« 完敗だけどあえて強がってみる | トップページ | 試合前に »

2009年5月25日 (月)

シーズン前を思い出す

先日の長野戦を振り返るとともに、シーズン前に予想した今年のツエーゲンの戦い方を思い出しました。

長野に比べて連携が悪い?
その通りです。

そんなことはそんなことはやる前からわかっていましたし、シーズン前からサポはある程度は(程度にもよりますが)覚悟していたのでは。

今年のツエーゲンは守備のチームで、「0点」で守りきり、ブラジル人の飛び道具、またはセットプレーでの1点で凌ぎきる、そんなチームで仕方ないと思っていました。いくら中盤でポゼッションで優位に立っても得点を取れなきゃ意味がありません。
今年のツエーゲンは守備を見れば面白いけれど、一般のお客さんが見て面白いサッカーは必要ない、とも某サポ氏と話したこともあります。

先日の長野戦で反省すべきは2失点したことだと思います。
1点目の失点は集中力がなかったように思えます(あくまで主観ですが)。
2点目は、失点後、点を取りに行こうとしたためか前のめりに行ったところをやられたような気がしました。

あれだけの攻撃を受けながらも2失点に留めたことを評価しなければならないかもしれません。あえて選手に厳しいことを言うかもしれませんが、今年のツエーゲンだったら無失点に抑えることができたはずですし、しなければならなかった。

サポはあれもこれも欲張っちゃダメw
守備の連携をよりしっかりと。2点目のフリーの飛び出しをさせちゃダメでした。

あとはセットプレーで点がほしいなぁ。ここまで上田戦の2得点だけ(PK除く)というのは寂しい。

栗栖はなぁ・・・。自分が生きるようなプレー、1対1になるための動きを考えなきゃ上位相手に厳しい。

松本戦への希望はまた別に書きます。

|

« 完敗だけどあえて強がってみる | トップページ | 試合前に »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完敗だけどあえて強がってみる | トップページ | 試合前に »