« 長野戦はこう戦ってほすぃ | トップページ | かげを慕いて »

2009年7月26日 (日)

はるな愛、じゃなくて、あやや 長野戦観戦記

先々週のJSC戦ではチンチンにされ、先週のテイヘンズ戦では勝ったものの会心の勝利とはいえなかったツエーゲン。今日の対戦相手はホームでチンチンにされた長野、おまけに会場は過去3連敗してヒドい想い出しか残っていない南長野。
でもね、自称サポとして逝かなければなりません。そして結果は多くのサポが「まさか」と言ったw勝利でした。

もちろん勝った方が強いのですが、今日の勝利はいろんな綾があったのでは。
試合開始と同時の長野の猛攻でツエーゲンはアップアップでした。その時間帯に失点することなく、その後は落ち着いた展開となりました。そして後半に入ると長野の動きは前半と異なっていたように思えました。プレスが弱くなり、ツエーゲンが出足で上回るようになりました。この試合の開始前に行われたJSC-松本戦はJSCが勝利し、この時点で長野の優勝は消えていたことが勝負の綾の第一でなかったでしょうか。あくまで推測ですが、長野の選手は試合開始前にはJSC-松本戦の結果を知らされず、ハーフタイムに知らされたのではないでしょうか。

先取点はネモのコーナーをレッドクリフ諸江が頭で合わせたもの。このコーナーとなったプレーで長野の籾谷選手が、ツエーゲンの選手と接触し足を痛めていました。その直後のプレーだっただけに、長野の高さが足りなかったかもしれません。
先取点の後、ようやく長野の選手にスイッチが入ったように思えました。そして同点のヘッド。ポストに当ったボールがゴールに入ったのかな?うちはポストに当ったボールが出ていったのにw

このまま逆転されるのではないかとののトラウマがでてきますが、追加点はツエーゲン。右からのミッチーのセンタリングををキングがニアに入ってシュート。う~ん、3強との対戦で初めてキングがビックチャンスを迎え(これはこれでマズい)、決めてくれました。なぜ、キングがフリーでゴール前に侵入できたんだろ?

その後は前がかりにきた長野の裏を何度もとるものの決め切れなかったのは反省点。せめて1点は欲しかった。

といってツエーゲンは幸運だけで勝利したわけではありません。特に新入団の園田とルーベの左サイドが良かった。特に園田の突破力とFWもできるというシュートは強烈な印象でした。

最後に審判について。勝ったとはいえ、上手い下手と別にうちに辛かったなぁ。北信越公式でチェックしなければ。

|

« 長野戦はこう戦ってほすぃ | トップページ | かげを慕いて »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野戦はこう戦ってほすぃ | トップページ | かげを慕いて »