« 三沢さんが・・・ | トップページ | すちゃらかになりきれなくて »

2009年6月14日 (日)

富山では今日もgdgdだった 富山戦観戦記

ど~も、このトシでナンパに成功した(勘違い)チョイ馬鹿オヤヂです。

前半の可能性のあったシュートらしいシュートは、開始早々のヒカルとコーナーキックをドフリーで外したコミーぐらいか。

↓3回前のエントリーでこの試合の展望を書きました。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/14-dc03.html

展望は
「福井戦で見られた連携は本物だったのか?」
結果は
「連携しようとする意識は見られたが相手に脅威を与えるまでまだまだである」

これまで富山戦を見続けていたParkerは、gdgd展開でなるであろうことは折込済。
「あぁ富山戦らしい展開だなぁ」という感想。

後半開始早々ルーベが左サイドを突破して、後半は違う!と思ったもののやはりピリッとしない展開。
それでも2点とって勝てるだろうと思いながらもなかなかゴールに結びつかない。

先取点はプリンス。「ペナルティエリア外でフリーでボールもらっちゃった。パスしたいけど前に誰もいない、DF2枚待ち構えていてドリブル仕掛けても突破は難しいorz、とりあえずミドル撃っとけ」と思ったかは知りませんが、グラウンダーのミドルがゴール隅に吸い込まれる。ボールを受けてからシュート撃つまで少し間があったのでサポも「え、入ったの?」というか感じで歓声が上がるにも少し間があったw(後半17分、時間はサポ速報による。以下同)

これで富山の緊張が切れたのか、その2分後斉藤のコーナーをコミーがフリーのチャンスを今回は生かしヘッドでゴール。2-0。

Parkerも安心の2点差でツエーゲンは攻勢を強める一方、富山は運動量も落ちてくる。

2点は富山を崩して取った得点ではないかもしれませんが、3点目は綺麗な得点。左サイドの辻田にパスが通り、そこに山道がオーバーラップを仕掛ける。辻田は山道にボールを渡す一方前に出てワンツーを受けようかとする仕掛け。山道に富山のDF2人が詰めると、山道は辻田にボールを出そうかと迷うと見せかけシュート。そのシュート(センタリングのつもりだったかもしれません)を富山DFがクリアしようとする前にニアに飛び込んだルーベが頭で合わせる岡崎ばりのゴール(後半29分)。

4点目はヒカルがゴール正面に待ち構えるプリンスにボールを渡し、プリンスの狙いすましたボールがゴール左隅に突き刺さる(後半36分)。プリンスがその位置でフリーでボールを受けられる、ボールを受けてからも詰められない、富山の運動量が落ちてきていました。もっとも、1点目といいこの得点といい、確実にボールを枠に入れていくプリンスはさすがというべきでしょう。

失点はロスタイムに入った45分。ゴール前に侵入を許すも諸江が身体を入れてピンチを脱したと思ったら木寺とお見合い。声を出していればなんとも無かったと思いますが・・・。

その後のペナルティエリア少し外のフリーキックを諸江が頭で決め5-1として試合終了。

得点は5点決めましたが、富山に体力があって、引かれているときの攻撃はヒドいの一言。連携以前個人の技量が低いのか、にトラップミス、パスミスが多杉。得点を決めたものの良かったのはそのシーンだけという選手もいました。

富山との相性の悪さと前向きに考えることもできますが、このままではラスト3節は厳しいものとなるでしょう。

次の新潟戦で希望を見せてもらいたいものです。

富山は粘っこいしキレのあるカウンターもあるし、良いチームだと思います。
今日の審判は微妙。

|

« 三沢さんが・・・ | トップページ | すちゃらかになりきれなくて »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三沢さんが・・・ | トップページ | すちゃらかになりきれなくて »