« 数字で見てみる | トップページ | 「氷河期を生き抜く」 »

2009年5月20日 (水)

またまた適当な数字をとってきました

昨年のツエーゲンのデータと比較しても意味がないんじゃないかと思い、長野とJSCの今シーズン対戦相手に与えた直接・間接フリーキックを調べてみました。

数字は北信越公式から

長野
1節 18 対上田  
2節 13 対福井
3節 17 対富山
4節 17 対新潟
5節 22 対松本

JSC
1節 15 対福井 
2節 23 対上田
3節 18 対新潟
4節 16 対富山
5節 30 対ツエーゲン 

5節はやっぱり激しい戦いだったのかな?

ついでにツエーゲンと長野の得点とシュート数
( )がシュート数

ツエーゲン
1節  2(12) 対富山
2節  5(15) 対新潟
4節  8(14) 対上田
5節  1( 8)   対JSC
        16(49)  シュート成功率 32.65%

長野
1節   1(18) 対上田  
2節   2(16) 対福井
3節   6(26) 対富山
4節 15(29) 対新潟
5節  2(  7) 対松本
       26(96)  シュート成功率 )27.08%

あんまり意味がないようなorz
15点かぁ
数字が間違っているかもしれないし。
間違いがあったら教えてください。

|

« 数字で見てみる | トップページ | 「氷河期を生き抜く」 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

ちなみに被シュート数は
長野18-26金沢です・・・orz

投稿: サラリーマンZ | 2009年5月21日 (木) 08時37分

サラリーマンZ さん
被シュート率には気がつきませんでした。ありがとうございます。
ツエーゲンの被シュートは、相手が中まで入りきれずに苦し紛れのミドルシュートが多い印象があります。ここまで数字を拾ってきてこう言うのもなんですがw

投稿: Parker | 2009年5月21日 (木) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 数字で見てみる | トップページ | 「氷河期を生き抜く」 »