« 信州ダービー初観戦 | トップページ | 前日勝っていて良かった JSC-長野観戦記 »

2009年8月19日 (水)

北信越初タイトル 全社松本戦観戦記

この試合を見た方による金沢系ブログ、松本系ブログを読むとタッシーのセーブについてかなり認識が違っているようです。金沢系ブログではタッシーのビックセーブがなければ・・・、一方の松本系ブログではほとんどチャンスはなかったとの感想。

Parkerはそんなシーンあったっけ?セーブは記憶ありますが、ビックセーブは記憶にないのです。たまたま観戦場所を変えているときのプレーだったかもしれません。確かに試合開始直後松本に攻められました。この時間帯は前日長野に大逆転した松本の勢いが見られたような気がしましたし、柿本がいないほうが攻めが良いんじゃないかとも思いました。ただし、松本がよかったと思えたのもツエーゲンの先取点が入った3分ぐらいまでで、それ以降はリーグ戦と変わらない松本でした。

柿本・三本菅を出場させなかった松本とGKをデラさんからタッシーに代えた以外は前2日とほぼ同じメンバーで、プリンスのベンチスタートでキング1トップのアルウィンスタイルのツエーゲン。監督の考え方もありますが、どちらがより勝ちたかったと思っていたかというとツエーゲンでしょう。

先制点はアルウィンの先制点と同じような形、左サイドを突破したルーベ(新聞ではキング、どっち?)のクロスをヒカルが決める。ただし、ツエーゲンサポの反対側のコートだったため、ゴール直後は「ヒカルだと思うけどもしかしてミッチー?」。これはいかんということで、Parkerたち速報班はサポゾーンから離れ、バック側のちょっと高いコンクリートの上で見ることに。

2点目は後半3分、ペナルティエリアでヒカルが倒されPKを得てキングが決める。このシーンだけでなくツエーゲンの選手が後ろから倒されるシーンが何度もありました。中にはかなり悪質なプレーと思われるものもありましたが、結局警告はなし。選手が壊されるんじゃないかと思ってヒヤヒヤしました。2日間で4試合見ましたが、この試合の審判だけはこの点で良くなかったですね。

前の試合のJSC-長野の試合では後半から選手がへばっていましたが、一層暑い時間にも関わらずツエーゲンの選手からはそれほど疲れを感じませんでした。もっともこれは松本のおかげだと思いますが。

全社本大会の出場を決めた、北信越のタイトルを獲った、幸運にも恵まれた、そして3日間ほぼ同じメンバーで実戦を戦えた。実り大きい3日間でした。

全社の記事はまだ3回ぐらい書く予定ですが記憶がw

あっ、冒頭のタッシーのプレーをよく覚えていないのは飲杉のせいかもorz

ANAクラウンプラザホテル様のビアガーデン逝けませんでした。明日なら逝けるので誰か誘ってw

|

« 信州ダービー初観戦 | トップページ | 前日勝っていて良かった JSC-長野観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信州ダービー初観戦 | トップページ | 前日勝っていて良かった JSC-長野観戦記 »