« いよいよ開幕 | トップページ | 急げや急げ »

2009年4月12日 (日)

練習試合と実戦はやっぱり違う

     プリンス キング
斉藤              中谷
     ビジュ  遊佐
根本  諸江  込山   豊田
       木寺

先発メンバー(交代なし)
すべて新入団選手。新卒4人。  

今日の先発メンバーと先週の神戸との練習試合のメンバーは一人しか変わっていません。神戸戦を見たサポによると非常に内容のあった試合ということでした。しかし、練習試合でのJ1(といってもサテライトと練習生によるチーム)相手に2得点、実戦の富山でも2得点。

選手・スタッフには良かったのではないかと思います。

ボール支配率はツエーゲンがやや優勢だったでしょうか。本来ならもっとボール支配率を高くても不思議ではなかったのですが、ボールを簡単に失いすぎでした。パスミス、後から簡単に奪われる、トラップミス、ボールを長く捏ねている、等々まだまだチームになっていないというかんじでした。

気になるのはシュートが少なかったこと。10本ぐらいだったでしょうか。昨年までのチームならシュートを撃って撃って、外す、外すというパターンが多かったので新鮮でしたwそれでも後半富山の足が止まってからはシュートを外しまくりというお馴染みの光景が見られました。

そんな状況の中での得点はキング・クリゾンの2得点。1点目は裏に出たボールを富山ディフェンダーより遅れて追っかけたのに自分のボールにしてのドリブルシュート。2点目は根本の絶妙のクロスに合わせたヘディングシュートと、昨日書いたとおり個の力で取ったものと言えるでしょう。期待のセットプレーの得点は次節の楽しみに取っておきましょう。

キングは結果こそ出したもののトラップがなぁorz。

プリンスはトラップとドリブルは上手いもののパスがなぁorz。

中谷、斉藤の運動量は最後まで衰えず。

ボランチコンビは軽率なプレーが多いのは反省すべき。とてもじゃないですが守備のチームと言えません(まぁ言っているのはParkerですが)。

根本は貫禄のプレー。アシストだけでなく、ピンポイントのサイドチェンジでチャンスを演出。しかし、ボールを呼んでも来ないケースが何度もありました。

豊田は積極的なオーバーラップが目立りました。

センターバックはさすがの強さ。相手に中東サッカーを仕掛けられても充分に対処できるでしょう。込山は足が速かった。

木寺のスーパーセーブで無失点で試合を終えることができました。

次節、アウェーの新潟戦も苦労しそうです。今年はそんな試合ばかりと思っていた方が良さそうです。今年のツエーゲンサポはエムじゃないとやっていけないかw

|

« いよいよ開幕 | トップページ | 急げや急げ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ開幕 | トップページ | 急げや急げ »