« グランセナ戦を前に練習を見てきた | トップページ | 今日もダルイぞ、水もまずい »

2009年6月21日 (日)

気持悪い大勝 新潟戦観戦記

ど~も、やっぱり夕飯の員数に入っていませんでしたorz
初めにお断りです。今シーズンの観戦記の基本スタンスを今更ながら釈明したいと思います。
負けた試合には希望を持って楽天的に、勝った試合には厳しめの(言いがかりとも言う)レポートを心がけています。

今日のスコアは10-1の大勝。ということで今日は毒舌でw

得点はルーベ5点、プリンス3点、山道とKCが1得点。
ところが、今日のMOMは誰か数名のサポに聞いたところ「得点だけならルーベだけど」と続けて出てきた名前は、ヒカルと山道。
得点者よりもサイドからドリブルで崩してセンタリングを量産したヒカルと気の利いた動きでピッチのあらゆる所に現れた山道が目立っていたゲームだったと思います。
ちなみにParkerは山道をMOMに推しました。

ヒカルと山道が素晴しかったのはもちろんですが、ルーベがMOMに選出されなかったのは得点以外のプレーにサポが不満を感じたからだと思われます。実際今日の試合でツエーゲンの攻撃が止まった多くの場面はルーベともう一人の選手のところでした。今日のルーベは得点シーンは良いものの、と言ったところでしょうか。本人も試合後のインタビューでそのことを解っていたようですので次節以降期待です。
そんな本調子とは思えないルーベでも5得点を決められたのはヒカル・斉藤をはじめとするサイドアタックが充実していたこととルーベのゴール前への積極的な飛び出しでした。

今日のグランセナは12名の選手しか登録されていないようでした。交替選手がいない、うちは午前の練習でグランセナは夜練、グランセナは後半疲れるだろうし、前半で5-0で折り返したこともあり、後半だけで7得点、あわよくば10得点を期待しましたが、得点は5、そして1失点を喫してしまいました。
後半は勝敗がほぼ決まったこともあり、某サポ氏とも話していましたが、上位3強チームに通用するプレーができたかを基準に見ていました。

そうした視点から今日の収穫は、大量得点ではなくゴール前にルーベだけでなく2・3人が詰めたことだと思います。そういった積極的飛び出しはこれまでのリーグ戦では見られなかったと思います。
一方課題はグランセナペースの時間帯にカウンターを仕掛けられなかったこと。グランセナの時間帯にはグランセナDFライン後方に広大なスペースがあったもののそれを生かせず、失点までしてしまったこと。
その失点も松本戦のクリアミス、富山戦のお見合いと言ったレベルではなく、完全に崩されたもので気持悪い失点でした。
そして最後まで精彩の悪かった選手を使い続けたこと。交替させて他の選手を試してみるか、ポジションを変えてみるか手を打つべきだったと思いますが・・・。

上位3チームに通用するプレーができたかというと全く楽観のできない試合でした。

今日の主審はファウルの取り方には全く不満を感じませんでした。しかし、バックラインの副審は常に逆光が目に入っていたようです。オフサイドで1点得して、1点損してイーブンw。こんなものだと思うしかないですね。

|

« グランセナ戦を前に練習を見てきた | トップページ | 今日もダルイぞ、水もまずい »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

Parkerさま、いつも楽しく拝見させてもらってます。happy01

新潟戦のMOMは私も山道選手。古部選手は次点。
確かに攻撃の流れを止めてかも知れませんが、その分、守備への貢献が光ってたと思います。

特に後半の得点を量産し始めた頃は攻守にわたって左サイドを支配してたといったら言いすぎ・・・?
メインスタンドからですが、前節までと比較して本人も吹っ切れた感じに見えました。good

古部選手を含め、Jから移籍してきた選手達の真の実力を見せてほしいものですね。

投稿: | 2009年6月22日 (月) 19時38分

コメントありがとうございます。

後半は古部選手はメイン側(私のいたバックの反対側)だったのでよくわかりませんでした。スイマセン。

>>古部選手を含め、Jから移籍してきた選手達の真の実力を見せてほしいものですね。
まだまだあんなものじゃないでしょう。彼らの力がなければリーグ制覇はないでしょう。

投稿: Parker | 2009年6月22日 (月) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランセナ戦を前に練習を見てきた | トップページ | 今日もダルイぞ、水もまずい »