« 天皇杯の相手は金沢大 | トップページ | 「人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか」 »

2009年7月29日 (水)

長野戦での応援を考えてみた

先日の長野戦、もしかすると今シーズン自分自身を含め、一番声が出ていたかもしれません。前節「優勝するためには勝たなければならなかった」JSC戦以上にです。

なぜかいろいろ考えてみました。
まぁ半分酔っぱらっていたので、他のサポと違うかもしれないけどw

① まだ勝ったことのない南長野での長野戦だったから
3年間の屈辱を今回こそ晴らしたいとの感情。現段階では長野の方が強いだろうとの意識もあったと思います。

② サポが予想以上に南長野にいたこと
往路の車中「今日何人行くんだろう?」と話をしていました。前節がアレだったので20人くらいかなぁ、とか予想しましたが、集まったのはいつもの面々。皆さんヒマ熱心ですね。サポはまだ戦うつもりがあるとの思いを新たにしたのではないのでしょうか?

③ なにより消化試合だったこと
勝てば優勝の可能性が残されるとか、今日は勝てそうな相手とか、何点取ってくれとか、
余計なことを考えず、ただ「勝ちたい」との思いで応援しました。個人的にはこれが一番の理由だと思います。
昨年の天皇杯2回戦カターレ戦@加古川もそんな思いに近かったかな?

優勝がなくなったことで勝点のことを考えてみませんでしたが、次節松本に勝てば2位の可能性も出てきたのですね。
でもそんな余計なことを考えず、目の前の試合に「勝つ」ことだけを考えたいと思います。

しまった松本に行く車が。
たまにはParkerも車出します。BGMはPerfumeの可能性大。

|

« 天皇杯の相手は金沢大 | トップページ | 「人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか」 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯の相手は金沢大 | トップページ | 「人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか」 »