« 眠ってなんかいられない | トップページ | コミーありがとう »

2009年5月17日 (日)

勝点ゲットだぜ

後半40分左サイドをオーバーラップしていた選手が、プリンスの折り返しのパスをノートラップシュートでゴールを決める。
サポは誰がシュ-トを撃ったか解らず、ゴールネットが揺れてから得点が入ったことを知る。サポ歓喜。


「なんでコミーがそこにいるんだ?」

サポの真前でゴールを決めたコミーはサポのほう向かって走り、エンブレムを握り、ガッツポーズを決める。
カッケー。
以上周囲のサポ複数の証言と公式記録からゴールシーンを振り返りました。

結果的にこのゴールにより勝点1を得ることができました。勝点3が欲しかったことは言うまでもありませんが、内心勝点1でもおkと思っていたので満足です。ですからビールを飲みましたw

3年間、3強相手にアウェーで9試合戦い、上げた勝点は6のみ。2試合とも3-0の勝利。
アウェーで先制後逆転されたことはあっても、追いついたことさせありませんでした。

試合立ち上がりからJSCの激しいプレス。それだけでなく、スカウティングしていればこう来るだろうな、と思っていたことを仕掛けてきます。またそれが当る。今日の試合松本のスカウティングが来ていたようですが(長野は確認できず)、以前のスカウティングと今日のビデオを見ていれば、JSCと同じようなサッカーをしてくるでしょう。上野監督がどのように修正してくるか注目です。

激しいプレスと不安定なプレー(多分プレスと関係ないと思う)で前半だけで4本のコーナーキックをツエーゲンが与える。多分3本目のコーナーで失点を喫する。変な軌道のゴールだと思っていたら、試合後もらえた公式記録でオウンゴールであることを知る(前半14分)。

得点後のJSCはプレスを弱め、リスクのないサッカーをしていたと思います。
結局前半のピンチはコーナー以外では1,2回ぐらいだったでしょうか。シュ-トは多かったもののミドルがほとんどでした。
後半はツエーゲンゴールがホーム側だったためよく見えませんでした。うちのDF陣が安手していたことは安定していましたが、ピンチも何度かあったようでした。それでも得点を許さなかったのはJSCのシュートミスに助けられた場面が多かったようです(木寺の足のセーブもあったそうですが、Parker未確認)。ここまでJSCが得点が少なかった理由がわかったような気がします。

攻撃は根本が試合終了直前まで上がらないのにイライラするw
先発は前節上田戦と同じ。後半29分、KCに代わってウミが入って右サイドが活性化、そしてそれに合わせたかのように左サイド、ルーベから多くのチャンスを作ることができました。
得点シーンは冒頭の通り。
得点直後ルーベの左サイドからの素晴しいグランダーのパスがあったものの決まらず。試合終了前の時間帯はツエーゲンの試合で逆転できなかったのが残念と言えば残念です。

試合中雨は降ったり止んだりで、振っていた時も細かい雨だったが、試合終了後大きな雨となる。試合中大きな雨にならなくて良かった。
大雨の中JSC校舎で車を待っていると、上野監督がサポ一人一人に握手を求めてくる。監督、イイ人。
「皆さんの応援のおかげで引分けることができました」
監督、今日貸した勝点2は金沢市民で返してもらいましょう。

|

« 眠ってなんかいられない | トップページ | コミーありがとう »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眠ってなんかいられない | トップページ | コミーありがとう »