« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

禁酒継続中!

ツエーゲンの失点はペナルティエリア内でのクリアミスから。

クリアミスからスローインを与える。スローインからクロスを入れられ、山雅がヘッドで繋いだところをクリアするもフリーの三本菅の前にころがればそりゃ失点もしますって。前半20分
でもって全然ボールが繋がらない。縦にも横にも。前半のシュートはおそらく0。

先発はこんなかんじ
         キング
 ルーベ            KC
    ネモ 遊佐 山道
 斉藤  コミー  諸江  豊田
         木寺 

この試合も右サイド豊田が狙われる。豊田も自信をなくしているのか、簡単に捌けるボールを取られてしまい、辻田と交替させられる。斉藤が豊田のいた右に入り、辻田が左に入る。

遊佐はイエローを1枚もらってから、別のプレーで熱くなる。こりゃもう1枚イエロー・退場も時間の問題と思われたところ、ヒカルと交替。

前半で交代カードを2枚切る、と言うより切らざるを得ない状況に追い込まれる。

ヒカルはそのままボランチだったのか、ルーベの位置に入り、ルーベがトップに入ったのか不明。なんせ攻撃の形が全くできていなかったから。

うちのgdgdサッカーもひどかったけど、プレゼントゴールの他、チャンスが1回しかなかった松本も・・・。
松本山雅の皆様、gdgdサッカーにおつきあいいただきありがとうございました!

後半になりルーベが前に上がり、2トップ、ヒカルが左に入ったことが確認できる。

     ルーベ キング
  ヒカル         KC
    ネモ     山道
辻田  コミー  諸江  斉藤
       木寺

ツエーゲンの攻撃が機能したのは後半20分辺りから。ヒカルと辻田で左サイドを何回も突破するもシュートまでなかなか結びつかない。コーナーから諸江のヘッドにドンピシャに当るもバーに当ったのが一番惜しいシーンだったかな。
3枚目の交替はKCから海野。

ビジュがいないと中盤から攻撃を組み立てられないことを前半証明。それでもサイドからなら攻撃を組み立てられることを後半証明というところでしょうか。

それとキングがなぁorzほとんどボールに絡めなかった。
空中戦は全敗。シークレット・スパイクでも使っているのorz。

勝点3は図々しいけれど、勝点1を取れた試合を落としたといったところですね。

次回のエントリーにネタをためるため今日はここまで!

今日の審判は悪くなかった。
後半山雅がペナルティエリア内で手にボールが当ったシーンがありましたが、あれは流されても納得。

| | コメント (2)

2009年5月30日 (土)

市民がジャックされるとか

クール・ジャパン!日本のヲタク文化はエゲレスに飛び火したようです。

この動画が
http://www.youtube.com/watch?v=WQY71KoERak

こんな踊り子さんを生み出しました。ニコ動で大変な盛り上がりです。
http://www.youtube.com/watch?v=PNFHFa4_PoI

これだけのネタだとあんまりにもですので、松本サポに市民がジャックされるとの情報があることから、こんなもの作ってみました。

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

先生、松本が監督の言うことを聞きません
先生、金沢がカードをもらったまま帰って来ません

うるさい、並べ、団体行動を乱すな
松本金沢松本金沢で交互に入れ

先生、松本が若干金沢より多いです

そうか、だったら
松本金沢松本松本金沢松本金沢だ

松本金沢松本金沢松本松本金沢ですね?

違うわ、よく聞け、こうやって入れ

松金松松金松金、松金松松金松金、
松金松松金金松金松金、金松金松金松松金

隊長、金沢サポの入場順いったいどうしましょう
隊長、とりあえず松本だけで入りましょう

待て、勝手に自由に入るんじゃない
松本金沢松本金沢で交互に入れ

隊長、金沢サポはひとり遅れて来るそうです

そうか、だったら、
松本金沢松本松本金沢松本金沢だ。

松本金沢松本金沢松本松本金沢ですね。

違うわ、よく聞け、こうやって入れ

松金松松金松金、松金松松金松金、
松金松松金金松金松金、金松金松金松松金

松金松松金松金、松金松松金松金、
松金松松金金松金松金、金松金松金松松金

松金松松金松金、松金松松金松金、
松金松松金金松金松金、金松金松金松松金

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

テンションが変な方向に上がっていますorz

| | コメント (0)

練習を見てきた

今シーズン初のサスペンデッドということで、先発布陣への関心と家に居ずらかったため練習を見てきました!レポートです。

なになに場所は森林公園。森林公園といっても広い。自転車で逝った時はアップダウンがきつかったよ。場所を確認するためググッテみる。ん、森林公園のサイトには運動公園の場所が紹介されていない。

おひさるに住所が出ていたのでその住所を地図サイトにコピペしてみるも、やっぱり場所がわからん。グーグルマップの航空写真でようやくそれらしい場所が大体わかる。でもどの道から入ればいいのか詳しく分からない。

でもParkerさんの車にはナビがついている。基本「男はナビはつかわない」派ですが、やむをえません。

ここまでが前日。

いよいよ当日。ナビをつけているけど道がないよ・・・。しまった新しい道なのでナビに反映していない。それでも、前日地図を見ていたおかげで無事練習場所に着く。すでにサポ数名。さらに数名到着。前々日うpしたW☆ING話で盛り上がるw

「松本」ナンバーで「山雅」エンブレムをつけた車で乗り付けた方も1名いました。なんとなく、なんとなくですけどツエーゲンサポじゃないような気がしました!その方携帯でなにやら報告していました。
その方には、是非Parkerさまご一行に話しかけて欲しかったですね。いろいろデタラメ教えてあげたのにw
またParkerからも聞きたいことがありました。

「最新のナビをつけているんですか?」

とうことでレポート前編(練習場に行くまでと集まっていた人編)を終わりたいと思います。ご清聴ありがとうございました。後編をうpするかはわかりません!

| | コメント (0)

2009年5月29日 (金)

北信越版「蜘蛛の糸」

崖っぷちアイドルじゃなかったクラブの対決となったツエーゲン対松本山雅。

両チームともアウェー前々節では先制されながら引き分けに持ち込んだものの、前節ホームでは見事に返り討ちに遭う。試合内容もgdgdだったもようで、まさに
同病相哀れむ仲

言っちゃ何だけど崖っぷち対決になったのは
松本のせい。ホームとはいえギャンブルに失敗なんかするから
ギャンブルするまでもなく負けちゃったうちのせいじゃないからね。ここは松本には責任を取ってもらって勝点3を献上してもらわなければ

まぁ冗談はともかくとして、

ツエーゲンはビジュとプリンスが出場停止です。プリンスはともかく、ビジュの出場停止は痛い。
守備ではビジュのいない分をハードワークでスペース、パスの出し手を潰すしかありません。
攻撃では中盤からの有効なパスが減るでしょう。そんな状況でParkerの足りない頭で考えられる攻撃は徹底したサイド攻撃です。
毎試合毎試合戦前に書いていますが、根本の積極的な攻撃参加を見たい。

とにかくね、こんなところで負けちゃいられません。
得点は絶対に許さない。金ナチオ発動。
そうすれば松本は焦ってきます。そしてギャンブルにくる。そうなればカウンター一閃という展開はどうでしょうか?

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

W☆ING秘話 「ある悪役レスラーの懺悔」

ど~も、「(これまで研修のため現場にいなかった)新卒女子社員歓迎会&オヤヂ送別会」をツエーゲン勝利祈願禁酒のため欠席するParkerデスッ!

え~、話はコロッと変わりますが、W☆INGと書いてどれだけの人が解るでしょうか?

過激なデスマッチ(ファイヤーデスマッチ、釘板デスマッチ等々)、怪奇派覆面レスラー*1、いい加減な経営(試合開始は常に遅れ、お金を払わない等々)の伝説を残すW☆INGプロモーションのことです。

書き遅れました。プロレスの話です。

先日松本に逝ったおり、リブロで「紙のプロレス」誌を立ち読みしていると、W☆ING座談会が掲載されているではありませんか。いやぁやっぱりW☆INGは面白かった。読みながら、なぜ今の時期にと思っていると、DVD「W★ING伝説 VOL.1 暴虐のラプソディ」の発売(見たい!)とミスター・ポーゴこと関川哲夫の自伝「ある悪役レスラーの懺悔」が出版されたからのようです。

これも縁と思い、同店で「ある悪役レスラーの懺悔」を購入。

これまでプロレス・ファンのポーゴに対するイメージは決して良いものではありませんでした。本書はポーゴの自伝ということでポーゴ側の視点で書かれていて、定説(練習がきつくて新日本プロレスから逃げ出した)の真相(あくまでポーゴの言分ですが)や意外な交友関係などを知ることができます。

新日本ではパッとしなかった(本人も自覚しています)ため、アメリカ・プエルトリコでもたいした実績がなかったと思っていましたが、それなりに活躍していたようで、海外マット時代の話が面白かった。ブロディと親しかったというのはかなり意外でした*2。ブッチャー、いい人。

そしてParker的にはやはり、FMW、W☆ING時代の話が面白かった。W☆INGに関する証言としては松永光弘の自伝「ミスター・デンジャー―プロレス危険地帯」*3もありました。現在どこにあるかわからず探す気もありませんが、見つけた際には読み比べてみたいと思います。

そして本書の版元は講談社です。講談社といえば元新日本プロレスレフリー、ミスター高橋の”暴露本”「プロレス至近距離の真実―レフェリーだけが知っている表と裏」の版元でもあり、そのせいかアングル(興行を盛り上げる因縁を作ること・仕掛け)のことも堂々と書かれています。さらにそれだけでなくギャラ、待遇までも具体的に書かれています。関係者の名前もイニシャルでなくそのまま書いているので後々問題になりそうな箇所も幾つかあるのはともかく、本筋に関係ないところに元レスラー・元スタッフのスキャンダルといっていいようなことも実名で書いているのはちょっとねぇ、と思います。あと、あんまり知りたくなかったけどポーゴの私生活(下半身方面)も。

ただし、あくまで本書はポーゴの言い分、見方でしかないことを前提に読むべきだと思います。事実はひとつでも真実はそれを巡る人の数だけあります(特にプロレス業界はそれが顕著に思えます)。またアメリカマットではプロモーションビデオでテンションを上げるため薬物を利用しているなど本当かな?と思わされる記述もあります。

いろいろと問題の箇所もあると思いますが、それらを含めて奇麗事だけでなく私生活まで赤裸々に書かれた日本人プロレスラー*4の本としてお勧めです。

*1 映画「悪魔のいけにえ」のあのレザーフェイスをつけた大男が電動チェンソーを持って入場するレザー・フェイスが代表的。入場シーンとしてはNo1を争っていいと思える素晴しいギミック。
他にも「13日の金曜日」シリーズからのジェイソン(本書でそのキャラクターはポーゴが発明したことになっています)や「エルム街の悪夢」シリーズからフレディなどホラー映画を元にしたマスクマンが続々登場。
ただし当然のことながら無許可なのでアメリカではまずできないギミック

*2 ブロディ刺殺事件の夜にいたとのこと。この殺人事件について書かれた他の本と機会があれば比べて見たいと思います

*3 本書内ではゴーストを使っていない、と書かれていたが、後にゴーストによるものと本人が暴露(記憶が曖昧です)。内容はよく覚えていないけれど面白かったことだけは記憶しています。

*4 海外レスラーのコクのある自伝に対抗できる本だと思います。

「新卒女子社員歓迎会&オヤヂ送別会」欠席する本当の理由は仕事で追い込まれてそれどころじゃないorzのと、体調がガチに悪いためorz。

ダンジョダンダンジョダンジョ  ダンジョダンダンジョダンジョ 
ニコニコ動画で大変なことになっています

| | コメント (3)

2009年5月27日 (水)

レバニラ定食

ど~も、アクセス数が増えている日は、アダルティなコメントがついているブログです。

勝負の世界に
「レバ」「ニラ」の話をしちゃいけませんが、いろいろとネガティブな意見を読んだのであえて書かせていただきます。

もちろん先日の長野戦のことです。連携がない、長野の攻撃を跳ね返すだけとか書かれていました。

しかし、キングのヘディング、ビジュのフリーキックが決まってい「レバ」。

「長野の必死の攻撃もか金沢の最終ディフェンスは耐え切った」
「長野の圧倒的な攻撃に対して、金沢は少ないチャンスをものにした」

もちろん先日の試合では圧倒されていたことは承知ですが、それでも早い時間帯で得点が取れてい「レバ」こう書かれていたかもしれません。

完敗は完敗だけど、他の人ほどショック受けてみないですw

ところで「レバ」「ニラ」、間違っているような気が・・・。

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

試合前に

市民では試合前に飲んでいることが多いが、(勝つまで)禁酒中なので日曜日は試合前当然飲んでいません。
というわけでネタは少ないよ。

市民に着いたのが10時50分。すでに着いていたサポが紙を折っている。活動資金を稼ぐため、チラシ折の内職でもしているのかと思っていたら、サポ会報を折っていたのでした。Parkerも手伝ってから、グラウンド内でのダンマク貼りの手伝い。

ダンマク製作担当サポ氏からミニダンマク
「金沢の興廃
 この一戦ににあり
 各員、一層
 奮励努力せよ」
を一番目立つところに貼ってくださいと言われたので一番目立つところに貼りました。
ちなみにこのミニダンマク、前節では一番目立たないところに貼られていました。

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-b059.html
ところが、今回はあまりにも目立つ場所に設営したため撤去され、普段使われない奥まった入場口に貼り変えられました。
当然、一番目立ちません!

その後ホーム入口前にサポと屯っていると選手の会場入り。ツエーゲンの選手が通ると選手コール。趣味が「赤いものを集める」コミーのバッグは赤色でした。通るのはツエーゲンの選手ばかりではありません。
なぜかパルセイロのエンブレムをつけた
「U字工事」も通る。ゴメンねー、ゴメンねー。

この日某サポ氏が製作したビッグユニが飾られるも、巨大すぎて真正面から見ないと気付かない。長野サポも気がつかないで通り過ぎようとしたので、こっち見てとビッグユニを教えるw。

ようやくサポ、スタンド入。Parkerはスタンドに入る前にヤキソバで腹ごしらえ。見ると喫煙場所にバドゥ監督がいます。恒例のバドゥ監督インタビュー。
P「とぅでぇい、かなざわ・うぃん」
バ「No Today Kanazawa lose
     Kanazawa win next week」
P「のー、とうでぇい えんど ねくすと うぃーく かなざわ うぃん」
バ「No  Today and next week Kanazawa lose」

という漫才を繰広げる。

試合中は飛び跳ねないものの声出しはする。でもハーフタイムにはひざが痛い。しかも強力な睡魔が。そういえば毎日昼寝をしているけれど、まだ昼寝していかった。
敗戦と言うことで帰宅後もビールを飲めないorz。観戦記を書こうとするも寝てしまう。

今日までガチに体調悪し。軽いめまいがするのよ。
原因はやっぱりツエーゲンの敗北か。

| | コメント (2)

2009年5月25日 (月)

シーズン前を思い出す

先日の長野戦を振り返るとともに、シーズン前に予想した今年のツエーゲンの戦い方を思い出しました。

長野に比べて連携が悪い?
その通りです。

そんなことはそんなことはやる前からわかっていましたし、シーズン前からサポはある程度は(程度にもよりますが)覚悟していたのでは。

今年のツエーゲンは守備のチームで、「0点」で守りきり、ブラジル人の飛び道具、またはセットプレーでの1点で凌ぎきる、そんなチームで仕方ないと思っていました。いくら中盤でポゼッションで優位に立っても得点を取れなきゃ意味がありません。
今年のツエーゲンは守備を見れば面白いけれど、一般のお客さんが見て面白いサッカーは必要ない、とも某サポ氏と話したこともあります。

先日の長野戦で反省すべきは2失点したことだと思います。
1点目の失点は集中力がなかったように思えます(あくまで主観ですが)。
2点目は、失点後、点を取りに行こうとしたためか前のめりに行ったところをやられたような気がしました。

あれだけの攻撃を受けながらも2失点に留めたことを評価しなければならないかもしれません。あえて選手に厳しいことを言うかもしれませんが、今年のツエーゲンだったら無失点に抑えることができたはずですし、しなければならなかった。

サポはあれもこれも欲張っちゃダメw
守備の連携をよりしっかりと。2点目のフリーの飛び出しをさせちゃダメでした。

あとはセットプレーで点がほしいなぁ。ここまで上田戦の2得点だけ(PK除く)というのは寂しい。

栗栖はなぁ・・・。自分が生きるようなプレー、1対1になるための動きを考えなきゃ上位相手に厳しい。

松本戦への希望はまた別に書きます。

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

完敗だけどあえて強がってみる

観戦記を書く前に、金沢系ブログなど巡回したところ「完敗」の文字ばかり。
あの場で見ていた誰もがそう思いますよね。「惜しい」試合でもなかっただけに返ってサバサバしたような。って、ことを昨年も書いていたようなorz。

これも誰もが書いていたことですが、長野とは連携・熟成度の差がありすぎました。長野の攻撃では頭で逸らしたボールの先にすでに選手が走りこむ場面がありましたが、ツエーゲンの攻撃はパスを出されてからボールを追うもの。そして連携の差は攻撃ばかりでなく、守備でも同様で、栗栖はほとんど2人以上に囲まれ決定的仕事をすることはできませんでした。

攻撃は数度のサイドからのドリブル突破とセットプレー、そして前半と後半1回づつのキングの惜しいシュートぐらいだったか。

連携の差は最初から覚悟していました。しかし、栗栖がここまで抑えられると痛い。しかも栗栖のプレーぶりからはこれからも連携は期待できないしw

中盤は完全に制圧されていたものの、決定的に崩された場面は得点シーン以外は1回だけで(少なくとも前半は。後半はゴールが遠いためよく分かりませんでした)、DFラインはある程度安定していたと思います。長野を崩した惜しいキングのシュートも2度ばかりあったし、昨年の「完敗」よりも個人的には気が軽い。

今日の希望は途中出場のヒカルがキレキレだったことでしょうか。次節プリンスが累積で出場停止になりますが、ヒカルならプリンスの穴を埋めるどころか、レギュラーも奪い取る活躍を期待させてくれました。

おっと、自分用に失点・得点シーンだけでも書いておきます。
長野1点目はツエーゲンの左サイドからのコーナーキックから。木寺の股間を抜けた?
長野2点目は右サイドを崩し、ゴール前に真横に早い真っ直ぐセンタリングをフリーで走りこんだ選手が頭で合わせたもの。完全に崩された得点。
その後ゴール真正面で長野の選手が抜け出し、木寺と1対1になり、グラウンダーのシュートを撃つも、木寺が倒れながらも足でセーブする。
試合終了間際、ツエーゲンの選手がペナルティエリアに侵入できるようになる。根本がペナルティエリアでドリブルしていたところ長野の選手が引っ掛けてPK。ゴールから遠ざかるドリブルだったので良かったwこれをプリンスが決めるも、長野のキック後すぐに終了の笛。

最後に。決して負けた腹いせではありませんが、今日の審判はひどかった(今日の試合で「審判で負けた」という人は誰もいませんw)。
ファウルは反対じゃないの?という場面は度々、肘を使ったラフプレーは見逃すなどイエローの基準が分からない。今度はややうちに有利な笛を吹いてくださいw。
ちなみに前節対JSC戦の審判は良かった。

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

長野戦前日に

今日はやらなきゃいけないことがあったので練習見学に逝けなかったorz

やらなきゃならないことをしてから昼寝して、その後部屋の掃除。
なんか1ヶ月前ぐらいから部屋の掃除のことを書いている記憶がありますが、まだ終わっていませんorz

疲れてきたので、気を紛らわすためネットをする。

わかった!

すぐに気を紛らわすから、いつまでも掃除が終わらないんだorz

今日は音楽CDを作る。前節JSC戦・聖籠町への往路で聞くためサッカー音楽CDをつくったところ、好評だったので前作以外の音源を捜していました。

いろいろな音楽を聞いていると、明日の長野戦へのテンション上がってキター!

明日はとにかく

勝ちたい!
勝ちたい!!
勝ちたい!!!
勝ちたい!!!!

勝ちたい!!!!!

(オチがないことをお詫びいたします)

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

戦いはすでに始まっている

先週から今週は忙しくて、やっと金曜夜を迎えられてホッとしています。
Perfumeの武道館DVDもゆっくり見ていないし、先日のWOWOWのライヴも見ていないし、今日はビールでも飲みながらゆっくり見ようと思いましたが、しまった禁酒中だったorz
飲んでませんよorz

明後日の対戦相手長野は、初戦こそ引分けたものの、3節6点、4節15点と攻撃大爆発、前節松本との真宗信州ダービーでは2-2と引分けたものの、松本系ブログなどを読むと長野の試合だったようで、だんだんと調子を上げているようです。

連携はツエーゲンと違いw熟成しており、策士バドゥ監督はツエーゲンの対策を充分練っているでしょう。

一方でダービーで攻撃の中心選手・大橋がレッドを貰い、ツエーゲン戦は出場停止です。またセットプレーに弱いのではないかとの言われています。

とにかくね、明後日は難しい戦いになることは間違いないでしょう。

攻撃のポイントは根本かなぁ(毎回言っているな)。
もう一人はなんとなくプリンス。なんとなくです!

守備に関しては集中力を切らさないことですね。昨年の市民のように序盤から強力なプレスをかけてくるかもしれません。

前節長野はすばやいセットプレーから得点を決めています。熱くなっても常にボールに集中を。

そしてJSC戦の対処はどうするのでしょうか?

さて明日は明後日の前日で土曜日で、練習は金沢市民で行われるとのことです。残念ながら都合により逝けませんorz。

もしかすると長野の偵察があるかもしれません。もし普段顔を見ない人がスタンドにいても、邪魔などはしてはいけません。公開練習ならしかたありません。

.
.
.

でも情報戦はありなので、デタラメな情報を伝えましょう。
例 マルちゃんをクリゾンと呼ぶなど
例 クリゾンが足を引きずり包帯をしている
  (前例・1997年ジョホールバルの決戦前日、イラン代表アジジが車椅子に乗っていたが翌日ピンピンしてゴールを決めた)
例 木寺が怪我のふりをする
  (前例・1997年ジョホールバルの決戦でイランGKが怪我のフリをして?露骨な時間稼ぎする)


あれ当時のイラン代表監督は?

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

「氷河期を生き抜く」

長野戦の前ですが、今日しか取り上げられないネタですのでご勘弁を。

日経のスポーツ欄で19日(火)から「氷河期を生き抜く 第3部Jリーグの理想と現実」という連載がされています。第1部は企業スポーツ、第2部は社会人野球だったと記憶しています。

連載第1回ではガイナーレ鳥取、第2回では水戸・岐阜を取り上げ、「地縁」「地域に入る」「経費カット」で窮状を脱しようとしていることが書かれています。

第3回ではJクラブの「コンビニ型、中央集権のメリット」が取り上げられています。

Jクラブの「コンビニ型、中央集権のメリット」とは、経営のプロでなくても、本部がもたらすノウハウにならえばクラブの体裁を整えることができる。リーグ全体で経営状況をガラス張りにしようと努めた結果、加盟者は健全経営の努力を促される。Jクラブは不完全ながらも、オーナーシップ、スポンサーシップ、チーム運営が分それぞれ離しているため、オーナーやスポンサーが倒れても入れ替わっても、新たなパートナーとともに再生する可能性を残している、と書かれています。

ツエーゲンは?とつい思ってしまいますね。

「週刊プロレス」巻末の方にIWAジャパン15周年特集が組まれています。血みどろデスマッチ、懐かしの大物レスラー、エクスクリーム、脱力2丁目劇場、UMA(未確認生物カッパとか雪男とかミミズとかw)路線と「プロレス」とは何か、と考えさせてくれます。もちろんParker大好きw

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

またまた適当な数字をとってきました

昨年のツエーゲンのデータと比較しても意味がないんじゃないかと思い、長野とJSCの今シーズン対戦相手に与えた直接・間接フリーキックを調べてみました。

数字は北信越公式から

長野
1節 18 対上田  
2節 13 対福井
3節 17 対富山
4節 17 対新潟
5節 22 対松本

JSC
1節 15 対福井 
2節 23 対上田
3節 18 対新潟
4節 16 対富山
5節 30 対ツエーゲン 

5節はやっぱり激しい戦いだったのかな?

ついでにツエーゲンと長野の得点とシュート数
( )がシュート数

ツエーゲン
1節  2(12) 対富山
2節  5(15) 対新潟
4節  8(14) 対上田
5節  1( 8)   対JSC
        16(49)  シュート成功率 32.65%

長野
1節   1(18) 対上田  
2節   2(16) 対福井
3節   6(26) 対富山
4節 15(29) 対新潟
5節  2(  7) 対松本
       26(96)  シュート成功率 )27.08%

あんまり意味がないようなorz
15点かぁ
数字が間違っているかもしれないし。
間違いがあったら教えてください。

| | コメント (2)

2009年5月19日 (火)

数字で見てみる

ここまでの4試合の数字を拾ってみました。
数字は北信越公式から

    直接・間接フリーキック 
1節 ツエーゲン 19-17  富山
2節 ツエーゲン 11-12  新潟
4節 ツエーゲン 14-10  上田
5節 ツエーゲン 30-16  JSC

    コーナーキック 
1節 ツエーゲン   8-2  富山
2節 ツエーゲン 10-5  新潟
4節 ツエーゲン 12-5  上田
5節 ツエーゲン  2-6   JSC

    シュート数 
1節 ツエーゲン 12-4  富山
2節 ツエーゲン 15-4  新潟
4節 ツエーゲン 14-6  上田
5節 ツエーゲン  8-12  JSC

こうやって見ると当然のことながらJSC戦が苦戦だったことがわかります。コーナー2本は少ないなぁ。

意外なのがJSC戦での直接・間接フリーキック数がJSCの2倍近いこと。JSCがガンガンきていたことがわかります。


昨年のデータと比べるともっと面白いと思いますが、時間がないので(眠い・・・)。

また時間があるときに。 

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

コミーありがとう

先日も書いたとおり、しなきゃいいのにうっかりしてしまった禁酒宣言。
付き合いは仕方ない。そしてツエーゲンが勝った時はその日は飲んでもかまわないという甘々自主ルールです。
あれから飲んでいないので、
ピンクの象の色がだんだんと濃くなってきてツエーゲンレッド色に。

というわけで、昨日は、JSC戦後は飲むぞー!!と気合充分。

聖籠行きの車に乗せてもらうのにいつものファミレスで午前5時に待合せの約束をなのに眠れなかったため早めに4時に行く。
先週の上田戦ではこの時点で発泡酒を飲んでいたのですが、今回はそんなこともできないので(試合会場が学校ですから禁酒していなくても飲めません)、カレーを食う(もう一度書くけど朝4時)。注文してからメニューを見るとカツカレーもあったけど、朝から牛丼は食べられてもカツは食えません。

車中ではこの日のために作ったサッカー音楽CD(素材はようつべ)を聞いたりして気合を盛り上げる。車中、当然飲んでません。

会場に着くと小雨。一旦雨具を下ろすなどしてから、500メートルぐらい離れた駐車場に停めてからJSCに戻ると、ダンマク製作指揮者某サポ氏を見つける。しまった。これを車に置いてきたままだ。

Z .
.
.
.


先日このサポ氏から電話があり、これを持って来るように言われ持って来たのにorz
仕方ありません。もう一度駐車場まで向かいます。
これだけ歩いたんだ。きっと勝利後のビールも上手いだろうと思うことにします。
で、サポ氏にブツを見せると微妙な沈黙。そして「こんなに小さかったでしたっけ」
一応貼ってもらいましたが、その位置だと絶対選手に見えないと思いマス。

この試合までは座ってマターリ観戦していました。この日も、おひさるにまた写るようにゴール後方に座ろうとしましたが、さすがに許されそうではありませんでした。
というわけで、ベンチも遠いので、ピッチ横で立ってみるしかありません。きっと勝利後のビールも旨くなるだろうと今年初の声出し。

試合展開は昨日書いたとおり。
試合が進むにつれ、アウェーだから別に勝たなくても、引分でもビールを飲んでもいいんではないかと微妙な軌道修正。

応援にも力が入ります。
なんとか追いついてくれ、ツエーゲン。試合後のビールのために。

そしてコミーの同点ゴール!!

コミーありがとうこれでビールが飲める!

試合後サポ20数名で新潟在住サポに案内されたカツドン屋で食事をする。移動時間約30分が長かったデス。
で、
主催者に気を使っても、サポには気を使わないParkerさん、一人だけビールを注文w
当然非難GOGOの40数個の視線。

でもエムだから平気!

旨かったわぁー。

次節からホームの連戦が続きますが、ホームでの引分では飲めません。勝点3を取ったときだけ飲みます。コレホント。

ホームでは勝利あるのみ。
試合後のビールため。

| | コメント (3)

2009年5月17日 (日)

勝点ゲットだぜ

後半40分左サイドをオーバーラップしていた選手が、プリンスの折り返しのパスをノートラップシュートでゴールを決める。
サポは誰がシュ-トを撃ったか解らず、ゴールネットが揺れてから得点が入ったことを知る。サポ歓喜。


「なんでコミーがそこにいるんだ?」

サポの真前でゴールを決めたコミーはサポのほう向かって走り、エンブレムを握り、ガッツポーズを決める。
カッケー。
以上周囲のサポ複数の証言と公式記録からゴールシーンを振り返りました。

結果的にこのゴールにより勝点1を得ることができました。勝点3が欲しかったことは言うまでもありませんが、内心勝点1でもおkと思っていたので満足です。ですからビールを飲みましたw

3年間、3強相手にアウェーで9試合戦い、上げた勝点は6のみ。2試合とも3-0の勝利。
アウェーで先制後逆転されたことはあっても、追いついたことさせありませんでした。

試合立ち上がりからJSCの激しいプレス。それだけでなく、スカウティングしていればこう来るだろうな、と思っていたことを仕掛けてきます。またそれが当る。今日の試合松本のスカウティングが来ていたようですが(長野は確認できず)、以前のスカウティングと今日のビデオを見ていれば、JSCと同じようなサッカーをしてくるでしょう。上野監督がどのように修正してくるか注目です。

激しいプレスと不安定なプレー(多分プレスと関係ないと思う)で前半だけで4本のコーナーキックをツエーゲンが与える。多分3本目のコーナーで失点を喫する。変な軌道のゴールだと思っていたら、試合後もらえた公式記録でオウンゴールであることを知る(前半14分)。

得点後のJSCはプレスを弱め、リスクのないサッカーをしていたと思います。
結局前半のピンチはコーナー以外では1,2回ぐらいだったでしょうか。シュ-トは多かったもののミドルがほとんどでした。
後半はツエーゲンゴールがホーム側だったためよく見えませんでした。うちのDF陣が安手していたことは安定していましたが、ピンチも何度かあったようでした。それでも得点を許さなかったのはJSCのシュートミスに助けられた場面が多かったようです(木寺の足のセーブもあったそうですが、Parker未確認)。ここまでJSCが得点が少なかった理由がわかったような気がします。

攻撃は根本が試合終了直前まで上がらないのにイライラするw
先発は前節上田戦と同じ。後半29分、KCに代わってウミが入って右サイドが活性化、そしてそれに合わせたかのように左サイド、ルーベから多くのチャンスを作ることができました。
得点シーンは冒頭の通り。
得点直後ルーベの左サイドからの素晴しいグランダーのパスがあったものの決まらず。試合終了前の時間帯はツエーゲンの試合で逆転できなかったのが残念と言えば残念です。

試合中雨は降ったり止んだりで、振っていた時も細かい雨だったが、試合終了後大きな雨となる。試合中大きな雨にならなくて良かった。
大雨の中JSC校舎で車を待っていると、上野監督がサポ一人一人に握手を求めてくる。監督、イイ人。
「皆さんの応援のおかげで引分けることができました」
監督、今日貸した勝点2は金沢市民で返してもらいましょう。

| | コメント (0)

眠ってなんかいられない

起きてますかーーーー!

起きていれば聖籠に遅刻もしない

いいかー、いくぞー




眠いー

(現在5月17日午前2時30分)

寝られませんorz
家でもアウェーParkerさん、目覚ましがないため(その他諸般の事情あり)、意志の力で夜中起きなければなりません。
もともと眠りが浅い上にこんな理由があるため、新潟・信州遠征当日はこんな感じです。

移動中に聞くCDを作って、これから待合せ場所のファミレスに向かいます。
そこで少し眠りたいです。

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

JSC戦を予想する

いよいよ明日に迫ったアウェーJSC戦。

ここまで対戦したチームには失礼ながら、後半になっても運動量が落ちない、1枚も2枚もレベルが違う相手。
そのことは我々サポがいやというほど解っていますが、今季加入のスタッフ・選手がどこまで理解しているか・・・。

ド素人ながらJSCがどうくるか考えてみました。
JSCは間違いなくうちのスカウティングをしているでしょう(当然うちも同じだと思いますが)。

うちの良さを消してくるため、ラインを下げて栗栖のスペースを消し、中盤でビジュを潰しに、遊佐に激しくくるのでは?
ということでキープレイヤーはネモとルーベではないかと。

ここまで上がりを自重していたネモが本領発揮、1.5列目からのルーベのポストが生きて、KCが前線で運動量でかき回し、栗栖で得点という展開はどうでしょうか。

ま、あくまで妄想ということで。

ということを、思いもかけないところ(仕事場)で会ったJSC戦にも行く某サポに話すと、全くの反対意見でした。

前節の上田戦を見ればうちからカウンターで得点できないから、最終ラインを上げてきて攻撃的にくるのではないかとの意見でした。

なるほど、JSCはホームですから攻撃的にくるかもしれません。

う~ん、どんな試合になるんでしょう。
激しい試合になることは間違いありません。

南長野に続いて、聖籠でも勝利の歌を!

うちの試合後、心中信州ダービーがあります。
現在のところ目の前のJSCから勝点を取ることしか考えられないので心中信州ダービー結果には全く関心がありません。リーグ終了時にさえ一番上にいればよいです。
結果には関心ありませんが、試合内容、どんなサッカーを両チームがするかは関心あります。
でも、携帯(人の)で経過を見ていると思いますw

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

ニー・ガッタ・チャンス

どうも、吉川 晃司です。
違うか。

(昭和ネタ)


アウェーということで一番の心配は体力ではないでしょうか?
金沢から新潟への移動はキツイです。
最後まで我慢できるか?気持が切れないか?

.
.

.
Parkerさん

ここまで今年はまったり観戦してまして、あ、そんなこと言わなくてもおひさるのトップでばれてますよね!

JSCグラウンドには申し訳ばかりというか形ばかりのスタンドがあったと記憶しています。グランセナや北陸大学のようなスタンドを思っちゃいけません。JSCの立体ベンチに座ると試合はほとんど見られません。

しかも当日は雨っぽいorz

2時間雨の中立っていられるかな?しかも相変わらず体調悪いし。
カッパ着て傘さして観戦できるのならそうしたいなぁ。

体調が悪いのは連夜「ジロ・デ・イタリア」(自転車ロードレース)を見ているからかもしれません!

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

他サポの見方

ど~も、選手に「走れー!」などとなんとなく言いづらい気分です。

さて、前節の上田戦@南長野を観戦したいたのは上田サポ、金沢サポ以外の方もいました。
アウェーゴール裏のダンマクを日よけにして座っていた不審人物1名他、今年初めてツエーゲンを観る松本サポら数名いた模様です。

他サポの方の観戦レポートを読むとなかなか面白いですね。
Parkerが見るところと同じ弱点を書かれていたり、逆にそんな風に思ってもらった方が助かると思う点も書かれていました。

というわけで他サポの方に特別大サービス!!
うちのクリゾンとデニスと似たタイプの選手の動画があるので、どうぞご覧になり参考にしてください!!
http://www.youtube.com/watch?v=45Urh85yMIg

.
.
.

まぁそこまで栗栖上手くないですけどね。

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

Perfumeがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

Perfumeの2DAYSライブのチケット発売日がリーグ開幕戦だったためすっかり忘れていたParkerさん。

ツエーゲンに忙しくPerfumeのチェックが甘くなりがち。

今朝のニュースでCDショップ大賞の準大賞作品に昨年発売の「GAME」が選出されたとのこと。
http://www.cdshop-kumiai.jp/cdshop-taisho/

大賞作品、もうひとつの準大賞作品が一般的に知られていないミュージシャン(単にParkerが知らないだけかもしれませんが)だけに、一般的にアイドルと見られているPerfumeの作品が選ばれているのはやや異色。音楽性も高いんですよ。

先日はのニュースでは、チケットの発売を忘れていた2DAYSライブのニュースも流れていました。その時全国ツアーをやるとも流れていたので調べてみると

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
   08/21(金) 石川厚生年金会館

    (開場18:00/開演18:30)

これは行きたい。行かなければ!

チケット発売日がツエーゲンの試合とバッティングしていますよ

05/16(土)WOWOW「Perfume LIVE! ディスコ!ディスコ!ディスコ!」20:00~22:00
録画できる方いらっしゃいませんか?
これも見たいです。

| | コメント (2)

拝啓  じゃなくて背景

あれは誰だ 誰だ 誰だ
あれはPさん Parkerさん 

というわけで背景になっています

おひさるトップ(5月13日現在)

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20090430/CK2009043002000168.html

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_0120.html

.

.

面は割れてないよね
でも体型でorz

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

3年目の禁酒

昨日のエントリーを読み返しました。
ホント反省ですよ。

それに次節JSC戦は学校施設内で行われるので、敷地内はもちろんのこと、入る前にも飲酒することはできません。

ということで、行きの車中での飲酒は当然自粛!

そこで昨年、一昨年のことを思い出しました。拙ブログの以前からの読者の方なら、リーグ戦で連敗した際、Parker禁酒宣言をしたことをぼんやりと記憶されているのではないでしょうか。え、いないorz

ちょうどいい機会です。負けてから禁酒しても遅い。
連勝している今こそ禁酒すべきでは!?

といっても家での晩酌と試合前だけですけど。
勝った後1杯だけ飲ませてください。
3年目の禁酒ぐらい多めにみてよ、てなかんじで。

禁酒期間は今シーズンの優勝が決まるまでです。
.
.
.
.

 人間ドックの結果もかなり影響していますorz

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

人としてやってはいけないこと

すいません
前々回のエントリーで「常識がある我々は」というというフレーズを使いました。
撤回します。

すいません
Parkerは昨日の上田戦アウェーで常識のない行動、人して・サポとしてやってはいけないことをしてしまいました。

ダメな人というとどういった人を想像するでしょうか。いろんなご意見があると思いますが、朝から酒を飲むことはダメ人間ポイントが高いと思います。

朝4時30分から飲んでいました。

今回のアウェー、某サポ氏に同乗させていただきました。そのサポ氏「Parkerさん、飲んでもいいですよ」と言われていました。あぁ、これは朝から飲んでいいよとのフリだと理解しました(都合のいい勘違い)。
近所のファミレスまで迎えに来ていただけるとのことで、早めに到着し、そのファミレスで発泡酒を飲んでしまいました。

すいません
そういえば、昨年の加古川での天皇杯2回戦ツアーのときも朝5時から飲んでいました。

すいません
他の人に運転してもらって一人だけ飲んだくれる。これもダメ人間ポイントが高いと思いますが、長野に向かう車の中で飲み続けました。

すいません
ダメサポポイントとして選手に文句をつけるということもあるとおもいますが、思わず
やってしまいました。
試合前の練習時、ゴール裏のサポゾーンにボールが飛び込みある人に当りました。

Parker怒って
ぶつけるなら、俺に当てろ(おいしいから)
とピッチに向かって選手に聞こえないよう文句を言ってしまいました。

すいません
飛び跳ねながら、声を出し続けることは無理っぽいので、黙って立って見ていたら暑さと酔い睡眠不足で意識が朦朧としてきたので、ダンマクの日陰で座って見ていました。

すいません
そしたらおひさるのトップページに写ってしまいました。

(5月12日追記)

すいません
サポは応援に一所懸命なので、冷静に試合を見ようとしましたが、ゴール裏が低いこともあり、前半のゴールは誰が決めたかよく見えませんでした。
その後サポから「Parker誰が決めたか聞いて来い」と言われ、バックスタンドで見ていたサポに誰がゴールをしたか聞きに
パシリをさせられました。

すいません
帰りも飲んでしまいました。

すいません
帰りには眠ってしまいました。

というわけで、バスツアーが中止になったら、来週も同乗お願いシマス。

| | コメント (3)

2009年5月10日 (日)

サッカード素人の観戦記

今日の上田戦は8-0の快勝!
優しいサポのParkerさんとしては文句のない試合でしたが、某掲示板を見るとダメダメの試合だったようです。

  キング  プリンス
ルーベ        KC
     遊佐
      ビジュ
根本 コミー 諸江 豊田
      木寺

1点目と3点目は根本からコーナーを諸江が頭で押し込んだもの。前々回のエントリーで「セットプレーと根本からの得点にも期待です」と書いていました。リーグ、全社でこれまでセットプレーで得点していなかったので一安心です。セットプレーはこれからも大きな武器にしてもらいたいですね。

2点目と4点目はルーベ。2点目はゴール右から逆サイドへのボールに角度のないところからをボレーで決めたもの。4点目は左サイドを駆け上がり、これも角度のないところからのゴール。トップで使われると思いましたが、2列目でも起用。身体の使い方が上手く、デビュー戦で2得点と上々の活躍です。

キングが5,6,8点目。単独ドリブルからの得点とセットプレーのこぼれ球を押し込んだゴールと記憶しています。

7点目のプリンスの得点もドリブルシュートが決まったもの。

前半で3得点、後半5得点。後半は風上プラス疲れからか、栗栖の突破に上田ディフェンスがついていけなかったように思えました。

さて、某掲示板で連携が全くなかったとの書込みがあったように記憶していますが、これでも連携ができてきたんですよ。特にこれまで根本があまりボールに絡んできていませんでしたが、ボールに絡む機会が増えてきたように思います。

中盤を省略した縦ポンサッカーとのことですが、栗栖の突破が現在ツエーゲンの最も得点できる可能性がありますから、個人的にはノー問題。ただし、上位チームに栗栖の突破が通じるかは別問題です。でもまぁ何回かのチャンスに1回は決めてくれるでしょう。

選手交替もなんとなく監督の意図が分かりました。

守備でも危ない場面が2度ほどありましたが、無失点で抑えることができました。上田の攻撃は怖かった。これまで毎試合得点を記録していたのも納得できます。

ここまでのリーグ戦、1試合未消化ですが、計画通り勝点3の積上と無失点を続けています。問題は次節からの上位陣との対決です。ここまでの試合と1ランク上の攻防が繰広げられるでしょう。ここまでの結果を奢ることなく、かつ、今日の良いイメージを持ってJSC戦に臨むんでもらいたいものです。

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

市民サッカー場周辺一斉清掃

に参加すると言ったところ、朝ごはんを作ってもらえなかった、家でもアウェー男Parkerですorz

ツエーゲンキャップ(自分で作ったパチモン)をかぶって駐車場に着くと、続々と親子連れの車も入ってくる。やばい、堅気の人たちばかりだ。ということでツエーゲンキャップ(自分で作ったパチモン)を外す。

市民サッカー場前の広場に入ると凄い人。うろうろしながらもツエーゲンのスタッフグループを発見して合流する。その後クラブの呼びかけで参加するサポも合流。

主催者の挨拶が始まる。今回は金沢市サッカー協会の主催であることを知る。協会会長の挨拶は大体次の通りです

(聞き間違いがあるかもしれないのでそのおつもりで読んでください)

「金沢市のサッカーの象徴であるツエーゲンも今回参加しています」

「ツエーゲンはここまで快進撃しています」(これからが大変なのです

旧ルネス近くまで城北運動公園を拡張する計画があります」

「金沢市サッカー協会は、人工芝を含むピッチ3面の増設、市民サッカー場の観客席倍増の計画書を提出しています(します?)」

挨拶後ツエーゲン一行も清掃というかゴミ拾いに向かいます。一番の大物はタイヤ2本。

清掃終了後、市民サッカー場のピッチを覗こうと思い、ホームゴール裏のピッチへの入口に行くと開いています。中に入るとすでにサポ3人がいるw

もちろん常識がある我々はピッチに入ることなく、芝生を見ながらルーベ(古部)の話などをしていると、職員らしき人が通ってきたので某サポが話しかける。その人、やっぱり市民サッカー場の職員さんで、いろいろとお話を聞かせていただきました。

もっとも芝生の管理は業者さんがやっているので芝生のことは詳しくないとのことでした。それでも今年の芝はここ5・6年で最高の状態だとのことです。芝の短いなと思っていたら、市民は夏芝で20度を超え、雨が降るとグングン伸びるとのことでした。

意外だったのが日によってピッチ(ライン)の位置をずらしているとのこと。特定の位置の芝だけが痛まないようにしているそうです。

5月24日と31日は多くのお客さんが来るのでよろしくお願いしますと言っておきました。

帰宅後、快晴下酒を飲みながらこの記事を書いています。

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

明後日はアウェー上田戦

対戦相手の上田はリーグ戦ここまで1分2敗の勝点1です。

1-1 パルセイロ (アウェー)
1-3 JSC    (ホーム)
1-3 松本    (ホーム)

勝点は1に留まっていますが、試合内容は決して悪くないようです。
一方で後半になると運動量が落ちる傾向があるようで、5月5日には全社の長野県大会準決勝を戦っています。

注目すべきはここまでの試合ですべて得点を記録しており、しかも全てが先制点です。
かってツエーゲンに得点を記録した選手、元長野の選手が多く在籍しています。

今シーズン対戦したチームの中では最も得点力のある相手といっていいと思います。その上田に対しカナナチオが無失点を続けることができるかまずは注目です。

そして攻撃においては、ゴールズ戦で連携が目に見えて良くなってきていたので個の力以外の得点を期待してします。

どんな布陣でくるんでしょうね。ルーベ(古部)が出場するのか?キングとの2トップが実現するのか?ともかくルーベのプレーが楽しみ。

セットプレーと根本からの得点にも期待です。

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

今年もやっぱり信州旅行

GWに今年も信州にドライブに逝ってきました。他に逝くところがないのか!Parker。

まだETCがついていないので高速を使わず、(一部有料道も使いましたが)オール一般道。
真っ当なブログなら何を食べたとか、家族とどう過ごしたとか書くのでしょうが、ここはそんなブログじゃないです。

1日目、長野市から屋島橋を渡ろうとする時、左手に千曲リバーフロントが見えたのですが、そこがパルセイロのクラブハウスのあるところだったのでしょうか?ちなみに2年前長野市に逝った時にはこんなことがありました。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_af9d.html

3日目の松本市内。あいにくの雨のため、仕方なくパルコ周辺を歩く(古本屋回りのため)。
今年も伊勢町通
(金沢サポのための注・香林坊をイメージしてください)、そして松本城に抜けるメインロード(金沢サポのための注・南町をイメージしてください)に山雅のフラッグが飾られていました。

昨年のレポート
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_832f.html

Parker、昨年のレポートで
『このロゴでは松本にJを目指すチームがあることはわかって
も、松本山雅というチーム名を知ってもらうことは難しいと、ヒガミ症の他サポは思いました。
と書きましたが、今年は「松本山雅FC」(縦書)でよかったと思います。

でもロゴがなんとなくヤンキーっぽいなぁと、ヒガミ症の他サポは思いました。

こうした風景を見て他サポとして羨ましいと思いましたが、羨ましいと言っちゃダメなんですよね。サポがこうした光景を実現させる力にならなきゃならないんですよね。

雨だったのでこの傘をさして歩いていました。この傘でフラッグをツンツンする写真を撮ろうとしましたが、携帯が電池切れのため断念w(この写真は昨年撮影)

Photo









で、今日人間ドックだったのですが、旅行中の暴飲暴食のため(と思いたい)検査結果が要観察orz

| | コメント (0)

ドナルド・E・ウェストレイク追悼

いやね、Parker、拙ブログのアクセス数が気になって気になってしょうがないんですよ。
最近のアクセス数は下記のとおり


5月1日(金) 216
5月2日(土) 166
5月3日(日) 260
5月4日(月) 195
5月5日(火) 195
5月6日(水) 233

仕事中にネタを考えているのにこんなもんですよorz。

でね、考えたんです。やっぱり4部のサッカーチームをネタにしても限界があるのではないかと(責任転嫁)。
やっぱりね、もっとうけるネタを。もっとメジャーなネタを取り上げるべきではないかと。

.

.

.


というわけで(もありません)今回はドナルド・E・ウェストレイク追悼。
以前も書きましたが、Parkerの名前を無断で頂いた「悪党パーカー」シリーズの作家ウェストレイク(同シリーズでの筆名はリチャード・スターク)が昨年亡くなっていました。

現在発売中のミステリマガジン6月号(早川書房)がウェストレイク追悼号となっています。
最も好きな作家の一人なだけに残念です。

もっと書きたいこともありますが、誰も読まないと思うので止めます。

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

「ホペイロの憂鬱」

ツエーゲン以外の主な趣味は、ミステリを中心とした読書ですが、リーグ戦の時期にはなかなか読むこともできません。

全く読まないことはないのですが、どうしても読みやすい本に流れてしまい、海外作品やがちがちの本格には手が伸ばしづらい。
海外作品も読まなければ!!

リーグ戦開幕前から全社準決勝までに読んだ小説です。

鯨統一郎「新・世界の七不思議」
大倉崇裕「オチケン!」
友成純一「ホラー映画ベスト10殺人事件」
矢野隆「蛇衆」
米澤穂信「春季限定イチゴタルト事件」
米澤穂信「夏季限定トロピカルパフェ事件」
米澤穂信「愚者のエンドロール」
歌野晶午「ガラス張りの誘拐」
歌野晶午「世界の終わり、あるいは始まり」
伊坂幸太郎「ゴールデン・スランバー」
伊坂幸太郎「モダンタイムス」
伊坂幸太郎「チルドレン」
川西蘭「セカンドウィンド〈2〉」
↑青春自転車小説。紹介する予定

伊坂幸太郎はうまい。このうまさ、誰かに似ていると思っていたら三谷幸喜でした。
「伊坂幸太郎=三谷幸喜」論ってないのか。

しかし、読んでいないと言いつつ、数だけは読んでいるなぁ。
分かった!ゲーフラを作っていないから時間があるんだ!!

スポーツ関係の本・雑誌なども読んで記事にいたいと思っていますが、ツエーゲンネタがなんだかんだとあるのでなかなか書くことができません。

さて今回の目玉はタイトルの「ホペイロの憂鬱」

主人公はJ2昇格を目指すJFL所属のプロチームのホペイロ。ただし、貧乏クラブなのでホペイロといってもそれ以外の雑用もこなさなければなりません。

ミステリといっても殺人事件などの犯罪が起きない、「日常の謎」系統の連作ミステリです。

6編の短編が収められていて、主人公が解決すべき謎は、エースストライカーはなぜ最近頻繁にスパイクを交換するようになったのか、畑を荒らした容疑で警察に拘留されたナイジェリア人選手の冤罪を晴らす、サポーターのフラッグはなぜ盗まれたのか、選手のユニフォームから出てきた女性用の指輪は誰のものなのか、試合告知のポスターはなぜ盗まれるのか、監督室から消えた熊のヌイグルミの行方は、というもの。

ボランティアがクラブの運営に欠かせない、外国人選手がナイジェリア人などサッカーらしい運営が書かれていますが、サッカーでしか成立しない謎、ミステリではありませんでした。ぶっちゃけ、基本、主人公が野球部のマネージャーでもイケるでしょう。
伏線をしっかり張ってある分だけ謎解き自体に意外性はありません。ちょっと考えれば解けそうな気がするーー。

敏腕で美人だけどおっかない広報、高卒新人のFW、かわいい女子大生ボラとの掛け合いが楽しい、ユーモアのある軽ミステリとして読めば腹も立ちません。

文庫ならともかく、単行本でお勧めするまでの本ではありませんね。

| | コメント (2)

2009年5月 5日 (火)

崖上ゴール裏

高いところが好き!

先日のゴールズ戦、観戦場所は崖上ゴール裏。そして、他の競技場だと応援で忙しいサポも黙って見ているしかないので、あれこれお喋りしながら見ることができます。

ツエーゲン系ブログでも書かれていますが、連携できてきた、プリンスのプレーが変わった、ゴールズドン引き、海野早いなぁ、などです。

あとビジュがゲームを作っているのがよく分かりました。

それでは特に盛り上がった(というか盛り下がった)場面を紹介。

中谷仲谷の先制ゴール
「決めたの誰?、アシスト誰?」

遊佐のシュート
「外すにしても程がある」

ビジュのシュート
「なんでマイナスの合わせるだけのシュートを外すんだ」
「練習でもよく外しているよ」←何度も練習を見学しているサポ

吉岡の好セーブ
思わず「これぞ吉岡セーブ」と大声を出してしまう。

幻のPK
「吉岡、今のPKだろう?」と本人に問いかけたら下にいたツエーゲンサポに怒られましたw

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

浅野川遡上コース

ど~も、家でもアウェー、だから11時前にすでに北陸大にいたParkerです。

さて、昨日の試合は好天ということで一度自転車で行ってみたかったこともあり、予定どおり自転車で北陸大まで行ってきました。

車で行く場合は山環、卯辰トンネルを利用しますが、自転車だとできるだけ平坦かつ短いコースを走りたいので浅野川沿のコースに決定。

主計町の道路はパヴェ(石畳)っぽく、「パリ・ルーベ」だなとニヤニヤしながら走る。

橋場から鈴見橋まで車なら兼六園下を経由しますが、自転車なので直通コース。ただし、道が比較的狭くて、真っ直ぐでなく、交通量もまあまあなので(特に二輪車)気を使う。

鈴見橋を渡り、山環に入ると、道が真っ直ぐなのでスピードを出せて気持が良い。しかし、車道の幅が狭くてずっと車道を走ると危険なので歩道(自転車通行可)に入ると、ここもパヴェ。車道と違って全然スピードがでない。やっぱり「パリ・ルーベ」はハードなんだと思う。車道に自転車も走れる幅が欲しい。

出発してから約30分、第一補給ポイントのジャスコで昼食ととあるもの(サッカー関係)を購入。昼食は容器がかさばるものは選べません。

第2補給ポイントは北陸大に行くため左折するところにあるコンビニ。ここで飲物を購入。ジャスコより高いのは分かっていますが、重いものは最後に購入します。

ここから何分で北陸大に着けるか確認するため時間をチェックする。

そして登り。きついことはきついが、以前上った時の方がきつかった記憶があります。新しく道が作られたおかげかもしれません。

津幡の競技場への坂は前後のギア両方を一番軽くしてようやく上れましたが、北陸大への坂は前のギアは一番重いままでも登れました。コンビニから12分で休憩することなく着くことができました。

着いてからとにかく水分を捕る。自転車で以前軽い脱水症状になったので過剰なくらい(3.5㍑)捕る。おかげでトイレが近い。グラウンドの周りを何回も走っていたのはこういう理由です。

帰りも同じコース。走っていると異音がする。調べてみるとパヴェでの振動のためか泥よけを留めていたネジが外れている。やっぱり「パリ・ルーベ」はハードなんだと思う。

鈴見橋を渡り、信号がいつまでも変わらないなと思っていると、押しボタン式でしたw後を見ると、山環の対岸側の道を走れば良かったことに気付く。次回(あるのか?)はこっちを走ろうと思うのであった。

| | コメント (0)

2009年5月 3日 (日)

全社決勝延期に

おひさるに5月6日(水・祝)に行われると発表されていた全社決勝が延期されることになったとのことです。
http://www.ishikawafc.sv.bigsite.jp/menu13/tc-lp01-01286.html

今日の観客数というか車の数が凄かったです。延期の原因はこの辺でしょうか(根拠無し)。

決勝でもこれだけ観衆が集まると考えた場合、試合会場は観戦スタンドのあるところでやってもらいたいですね。

| | コメント (0)

ドン引き相手に2得点

これまでツエーゲンの試合で、相手が攻めてこない試合は何試合も見てきました。

それらの試合の多くは対戦相手が守備に精一杯で攻めようにも攻められなかったものだと思います。

しかし、今日のゴールズは攻めようとする意志が見られませんでした。

ツエーゲン陣地に流れたボールを追おうとしない。ペナルティエリアに9人の選手がいる。

しかし、残り10分になって攻撃的になりました。

ゴールズのプランは守るだけ守り、攻撃は残り10分に集中しようというものだったのだろう、といっしょに観戦していたサポと話していたら、ゴールズGK吉岡選手が自身のブログで今日の試合のプランを語っていました。まさに想像していたとおりでした。

そんな相手にツエーゲンは2点を取り勝利しました。

1点目は前半、スペースのない中で一瞬フリーになった中谷仲谷のゴール。中谷のツエーゲンでの初得点です。

2点目は後半、ゴールズが攻撃的になった時間帯、DFラインの後方の広大なスペースをプリンスが蹂躙したもの。

結果には全然文句ありません。得点もこんなもんでしょ。

守備はゴールズが攻めようとしなかったこともありますが、ピンチらしいところは、フリーキック1本、コーナーキック1本、そしてパスをカットされカウンターを喰らった場面だったぐらいでしょか。

攻撃は、全社準々決勝・リーグ1節・2節に比べればかなり連携がとれてきました。連携で崩す場面も何度かありました。

その分シュートミスが目立つwまぁビジュは練習でもよく外しているからw

遊佐は今日は見ているこちらがハラハラする守備がなかったのは良かったですが、ミドルシュートが大雑把杉。1本決めれば変わると思います。

中谷仲谷が華麗なテクニックを披露。タメを作れるか。

ヒカルは今日もドリブルキレキレ。GKの手に足を引っ掛けられるも、おそらくその時連休をどう過ごそうか考えていてその場面を見ていなかったであろう審判に流されたのは不運でした。

プリンスが周囲を生かそうとシンプルなプレーを見せたのにビックリするwしかし、その分勝負してもいいと思える場面でも、勝負にいかないとちょっと残念。今日は周囲を生かそうとする意識が強すぎたのではないかと思えます。その辺バランスがとれればもっと良くなると思います。

キングが2節に続いて欠場したためFWに高さがないので迫力がありませんでした。上田戦の古部が楽しみです。

あとそろそろセットプレーでも得点が見たいなぁ

いかん文句が多くなってきたかなw
本当今日の試合には文句ありませんよ。

| | コメント (4)

2009年5月 2日 (土)

明日は全社準決勝

全裸急げ!

失礼!間違えました!

全社急げ!

ということで明日の試合は、無料試合、好天、金沢市内ですから来れる方はいらっしゃってください。

ツエーゲンの対戦相手はゴールズFC。

ツエーゲンは準々決勝を4-0で勝利した一方、ゴールズは9-1で勝利しています。

試合中の風や対戦相手などの要因もありますが、結果だけを見ると決して北信越2部とはいえ侮れる相手ではありません。
↓観戦記(みたいなもの)

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-fc08.html

ゴールスGK吉岡が当ってくると(またもや)イライラする展開になるかもしれません。

それでも栗栖が決めてくれるでしょう。

あとは古部が出場するか、そしてParkerの予想メンバーが当るかw
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-c010.html

明日はツエーゲン戦以外にも北陸大フットボールパークで試合が行われます。

GWというのにどこにも行くところのない人は早めにドウゾ。

もちろんParker早めに逝きますよ。

全社準決勝
14:30 ツエーゲン ゴールズ
16:30 テイヘンズ ライオンパワー小松

北信越大学リーグ第2節(前期)
11:00 金沢星稜大  金沢大
14:00 北陸大  新潟経営大

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

明後日の天気は?

今日も良い天気でしたね。GW期間中も是非こんな日が続いて欲しいものです。

ところで風は強かったのでしょうか?気になります。

明後日の全社準決勝も自転車で行く予定ですから。

距離は大したことはありませんが、問題は坂。

もっとも、あの坂は上ったことあります。

キゴ山を越え、福光との境となる夕霧峠まで2回走ったゆっくり上ったことがあります。

15年ぐらい前ですが。

正直北陸大まで上りきる自信はあまりありませんが、上る途中でもしParkerを見た時お願いがあります。

①なんとか自転車で上っている時
 お声をかけてもらってもリアクションできません。
 お声をかけるにしても一声だけにしてください。

②自転車を下りて休んでいる時
 声をかけてもらっても結構です。
 ドリンク等の差入れ歓迎。

③自転車を押して歩いている時
 見て見ぬ振りをしてください。そして口外しないでください。

④倒れている時
 すぐに救急車を呼んでください!

まぁ本当に自転車で行くかは分かりませんけどね

どこで見ようかな。ゴール後の崖で見ようかな。
その時は↓のような美味しいボールを待っています(40秒ぐらい)

http://www.youtube.com/watch?v=BRijjom6lAk&eurl=http%3A%2F%2Fsupportista%2Ejp%2F2009%2F05%2Fnews01200045%2Ehtml&feature=player_embedded

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »