« 長野戦前日に | トップページ | シーズン前を思い出す »

2009年5月24日 (日)

完敗だけどあえて強がってみる

観戦記を書く前に、金沢系ブログなど巡回したところ「完敗」の文字ばかり。
あの場で見ていた誰もがそう思いますよね。「惜しい」試合でもなかっただけに返ってサバサバしたような。って、ことを昨年も書いていたようなorz。

これも誰もが書いていたことですが、長野とは連携・熟成度の差がありすぎました。長野の攻撃では頭で逸らしたボールの先にすでに選手が走りこむ場面がありましたが、ツエーゲンの攻撃はパスを出されてからボールを追うもの。そして連携の差は攻撃ばかりでなく、守備でも同様で、栗栖はほとんど2人以上に囲まれ決定的仕事をすることはできませんでした。

攻撃は数度のサイドからのドリブル突破とセットプレー、そして前半と後半1回づつのキングの惜しいシュートぐらいだったか。

連携の差は最初から覚悟していました。しかし、栗栖がここまで抑えられると痛い。しかも栗栖のプレーぶりからはこれからも連携は期待できないしw

中盤は完全に制圧されていたものの、決定的に崩された場面は得点シーン以外は1回だけで(少なくとも前半は。後半はゴールが遠いためよく分かりませんでした)、DFラインはある程度安定していたと思います。長野を崩した惜しいキングのシュートも2度ばかりあったし、昨年の「完敗」よりも個人的には気が軽い。

今日の希望は途中出場のヒカルがキレキレだったことでしょうか。次節プリンスが累積で出場停止になりますが、ヒカルならプリンスの穴を埋めるどころか、レギュラーも奪い取る活躍を期待させてくれました。

おっと、自分用に失点・得点シーンだけでも書いておきます。
長野1点目はツエーゲンの左サイドからのコーナーキックから。木寺の股間を抜けた?
長野2点目は右サイドを崩し、ゴール前に真横に早い真っ直ぐセンタリングをフリーで走りこんだ選手が頭で合わせたもの。完全に崩された得点。
その後ゴール真正面で長野の選手が抜け出し、木寺と1対1になり、グラウンダーのシュートを撃つも、木寺が倒れながらも足でセーブする。
試合終了間際、ツエーゲンの選手がペナルティエリアに侵入できるようになる。根本がペナルティエリアでドリブルしていたところ長野の選手が引っ掛けてPK。ゴールから遠ざかるドリブルだったので良かったwこれをプリンスが決めるも、長野のキック後すぐに終了の笛。

最後に。決して負けた腹いせではありませんが、今日の審判はひどかった(今日の試合で「審判で負けた」という人は誰もいませんw)。
ファウルは反対じゃないの?という場面は度々、肘を使ったラフプレーは見逃すなどイエローの基準が分からない。今度はややうちに有利な笛を吹いてくださいw。
ちなみに前節対JSC戦の審判は良かった。

|

« 長野戦前日に | トップページ | シーズン前を思い出す »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野戦前日に | トップページ | シーズン前を思い出す »