襲われました。しかし誰一人中止のことなど考えていませんでした。
今回のJの中断は観客・選手に危険なことはなかったようですし、なぜ中止になったのか不思議ですし、多くの方も同じように思っているようです。

特に川崎サポーターからすれば、ナビスコ、AFC、代表とチーム・選手に過密スケジュールの負担が多く、首位鹿島に勝点差をあと15分で縮められそうなだけだっただけに、なおさらやりきれないと思っているでしょう。

ということで、今回の決定に納得できない方のご意見です。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8213184

| | コメント (0)

2009年9月13日 (日)

サッカー批評 44

ど~も、、4時間30分の持ち時間を2時間30分で終わらせてしまったParkerです。2年連続orz。
持ち時間終了後は誰もParkerさんと目を合わせようとしませんでした。これも2年連続orz。

さてさて「サッカー批評」の最新号を買ってきました。今回の特集は「サッカー監督の取扱説明書」。Jの外国人監督のデータ、Jで攻撃的サッカーを志向する西野ガンバ監督、ペトロビッチ広島監督、更に30クラブを渡り歩いているネルシーニョ柏監督と現役監督のインタビューだけでなく、柱谷(お兄ちゃん)元監督、監督を決めるGMのインタビュー、そして日本だけでなくヨーロッパ各国、ブラジルで求められる監督、メディア対策など。
元名古屋などで現SC相模原の望月重良氏のインタビューが意外に面白かった。ベンゲル、トルシエ、オシムと個性的な監督に仕えた中で最も印象に残っているのは?

しかし、地域リーグサポ的に最も気になるのは、Mi-o、町田と3年連続して地域からJFLを昇格させた戸塚哲也町田監督のインタビューではないでしょうか。インタビューアはもちろん宇都宮徹壱氏。残念ながら全社をどう戦ったか、地域リーグから脱け出す秘訣は書かれていませんでした。内容はなぜS級を持っていないか、監督としての哲学が中心でした。

大泉実成氏の「TAKE ACTION F.C. の可能性を追う」は次号後編が楽しみ。ミカミカンタ氏のJリーグ事務局長インタビューは直接サッカーに関係しないかもしれませんが、なかなか興味深い。

非常に読み応えがありました。
前号の「10年後も残るクラブ、消えるクラブ Jリーグの深層レポート」も読み応えがあり、紹介しよう思っていましたが、先に他の金沢系ブログに紹介されたためタイミングを逃しました。

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

もしもシリーズ

ど~も、めちゃいけ芸人歌へた王座決定戦での吉田サラダ(ものいい)の清志郎っぷりに涙を流して笑ってしまいました。ようつべでもう一度見たい。

先日から他の地域の話をしていましたが、ふと思ったのが、もし北信越リーグも今のシーズン中だったらツエーゲンの成績はどうだったろうとことです。
リーグ後半のホーム12節JSC戦以前のツエーゲンと、13節以降のツエーゲンでは強さが全然違います。多くが新加入選手、中心選手の1人であるネモが契約前から練習に参加していたとはいえ、正式な契約が4月1日と他に比べて完全にチーム作りに遅れをとっていたツエーゲン。もし、リーグ戦の消化が遅く、東北リーグのように先週が12節で、今のツエーゲンとJSC(もちろんガチメン)が対戦していたら・・・。

スポーツパーソン(政治的に正しい用語)として、北信越リーグをもっと長期間にするべきだったなどとは言いません。
あくまで仮定の話としての思考ゲームです。

しばらく考えてみましたが、結果は同じかもしれませんね。
そのうち良くなるだろうと、開幕当初の体勢のままずるずると行って、ポジションチェンジやレギュラー選手の入替がなかった可能性も高いですし。

むしろ、危機を早く解決しようとして、シーズン開始後に3選手が早めの加入し、全社前にチームの完成度を高めている今の方が良いかもしれません。

てなわけでどれだけ完成度が上がったか、まずは来週の日曜日に見せていただきますか。

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

ノリクラダケノボレ

ど~も、始業前に寝て、昼食後に寝て、終業後にも寝てしまい、会社へは仕事しに行っているのか、眠りに行っているのかよくわかりません。

いうわけで選手の新コード発表です。

左サイドバックレギュラーに定着した選手は「ソノジャー」
「アレ アレ ○○○ 戦え ○○○」とのチャントで”戦士”をイメージしました。名前も「セイジ」で”センシ”に少し似ているし。

キングがいて、プリンスがいて、クイーンがいないのは寂しい。ということでボランチから右サイドバックにいったあの選手は「クイーン」。そのココロは「○○○アルクイーン」w。

タッシー         
ルーベ       
ミッチー     
ヒカル
キング          

クリリン
まーくん
ソノジャー   

コミー
○ちゃん
クイーン
プリンス
レッドクリフ          

先日の天皇杯テンヘンズ戦の先発メンバーです。
トラップでスタッフを混ぜておきました。

他サポはさっぱりわからないでしょう。
問題は金沢サポでもわかないことか・・・。

「ヒカル」さん、ブログ開設おめでとうございます。
こんなブログでよかったら手本にして、どんどん更新ください<3

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

ここの観戦記を信用しないように

ど~も、代表のことをすっかり忘れていて、はねとびを見ていたおちょこちょいさんです。
仕事がアレなのでorz今日も手抜きだよ!

さっそくですが、このブログ誰が見ているんでしょうか?
自分ではツエーゲンサポ・ファン向けに書いているつもりで、観戦記も試合を見られない方を念頭において書いています(第一の目的は自分のための備忘録)。
考え杉かもしれませんが、観戦記が対戦チームに利することがあるのでしょうか?

.
.
.

前言撤回!あるわけないですね!
メモもとらず、酔っぱらいながら見たり、書いてしていて適当ですから。

でもまぁ念のため、天皇杯1回戦のフォーメーションなどはボカすようにしますか。
これまでも拙ブログでキングとかプリンスとか他サポ向けにコード化してきていますが(ウソです)、一部コード化していない選手もいましたのでこの機会にコード化します。
もっとも顔見知りから、「キングって誰」と聞かれることもあるほどコード名は金沢サポにも馴染んでいません(これはホントウ)が、そこはツエーゲン愛と想像力で察してください。

| | コメント (2)

2009年9月 8日 (火)

他地域のサイトを見てみた

ど~も、一時期に比べてお笑いに勢いが感じられない分だけ、拙ブログのネタも少なくなってきています。

さてさて、最近は拙ブログに求められているのと違っているかと思いますが、真面目なエントリーが続いています(あくまで普段の拙ブログと比較して)。
他の地域の情報も最近書いています。ネット掲示板の書込みをそのまま書くこともないこともないですが、できるだけ裏をとってから書くことを心がけています。
ということで、東北リーグなど他地域のサイトを覗いてみるといろいろ発見がありました。

四国はサイトが見つかりませんでした。四国の情報はカマタマーレのサイトから情報を引っ張ってきました。

九州サッカーリーグ連盟(通称Kyuリーグ)のトップページは最終節後ということもあるのか、優勝決定試合のレポート。また「九州はひとつ」「JFLへの挑戦」とのロゴもあり、九州の熱さが伝わります。日程表を見ると北信越では見られない集中開催が目立ちます。試合日程表・公式記録は北信越リーグと同じ。

中国サッカーリーグのスケジュールはカレンダー形式。空白多杉で意味があるのかと。試合の詳細なデータを見ることはできないみたいです。

関西サッカーリーグはトップページにPICK UPとひとつの試合を写真とレポートで紹介しています。毎節紹介しているかは不明。スタジアムガイドがいいですね。意外にもホーム&アウェーじゃないようです。試合日程表・公式記録は北信越リーグと同じ。

関東サッカーリーグの公式記録はスコア、得点者、警告・退場者ぐらいしか出ていない簡単なものでした。

東北社会人サッカーリーグのトップページにはアルバムとか試合会場とかの案内があったのでクリックしてみると、準備中が多かった。2部は北部・南部と分かれていることを知りました。こちらの試合日程表・公式記録は北信越リーグと同じですが、日曜日の試合の結果が同日の夜に早速アップされており、北信越より早いように思えました。

北海道は探していません。

ちなみに北信越の正式名称は「北信越フットボールリーグ」。ちょっとカッコイイ。
ついでに北信越サイトで今年の全社の実施要領を見てみました。
ツエーゲンが今年優勝して来年の出場権を得たけれど、来年はJFLにいるんで(予定)参加できないでしょ。来年の要領がそのままかはもちろん分かりませんが、一応貼っておきます。

「イ.前年度(第44回)全国社会人サッカー選手権北信越大会優勝チーム
  但し、前年度優勝チームがJFLに昇格した場合は、本大会に出場資格を失うため、2位チーム(2チームが昇格した場合は3位チ-ム)に出場資格を与える。」

今週忙しいのにまた時間を無駄にしてしまったorz

| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

他の地域も熱いなぁ

全社の組み合わせが決定し、他の地域もチェックしなければならなくて忙しいです。
まぁうちとの全社絡みの地域だけですけど。

ということでいろいろと付け刃的に調べるといろいろ発見がありますね。昨日も話題にした東北リーグの首位攻防戦、福島ユナイテッドFC-グルージャ盛岡戦の観客が2,284人(福島ホーム)。こりゃ凄い。ツエーゲン完敗orz。
四国の2強対決カマタマーレ-ヴォルティス・アマ戦も3,000人の動員があるとか(こちらは園田選手から直接聞きました)。北信越が熱い、とか言いますが他の地域も熱いですね。

全社のうちの山を見て、他のブログなどを読んでいると強敵はまだまだいます。
2回戦で当る可能性のある札大GPは北海道リーグ現在首位らしいです。
1/2決勝で当る可能性のある、2年前に敗れた相手でもあるYSCCは関東リーグ優勝だとか。千葉から近いし、なおさら怖いですね。
まぁ今更ですけど、どこも強いですね。

雑談です。
http://sports.yahoo.co.jp/news/20090903-00000512-sanspo-base.html
先日NPBが今年のプロ野球新人選手選択会議会場に1000人のプロ野球ファンを招待すると発表しました。
これってどうなんでしょう。
Jのような表彰式ならともかく、プロ入りする前のアマチュア選手が影の主役、指名されたくない選手もいるだろうに、こうした形の「ファンサービス」は疑問です。

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

KYにも天皇杯の話をしてみる

兵庫代表は過去5年はバンディオンセ加古川(セントラル神戸、バンディオンセ神戸)でしたが、今年の代表はPK戦で姫路獨協大学に勝った関西学院大学。
そのバンディオンセ加古川が5年連続代表になる前は4年連続で関西学院大学が兵庫代表でした。

そのへんのデータはコチラから見ることができる?
http://www.hyogo-fa.gr.jp/1/index.html

今年の準決勝で敗退したチームは、バンディオンセ加古川と三洋電機洲本と関西サッカーリーグのチームです。今年の成績を関西サッカーリーグのサイトで調べてみます。
http://www.kansaisl.jp/

14節終了時点でバンディオンセ加古川が4位、三洋電機洲本が1位です。
ちなみに関西サッカーリーグは全14節ですが、8節が新型インフルエンザのため延期となり、10月4日に開催予定。そこで今季の成績が確定するようです。よく分かりませんが、どうやら三洋電機洲本はすでに地域決勝進出を決めているらしく、残り1枠を勝点26のラランジャ京都と勝点24のアイン食品で争っているようです。できればラランジャ京都には(全社絡みで)2位に入って欲しいですね。

全社、地域決勝を臨むツエーゲンにすれば、関西学院大学との試合は、強化試合と見てもうってつけの相手ではないでしょうか?
関西リーグ1位を破ったチームですから関西リーグの力をある程度知ることができそうです。
そしてモチベーションが非常に高い。チームによってはリーグ戦との兼ね合いで天皇杯を全力を傾けられないところもあるようですが、学生さんだとそんなことはないでしょう。実際兵庫大会の決勝に出場していた関西学院大学の選手のブログを目にしましたが、この大会にかける意気込みを知ることができました。

今年のツエーゲンの選手は新卒大学が多いので、大学チームの力を知っているので勇断することもなさそうです。特に大阪体育大学OBのコミーとミッチーは詳しいんじゃないでしょうか?

そういえば上野監督をはじめとするスタッフはユニオンチャレンジカップを見ていましたが、関西学院大学の試合を見ていたのでしょうか?

などと書くと天皇杯1回戦も面白く見られそうでしょw

今日行われた東北サッカーリーグ12節で、勝点29で並ぶ1位福島ユナイテッドFCと2位グルージャ盛岡の直接対決がありました。結果はドローで勝点が同じまま2節残しています。得失点差は4と微妙。
福島ユナイテッドFCの残りの相手は現在リーグ4位と6位でアウェー2連戦。グルージャ盛岡はリーグ4位と3位(トーキン)が相手のホーム2連戦。
9月13日の13節、10月4日の最終14節も注目ですね。もちろん拙ブログ的には福島ユナイテッドFC優勝祈願。もちろん盛岡さんには何の恨みもありません。ひたすら全社絡み。

うちの山の皆さんがリーグ戦で地域決勝に進めることを心から祈願しております。

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

全社組み合わせ発表!

http://tonan.sc/
tonan前橋のサイトにて全社の組み合わせを見ることができます。

ツエーゲンの初戦の相手は
    海上自衛隊厚木基地マーカス!

知らないけど


ネット上では休養日があるとの噂がありましたが5連戦ですね。
北信越代表の他の2チーム、松本と長野は反対の山。決勝で戦えるのか?

1回戦の海上自衛隊厚木基地マーカス、そして2回戦に進むと(ここは謙虚に)、吉備国際工華、札大GPの勝者と戦うこととなります。ここまでの3チームは浅学のため知らないチームばかりですが、3回戦に当る反対の山には
  ヴォルカ鹿児島
    RENOFA YAMAGUCHI FC
  カマタマーレ讃岐
  バンディオンセ加古川
とちょっと地域リーグに詳しい人なら知っている名前ばかりです。RENOFA YAMAGUCHI FCかカマタマーレ讃岐が来るでしょうか?
カマタマーレ讃岐は現在四国リーグ勝点1点差で2位、全社の9日前の10月8日に首位ヴォルティス・2ndと戦う予定です。ヴォルティスになんの恨みもありませんが、カマタマーレにできれば四国リーグを制してもらいたいですね。
RENOFA YAMAGUCHI FCは中国リーグで現在2位に勝点5差をつけられ3位(中国リーグの地域決勝枠は2)。2位のチームより2試合少ないので2位以内の可能性が残されています。こちらは10月11日にリーグが終了しますので、できれば2位以内で終了してもらいたいです。
1/2決勝まで進むと九州の新日鐵大分、関東リーグのtonan前橋(元ツエーゲンの山田選手が所属)、関西リーグASラランジャ京都(元ツエーゲンの中尾・稲垣選手が所属)、東北の福島ユナイテッドFC、東海の静岡フットボールクラブが勝ちあがってくるでしょうか。
2年前の苦い経験を忘れていません。


           
      一 戦 必 勝 !



| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

天皇杯県大会に関しての妄想

う~ん、Perfumeネタはアクセスが伸びないなぁorz
というわけで今日もツエーゲンのことをダラダラと書いていきますよ。

先日の天皇杯決勝を某サポ氏がメインで観戦していてメイン側の観客のレポートを上げていました。シュートシーンやゴールシーンでは歓声が上がったようですが、それ以外では大人しかったとか。
そのことはバックからも窺えました。メイン側は赤くなかったし。
昨年の天皇杯本大会1回戦のメイン側の盛り上がりと比べると寂しいかぎり。
まぁ先日は試合展開があまりにも一方的過ぎましたから盛り上がる要素がなかったことも確かです。
といいながら今年のリーグ戦で同じ西部で行われた新潟戦、福井戦の方も一方的な試合でしたが、もう少し盛り上がっていたような気がします。もっともこれはParkerの記憶のみで間違っているかもしれません。

それではいつもの妄想にいきますか。
あくまで妄想ということで怒らないでね<3   ←はーとマーク

Parkerさんはテイヘンズの試合を何試合も見て強いことは知っていますが、一般のお客さんは「アマチュアチーム」としか見ていないのではないでしょうか。メイン側のお客さんにとってはツエーゲンが県内のチームに勝つことは「当たり前」だと思っているのかなと。1/2決勝金沢大学戦も天候・時間に恵まれなかったとはいえ、観客が予想以上に入らなかったのもこの理由。
一方でリーグ戦の福井戦・新潟戦がそれなりに盛り上がったのは県外のチームだから。
外敵を「石川のツエーゲン」が迎え撃つことが、メインのお客さんにとって盛り上がる要素なのかなと思います。もちろん一昨年・昨年の本大会1回戦が0-2からの逆転勝ちしたイメージがParkerの中で強いだけなのかもしれません。
ダービーが一番盛上がる長野・松本と正反対ですw

このParkerさんの妄想(仮説ともいう)が当っているかは、9月20日の天皇杯1回戦兵庫代表関西大学戦のメインを見れば分かりますねw
今から外れたときの予防線を張っておきますが、大学生だから勝てると思っている人が多いのな。危険な考えですね。関西の大学は強いと思いますよ。

ということで次回エントリーに続く予定。

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

この人は俺か

ど~も、昨日までの昭和の映画評論家ネタ3連発に気付いていただけたでしょうか?

さて、今日も今日とてPerfumeの動画を見ていたら、あまりにも共感できる動画を発見。
Perfumeをアツく語るエコノミストの先生が自分に見えてきて、聞きたくもない話を無理矢理聞かせられるキャスターが読者に思えてなりません。
笑いが止まらない動画はコチラ

http://www.youtube.com/watch?v=yehaBzojiuk

テクノを聞くようになったのは電気グルーヴがきっかけでした。
音楽だけでなく笑いのセンスも好きで、カッコイイ音楽と笑いが融合したスバラシイPVは、少し古いですがコチラです。

http://www.youtube.com/watch?v=CyCd7srDwqc
http://www.youtube.com/watch?v=YtasrAl8OBU

スバラシすぎて人間性を疑われてもしょうがないですか・・・

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

ミディアムバイオレットかディープピンクか

ど~も、ツエーゲンって本当にイイもんですね。

↓コチラは色見本です
http://www.colordic.org/
ツエーゲンレッドは 「red#ff0000」 でしょうか。

ところが、ツエーゲンの選手から「そのTシャツ色落ちてきていますね。買い換えた方がいいですよ」と言われるParkerさんのTシャツ。
一部が「mediumvioletred#c71585」とか「 deeppink#ff1493」とかになっています!
そりゃ選手から指摘されるのも当然ですって!

Tシャツはツエーゲン1年目のリーグ3節・ホーム2試合目に購入したと記憶しています。それ以降ず~と着ているから色落ちはしょうがないですね。
色落ちを指摘されたのは2年目から。それから2年経ちましたが依然と着用しています。実は今年の正月に買った福袋に入っていたTシャツをもう1着持っています。もちろん未着用。それでも色落ちのTシャツを着続けています。

一番の理由はイジられたいから
次の理由は
「北信越にいる間はこのTシャツを着続ける」
             ↑
イジられた時に思いついたもっともそうな理由

2番目の理由は最初は口からのでまかせだったのですが、最近は本気でそう思っていますし、営業してきた選手にもそう答えました。JFLに上がったら買い換えます。
Parkerさんもこんな色落ちしたシャツをいつまでも着たくありません。
はやくJFLに上がろう!

選手の営業トークを無視するのも申し訳ないので、天皇杯1回戦でツエーゲン1年目から着用している手書きのパチもんツエーゲンキャップを、おひさるのに買い換えるよう選手が営業してきたら今度は買います。9月20日はブタの貯金箱を壊して西部に逝きます。

サポならオーセンテックユニを買わなきゃならないのでしょうが、Parkerさんは服にお金を使う習性がありませんし、基本貧乏なんですorz。ビール買うお金があってもオーセンテックユニを買うお金がありません。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »