« カード社会に警笛を鳴らす | トップページ | 遊佐、岐阜セカンドへ »

2009年8月 6日 (木)

ダイナモ山道雅大

ど~も、前回のエントリーを読み終わり、へぇこんなことを書いていたんだと思っているParkerです。

そんなわけでもありませんが、今日はサッカード素人が分かった風な顔して松本戦を語りますYO!

松本戦ではプリンスが累積で出場停止、FWはキングのワントップだったなのかな?
ボランチはまーくんと右目のネモ、ミッチーのスリーボランチだったのか、ミッチーがやや前で1.5列に入る形だったのでしょうか。

以前某サポがキングとプリンスを同時に使わないほうが良いのではないかと発言し、Parkerも同意したことを書きました。今回はまさにそんな形になったのですが、これがはまったように思えました。

キングもプリンスも足元にボールを欲しがるタイプだと思います
自分で突破してのカウンターはありでも、スペースに味方を信じて走りこむカウンターのイメージが浮かびません。2人同時にピッチに立つと、攻撃の幅が狭まってしまうように思えます。
その点抜群の運動量とセンスある走りができるミッチーが入ったことで、あの先取点が産まれたのではないでしょうか?
本来の持味ではないでしょうが、ミッチーには敵からすれば嫌なところに侵入してくるプレーを期待したいですね。イメージはどんと大きく(小さく?)モリシ。

左にルーベ(後に園田)、右にヒカル(後にネモ・ビジュ)、真中にミッチー(後はまーくん)かぁ。スペーズへの正確なパスに選手がどんどん飛び出してくるサッカーはワクワクさせてくれそうです。妄想乙。

|

« カード社会に警笛を鳴らす | トップページ | 遊佐、岐阜セカンドへ »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カード社会に警笛を鳴らす | トップページ | 遊佐、岐阜セカンドへ »