« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

選手控室での監督の檄

いやー
ビックリした
スタンドじゅう緑一色なんだもんよ
普通怯むよなー
お前ら見たーー?

うちのサポーターのことだよ

松本のサポーターで埋めつくされたスタジアムの一角で
アップの時からすげー必死に声出してたよ

まーほとんど相手の声にかき消されてたけど
それでもなにか届くもんはあるよな

だろ?

あいつらを
気分良く返してやろうぜ

何万といる向こうのサポーターが肩落として帰っていくなか・・・・・・
あいつらだけ胸張って上機嫌で帰るんだ

それを叶えられんのは
お前らだけなんだぜ?

サポーターが戦ってんのに
俺たちが戦わないわけにはいかない

俺たちはチャレンジャーだ

挑戦しない奴はチャンレンジャーとは言えねえ
勝利ってのは挑戦の先にあるもんだ

果敢に挑んで勝ち点3をもぎ取る!
そんで ついでに・・・・・・

北信越2位も頂いてこい!
.

.

.

発言の主は「イースト・ トウキョウ・ユナイテッド」の達海猛監督です
元ネタ「GIANT KILLING」11巻

上野監督には
「サポーター感謝DAYで浮かれている奴らを眼を覚ましてやれ」
と言って欲しいデスw
(元ネタ某北信越リーグ監督の発言。ただし、いい加減な記憶による)

| | コメント (0)

2009年7月30日 (木)

「人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか」

ど~も、「レッドクリフ諸江」がツエーゲンの選手にも浸透してきたようです。

さて、今回は時期的に少々外れてしまいましたが、ツール・ド・フランス本の紹介です。

「人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか」
土肥志穂 小学館文庫 500円

価格的にも安く、ツール入門本としてお奨めできます。
ロードレースの綾、ツールの歴史、選手の脚質の違い、運営、歴史、名勝負などに目を配って書いてあり、ツール、ロードレースを全く知らない方も本書を読んでからツールを見れば面白く見られたのではないかと思えます。
また今年ツールに初出場した別府、新城にも1章書かれており、ツール前に紹介するんだったと後悔しています。

逆に言うとある程度ツールを見ている人にとっては物足りない内容かもしれません。
写真も多く載せられていますが、価格のせいで仕方ないとはいえ、カラー写真が表紙のみというのが残念。

「一瞬の風になれ」の感想も書かなきゃならないし、「サッカーボーイズ 再会のグラウンド」「ツール・ド・フランスを見に行きたい!」も読まなきゃと思っています。
先日買ったコミック5冊中2冊しか読んでないし、CDを作らなきゃならないし、土曜日は1000円デーで映画を見に行く予定だし、日曜はもちろん松本に行かなきゃならないし、その夜は自転車レースを見なきゃならないなど忙しい。

本当はブログを書くどころではありません!

| | コメント (0)

2009年7月29日 (水)

長野戦での応援を考えてみた

先日の長野戦、もしかすると今シーズン自分自身を含め、一番声が出ていたかもしれません。前節「優勝するためには勝たなければならなかった」JSC戦以上にです。

なぜかいろいろ考えてみました。
まぁ半分酔っぱらっていたので、他のサポと違うかもしれないけどw

① まだ勝ったことのない南長野での長野戦だったから
3年間の屈辱を今回こそ晴らしたいとの感情。現段階では長野の方が強いだろうとの意識もあったと思います。

② サポが予想以上に南長野にいたこと
往路の車中「今日何人行くんだろう?」と話をしていました。前節がアレだったので20人くらいかなぁ、とか予想しましたが、集まったのはいつもの面々。皆さんヒマ熱心ですね。サポはまだ戦うつもりがあるとの思いを新たにしたのではないのでしょうか?

③ なにより消化試合だったこと
勝てば優勝の可能性が残されるとか、今日は勝てそうな相手とか、何点取ってくれとか、
余計なことを考えず、ただ「勝ちたい」との思いで応援しました。個人的にはこれが一番の理由だと思います。
昨年の天皇杯2回戦カターレ戦@加古川もそんな思いに近かったかな?

優勝がなくなったことで勝点のことを考えてみませんでしたが、次節松本に勝てば2位の可能性も出てきたのですね。
でもそんな余計なことを考えず、目の前の試合に「勝つ」ことだけを考えたいと思います。

しまった松本に行く車が。
たまにはParkerも車出します。BGMはPerfumeの可能性大。

| | コメント (0)

2009年7月27日 (月)

天皇杯の相手は金沢大

ということはおひさるでも金沢系ブログでも書かれているので、こんな場末の金沢系ブログまで足を運んでいただいている皆さんならご存知の方がほとんどでしょう。
へそ曲りな拙ブログがこのことをわざわざ記事にするには理由があるのです。

1/2決勝に臨むのは先週北信越2部対戦を制したテイヘンズ。その対戦相手は昨日の1/4決勝で、PK戦の末北陸大を退けた星稜大となりました。

シードで1/2決勝から登場するツエーゲンの対戦相手は、BackUp・SCを破った金沢大となりました。
BackUp・SCは県2部所属で、県1部のLionPower小松が勝ち進んでいると思っていたので意外でした。BackUp・SCとは昨年の全社県大会1/4決勝で対戦したことがあります。
問題はここからです。

どうやらBackUp・SCはこの日2試合だったようです。
石川県サッカー協会のサイトを見ると、10時から市民でクラブチームサッカー選手権大会県大会決勝でBackUp・SC - FC・TON戦があり、16時15分から同じく市民で、前述した金沢大学 - BackUp・SC 戦が行われたようなのです。
BackUp・SCがターンオーバーしたとは考え考えづらく、ほとんどのメンバーがこの日2試合プレーしたのではないでしょうか?おつかれさまでした。

北陸大-星稜大の観戦記をブログで書いていた方がいらっしゃいました。
後半ロスタイムのラストプレーで、北陸大がコーナーキックからヒールで押し込み同点に追いつき、後半終了間際に星稜大学がコーナーキックから同点に追いついてPK戦に突入する痺れる展開だったそうです。

ちなみに昨年の北陸大-金沢大の1/2決勝の観戦記はコチラ

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_e87c.html

| | コメント (0)

かげを慕いて

朝から子どもと付き合うことがあり、長野に向けての出発は早くても8時30分ぐらいになりそうだったので、今回は一人で遠征する予定でした。しかし、8時30分ごろ出発する予定の方がいらっしゃるということで同乗させてもらうことになる。予定通り8時30分に出発することができそうになったので、近くまで迎えに来てもらえることに。そして迎えに来てもらってから目的地にGO!

コンビニでビール購入!
相変わらずです。

往路の会話は景気の悪い話というか、試合前なのに反省会が延々と続く。
11時30分にサポは南長野集合だったらしく、長野インターに11時10分ごろについて良かった。インターを降りて、向かう先は、もちろん、コンビニ!

ははぁどうせParkerまたビールを買うのだろうと思った貴方は反省室行きです。
購入したのは昼ごはんですYO!。ゴーヤチャンプルと焼ビーフンと異色の組合せ。

でもそれだけじゃなんなのでビールを買う。
ははぁどうせParkerまたビールを買うのだろうと思った貴方はやっぱり正解でした。
反省室から出てきてください。

金沢から来たサポはいつもの面子。30人くらいだったかな。ダンマクは思ったより貼れないのね。
思ったより暑い。日陰のない南長野では、小学生・未就学児(そして一部オヤヂ)の体調が心配。

「無いのなら つくってみせよう 日陰をば」

ということでビックTシャツをネットに掲げることにする。ところが普通のダンマクと違い、ロープをネット越し投げなければいけないので時間がかかる。このネット越しのロープ投げは四十肩、五十肩のオヤヂたち(特に名を秘す)には無理ですた。若いおとうさん(注・あくまでオヤヂサポからみて若い)サポのおかげで、なんとか掲げることができ(肩が引っかかってちょっと格好悪かったorz)、日陰に子どもたちを入れる。

子どもだけでなく、オヤヂのParkerさんも試合前の短い時間の間にゴーヤチャンプルと焼ビーフンを食べました。それを見た某サポ曰く「昼食というよりつまみね」。金沢と違って日陰に入ると涼しいわぁ。そういえば上田戦の時、この日陰でビール飲み杉でまったり観戦しているところをおひさるに抜かれたいたオヤヂサポがいましたね!

応援についてはまたあらためて書く予定。

試合後は無理を言っておやきを買うためおぎのやに寄ってもらう。
お土産も買ったので金沢に帰るぞ。

でも、その前にコンビニ。
もちろんビールを買うため。
さすがに同乗者の方々呆れていました。
ほんとにわががまばかり言ってどーもすいません!(「響」長友口調で)
帰りの反省会は往路の反省会とはずいぶん違いました。

↓ちなみに今回のタイトルの元ネタはコチラ
http://www.youtube.com/watch?v=M998oTAe9ZQ
オヤヂってレベルじゃねーぞ

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

はるな愛、じゃなくて、あやや 長野戦観戦記

先々週のJSC戦ではチンチンにされ、先週のテイヘンズ戦では勝ったものの会心の勝利とはいえなかったツエーゲン。今日の対戦相手はホームでチンチンにされた長野、おまけに会場は過去3連敗してヒドい想い出しか残っていない南長野。
でもね、自称サポとして逝かなければなりません。そして結果は多くのサポが「まさか」と言ったw勝利でした。

もちろん勝った方が強いのですが、今日の勝利はいろんな綾があったのでは。
試合開始と同時の長野の猛攻でツエーゲンはアップアップでした。その時間帯に失点することなく、その後は落ち着いた展開となりました。そして後半に入ると長野の動きは前半と異なっていたように思えました。プレスが弱くなり、ツエーゲンが出足で上回るようになりました。この試合の開始前に行われたJSC-松本戦はJSCが勝利し、この時点で長野の優勝は消えていたことが勝負の綾の第一でなかったでしょうか。あくまで推測ですが、長野の選手は試合開始前にはJSC-松本戦の結果を知らされず、ハーフタイムに知らされたのではないでしょうか。

先取点はネモのコーナーをレッドクリフ諸江が頭で合わせたもの。このコーナーとなったプレーで長野の籾谷選手が、ツエーゲンの選手と接触し足を痛めていました。その直後のプレーだっただけに、長野の高さが足りなかったかもしれません。
先取点の後、ようやく長野の選手にスイッチが入ったように思えました。そして同点のヘッド。ポストに当ったボールがゴールに入ったのかな?うちはポストに当ったボールが出ていったのにw

このまま逆転されるのではないかとののトラウマがでてきますが、追加点はツエーゲン。右からのミッチーのセンタリングををキングがニアに入ってシュート。う~ん、3強との対戦で初めてキングがビックチャンスを迎え(これはこれでマズい)、決めてくれました。なぜ、キングがフリーでゴール前に侵入できたんだろ?

その後は前がかりにきた長野の裏を何度もとるものの決め切れなかったのは反省点。せめて1点は欲しかった。

といってツエーゲンは幸運だけで勝利したわけではありません。特に新入団の園田とルーベの左サイドが良かった。特に園田の突破力とFWもできるというシュートは強烈な印象でした。

最後に審判について。勝ったとはいえ、上手い下手と別にうちに辛かったなぁ。北信越公式でチェックしなければ。

| | コメント (0)

長野戦はこう戦ってほすぃ

明日の(今日?)の長野戦をどう戦うかは難しい問題、なのかな?
私は割り切って全社に向けてのテストで桶と思っています。
具体的に言うなら園田とまーくんの先発を希望。
園田はFWで、左で使われるのならルーベをFWで使ってほしい。
まーくんはできれば山道と使ってほしいです。

あと辻田のCBもあり?
北信越全社、全社本大会、地域決勝に向け、パルセイロさんの胸を貸していただける貴重な機会を生かしてもらいたいと思います。負けてもいいとはいいませんが、アウェーだからできることもあります。

モンバントゥー頂上ゴールのツールは予想外に面白くなかったけれど、26時間テレビは予想通りヒドい。

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

たまにはうちのおひさるをほめてみる

明日のアウェー長野戦に参戦予定です。
確か長野の主催ゲームは有料だったはず。
これまではバスツアーなどで自分でチケットを確保する必要はなかったのですが、明日は自分で確保しなければなりません。

そこで前売チケット情報を調べようと「長野パルセイロ オフィシャルWebサイト」にアクセスしました。あれ、チケット情報はどこにあるんだ?
記憶違いかなと「長野パルセイロ チケット」でググってみて、ようやくセロンズというサイトで有料試合であることを確認できました。

もし有料試合なら、他所様の公式に対してなんやかんや申し立てるのは心苦しいのですが、これはちょっと不親切ではないかと思うのです、長野パルセイロ様。
私の探し方が悪いのでしょうが、私のようなインターネット素人でも有料であること・チケット料金・チケット入手方法は分かりやすいところに書かれてほしいと思いました。それともツエーゲン戦は無料試合に変更になったのでしょうか?

ついでにアウェー松本戦のチケット情報を求め、松本山雅公式にアクセス。こちらは分かりやすい。当日アルウィンで600円で購入するしかないのですね。

チケットに関してはうちのおひさるが一番分かりやすい。ここは評価。でも長野・松本アウェーゲームの案内にチケットのことを書いてほしいですね。
やっぱり最後は苦言になってしまいました。

| | コメント (2)

酒飲み杉でベップ~

本を買ってきたものの、本は土曜日の楽しみに残し、今日はお酒を飲んでいます。リーグ優勝がなくなったので禁酒も中止です。

お酒を飲みながら何をしているかというと、ツールを見ていました(多分皆様の予想通り)。
今日のレースでナント別府選手が7位!

ツール前半で別府選手が8位になったステージレースがありました。

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-f85d.html

今日の7位は着順で上というだけでなく、レース終盤での一桁入賞に価値があります。

レース終盤となるとその長丁場の故、リタイア選手も出てきます。別府選手はアシストと働きながら、リタイアせずここまで残っているだけでなく、スプリントに強い選手が残っている中で、僚友が残っていない状況下の孤軍奮闘での7位入賞ですから、一層価値があります。

その別府選手の「ザ・東洋人」の表情と日の丸のあるリザルトはコチラ
Beppu2 Beppu

明日はシャンゼリゼ前のステージで超級山岳頂上ゴール?これは見逃せない!

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

本とうの話

某「北の国から」金沢サポの方がご自身のブログで、「ブログとイメージが違う」と妙齢の某美人サポ様からクレームを受けたと書かれていました。

金沢サポに妙齢の女性サポは沢山いますが、美人サポっていたっけ?

あ、書きたいことはそんなことではありませんでした。書きたいことは、「ブログとイメージが違う」という箇所です。前々から書いていますが、拙ブログのモットーは「面白可笑しく」です。これは私のキャラクターも含めてもです。私自身を「打たれ強い」キャライメージで書いていますが、リアルでは気が弱いのです。
ちなみに拙ブログでは私自身を「オヤヂ」と書いていますが、リアルでは「美中年」です。

さて、いろいろあってストレスが溜まり、その解消法は私の場合は本を買うこと。というわけで全社県大会決勝以降に買った本を報告。今回は古本じゃありません。

「一瞬の風になれ」講談社文庫全3巻
「サッカーボーイズ 再会のグラウンド」角川文庫
「ツール・ド・フランスを見に行きたい!」 えい文庫
「人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか」小学館文庫
「エスケープ!」 幻冬舎
以下はコミック
「ヌイグルメン」 第2巻 唐沢なをき
「GIANT KILLING」 第11巻
「五右衛門」 石川賢
「誰も寝てはならぬ」 第7巻
「冬の動物園」 谷口ジロー

「一瞬の風になれ」のみ読了。近いうちに感想を書きます。コミックをこれだけ買っているのがストレスの溜まり具合を示していますね。

今週から拙ブログもずいぶんまともになったと思います。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

ロードレースは解説が必須

パソコンのテレビが依然としてラジオ状態で、やむを得ず一昨日に続いて昨日もネット中継でツール・ド・フランスを見ていました。当然音声は日本語ではありません。昨日はフランス語の中継だったでしょうか。

サッカー、野球などルールが分かっているスポーツ、クロスカントリースキー、ボート、陸上など早くゴールした方が勝ちというスポーツなら、音声が日本語でなくてもなんら問題がありません。いや、テレビ朝日のサッカー中継の様に日本語の中継である方が問題となるケースもあります。
しかし、自転車ステージレース(何日にもわたってレースが行われ、総合タイムで順位が決められる)は日本語じゃないと楽しめません。

同じ自転車でもトラックなら多分大丈夫(ただしポイントレースはルールが複雑で自信なし)、MTBでもOKです。ロードでもワンディレースなら何とかなるでしょう。ステージレースでも序盤の平地ステージでも何年かレースを見ていると何とかなるかもしれません。

しかし、ステージレース終盤の山岳コースは解説がないと充分に楽しめません。
ロードレースというのは基本個人レースではなくチームで争う競技で、出場選手全員が全員、総合優勝を目指していないのです。
1チームから9人が出場し、チームはエースを勝たせるため、残りの8人がアシストとして働くことになります。
一番大きな目標は総合優勝ですが、優勝が難しくなった時点で2・3位狙いに切り替えるチームも出てきます。山岳賞狙い、スプリント賞狙い、新人賞のチームも出てくれば、それを阻止しようとするチームも出てきます。もちろんステージ(その日・1日のレース)優勝を積極的に狙うチームがあれば、ステージ優勝さえも無理と思ってテレビに映ることを目的に飛び出すチーム・選手もいます。
とにかくいろいろな思惑が渦巻き、また風の影響が強いため、グループを作ってレースをつくるという自転車レース特有の展開がより一層レースを複雑にします。

だから、自転車レースは面白いのです。
なぜこういう展開のレースなのかということは、解説がなければチンプンカンプンなのです。

チーム金沢(仮)の諸江(仮)が現在山岳賞ポイントトップですが、チームJSC(仮)の本田(仮)も山岳賞をを狙っているとしましょう。山岳レースでその本田(仮)がトップグループにいて、諸江(仮)が遅れているものの同じチーム金沢(仮)の豊田(仮)がトップグループにいたとします。本田(仮)は山岳ポイントを狙いに行きますが、豊田(仮)は諸江(仮)に山岳賞を獲らせるため、後で自分が遅れることを覚悟して本田(仮)のポイントを奪うため、トップ争いをするという展開もあります。

またこの日のレース終盤、総合トップのチーム金沢(仮)の木寺(仮)と総合3分遅れのチーム松本(仮)の原(仮)、チーム長野(仮)の野口(仮)がステージ優勝争いをしているとします。走りを見ている限り、一番余裕があるのは木寺(仮)のように見えますが、あえて木寺(仮)はトップでゴールせず、その日の優勝をの原(仮)、野口(仮)に譲ったように見えたとします。
総合優勝を狙う選手はあえてステージ優勝まですることはないということで、実際このようなことはよくあります。

ロードレースの面白さはまだまだあるので、今回のエントリーの続きを書くかもしれません。
あと間違いがあると思いますのでご指摘願います。

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

全国選抜フットサル大会観戦記

7月19日、ツエーゲンの試合はなかったが、10時から北陸大にて天皇杯1/4決勝テイヘンズ対ゴールス、10時30分からいしかわ総合スポーツセンターにて全国選抜フットサル大会、1/2決勝・決勝があり、どっちを行くか迷う。
テイヘンズ対ゴールスを見てからフットサルに行く選択もあったが、蒸し暑く、道路も濡れていたので、最初からフットサルを見に行く。
会場のメインアリーナーに入ると涼しー、こっちで正解だw

メインアリーナーをA・Bのコートに分け、同時に2試合を行っている。サッカーで言うところのメイン・バック席が今回はゴール裏になる。入口に近いコートの試合は「広島選抜対福岡選抜」。試合をじっくり見たいので、普段ならゴール裏になる席に座って見る。
5・6分見ていても得点が入らない。反対側のコートの試合では1点入っている。どこの試合かも見たいので移動すると「東京選抜対大阪選抜」。この大会をネットで調べた時、東京の優勝が多かった記憶があったので、こちらを観戦することになる。
こちらのゴール裏は席がなく、単なる通路。座ってみるか、ガラスに寄りかかって見るしかない。しかし、ハーフタイムにガラスに寄りかかって見るのは危険で止めるようアナウンスがあるw

フットサルを以前見たことがあるのは、アジア選手権での「日本代表対イラン代表」のみで、ライブで見るのは初めて。試合時間は前後半各20分間のプレーイングタイム(ボールがピッチ外の時などは時計を止める)、選手はGK以外は4人で、選手交替は何度も制限なしでできるということも初めて知る。終盤1点差で負けているチームは攻撃的なGkをフィールドプレイヤーとして使ったり、勝っているチームの時間引き延ばしはGKのわざと相手ピッチ外に出すスローなどサッカーと異なるところが面白かった。

「東京選抜対大阪選抜」の試合は両チームともテクニックが高く、連携も素晴しく思わず声が出るプレーが多かった。それは私だけでなく、近くで見ていたビークス木村の選手も同じでした。

試合は常に東京が先手を取る。2-0から大阪が1点を返しても東京が追加点という展開、一時は3点差までも開くも終われば5-4の一点差で東京の勝利。大阪の方が押していた展開だったと思いましたが、東京のGKが良かった。GKの差で東京が勝ったと思います。
一方の「広島選抜対福岡選抜」は試合終了40秒前でのPK(だったと思います)で広島の勝利。点が入ると選手の声が大きかったのは「広島選抜対福岡選抜」の試合でした。一方「東京選抜」にはサポーター数名が声出応援。

決勝は全面コートで行われました。「東京選抜対広島選抜」は、開始数分で両チームの選手のテクニックの差が違うことが分かりました。6-0で東京の勝利。「東京選抜対大阪選抜」が事実上の決勝だったかもしれません。

この大会ではFリーグの選手は出場していませんが、それでも「東京選抜対大阪選抜」は充分に面白い試合でした。選抜大会とはいえフットサルの全国大会を石川県で見られる機会はそう多くはないと思いますが、観客のほとんどは大会関係者だったような気が・・・。もっと多くの人に見てもらいたいと思いました。

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

こっそり復活

ご心配いただきありがとうございます。
ただ、ツエーゲンの話題をするにはもう少し時間をください。
今回はツール・ド・フランスの話。

パソコンのテレビでツールを見ているのですが、そのテレビでトラブル発生。
音声が入るものの映像が映らない。以前も同じケースがあって、その時はソフトのアップデートで解決しました。今回はアップデートをしても状況は改善せず。ツールが見られない・・・。

でも世界的スポーツだからネット中継しているだろうとググッてみたらありました。思ったよりも快適に見ることができます。ということで、映像(世界共通です)はネットで、音声(中継・解説)はスカイスポーツで見ています。さらにツールのおひさるなどでより詳しいデータを得ることもできます。
でも音声が映像より早いのは仕方ありません。

| | コメント (0)

2009年7月16日 (木)

全社決勝テイヘンズ観戦記

テイヘンズのゲームプランは、ツエーゲンの選手の身体が暖まらないうちに総攻撃をしようとするものだろうと昨日書きました。そして攻撃プランは縦に早い攻撃、中盤を略し前線にボールを送るというもの、だと思いました。前半テイヘンズの時間帯ではビジュが消されていました。
20分ごろからテイヘンズの足がピたっと止まる。そしてピッチ内の選手の指示の声もやっぱり止まる。その後はツエーゲンの時間帯。

昨日の試合が行われた時間帯は、暑かった日中が嘘のように涼しかった。それどころか、某サポは寒いとまで言う始末w。涼しくて体力差が出にくく、個人的には嫌な予感がしました。
テイヘンズの総攻撃は裏目に出たのでは?ペーズ配分を変えていれば、もっとツエーゲンは苦しみさせられたかもしれません。あとオジ選手が豊田とマッチアップさせられていたらと思うと・・・。

守備は予想通り、要塞・コミー、レッドクリフがテイヘンズの猛攻を凌ぎきる。右サイドの豊田が不安だった。攻撃ではアッキータのコーナーから動く要塞・コミー、レッドクリフの重爆撃がテイヘンズゴールを攻略。
一方機動力は・・・orz。国産(軽)高速爆撃機、ヒカル・アッキータの2点はあったもの、伯剌西爾製爆撃機は不発。テイヘンズDFを抜けなきゃヤバイでしょorz
完全に足が止まったテイヘンズの裏をとりきれない。パスを出すタイミングがずれているし、選択も間違っている。テイヘンズの時間帯に攻められていたことよりこっちの方が深刻に思えます。
某サポと駐車場に歩きながら話していて、ハッとさせられたのが「クリゾンとデニスを一緒に出すことはないのでは」との一言。確かに。この二人の連動で得点が生まれた記憶がありませんし、パスもモニョモニョだし。

公式発表の観客数は215人でしたが、もっといたような気がしました。試合終了後は涼しかったし、選手と子どもたち、サポとの会話が自然な感じであって心地よかったので、スタッフに照明が切れるのでそろそろ帰るように言われるまでズルズルとスタンドにいました。

しばらくブログの更新をやめようと思います。
ツエーゲンに対する興味は薄れていないし、独りよがりを妄言する気マンマンですが、実際に観戦している時、ある人物からの度を越したイジられがストレスになってきています。
止めるよう言ってもきいてもらえません。おそらくこのブログで自分自身を面白可笑しく書いていることが原因なんでしょう。実生活の自分を守るための処置です。

| | コメント (5)

2009年7月15日 (水)

自転車は面白い!

ツール・ド・フランスを連日見ていますが、夜も遅いので全部を見ることもできません。
もっともゴール手前10キロぐらいからじゃないと真面目に見ていませんが・・・。
ロード専門誌(あるんですよ)を読んでいると、自転車動画サイトの広告がありました。

自転車動画シクロチャンネル
https://www.cycloch.net/

これは素晴しい。ちょっとロードレースに興味を持たれた方は見てください。
自転車は面白いですから!

あまり見ていないけど、こんなサイトもあります
http://www.cyclingtime.com/
http://www.jsports.co.jp/cycle/index.html

| | コメント (0)

全社でゼンショ

ど~も、コメント欄で話題沸騰の北陸中日新聞を見て、多分一番ビックリしているParkerです。
どんな基準で写真を選んでいるの?

さて、全社決勝テイヘンズ戦。いろいろ書くことがありますが、帰宅後レッドシアターを見ながら祝杯ひとりで書く気がなくなったw

今日書きたいことは、テイヘンズのゲームプランが準々決勝で当ったゴールズFCと正反対だったこと。

ゴールズFC戦観戦記
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-0b66.html

ドン引きしてラスト10分にかけたゴールズに対し、試合開始からフルスロットルで攻め込んできたテイヘンズ。
おそらくその時間帯で先取点を取り、あとは守りきる戦略だったと思います。
実際、開始20分まではテイヘンズの時間でした。
しかし、その時間帯にツエーゲン要塞・コミー、レッドクリフ、そしてデラさんは失点を許さず、20分過ぎテイヘンズは足が止まり、4-0でツエーゲンは勝利しました。
結果的には、テイヘンズは結果的にゴールズ以上の点差で敗れはしましたが、ツエーゲンファン・サポをヒヤヒヤさせ、ゴールズFCと違い、テイヘンズ恐るべし、テイヘンズ強し、との印象を与えたことでしょう。

今シーズン初めて某サポ氏の顔を見ました。
ツエーゲンを嫌いになって、試合会場で顔を見ることがなかったのでは?、と思っていたのですが、事情を知って嬉しかったです。
おめでとうございます。

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

前回の記事を書いていたら

テイヘンズの記事を書くため、石川県サッカー協会のサイトを調べていたら、いろいろ発見がありました。

北信越サッカー大会
成年男子の試合が8月23日市民で行われます。
ツエーゲンの選手も何人か出場すると思われます。
対戦相手は福井。
新潟は国体開催県なのでこの大会には出場しないようです。

天皇杯本大会1回戦
9月20日(日) :西部緑地公園陸上競技場
          石川県代表が出場
一応情報まで。そこに行くためには2回勝たなければなりません。

第25回 全国選抜フットサル大会
7月17日(金)~19日(日) :いしかわ総合スポーツセンター  
                入場無料
全国大会が行われるのですね。残念18日は仕事だorz。
大会情報はコチラ

http://futsal.jfa.or.jp/game_info/upload/pdf_00000296.pdf
http://futsal.jfa.or.jp/game_info/result_s.html?tour_id=296

天皇杯準々決勝
19日北陸大で行われます。3試合あるのかな?フットサルとどっちを取るか悩みますね。
体育館の方が涼しそうだからそっちにするかw
10時からテイヘンズ対ゴールズは確認。
金沢大学のサイトを見ると19日はインカレで新潟遠征、天皇杯は26日に変更になった模様。
北陸大サッカー部はサイトがない?19日は試合はあるの?つい
女子サッカー部の選手紹介を見てしまった。

| | コメント (0)

明日は全社県大会決勝

相手はテイヘンズ。
これまでツエーゲンを見てきた人なら強敵だということはイヤというほど分かっているはず。
Parkerさんがツエーゲンの次に応援しているクラブです。

昨年は県リーグ2試合とチャレンジリーグ1試合、今年は全社準々決勝の1試合を見ただけか。
一昨年は2部から県リーグに降格しましたが、1年で復帰、現在2部首位です。
北信越復帰は絶対エース、現在2部得点リーダー、元ツエーゲン横山翔の力が大きい。
前線のターゲットになり、スピードスターの梶が一層生きるようになった。もちろん横山翔自身の決定力を持っていることは昨年の全社決勝でも証明されています。

http://www.ishikawafc.sv.bigsite.jp/menu13/tc-lp01-01295.html

チャンスと見るや、元ツエーゲン、フェルヴォの阿岸、元フェルヴォのオジ、金沢大OBの白井、元ツエーゲン中江転が津波のように上がってくるのは、応援している時は楽しいけれど、敵となるとヤです。DFには人に強い元フェルヴォ、ツエーゲンの吉山が今季入ったし。

こちらは北信越昇格を決めた昨年のチャレンジリーグ最終節のレポ
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-d778.html

明日の試合がナイトマッチであることもツエーゲンからすれば不安材料。暑い時間帯の試合なら体力に勝るツエーゲンが有利ですが、涼しいとテイヘンズに最後まで走られるかもしれません。

こちらは一昨年の天皇杯県大会決勝レポ
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-d778.html

ツエーゲンは全社にかけるしかないだけにベストメンバーで望むでしょう。
皮肉なことですが、JSCに負けたことでテイヘンズ戦のモチベーションが上がって、勝つ可能性が高くなったのではないでしょうか。
コミーとレッドクリフ・諸江の高さとスピードならば、テイヘンズの攻撃を抑えられると思います(この気持が良くないかもしれませんが・・・)。
一方攻撃においては、テイヘンズのDFは粘っこいですが、スピードに弱い印象があるので、プリンス、ルーベ(出られるの?)、ヒカルでゴールを強奪できるのではないかと思っています。

(余計なお世話ですが、純粋アマ・テイヘンズはベストメンバーを揃えられるのか、また試合前のアップを充分にできるのでしょうか)

明日は参戦します。
ダンマクはNGでもゲーフラはNGがでていないと思うので、懲りずにJSC戦の格好でイキます。
キックオフの時から暗くなっているので、個人的に楽しみです。

| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

ボツ映像

こちらツエーゲン金沢対ジャパンサッカーカレッジが行われる金沢市民サッカー場前です。
午前中は雨もぱらつきましたが、現在は良いお天気となっています。試合開始1時間以上前ですが、市民サッカー場に多くのファン・サポーターが足を運んでいます。
私の後のビックTシャツが見えるでしょうか?こちらのビックTシャツはサポーターが作ったものです。
ツエーゲンの公式グッズを売っている売店もこんなに賑わっています。今日は選手も売店にいてファンサービスに努めています。
こちらの入場口から続々とお客さんが入場しています。
あ、入口の脇になにやら広げてられていますね。なんでしょうか。横の太ったオッサン男性にお話を聞いてみたいと思います。
「こんにちわ」
「こ・こんにちわ」
「こちらは何でしょうか」
「これはゲーフラといいまして、選手入場のとき頭の上で広げる応援グッズです」
「ゲーフラというんですか。これはサポーターが作ったものですか」
「このゲーフラーは・・・」以下10分間、太ったオッサン男性がいかに苦労して作ったか延々と説明したのでカット。
「サポーターだけでなく、一般のお客さんにも掲げてもらおうと思ってこうして用意しています」
「なるほど、で、何人の方が持っていかれましたか」
「まだ時間が早いので」
「あぁ、まだもって行かれた人がいないんですね」
「いや、きっとこれからいらっしゃるお客さんが持っていかれるはずです」
「でも、まだいないんでしょう」
「きっとこれから」
「正直におっしゃい。まだいないんでしょ」

「ハイ・・・」


このネタはフィクションです、登場する人物(太ったオッサン男性を除く)・団体名・事件は実在するものと一切関わりありません。

拙ブログとサポブログで周知した実際のゲーフラ貸出企画は
絶賛!企画倒れorz
心が折れますた。もうしませんから許してください。

| | コメント (4)

試合前からカッチン!カッチン!やで

Parkerさん、JSC戦前にこんなに緊張するとは思いませんでした。
緊張のあまり吐き気さえする始末。何年ぶりでしょうか、こんなに緊張したのは・・・。

.
.
.

.
.
.

Perfume石川公演チケットをゲットできたからです!

Perfumeライヴのチケット争奪戦参戦は3度目。過去2度はアクセスできたと思ったら売切で今回もそんなものだと思っていたら繋がった!震える手でクリックして立見予約ゲット。信じられない。
すぐにチケットと引換、間違いなく石川公演です。信じられない。

この幸運をJSC戦にも、と思いましたが、運は使い果たしたのか・・・。

| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

12節で終戦 JSC戦観戦記?

ハァァァァーーーー
.
.
.
.

ゲェッープ

失礼しました。自棄酒飲んでいます。勝ったら勝ったでどうせ飲んでいたのですが・・・。
悲しい酒やねorz

予想しなかった12節での終戦・・・。それもホーム。

以下の文章は自称サポータのParkerの個人的な思い込みです。
サポ一人一人が違った思いであることをご了承の上お読みください。

試合終了後のサポゾーンはもちろんドヨーンとしていました。
しかし、昨年、一昨年のアウェーでの終戦と違って、サバサバした雰囲気もありました。
なぜか自分なりで考えました。

まずは選手は全力で最後まで戦っていたことが伝わってきたこと。
この時期にしては比較的涼しかったこともありますが、最後まで選手は走っていました。
JSCは前半2点の得点で後半は節電モードに変更、おかげでツエーゲンは後半ボールを持たせてもらえたようにも思えました。

そして内容的に完敗だったこと。
もう少しで追いつける、リードしていたのに逆転されたのではなく、全てにおいてJSCが上でした。流れの中での得点の臭いはせず、コーナー、フリーキックに望みを託すしかなかったと個人的には思いました。
選手一人一人がどうかすればで勝てるとは思えませんでした。

最も重要なのは水曜日に全社決勝があること。
今日、サポは下を見ることは許されませんでした。

全社に向け切替です。
まずは水曜日テイヘンズに勝ち、石川代表になるしかありません。
そしてリーグ2節は個人的に長野・松本への嫌がらせwと新戦力のテストにして欲しいと思います。

とにかく切替。ツール・ド・フランスを8時前から見ています。

失点シーンは逆サイドでよく分かりませんでしたが、もし、センターバックが抜けられての失点なら悔しくありません。そういう失点ならば諦めもつきます。
デラさん凄かった。決定的なシーンで2点は防いでいましたね。

| | コメント (4)

ツール・ド・フランス第8ステージ

ザッツ・ヒューマン・スポーツ
ロードレースぐらい人間臭いスポーツはないかもしれません。

今日のツールは、4人の逃げが決まる。その4人で先頭交替するのがセオリーだが、エフェムキンだけはチーム戦略もあり先頭に入らない。そのエフェムキンが残り4キロでアタックをしたから
さぁ大変。
2ちゃんねるでは「ひどい」「きたない」「えげつない」「ずるい」の大合唱w

残りの3人は勝ちたいだけでなく、エフェムキンへの恨みのため追いかけるwその中のサンチェスは首を振り先頭交替を一度断る。しかし、残り400メートルぐらい?で3人は追いつき、ステージ優勝したのはサンチェス!
面白いレースでした。解説が栗村さんだから一層面白い。

| | コメント (0)

2009年7月11日 (土)

明日だ!明日!

ど~も、サポミでもっと真面目に応援しましょうよ、と言われたParkerです。

E YO! E YO! 明日、ホーム最終戦JSC戦です。

明日の展望を少し。
アウェーでは(Parkerが思っていた)ツエーゲンのウィークポイントをしっかり攻められていました。しかし、リーグ後半のツエーゲンはそのウィークポイントを修正できていると思っています。

明日は勝てます。
スタンドにいらっしゃる皆さんもそう信じ、選手の後押しをしましょう。

アウェーでの観戦記
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-2af5.html

今日は練習を見学してきました。
コールリーダーも来ていて、軽く明日の相談をしました。あと、園田のコールができたか聞くとまだとのことだったので、急遽考えて案を出すも黙殺されました。

  園田~いいのだ~
  園田~いいのだ~
  ゴールゴール園田
  ゴールゴールゴール
 (元曲 天才バカボン)

10時からのPerfumeライブチケット争奪戦に参加してから、市民に向かいます!皆さん、Parkerの後押しもほんの少しでいいですからお願いします!

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

園田選手入団

ど~も、草食系オヤヂです。

この時期に園田選手の入団です。
ただし、噂にはなっていたのでびっくりまでとは言いません。

先日のまーくんの入団は、ビジュ、ミッチーを当分外すことはないだろうとの読みもあり、リーグ戦より、全社北信越、全社、地域決勝を見越したものではないかと妄言しました。(まーくんと園田はルーテルで同じ学年なんですね。)

一方、園田のこの時期の入団は地域決勝には出場できないでしょう。ならば、全社北信越、全社を見越したものだけでしょうか。そうではなく、園田こそリーグ逆転優勝のための最後のピースのような気がします。先日の上田戦ではプリンスが欠場し、キングも体調が十分でないようです。あえてこの時期の入団は、リーグ戦でのFWとして期待されているのではないかという妄想。さらにサイドで使われる可能性も否定できません。
JSC戦での出場はあるのか!?

園田選手、一緒に戦おうぜ!

.
.
.

| | コメント (0)

またまた企んでいますよ

ど~も、職場のパートの奥さん(美人)の蔑みの視線が欲しくて、Perfumeの新アルバムを買ったと言ったら予想通り蔑みの視線を頂きました(;´д`)ハァハァ。
ちなみにツマの視線は蔑みどころじゃありませんorz。

100円ショップをウロウロしていたら声をかけられました。
誰かと思えば某サポ氏。ユニでなくてスーツだったのですぐにサポ氏と分かりませんでした。一方のParkerさんも私服、よく分かりましたね。
でも、Parkerさんはツエーゲンキャップ(手製w)をかぶっていたので向こうは分かるか。

Parkerさんが100円ショップをウロウロしていたのは、JSC戦への準備のためです。
ちなみに声をかけてきた某サポ氏も応援グッズの物色とのことw

先日の上田戦の観客席の雰囲気が良かった感じだったのでイイ気になっています。
なにをするつもりかというと、ゲーフラの貸し出し。これまでサポゾーンだけで呼びかけていたのですが、反応が悪いorz。
そこで市民前の広場でゲーフラを広げてコアサポ以外の方々に貸し出ししようかなと企んでいます。
もし、拙ブログを読んでいただいていて、お気に召すゲーフラがあればご協力願います。
全然捌けなかった場合はそれはそれでエム的にOK

それで今日選手8人分のゲーフラをガムテで製作しますた。布が足りていなかったので全ての選手を作れませんでした。ガムテだし、ネタもないから面白くないよ。

布の長さが足りなかったため、作りたかったネタゲーフラを作れずorz

.
.
.
. 
        レッドシアター

.

.
又は

.

.
          The
          Red
         Theater

.

.

| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木)

JSC戦の観客数は?

上田戦の観客数、1839人は意外でした。いいところ1300人程度と思っていたことは前にも書いています。

昨日、サポミで某サポとそのことについて話し合っていたのですが、そのサポ曰く、キックオフが3時だったのが良かったのでないかとの意見。

3時なら一家で昼食をどこかで済ませてから来場し、終わってからそれほど時間を空けず夕食を食べることが出来る。一番暑い1時を過ぎ、だんだんと涼しくなっていく時間帯。午前中行われていた少年サッカーが終えてから来場できる。
なるほど、どれも納得できる理由です。上田戦前のホーム西部緑地2戦での大勝も理由のひとつでしょう。

となればJSC戦もキックオフが3時ですから同じような観客数を期待してよいかもしれません。
ホーム最終戦、優勝のために絶対に勝たなければならない強敵との戦い、北陸鉄道様のご協力によるバスのよる告知、そして金曜日のローカルニュースでも試合の告知があるでしょうから、天候さえ良ければそれ以上の観客数、2000人オーバーの可能性もあります。

スタンドの後押しでJSCを撃破し、リーグ優勝に向け進んでいきましょう。

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

久々にゲーフラネタ

ムスコがテツに・・・?、ど~も、Parkerです。

観戦記以外でも書くことがいろいろ有松にありまつ。上田戦のレポートも今回で最後です。

何回か前のエントリーで「9」のゲーフラを作る予定と書きましたが、上田戦の前日に作成時間10分で作りました。しまった、写真を撮っていないorz。
「9」は某サポファミリーなら掲げるだろうとの思いで作ったもので、某ファミリーのお気に召さない場合は簡単に修正できるよう赤い布に「9 KC」と白ガムテープを貼ったものでシンプルなもの。幸い満足されたようでそのままさしあげました。

「9」を作った時、まだ布が余っていたので以前から作りたかったコミーのゲーフラも作る。こちらの簡単に「14 コミー」。しまった、写真を撮っていないorz。会場入りのコミーに見せると反応してくれる。コミーはこうした時ちゃんと反応してくれるから好きです。

まだ布が余っていたので「カナナチオ」をガムテープで作る。「カテナチオ」の駄洒落ですね。ゲーフラの基本は駄洒落です。しまった、写真を撮っていないorz。この「カナナチオ」、某サポファミリーのドーターちゃんには難しかったようですwこちらは選手紹介の際、Parker自身が掲げました。

さらに布が余っている。前日ネタを思いつかなかったので、当日市民サッカー場前で、サポのアイデアでその場で作成しようと試みる。しかし、試合当日ヒカルの誕生日でもあるのと、ガムテープで書きやすいのでw独断で「ヒカル アレ」を当日仕上げる。しまった、写真を撮っていないorz。でも某ブログでウpされていた。

この日もう1枚、以前作ったゲーフラを持って行きました。初めて活躍して感無量でした。

| | コメント (4)

2009年7月 7日 (火)

人に歴史あり、七夕に歴史あり

応援にもトレンドを取り入れなければなりませんよね。
7月のトレンドといえば、もち七夕。
ということで、先日の上田戦で七夕笹飾りをしました。

サポだけでなく、一般のお客さんにもご協力いただきました。
どうもありがとうございました。
笹飾りを思いついたのは前日の夜10時でした昼に高岡戸出の七夕を見物に行き、写真を印刷していた時に思いついたのです。ですから他のサポに周知したり、机の用意などをすべきだったと思いますが、準備不足だったことをお詫びいたします。

短冊に書くときご不便だったと思います。 当日、市民サッカー場近くのホームセンターに寄り、短冊と飾りつけを購入、最後に笹を買ったのですが、え、こんなに小さいのorz。結局もう一度家に帰り近所にはえていた笹を取ってくることに。笹は無駄な出費ですたorz

広場に笹を飾り、サポに呼びかけし書いてもらい、笹に気がついた子どもさんにも書いていただきました。ダンマク設営時笹から離れていたら、子どもさんたちが自由に(もちろんウェルカムです)に書いていました。

さて、七夕企画、個人的に3年連続w

ツエーゲン1年目にはJSC戦でクラブの企画として行われていました。

2年目はアウェー松本戦。松本の「アルウィン七夕祭り10000人プロジェクト」に対抗して、勝手に企画した「七夕祭り金沢サポ100人プロジェクト」の一環

 http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_5022.html 
願いかなわず敗戦orz

そしてその笹飾りは翌年、アルウィンに凱旋しました

 http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_6a6c.html 

ところでトレンドの使い方合っていた?

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月)

ツール・ド・フランス始まる

1年で最も寝不足になる時期がやってきました。

自転車レース最高峰「ツール・ド・フランス」がスタートし、その「ツール」に2人の日本人選手が出場することは拙ブログの読者の方なら当然ご存知でしょう。
Parerk、昨日の2日目のレースを見ていましたが、ツエーゲン勝利でお酒を少々容量オーバーだったためのこり95キロの時点でリタイアw
で、今日3日目の中継を見ていると、なんと

新城が昨日・2日目でステージ5位!
スゲェー!

サッカーでいうとヨーロッパ5大リーグで日本人が1試合2得点を決めた感じでしょうか。
書いてて微妙だなw
まぁ中田ヒデクラス衝撃かなと。

今日はゴールまで見よーっと。

(追記)
ゴールしますた。Parkerさん、今日は完走。眠いよ。

今日は別府がステージ8位!
すぐ寝る。1時10分。

| | コメント (0)

広場とスタンドにて

先日の上田戦の開場は午後1時で試合開始は午後3時。ダンマク設営のため12時からスタンド・ピッチに入っていたがスゲェー暑い。こんなんで午後1時から日陰のないスタンドにいたらえらいことになる。
というわけでもありませんが、この日は市民サッカー場前の広場にいなければならない理由があったので、これ幸いとばかり広場の日陰で涼む。

こんなに長く試合前に広場にいたことがなかったので(と前にも書いた記憶がありますが・・・)いろいろと発見がありました。
お客さんの出足が遅いという印象があったのですが、全然そんなことがことがなかったですね。もちろん2時過ぎからお客さんが多かったのですが、1時ごろからも意外にお客さんが足を運んでくれます。あと子どもさん連れが多かった。そして子どもさんのTシャツ率も高かったような気もしますが、水分補給に必要以上に気を使っていたので確かではないなぁw
欧米系のお客さんがツエーゲングッズを身につけていたような気がしましたが、ご自身で買ったものじゃないでしょうね。
飲食ブースの様子は水分補給に必要以上に気を使っていたのでよく観察していなかった。

お客さんの数は予想以上。よくて1300人ぐらいかなと思っていました。広場にいたときも沢山来ていただいているなぁと思い、スタンドに入るとやはりかなり埋まっていましたね。招待券をかなり配布したのでしょうか。
スポンサー様によるツエーゲンうちわを配布したこともあってかいつもより赤い感じ。
試合前からスタンドができあがっていた感じもありました。
Lフラッグを振りたがる小学生が自らサポゾーンに来たり、チャントに合わせて手を叩いていました。
ヒカルの開始早々の得点でスタンドの雰囲気がより良くなったと思います。
もちろん試合に勝ったこそですが、金沢にもサッカーが根付いてきた思えました。

てなことを考えていたら、新グッズ買うのを忘れていたorz

| | コメント (0)

2009年7月 5日 (日)

観戦記を書けない日もある 上田戦非観戦記

サポータって毎試合観戦記を書けるものでしょうか?

コールリーダーは試合をよく覚えていないと書いています。
そうです、サポーターの第一は応援。応援に一所懸命ならば観戦記を書くことなんてできないんでしょう。

多分。

今日は凄く暑かったのです。応援に集中していれば観戦記を書くどころではありません。
多分。

応援のためには水分補給を欠かすことはできませんでした。
これは身にしみました。

と、ここまで書けば賢明な読者の方は大体今日Parkerの身に何があったかお分かりになったと思います。

今日は暑くて、応援で特に一所懸命で、水分補給を欠かせませんでした。
そのため観戦記を書くほど試合を覚えていません。

と、いうことにしておいてください。

はっきり言えることは残り3節、今日の試合を見た限り非常に厳しい。
先週長野の試合を見てこともあり、まだまだできていないというのが正直な感想です。
ただし、勝敗は比較で決まるものではなく。直接対決で決まるものです。
幸いに今日のスタンドは良い雰囲気でした。
今日のようなスタンドの空気で次節ツエーゲンを後押ししましょう。

| | コメント (4)

2009年7月 4日 (土)

明日は上田戦

ど~も、職場のパートの奥さんにPerfumeファンと知られてしまって文字通りヒかれたParkerです。
その奥さん、美人だから(;´д`)ハァハァ。

てなことを書いていると、本当だと思われそうなのでこの辺に。
本当ですけど。

さて、明日はホーム・金沢市民で上田を迎え撃ちます。
相手は練習時間が限られたアマで、遠路上田からの遠征、暑い時間帯となれば、客観的に見れば体力的にうちに有利だと思えます。
一方でアウェー南長野で見られた上田の素早い中盤の組立てには充分注意。
楽な戦いにはならないかもしれませんが、勝点3を取らなけれがなりません。

「楽な戦いにならないかもしれない」と書きましたが、その一方で上田戦以降を見越した試合運びにも注目です。
無失点でいけるか?、警告の累積がある選手のプレーは?、まーくんをはじめとして酷暑の試合での交替の使い方は?、キングは復帰できるのか?、キングが復帰したときの布陣は?
この一戦を絶対勝利、そしてあと3連勝するための1戦とするためツエーゲンを応援しましょう。

アウェー南長野観戦記(この日は30度近い暑い日でした)
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-e76f.html

上田
リーグ戦 1勝1分4敗 勝点4 7位
前節   1対3松本山雅(アウェー・アルウィン)

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

昨日の続きです

前回のあらすじ
3年前の6月に始めたこのブログも4年目。まさかこんなに長く続くとは思わなかった。ツエーゲンも3年後まだ北信越にいることも思っていなかった。
なんかねぇ第1回はそれなりに真面目なエントリーだったけど、その後の2・3回の記事が拙ブログの方向性そのままだよなぁ。こうやって3年間北信越(といっても石川県と長野県が主ですが)で恥を晒していますよ。
よくまぁ3年間、シーズン中・シーズンオフ問わず、よくまぁ地域リーグでしかないツエーゲンに関する文章を書いてきたなぁと自分でも感心するやら呆れるやら。まぁツエーゲンをダシにつかってお笑いネタや歌ネタも書いてきたけど、笑ってもらえればいいかなと。もっとも読者の方に笑ってもらえるより自分が面白く感じるかが重要。
観戦記も書いているけれど、これは自分への記録のつもり。読者は未来の自分w言葉は気を使って選んでいるつもりだけどwこうやって書くとこのブログはジコマンブログですね。
観戦記についてもう少し。もちろん自分がサッカード素人であることは自覚しています。そんなサッカード素人でも一人の目で継続的に書くことによってそれなりの価値があるのではないかと思っています。あくまで「それなり」ですけど。
当初ブログではゲーフラネタを多く書いていましたし、実際多く製作していました。他の方にご協力いただき掲げていただきました。しかし、オフィシャルマフラーの発売、もともとゲーフラが低クオリティのため、掲げていただく方が少なくなり、作る意欲もなくなってきました。そして今年最初に作っゲーフラは元ツエーゲン、現サウルコスの凸橋選手(仮名)のものでした。


これではいけません。やはり現在所属している選手のゲーフラを作らなければ。でも、作っても掲げてもらわないとorz
そこでParkerさんの頭に浮かんだのは某ファミリー。4人いるんだ、誰かは掲げるだろうwということで背番号「9」のゲーフラを(試験的に)製作予定。
まずは材料の布を部屋で探さなきゃ。


しまった。あらすじが長すぎた。構成ミスだorz。

| | コメント (2)

2009年7月 2日 (木)

福井戦試合後

テクノでの勝利の儀式後、ダンマク撤収のお手伝いをせずに、あるモノを持ってメインに走る。

しまった、あるモノで引っ張ろうとしたけれど引っ張れない。構成ミスだorz。

あるモノとはゲーフラです。今年の初のゲーフラですが、元ツエーゲンの凸橋選手(仮名)のものであるのが問題ありですね。

サウルコスに移籍することを知って会った時に、テクノでもゲーフラを上げることを約束していたのです。緑の布に赤でなにか書こうとは考えていましたが、なかなか決まらない。デザインが決まったのは試合2日前。

布はこの時、ジャスコで買っています。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-a660.html

結局、赤のガムテープで凸をデザインする。
しかし、ウケなかったorz。

悔しいのでそのゲーフラを凸橋選手(仮名)の目に毎試合入るようにするため、福井サポに渡すw

明日に続く

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

試合に勝って勝負に負けた

ど~も、他の上位チームへの本音が隠しきれないブログです。

サウルコス戦後、ダンマクの入った衣装ケースを運んでいると、数人のサポから「今日来ていたんですか」と声をかけられる。テクノには5時過ぎに着いたのかな?でも、この日も体調が悪く、サポゾーンの一段上のブロックで観戦していたのです。テンション高く観戦できないケースが多いなぁorz。
試合前テンションが高かったのは、アウェーの道中で軽いセクハラジョークを披露していた時と車中で酒を飲んでいた時ぐらいかな?完全にオヤヂですねorz

福井戦で体調悪かったのには理由があるのです。
キックオフは午後6時で、前日は午前1時過ぎの就寝にもかかわらず朝5時に目が覚める。やっぱり年寄りの発言ですねorz
そして8時30分に家を出て福井に向かう。福井市内に入ったのは午前10時ごろ。目的は○ック・オフ巡り。先週末○ック・オフでは単行本2冊で1200円、新書2冊で500円、文庫2冊で400円セールをしていたのです。ちょうどいい機会で福井○ック・オフツアーをしてきたのです。
Parkerさん、ワールドカップ2002、新潟でクロアチアーメキシコ戦を見に行った時も前日に新潟入りして古本屋回りをしています。

以下福井での戦績
1軒目 CD500円1枚と単行本105円1冊
2軒目 文庫4冊800円
3軒目 セールしていないorz 絶版文庫2冊450円(武生)
4軒目 同じくセールしていない 単行本105円を2冊(鯖江)
5軒目 新書105円1冊と単行本750円1冊(もう1冊欲しい単行本は見つからなかったため通常価格)
6軒目 単行本セット1200円

試合前にこれだけ古本を探していたら疲れても仕方ないでしょ。
もちろん、ツエーゲンTシャツを着たまま回っていましたよ!
収穫は寂しいなぁ。40点といったところかな・・・

試合終了後金津インター前を通って帰るわけですが、前後の金沢ナンバーが金津インターを入るのにParkerさんは素通りorz。悔しいので石川県内の○ック・オフを2軒回ってくる。これが原因で試合当日土曜日に観戦記をウpできませんでした。
7軒目 セールしていないorz 欲しい本もないorz
8軒目 単行本セット1200円、新書セット500円、文庫本セット400円、単行本105円1冊
結局地元で一番収穫があったのか。幸せの青い鳥は身近にあるといったことでしょうか?

翌日曜日、ヴァリエンテ富山ー長野パルセイロ戦では福井での収穫「超能力番組を10倍楽しむ本」*を読んでキックオフを待っていました。そして試合後、富山市内の○ック・オフに逝ったことは言うまでもありません!

*超能力番組がいかにデタラメかを検証した本。面白かった。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »