« 攻撃のドーナツ化現象 金沢大戦観戦記 | トップページ | YO! YO! YO! YO! YO! »

2009年8月10日 (月)

好試合から凡戦へ テイヘンズー金沢星稜大観戦記

テイヘンズは何度も見ているが、金沢星稜大を見るのは今回が初めて。もっとも北陸大フットボールパークで北信越大学リーグで見たことがあったかもしれないが意識しては見ていない。
両チームに失礼かと思い、ツエーゲンTシャツ、キャップを取って、
一腰痛持ちサッカーファンとして観戦していました。
テイヘンズの攻撃は見ていて楽しい。DFラインから中盤、ゴール前とボールが綺麗に流れて行く。
一方の星稜大の攻撃は前線の2人が裏を狙う作戦でこれがはまる。昨年の北陸大、3年前の金沢学院大もそんなサッカーだった記憶があります。大学サッカーでは効率良く得点するにはこういったサッカーが多いのかな?
ポゼッションはテイヘンズ、少ない手数の星稜大と全く攻撃のやり方が違っていて面白い。決定的チャンスは星稜大が多かった?バー直撃のシュートの後、そのこぼれたボールをシュートするも再びバー直撃という場面も。結局0-0のまま前半が終了する。
どっちが勝つか予測がつかず、後半の期待が高まる。

しかし、後半は一転して凡戦に。テイヘンズは運動量が落ち、体力的に勝っていると思われた星稜大もお付合い。点が入る気配がなくなり、ボールは転がるばかりで退屈な展開。星稜大の交替選手は前半効いていた選手をさげるもの。一方のテイヘンズは疲れた選手、足が攣った選手を、攻撃の中心的な選手、梶兄弟、オジ選手を1人づつ交代させるといった消極的な交替に思える。
延長戦に入っても同様。

あーこりゃPK戦かと思っていると、延長前半星稜大ゴール前の混戦でGKが横山翔選手の足に手をかけて倒し一発レッド。すでに1人の退場者を星稜大が出しており、これで9人。しかも3人の選手の交替枠も使い切っていたので、フィールドプレイヤーが急遽GKになる。凡戦からある意味面白い試合になる。
このPKを横山翔選手自身が蹴る。ここで星稜大が守れば神試合になる予感。そのPKをGKがコースを読むも無情にもボールはゴールに吸い込まれテイヘンズ先制。実質的にこの時点で勝敗は決まったのかな?
星稜大はようやく責める意識を見せるが遅すぎるよ。もっと積極的なサッカーを見たかった。第一試合の金沢大はグッド・ルーザーでしたが・・・。

テイヘンズの2点目は横山翔選手がフリーキックを敵を背にしながらバイシクルキックで決めるビューティフルゴール。その後3点目を決め、テイヘンズが3-0での勝利。8月30日の決勝に進みました。

先取点を取り、人数的に11-9と優位に立ったテイヘンズに残念なパフォーマンスがありました。テイヘンズの攻撃でオフサイドがあったもののホイッスルに気付かずそのままプレーを続けボールはゴールに。もちろん、得点は認められませんが、某選手は万歳のポーズ。この選手、余裕持ちすぎなのか無駄なシュートも放ち、Parkerは一緒に観戦していたツエーゲンサポ仲間に「あんなことをしていたらサッカーの神様の罰があたる」と言っていました。そしてテイヘンズ2点目のゴールが決まった後、星稜大の選手がセンターサークルに戻すボールがその選手の頭に直撃し、あぁサッカーの神様はちゃんと見ているんだなと思った次第。

|

« 攻撃のドーナツ化現象 金沢大戦観戦記 | トップページ | YO! YO! YO! YO! YO! »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 攻撃のドーナツ化現象 金沢大戦観戦記 | トップページ | YO! YO! YO! YO! YO! »