« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

Rolling stone  

ど~も、ツエーゲン金沢サポーターの代表的なブログです。

.
.
.
.

と思っているのは管理人だけのようです!

まぁ今年もいろいろあったりなかったり。
クラブに初めて行ったりとか、Perfumeのライブに行けなかったりとか。

ハッ、いかん、ツエーゲン金沢サポーターの(自称)代表的なブログということを忘れていました。
今更シーズン中のことを言うつもりは一切ありません。
どうしてもシーズン中のことより11月以降のことを考えてしまいます。
でもね、自分にはツエーゲンしかないんですよ(サッカー的に)。
ここは無理しても前向きに考えるしかありません。
ということで、

A rolling stone gathers no moss.

↓rolling stoneだからといってこんな風に思っていけません。
How does it feel
How does it feel
To be without a home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?
(Bob Dylan:Like A Rolling Stone)

来年は北信越を
Paint it Red ですよ
I see a orange blue green yellow and purple door and I want it painted red,
no colours anymore I want them to turn red.
(元ネタ The Rolling Stones:Paint It Black)

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

フランスのテレビ

佐賀が生んだ芸人といえば最初に江頭2:50が出るべきだと思います。
久しぶりにテレビで見ました。前回見たのは北京オリンピックのレスリング中継w
今日は「アメトーク」で。
最後に全部持って行きました。それまでのトークしていた「家電芸人」の立場は・・・。

| | コメント (0)

今年見た試合

ツエーゲン公式戦
リーグ戦      11試合
    (ホーム、アウェーのJSC戦、ホームの富山除く)
全社県大会    2試合(準々決勝、決勝)
全社北信越大会  1試合
天皇杯県大会    2試合
天皇杯本大会    3試合

その他公式戦
天皇杯県大会準決勝  北陸大ー金沢大
北信越チャレンジリーグ  テイヘンズー長岡ビルボード
石川県リーグ  テイヘンズー大徳PELADA
          テイヘンズーLionPower小松
天皇杯2回戦  サウルコス福井ー松本山雅
北信越リーグ入替戦  サウルコス福井ー新潟福祉医療大
高校サッカー県大会準決勝  桜丘ー星稜
JFL  カターレ富山ーニューウェーブ北九州
リーグ戦  フェルヴォーJSC(後半15分過ぎから)
全社県大会準々決勝  フェルヴォーLionPower小松
               (後半25分過ぎから)

非公式戦
プレシーズンマッチ  ツエーゲンーサウルコス福井
ユニオンドリームチャレンジカップ  ツエーゲンー大阪体育大
                      ヴィッセル神戸ー明治大
トレーニングマッチ  ツエーゲンー長野パルセイロ  

来年はJFLの代わりにJ2を何試合か見に行くんだろうなぁ
予定はJFL優先でした!

| | コメント (0)

2008年12月29日 (月)

正月はG大阪ー柏かぁ

貧乏ヒマなし!今日も仕事でした!ついでに上司と険悪になりました!
まぁそんなことはどうでもいいこと。
天皇杯の決勝はG大阪ー柏らしいですね。決勝の組合せは2通り、いや3ヽ(゚∀゚)ノ(バカになってみました)通り、もしかして4通り?の中で一番面白そうな組み合わせになりました。
G大阪はリーグ優勝があるものの、国内のカップ戦で優勝はありません(よね。違っていたらそ~とコメントで知らせてください)。国内カップ戦初優勝とともに、昨年のナビスコで優勝していました。ろくに調べず、誤ったことを書いて申し訳なかったです。
来年のACL出場を賭けます。ナビスコ決勝で敗れた相手は黄色の千葉のクラブでしたよね。
一方の柏はナビスコ以来のタイトルチャンスであるともに、J1復帰させた石崎監督の最後の采配となる試合です。前回のナビスコではまだそれほど注目されていなかった(と思います)太陽工務店が、元旦で何をやってくれるかw
そして柏とG大阪との因縁。
G大阪の西野監督は、ナビスコで柏に初タイトルをもたらしたものの柏を追われガンバの監督に就任。
そして、明神選手は柏のJ2降格を機にG大阪に移籍。その時には複数の選手が柏から移籍しましたが、移籍した選手の中でも柏サポに最も複雑な感情を残した選手らしいです。
中澤も元柏ですね。

個人的には2003年の磐田ーC大阪以来のとっても見たい決勝戦です。

| | コメント (2)

2008年12月28日 (日)

戦力外通知

普段使用しているPCに万が一の時の時が起こった時のため、部屋の中央に鎮座していた貴重なバックアッパーのデスクトップをついに戦力外通知しました。
部屋の整理の一環としての処置です。
ところがなかなかすんなり処分できません。
処分先を探して、データをUSBフラッシュ・ディスクで移動させ(と書くと簡単そうですが、OSが98のため認識せず苦労しました)、HDのデータ消去となんやかんやで5~6時間かかったような気がします。

と、ツエーゲンにもサッカーにもPerfumeにも関係のない話けじゃなんなので最近の雑感というか疑問を

日立台で鹿島サポがビックフラッグで柏の選手に暴力を振るった件でJリーグから処分が下されました。
主催者である柏に安全確保を行った責任があるとして制裁金200万円、鹿島には主催クラブへの協力を怠ったとして制裁金100万円を科したとのことですが、釈然としません。
柏側に責任もありますが、鹿島への処分が甘すぎるような気がします。今回の事件はある意味起きるべくして起きた事件で、防止する責任は柏だけでなく、鹿島にもあったと思うのですが。

サッカー界、アマチュアスポーツに不況の影響が強まっていますが、プロ野球の年俸報道を見ると(といっても熱心に読んでいるわけじゃありませんが)、不況の影響がまるで感じられません。人件費の上昇はどこから資金が出ているのでしょうか?入場収入?放送権料?親会社からの援助?こんなことをしているとまた親会社の変更や再編の話になると思うのですが・・・。
それとも、逆に年俸が減ったり、引退する選手もいるでしょうから、人件費の総額に変更はないのでしょうか?

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

サッカー・マガジンが広島色が強すぐる件

ど~も、最近寒いですね。拙ブログのことDEATHorz。

さて、今週のサッカーマガジンの特集は「移籍マーケット最終チェック!」。正直読み飛ばしただけ。CWCの記事もササッと。最近は特集より連載モノを読む傾向が強いです。特集にあまり興味が持てないのはマガジンに限らず書店の棚でみかけるダイジェストでも同じ。最近印象に残っている特集は、ダイジェストの川渕前会長退任。永久保存するつもりでしたが、気づかず処分してしまったorz。
すいません、また話が逸れました。インタビューも興味のあるもの以外はあまり読んでいません。今週号は、大久保(神戸)、シャムスカ監督(大分)、石崎監督(柏)、森島(元セレッソ大阪)、森岡(元京都)。他に今野(FC東京)、エクスドロ(浦和)、岡野(元浦和)、中村憲剛(川崎)の記事なども。興味を持って読んだインタビューや記事もあれば読み飛ばしただけ、読んでいない記事もある中、なぜか広島色を強く感じてしまいました。
まずはモリシのインタビュー。大好きな選手だったので興味を持って読みました。ここでは広島での少年時代のクラブのことと、そのクラブの先輩である木村和司のことを語っています。ただし、個人的ハイライトは西澤への思いを語っているところでした。
そして、連載「フットボーラーたちの伝説 蹴魂」(これは良い連載です)は金田喜稔。この人も広島出身。広島工高時代の話になって、同期に石崎柏監督、1年後輩に木村和司にいたことが書かれていました。知らなかった。
で、石崎監督のインタビュー。内容的には広島に関わることは一切ないですが、「わしが」「言っていたんじゃけど」「あるじゃろうが」「不評だったんじゃよ」「ええじゃろ」「奪うんじゃよ」。

広島弁強烈杉w編集部作っていないよねw一気にParkerの中で広島色が強くなりました。インタビュー最後の方の、サポータへのメッセージは良い言葉です。

.

.

.

.

ということで、広島弁といえばPerfumeですよ
(またかとお思いでしょうが)

12月27日(土)今日です!
NHK BS2 23:30~25:00
「スーパーライブPerfume in 武道館 」


ハイヴィジョンで見られなかった貴方も見られます!
北信越サポなら当然必見!(当然ウソ!)

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

笑う鬼には福来る

capsuleツアーに行ったことを職場の女の子に言ったら、思いっきりヒカれましたorz
なんで行ったんです?子どもさんと一緒に行ったんですか?友達も行ったけど若い子ばかりと言っていましたよ等々辱めの言葉(*´Д`*)ハァハァ

さて、クリスマス(と部屋の掃除)も終わった今、そろそろ来年の話をしてもよいのではないでしょうか。
某ブログで「いい事・悪い事の繰り返しの中どんな一年を送りました??」との問いかけがありました。そんなこと決まっているじゃありませんか。

欲しいものを手に入れることができなくて良い1年のわけがなかったでしょう!!
そう、来年は(というかここ2年同じことを言っているような気もしますがorz)リヴェンジですよ。

.

.

.

ということで1月2日は7時30分に家を出なきゃならないのか?来年こそは福袋をこの手に!
http://www.ishikawafc.sv.bigsite.jp/menu13/tc-lp01-01197.html
今年の1月2日はこんなかんじでした。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_5f82.html
2008年は25個だったのね。チャンスは2倍だ。
ドーカ拙ブログの読者は買いに行きませんように(-人-)ナムナム

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

契約更改選手発表

おひさるで契約更改選手8名が発表されました。

背番号21 田代祐平選手
背番号4 辻田真輝選手
背番号6 森俊祐選手
背番号27 大河内英樹選手
背番号16 海野将光選手
背番号17 秋田政輝選手
背番号28 広庭輝選手
背番号25 小森谷亮太選手

来季も一緒に戦おうぜ!


そしてあと2人は?

| | コメント (0)

クリスマスといえば

ど~も、似ているサッカー選手は木村龍朗、Parkerです。
拙ブログで季節感を感じるワードはといえば、リーグ開幕戦、天皇杯、全社、地域決勝大会、Jリーグトライアウトぐらい。基本的に季節感がほとんどない拙ブログですが、世間の流行にのってクリスマスの話題を!

クリスマスといえば部屋の掃除ですよ。Parker自身は全然やる必要はないと思っているのですが、ツマの命令指令要望により大体この時期やらざるを得ない状況に。まぁそんなことでもないと部屋が足の踏み入れる場所もなくなるので仕方ありません。床に積んでいる本をダンボールに入れてなんとかごまかしていましたが、とうとう今年はそんなことで収まらない状況orz
クリスマスプレゼントとか書いているブログもありますが、Parkerはプレゼントどころか本を処分。貧乏性とヲタク的なところがあるので、なかなか本を処分することができません。これから読まないであろう本(実際に読んでもいない本)の処分は仕方ありません。それだけじゃなく、数年分、いや10年分以上かもしれない「週刊プロレス」も処分しました。月刊誌なら安くても引き取ってもらえるかもしれませんが、週刊誌は無理ということ。オークションで処分しようとしても日数がかかりますから・・・。
それでも処分した本は最小限で、「紙のプロレス」「サッカー批評」「サッカーJ+」「J’サッカー」などはまだ処分しなくてもよさそうです(もう読むことはないと思うんだけど・・・)。
以前ならダブったそれなりの本があれば(本が多い原因はこれかorz)それなりの値段でオークションで売れたけれど、Amazonが中古本を扱うようになってから値段が下がってきているような気がします。いかん、マニアックな話になってきた。
とりあえず持っている本は買わないようにしよう!

掃除中に1998年フランスワールドカップ出場を決めた時の「週刊サッカーダイジェスト」とその増刊号、アトランタオリンピックでブラジルに勝った時のスポーツ紙があるけど欲しい人います?欲しい人(基本手渡しができる人)はコメントください。先着順です。

決してサンタクロース気取りじゃないんで誤解なきよう。

そうそう、芸能人で似ているのは、南海キャンディーズ・山ちゃんです(性格的にも)!

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

岡山湯郷Belleの地域密着

ど~も、使っているプリンターはCanon(たまたまですけど)、Parkerです。
水曜日の日経スポーツ欄といえば度々ネタにさせていただいている「フットーボールの熱源」(単行本化希望!)。本日のお題は「住民の生活に食い込む」。なでしこ1部岡山湯郷Belleを取り上げています。コカ・コーラウェストジャパンの自動販売機による売り上げの10~20%が支度金としてクラブに入り、今年度は500万円を突破する見込みで、総収入(クラブの?)の1割を占めているとのことです。
クラブのポリシーは「地域とともに歩む」。選手全員が湯郷温泉や地元企業などで働き、午後4時から練習に集まる。GMは「この形態にしたから、クラブがこれだけ地域に親しまれるようになった。プロにするつもりはない」
岡山湯郷Belleは先にネタにした「サッカー批評」41号でも取り上げられています。「サッカー批評」によると
平均約1500人の動員があるとのことですが、人口規模に対して驚異的な数字だとのことです(部屋を整理して雑誌は行方不明orz)。
ツエーゲンはJへの昇格を目指しており、プロ選手もいるわけですから、このような地域密着はできないと思いますが、せめて最後の一文にあるような存在にはなりたいものです。
「自販機からの支援金が確実に増えているのもうなづける。ここまで来ると、助成金を出している地元自治体もクラブにつれなくするわけにはいかない。」

ところで、美作市は岡山市から少し離れているけど、ファジアーノのJ2昇格によって、スポンサー獲得競争みたいのはおこらないのかな?
サッカーと温泉といえばザスパ草津も思い出されます。「サッカーがやってきた―ザスパ草津という実験」(日本放送出版協会、714円)もお薦め。
「サッカー批評」41号では女子サッカーだと他にベレーザ、TASAKIにも取材しています。

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

地上波でプロレス中継を

先日も少し触れましたが、日本テレビがノア中継の打ち切りを決定したそうです。
日本テレビの赤字とスポンサー不足が原因と思います(現在のところソースなしで書いています)。
地上波のゴールデンでプロレス中継がなくなって久しくなってきています。テレビ朝日で単発で放送していたこともありましたが、それも最近はないと記憶しています。プロレスファンを自認するParker自身も日本のプロレスをテレビ見たのはいつか思い出せないほど(地上波では多分猪木がゲスト解説ながらあまりにも喋らなかったため放送事故状態になった時か)。多分Gyaoでハッスルを見たのが最後かな?
ゴールデンで放送されない原因は専門誌でもいろいろ書かれていますが、業界の体質が変わらなきゃ無理なんでしょう。
今やいろんなジャンルのマニアはペイテレビでなければ見たいものを見れない時代というか、金さえ払えば見たいものを見れる良い時代になったというかは受け取り方次第ですが、少なくともマニアでない一般の人がプロレスを見る機会がほとんどなくなったことには間違いないでしょう。
北斗とか佐々木健介とか蝶野とかがゴールデンで出演していますが、実際にリングの彼らを知っている人はどれくらいいるでしょうか。いまや浜口京子の父にして、ちょっと面白い人として知られるアニマル浜口の現役時代を知っている人の方が多いかもしれません。アニマルが新日のリングに上がっていた時は、新日全盛時でゴールデンで視聴率20%を獲っていました・・・(Parkerは馬場全日派だったため健介、蝶野がリングで動いているところはあまり見た記憶がありません)。
それでも日常の会話でプロレスという言葉が出ることが多いようです。「プロレス的茶番」「場外乱闘」など。まぁ良い意味で使われるケースはほとんどないですが。

そう意味プロレスは伝統芸。伝統芸といえば「NHK教育」です。NHK教育はプロレスを放送すべきです。
記者会見でヒール(悪役)が来ないと言われていたのに突如乱入して乱闘になる。リング上でお互いマイクをリングを投げつけそれを拾っての挑発合戦、その挑発もお互い何を言っているか聞こえにくい「コラコラ問答」。延々と場外乱闘を続け、2階席、はては道路まで出張。続々と登場するマミー軍団、雪男、カッパ小僧、ジェイソン、フレディと中の人でなく覆面と被り物のキャラの見た目で勝負の怪奇派レスラー。片方の反則を見逃したり、カウントをわざと遅くするレフリー。
こんなのばかり(というか偏りすぎですね)じゃもちろんいけませんが、「プロレス的」なものを一般社会に残すため、NHKの英断に期待します。

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

他所様のファン感の記事を読んでみた

先日北信越リーグ某クラブのファン感謝祭があったそうです。
さっそくそちら系のブログを覗いてきましたよ!
いやぁ会場は広いわ、スポンサー様から心強い言葉をもらったりと、憎い。憎いぞw
しかもチームの顔の退団発表後、その後釜になりそうな新入団選手の発表もあるし。
でも、もう少し詳しい記事を読みたかったです。
できれば面白おかしく書かれたのが。

と他所様の話はともかく、うちはもう今年はおひさるの更新は「年末年始の休業のお知らせ」だけなのかな?今年は福袋はないの?セレクション第2回の告知は?
う~ん、ブログのネタが・・・。

気になる選手の契約発表はあるのか?ないのか?あるとすれば来年か?

| | コメント (2)

ヨネ引退

お疲れさまでした。
ヨネ-いや米山さんと書くべきか-のブログで大阪・鳥栖・熊本のサポから多くのコメントが寄せられています。今さらですが、愛されていた選手だったんだと。
Parkerが思う金沢時代のベストは昨年松本で行われた全社北信越大会。酷暑の中、最後まで衰えなかった走力を覚えています。
いつかまたグラウンドで会えることを楽しみしています。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

天皇杯「柏-広島」

BSで放送中。90分終わって2-2の同点で延長に突入しましたが、いやぁ面白い試合。
佐藤のアクロバティックなゴール、疑惑のノーゴール、菅野の顔面ブロック、柏のゴールライン上でのDFのブロック、後半ロスタイム3分なのに50分掲示wでのフランサの惜しいシュート。
BS劇場発動か?

| | コメント (0)

重箱の隅をつついてみる試み2

「サッカー批評」41号の犬飼会長のインタビュー「犬飼会長のヴィジョン」(34~39ページ)へのツッコミ第2弾です。今回はベストメンバー問題について。
恣意的に発言を抜き出しているので、興味を持たれた方は是非「サッカー批評」41号を読んでください。
第1弾はコチラ

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-b8a0.html

過密日程について、日本よりヨーロッパや南米の選手のほうが試合数が多いという流れで『日本は選手起用が保守的で、北京代表(男子)選手はJでは補欠の選手が多いですよ。(中略)。そういう選手に出場機会を与えることを日本はやっていない。そういう意味では、ターンオーバーとかヨーロッパのほうが選手の使い方が上手いというのはありますけどね。』(その後西部氏から天皇杯のベストメンバー問題を振られて)『前の大会(ナビスコカップ)からメンバーを総取っ替えするように天皇杯に出てきて、それで、本当にいいの?と問いたい。規約がないといったて、規約がないから何でもいいのか。スポーツ界がそんなことを言っていいのか。僕はアタマに来たからそう言っただけで(笑)(38ページ)』

天皇杯におけるベストメンバー処罰の基準を問われて『基準はJリーグの規約です。天皇杯もベストメンバーで出ろと書いてある。人数基準はありませんけど。あれがベストなの?と社長さんを読んで聞かなきゃいけない(37~38ページ)』

”ターンオーバーとかヨーロッパのほうが選手の使い方が上手いというのはありますけどね”ご自身でターンオーバーの必要性をご理解しているようです。ターンオーバーは良いけれど総取っ替えは良くないと。

昨年川崎にベストメンバーの件で怒った件に関して『川崎のサポーターが「怒らないでください」と言いに来た。』「サポーターは怒ってなかった。」『怒っているサポ-ターもいるんですよ。応援しているのに何やっているんだと思っていても、言わない人もいる。一部の声だけ聞くのもよくない。(39ページ)』

”一部の声だけ聞くのもよくない”確かにそのとおりです。ベストメンバー問題に関しては、ターンオーバー容認派が多いことをご理解しているということでしょう。しかし、こんな時だけ”一部の声”ですか。その一部の声を会長が代弁していると。というか会長ぐらいしか”一部の声”にしか思えません。と思っていたところ、『問題になった先日の試合後では(Parker注 天皇杯「大分-鳥栖」戦だと思われます)、サガン鳥栖のほうから「こんな失礼な話はない」という電話があったんです。「大分のレギュラーが出ていない、勝ったからいいというものではない、と(Parker注 おそらく松本GMではw)との会話が紹介されています。こんな声をどんどん紹介してもらえばもっと議論が深まると思います。もっと紹介してもらいたいのですが、紹介できないのは主にスポンサー筋からかなと考えます。”僕はアタマに来たからそう言っただけで(笑)”はジョークですよね。

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

ガンバーマンUの新聞報道を見る

安田のポジショニングが光った(試合後含む)、スッゲー面白かった昨日の試合。もちろんガンバとマンUの力の差があったことは誰もが認めるものの、それでもガンバが最終的に3点取ったことは素晴しいことと思っています(マンUを本気にさせ、1-5のまま敗れていても個人的には評価します)。
ということで今日の各紙のスポーツ面が楽しみでした。
家で購読している新聞と職場の新聞4紙を見ることができました。マンUが5点で勝ったこととガンバが3点取ったこと、どちらを大きな活字であるかに注目しました。
マンU5発勝利 讀賣、中日
ガンバ3発    日経、朝日
100人いれば100人99人マンUが勝つと思っていたでしょう。でもガンバが3点取るなんて何人思っていたことか。日経はさすがです。朝日が意外かな(普段目を通していません)。

オンワード(アメフト)解散、西武(アイスホッケー)が廃部・・・。金融危機のスポーツへの影響が日本でもだんだんと露になってきています。

| | コメント (0)

犬飼会長インタビューの重箱の隅をつついてみる試み

「サッカー批評」41号の犬飼会長のインタビュー「犬飼会長のヴィジョン」(34~39ページ)が胡散臭い(あくまでParker主観で)ので重箱の隅をつついてみたいと思います。
主な話題は「秋春制」への移行についてです。どうも犬飼会長の発言からはファン視点が足りていないのではないかと思います。
胡散臭いと思ったのは、インタビュアーでありライターの西部謙司氏の意図的な書き方にあるかもしれないことを最初にお断りします。Parkerのツッコミが更に恣意的であることは言うまでもありません!

『 』部分が犬飼会長の発言、「 」部分は西部氏の発言です。

ファン視点からの「秋春制」のメリットに関しての発言は以下のようです
『小さな子供がいる家庭では夏休みに1回も遊んでやれないということがある。地球温暖化もあり、夏に試合をやるのはお客さんにとっても良い環境ではない。(35ページ)』A
『夏の開催は厳しい。7時の試合だとお客さんは4時ぐらいから並ぶ。席についたら西日が強い。キクオッフの前に救急車で運ばれてしまう人もいる。寒い地域の方は秋春制に反対していますが、暑い時に観戦する問題点もあるんです(36ページ)』B
「お客さんに夏か冬かといえば、夏かなぁ、という気がしますが」『うん、そういう人も多いですよね。ただ、冬にやったことがないですからね。(37ページ)』C

A ”小さな子供がいる家庭では夏休みに1回も遊んでやれないということがある”部分については親子でサッカーで見に行くことはそれだけで良いことだと思うのですが。サッカーさえ見に行けない小さな子どものことを言っているのでしょうか?それだけ小さい子なら夏休みに関係ないような気もします。この発言の意味が分かりません。”夏に試合をやるのはお客さんにとっても良い環境ではない”は分からないでもありませんが後述します。
B ”寒い地域の方は秋春制に反対していますが”この部分に関してはこの人わかっていないなぁというかんじです。反対しているのは決して寒い地域ではないのにこんなふうにしか捕らえていないのですね。がっかりです。”キクオッフの前に救急車で運ばれてしまう人もいる”これは大変な問題ですが、どれだけの例があったのでしょうか?日射病は本人が気をつければある程度防止できる面が多いので、主催者が注意を呼びかけることを徹底するようにしなければなりません。
C”そういう人も多いですよね”冬より夏がきついのは一応理解していると。”冬にやったことがないですからね”ここはそのとおりですね。やってみなければ分からない部分があることは事実です。

『サッカーは時間が決まっていますから。45分見て、コンコースで温まって、また45分見る。医学的には3時間までは耐えられるそうです。2時間なら大丈夫だろうと。それも45分ずつならね。』「しかし、先ほどおっしゃられたように3,4時間待つお客さんがいるんですよね。」『冬はデーゲームですし、(炎天下に立ち続けるより)条件はいいと思います。』D「これは実際にシュレーションでやってみる必要があるんじゃないですか?お客さんの立場でどうなのか。いずれにしても、当初は冬開催で観客動員はおちるのでは?」『僕はそう思っていないないんだけど・・・。夏は子供たちが見られない。自分たちの試合が入っているし、夜も見られないし。冬のデーゲームなら見られるでしょう。』E「いや、子どもは冬でもサッカーやっていますよ。昼の試合のほうが余計に見られない。」『やっていますか?やっていないでしょ。』「やっています。」『子どもが冬にサッカーできるなら、大人は問題ないでしょ(笑)。』F「選手は冬でもいいんですよ(笑)。」『あとはお客さんをどうヒーティングするかですよね。ただ、僕はまず選手がどうかだと考えています(後略)(37~38ページ)』

D 前述のB発言と矛盾していますね。夏は4時間前から並んでいると言う一方、冬は試合見るだけで並ぶ時間を考えていません。で、指摘されると炎天下より条件がいいと。自らの都合よいデータだけを引用している印象があります。日射病で救急車を呼ぶケースがどれだけあったか(もちろん大変なことですが)、医学的とはどの程度のデータか。もちろんインタビューで詳しいデータを述べることはできないでしょうけど、わざわざ医学的というところが元々は劣悪な環境であることを認めているのでしょう。たかがサッカーの観戦に医学的なら大丈夫というのも大げさというか、そこまで理論武装をしなければならないのかと。炎天下と酷寒で並ぶのがどっちが楽かというと、意見が分かれるでしょうけど、個人的には炎天下の方が楽だと思います。
E”僕はそう思っていないないんだけど・・・”リーグ終盤の山形・仙台・新潟に来年は一般席で観戦していただきたい。
F”子どもが冬にサッカーできるなら、大人は問題ないでしょ(笑)”サッカー観戦の話がプレーする話になっています。

我ながら嫌な性格をしていると思います。続くかも。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

ガンバ素晴しい!

現在1-5
ガンバが得点するまでのマンチェスターユナイテッド、昨年のミランもそうでしたが、ホストに気を使っているというか、本気じゃなかったように思えました。それがガンバが1点取ってから本気になったように思えました。
気の抜けた相手の0-2よりも本気の1-5の方が価値があると思います。
ガンバPKゲット!ガチャさん決めた!!2-5!

追記
その後も橋本のゴールがあり3-5。
バカ試合というかスッゲー面白い試合でした。
マンUは本気で悔しいんだろうなぁwファーガソン監督の表情w
クリスティアーノ・
ロナウドから安田にユニ交換を持ちかけてなかった?
ルーカスがちょっと残念だった。

この試合、世界でどれだけの人が見ていたんだろう?感想が聞きたい。

| | コメント (0)

To Buy or Not to Buy

イイ年してここ数年いろんな新しいことにはまっています。
テクノ、ツエーゲン、そしてPerfume。
この年になって初めてアイドルに嵌ったとこれまで書いていましたが、少し自虐的に書いていたわけで、実際には音楽、そしてダンスが素晴しいからファンになり、アイドルに嵌っているとは少し違っていると実は思っています。のっち(ショートの子)は美人だけどあとの2人はそうだと思っていないし。
音楽に関してはプロデュサーの中田ヤスタカの仕事により興味が移り、先日クラブ初体験でモッシュに揉まれたのは記事にも書きました。
CD,DVDそしてPerfume特集の本を購入してもグッズは購入しない。ここが自分がアイドルとしてPerfumeを捕らえていないと思っていたのです。

ところがそんなParkerさんに重大な試練がやってきました。
Perfume初のフォトブック『Perfume Portfolio(ハ゜フューム ホ゜ートフォリオ)』が発売になります。
当然買うわけがありません、いや買いません、というか買わないでしょう、多分買わないだろうなぁ、えー買わない方向で検討したいと思いマス。

まぁすでに「武道館ライブ」のパンフレットをネットで買ったオヤヂが何言っても説得力はないですけどね!美人じゃなけど3人ともカワイイし。

最後に再告知です。
12月19日(金)明日です!
NHK BSハイビジョン 20:00~21:30
「スーパーライブPerfume in 武道館 」

北信越リーグサポなら必見
(当然ウソ)

| | コメント (2)

2008年12月17日 (水)

ウルトラC

世界恐慌の気配がますます強くなる昨今。それでもサッカーを愛する皆様方、電気元気ですかーーー。

拙ブログでは以前こんな記事を書きました。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-9285.html
その中で円高で外国人選手が相対的に安くなるだろうと書きましたが、どうやらウォンが実際にかなり安くなっているようです。Jでアジア枠ができたこともあり、韓国人選手がこれまでより多くJにやってきそうです。
で、いつもの妄想w
JFL・地域でも韓国・中国人選手が流入してくるのではということ。北信越で韓国・中国から選手の流入はあるか?
でもJで多くの選手が解雇されているからさすがにないか。
うちは貞富と矢畑にオファー出すのが先か?

ちなみにタイトルのCはChinaとCoreaにかけました(Coreaも間違えではありません)。

力道山以来プロレス放送を続けていた日本テレビが「ついに」ノア放送を打ち切るそうです。
ノアそしてプロレス業界はどうなる?

| | コメント (2)

2008年12月16日 (火)

久々にツエーゲンの話題なんぞ

ツエーゲンにもサッカーにも全く関連のないエントリーをうっかり3日も読まされた感想はいかがでしょうか?
え、読んでないorz

サッカーに関心がなかったというと、もちろんそんなことはありません。練習見学も2回行ったし、「サッカー批評」も読んでいます。
練習に関してはどこまで書いていいのかな?詳しく書いてはいけない気もしますし、書く技量もない。日曜日に行った時には練習生受け入れということで、赤・ピンク以外の練習着も見られました。地域リーグマニアなら知っているであろう選手もいたらしいです。

松本・長野も退団選手も発表がありました。ともに最終ライン・中盤のプロ契約の中心選手を戦力外通告。これらの選手がいなければうちが地域決勝に行っていたはずw。特に松本の矢畑選手には苦しめられた感じがします。うちが松本に勝った2試合は、ともに矢畑選手が本調子でなかったか、欠場していたような希ガス。
松本・長野は現在のところは現在の戦力をベースに上積みを狙っているようで、規模縮小が原因(だけでもないようですが)のプロ契約選手の解雇とそれに続く大量退団があった
うちとはえらい違いだなぁ・・・。

12月15・16日に行われたJリーグ合同トライアウトの参加選手はJリーグ選手協会のサイトで見ることができます。
http://www.j-leaguers.net/news/news.php?200812;3265
http://www.j-leaguers.net/news/news.php?200812;3264

過去3回の記事は拙ブログらしくないので近く削除します。
やはり拙ブログらしくPerfumeネタで勝負だ!

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

たまにはイイ話も

最近暗い話題か酔っぱらっていることしか書いていないので、たまにはイイ話でもしてみましょう。
加古川でのカターレ戦前日の練習を見に行った時のことです。
練習を見ていたのは大人がParkerも含めて4人で知った顔ばかりでした。ところが、練習終了後、幼い兄弟が(上の女の子がせいぜい小学生1年生くらいで弟は確実に未就学児)フィールド近くまで走って、ある主力選手に駆け寄って握手したんです。そして歩いてきた次の主力選手にも握手を求めます。次に歩いてきた選手、この選手は主に控えなのですが、スルーして次にきた選手に握手を求めていました。
周囲を見ていても親御さんの姿は見えませんでした。きっと練習をこの子達自身が見たかったのだろうなと、そして彼女なりの基準で握手する相手を選んでいてのだと思います。握手を求められなかった選手は可哀想だったけど。
サッカーが金沢に根付いてきたんだと思い、ちょっと感激しました。残念ながら握手を求められた選手はすべて退団が決定しています。願わくばこの兄弟が握手を求めたくなるような選手が集まったチームを今年も作っていきたいですね。

| | コメント (0)

依然として危さを感じる 邪推編

報告会の米沢代表理事のお話の中「4年、5年かけて昇格」といっていた記憶がありますが、ブラジル選手獲得と結びつきません。
不安なのがフロント内部(上層部と実務部門と)でも考えがまとまっていない、方向性が一致していないのではないかとの思いです。

「チームに関わる全員が分かってお互いがもう少し距離を縮めていけなかったかな」
以前紹介した文章ですが、まだまだ解消されていない懸念が残ります。

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-a8c4.html

もっと嫌なことを邪推してみます。ソースは脳内。
補強すべきポジションがいくつもあるのに、ブラジル人選手獲得が先走っているのは、今回の大量退団の話題を逸らそうという意図があるのでは(前例「あ、オシムと言っちゃたね」)。
それはうがち過ぎで、スポンサー、ファン・サポに少しでも希望のある話をしたいということなんでしょうけど。

先日はフロントの話を聞けて安心した部分もありますが、今度は強化担当(栗本氏?)のお話が聞きたくなりましたw

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

ツエーゲン以外のサッカー話

ツエーゲン以外の話でもしましょうか。
J最終節で鹿島優勝!は多くの方がスルー状態wジェフの劇的残留が大いに関心を集めました。日経「あまりに劇的、衝撃的、奇跡的なJ1残留決定だった」。ファン感の帰りの車中で、ジェフが「2点リードされた」と聞いたときはもう降格決定だと思っていて、帰宅後「ジェフが4点目を追加しました」と聞いた時は何かの間違いだと思いw慌ててjsgoalにアクセスしたのは言うまでもありません。
神戸松田監督退任。福岡では成績低迷のため解任されましたが、フロントがフォワードを獲得しようとしなかったためとも言われ、解任後は古巣の神戸に復帰し、その福岡を入替戦でJ2に降格させたことは記憶に新しいところです。今回の退任は後任監督にブラジル人監督を招聘するためであり、2回連続して不運な退団だと思えます。来季もJの監督として復帰することでしょう。
Jクラブで大幅な人員削減。この人もあの人も解雇ですか・・・。それでも入ってくる選手はいるわけで、プレーを続けるべき選手が引退し、もしかするとこんな時でもなければJのユニに袖を通すことのない選手がいるかもしれません。
Jが移籍金制度の撤廃を検討。選手会からの要望ということですが、実際に撤廃されると今年の大分のような躍進はもう見られないかもしれません。
Jではありませんが、日経で連載の「サッカー 英プレミアリーグと金融危機」、その中の一文「イングランドでは過去に40のクラブが破産しているのに、一つも消滅していない。」
CWCが明日から開幕?ノーマークですた。それより入替戦!
入替戦はテレビのライヴ中継は見られませんがorz、ネットラジオでの中継を聞いています。ローカル局によるもので当然のことながらの一方的な肩入れ放送ですが、もちろんノー問題。土曜日は仕事だorz。

| | コメント (0)

依然として危さを感じる 妄想編

先日の報告会に行って、米沢代表理事のお話を聞いて心強く思ったんだが、その後金沢系ブログで知った報道番組での木村GMのブラジル選手獲得を目指すという発言を聞くとワシはまたまた不安になったのよ。

ブラジル人選手といっても、ダニロ、アラン(びわこ)やJSCに在籍していた選手もいるから、経費が必ずしも高いとも限らないし、どんな選手が来てももちろん応援はしますよ。
ただ、ブラジル選手の獲得の理由として、今季の敗因を得点力不足を見ていることに疑問。ワシ的には今季勝てなかったのは、守りきれなかった・耐え切れなかったとの印象が強いのよ(今さらながら山田選手の解雇は疑問)。もちろんワシはサッカード素人。

で、ここから妄想、ソースは脳内。
大量退団によって、一からまでとは行かないけれど、チームを作り直さなければならない状況の中では、補強ポイントは攻撃陣のみならず、中盤・守備・GKと全てのはず。そんな状況の中、前目の(であろう)ブラジル人選手獲得を明言したのは、退団するのが契約期間満了選手のみという前提でなかったのか?というのがワシの妄想。
邪推編は明日にする。

今回のエントリーは1001本目ということで一人称をワシにしてみました。

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

報告会に行ってよかった

ファン感に続き報告会にも出席しました。
あらかじめ言っておきますが、イイ話を期待している方は他の方のレポートをお薦めします

ホテルだし、スポンサー様も多くいらっしゃっているだろうからという事で、たまには働いているParkerさんはここはKYでなく背広とネクタイで出席することに。
ホテルに着くと某選手も入ってくる。「アレ、今ごろ大丈夫なの?」「雪でめちゃくちゃ道が混んでいたんです」
そして会場前に着くと、昼間見た面子と先週のサポ納会で見た面子(ほとんど重なっています)が・・・。先週はひどく酔っ払った(いつもですが)ので、その時の参加者に質問「先週みたいに飲んだらまずいかな?」「スポンサーさんが沢山いるから絶対ダメ」。ですよねー、もっともホテルに入る前に
すでにビールを飲んでいたので聞き流していましたが。ちなみに先週どれだけひどかったというと、サポ納会で初めてお話した方に挨拶したらガチ無視されたほどですorz。

そして報告会。最初の挨拶は米沢代表理事。他のサポのブログを参考に、Parkerが特に覚えていることを書いてみます。
「今の経済情勢もあり、来期は大幅に予算減少となる」
「私と代表理事がいる限り、ツエーゲンは絶対に潰さない。ツエーゲンは永久に続く」
「4年、5年かけて昇格(JFLかJかはよく覚えていません)を狙う」
「少年サッカースクールの指導者などと夏あたりから話をするようになって、ツエーゲンが遠い存在に思えるとの話を聞いたので改めていきたい」
「加古川の試合に多くのサポーターが駆けつけ感動した」
などなど。

米沢代表理事のこの言葉を聞けただけでも報告会に来て良かったと思えました。前々から書いていましたが、クラブが残れば一時的に緊縮予算なんぞは小さな問題。大いに力づけされました。
後ろを見るといつもParkerをイヂめている某サポが涙をボロボロ流しています。今年勝てなかった悔しさがこみ上げてきたとのことです。

選手の挨拶は、(子供が多く参加していた)ファン感と違って、某選手のクラブ批判ともいえる挨拶にはヒヤヒヤし、陽気なキャラクターで知られる選手の意外な涙など、重いもの。
退団が発表されていない選手は、来年もツエーゲンでプレーすると、誰一人明言しませんでした・・・。

懇談の際にはスポンサー様関係の方にサポの熱い気落ちを話して来期の支援をお願いしました。

で、酔っ払ってイイ気持ちになってきたので、フラフラと選手に話しかけます。ターゲットはトモ、光太、龍朗。ゲーフラを作ってきた選手たちで、迷惑だろうけどゲーフラをもらってくれないかお願いしたところ、皆に快諾をいただきました(あ、気のせいかも)。ありがとうございます。

そして退場時にすべての選手と熱い握手(権東キャプテンは酔っ払ったParkerにヒイていましたorz)。してくれなかったSな選手もいたけれど(;´Д`) ハァハァ

その後数人で飲会。MのParkerも凹むほどdisられるorz。
やっぱり飲む時は記憶がなくなるほど飲まなきゃだめですね!

このエントリーが拙ブログの1000本目のエントリーです。節目にふさわしいエントリーとなったのかな。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

ファン感謝祭にフーリガン現る

フーリガン。
サッカー界にとって忌むべき存在です。
チームのサポートとは無関係に暴力を起こすことを目的する集団。
暴力まではいきませんでしたが、チームのサポートと無関係に敵味方問わずにブーイングを飛ばす集団が、ツエーゲンファン感謝祭の会場に現れました。
今回はそのレポートです。

ゲーフラは持ってきたけれど、おひさるに書いてあったらしい内履きを持ってくるようにとの一文を読んでいなくて、内履きを持ってこなかったParkerさん。哀れにも体育館に入れず2階の観客席に。
集まったファンは、体育館に小学生約50人、大人のファンサポ約50人、観客席におひさるをよく読まなかったあわてんぼうさんのファンサポとおそらく小学生の保護者であろう方々が約50人、合わせて大体150人くらいでしょうか。
参加選手・スタッフが壇上に上がり、まずは木村GMの挨拶。
この挨拶の中で、今の経済情勢もあり、
来期は「大幅な予算減」になることを明言しました。
3年連続昇格失敗していますし仕方ないですね。
こうしたことをはっきりさせることは良かったと思います。

退団する選手の挨拶はイベント終了時ということでしたが、その時にいられない山田選手と森陽一選手が開会の際に挨拶を行いました。山田選手の挨拶はライトなファンには伝わりにくかったかな。

その後イベント開始。
サインコーナー、サッカー体験コーナー、フットサルコーナーに分かれます。
Parkerはフットサルコーナーのツエーゲンチームのゴール上に陣取ります。
ここで自称サポからガンガンブーイング飛ばすフーリガンに変身。
ツエーゲンチームのGKには「空気嫁」「スローは左手で」、ヘディングでキープすると「ブー」。それでもあくまで勝ちに行くツエーゲン。
一方対戦相手のファンサポチームの顔見知りにはここぞとばかりに汚い野次の数々。「身体寄せているだけで足が出てないよ」
小学生チームにすっごく上手な子がいて、ツエーゲンの選手を抜いたのにはビックリ。
何試合ありましたが、ツエーゲンが敗れる波乱も!しかし、某選手の得点掲示板を操作するあからさまな不正行為でなかったことにw

イベントの最後には退団する選手が壇上で一人一人が挨拶し、最後は池田監督が壇上でなく床の上で長めの挨拶。しかし、金沢市民並の音響効果で何を言っているか2階ではよく聞こえなかったのが残念でした。コアサポはそれぞれの挨拶終了後には最後のコールをしていました。2階観客席のParkerは持ってきた退団選手のゲーフラをその選手が挨拶している間掲げていました。残念ながら中野コーチのゲーフラは、コーチが挨拶時不在で掲げられず。

選手もいろいろ思うところもあったでしょうが、子供が多いこともあり、笑顔の多かった楽しいイベントになったと思います。選手が並んで参加者を送り出していましたが、最後まで記念写真を撮る光景が多く見られました。
会場を出ようとした時、ちょうど中野コーチに会ったので、コーチのゲーフラを見せたところ、
「これなんて書いてあるんです?」orz。
嫌がらせにゲーフラをコーチに持って行ってもらいました。

といろいろ書きましたが、写真が多く掲載されているサポのブログがあるのでそちらをお薦めします。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

最後に選手に聞きたかったこと

昨日はファン感謝祭とシーズン報告会に行ってきました。
退団する選手には、今年1年しか在籍した選手もいれば、クラブ創設以来3年間在籍した選手もいます。
どの選手にも感謝の言葉しかありません。
ファン感謝祭とシーズン報告会ともイベントの終了時には選手が並んで、参加者を握手で送り出していました。
Parkerは報告会に参加する予定でしたので、ファン感謝祭の時には選手とは握手せずに退出しました。そして報告会では、最後の方に退出し、選手と直接話ができる機会を生かして、時間をかけて何人かの選手にあることを聞きました。








「俺のブログ読んでくれた?」
(酔っ払ていました)
いやね、Parker、クラブのイベントで選手と話す機会がある度に「ツエーゲン金沢な日々というブログやっているんですけど、読んだことがありますか。あ、ない。じゃツエーゲン金沢な日々で検索してください」と言っていたんです(はた迷惑)。
断っておきますが、選手だけでなく、飲み会やバスツアーで知り合った人にも言っています!(本当にはた迷惑)
で、某選手に聞くと、真面目な顔をしていたのに急に表情を崩して「あ、Perfumeの」?
なぜにPerfumeが一番に出てくるのか?
もう一人の選手にも聞くと「Perfumeですよね」・・・・・orz
しかも某選手は握手してくれると思っていたら、その手をどけるというSプレイ・・・・・orz

どうやら「Perfume好きで、Mで、いつも酔っ払てgdgdなオヤヂ」と思われていたようです!

自業自得。しかも間違っていないorz

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

明日はJ最終節

現在首位のチームが、降格が決定している最下位チームとアウェーで対戦。普通ならそのまま首位のチームが勝って優勝でしょう。
と思っていたら、浦和が横浜FCにまさかの敗北、鹿島が逆転優勝したのが昨年でした。NHK総合のライブ中継は当初浦和戦を流していましたが、途中から鹿島戦を中継し、J史上最も監督が目立った優勝決定の瞬間を見ることができました。それも
ツエーゲンのファン感謝祭に出席しなかったからです!

昨年は12月1日にファン感、11月30日に退団選手の発表があったのか。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/p_c8c3.html

今年もファン感よりもJ最終節を優先つもりでしたが、ある人から「来い」と言われたのでファン感に行くことにしました。それにこの場が選手に最後に会える機会かもしれないのでゲーフラ持って行きます。ということで、お気持ちのある方、ご協力お願いします。ちなみに某サポに極力を求めたところ、「嫌だ」と言われましたorz。

そしてその後、報告会にも出席予定。当初は退団するスタッフ・選手の出席が予定されておらず、寒々とした報告会になりそうでしたが、スタッフ・選手も出席することに。そりゃそうですよね。
Parker的には寒々とした空気の報告会も経験してみたかった気もあったのですが。
報告会やキックオフパーティの類には初参加となります。
サポの飲み会みたいな飲み方は許されるでしょうか!?いや、サポの飲み会でも許されていないかもorz

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

黒百合は再び咲く

どーも、帰宅後おひさるを見るのにゾクゾクしてしまいます(M的な意味で)。
と書けるほどに一昨日のショックから立ち直ってきています。

さてさて、今回の大量退団。北信越リーグの某クラブでも昨年大量退団がありましたが、今回のケースと性質が違うと思います。近いのは沖縄かりゆしのケースでしょうか。
2002年、九州リーグに所属する沖縄かりゆしはラモス監督を解任しますが、その後22人の所属選手のうち21人が退団しました(その後、その後選手を集め、現京都監督の加藤久氏を招聘して存続します。しかし、2004年にはメインスポンサーの支援打ち切りにより、加藤監督が辞任し、所属27選手全員が退団しました)。
そのかりゆしは激戦の九州リーグで今年見事に優勝を勝ち取りました。
スタッフ・選手が大量退団してもクラブさえ残れば希望があります。

黒百合は再び咲くはずです。

そして時間が経つにつれ、ある種の違和感を感じてきています。
池田監督の退団で多くの選手の退団があるだろうと思っていたことは前にも書きましたが、予想以上の数でもあります。もちろん、選手一人一人が非常に悩み、苦渋の上の選択であったことは間違いないでしょう。
しかし、もしツエーゲンがJだったとしたら、いやJFLだったとしても、これだけの退団者がいたのでしょうか(こんなフロントもJFLにいないというツッコミは無視でw)。去るには勇気が必要なことはもちろんですが、ここまでくると残るにも勇気がいると思います。今だに名前が挙がっていない選手の去就は不明ですが、
自分第一に決断してもらいたいと思います。

すいません、タイトルに間違いがありました。
黒百合はまだ咲いたことはありませんでしたorz。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

Dream Fighter

前のエントリーの元ネタ曲は大好きなのですが、今はもっと前向きな曲の方がいいですね。
この曲を金沢サポと退団した選手・スタッフにも聞いてもらいたい。

Perfume ”Dream Fighter”
http://jp.youtube.com/watch?v=fyEBlwNVY00
最高を求めて 終わりの無い旅をするのは
きっと僕らが 生きている証拠だから
oh yeh 現実に打ちのめされ 倒れそうになっても
きっと前を見て歩く Dream Fighter

ねえ みんなが言う「普通」ってさ
なんだかんだって 実際にたぶん
真ん中じゃなく理想に近い だけど
普通じゃまだ物足りないの

このままでいれたらって思う瞬間まで
Go Go 遥かこの先まで

最高を求めて 終わりの無い旅をするのは
きっと僕らが 生きている証拠だから
もしつらい事とかがあったとしても それは君が
きっと ずっと あきらめない強さを持っているから
僕らも走り続けるんだ yeh

こぼれ落ちる涙も全部たからもの
oh yeh 現実に打ちのめされ 倒れそうになっても
きっと前を見て歩く Dream Fighter

ねえ みんなが言う「未来」ってさ
なんだかんだって 実際はたぶん
真っ暗じゃなく光が射して
だけど普通じゃまだ物足りないの

このままでいれたらって思う瞬間まで
Go Go 遥かこの先まで

最高を求めて 終わりの無い旅をするのは
きっと僕らが 生きている証拠だから
もしつらい事とかがあったとしても それは君が
きっと ずっと あきらめない強さを持っているから
僕らも走り続けるんだ yeh

こぼれ落ちる涙も全部たからもの
oh yeh 現実に打ちのめされ 倒れそうになっても
きっと前を見て歩く Dream Fighter

うまいことを言ってPerfumeを聞かそうと思われるのは心外です!

| | コメント (0)

NO 

元ネタ 電気グルーヴ「N.O.」
http://jp.youtube.com/watch?v=APydJqgqWb8
      

今じゃ言えない秘密じゃないけど出来ることなら言いたくないよ
今話してもしかたが無いし でも言いたくてしかたが無いし

大竹いないし
佑基もいないし 
マナもいないし 
タツローもいないし
点を入れる健太もいないし 
順もいないし 
監督いないし

しかた無いなと分かっていながらどこかイマイチわりきれないよ
先を思うと不安になるから今日のトコロは寝るしかないね

山さんいないし 
光太もいないし 
常もいないし 
陽一もいないし
点を入れるデコもいないし 
ジャンもいないし 
コーチいないし

話すコトバはとってもポジティブ思う脳ミソホントはネガティブ
バカなヤングはとってもアクティブそれを横目で舌ウチひとつ

Lalala La La

米山いないし 
ミズもいないし 
トモもいないし 
ゴンもいないし
点を入れる奈良もいないし 
嫌でしかないし 
ポリシーないし

12月2日現在orz

今じゃ言えない秘密じゃないけど出来ることなら言いたくないよ
今話してもしかたが無いし でも言いたくてしかたが無いし

学校ないし 家庭もないし ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花びんもないし 嫌じゃないし カッコつかないし

しかた無いなと分かっていながらどこかイマイチわりきれないよ
先を思うと不安になるから今日のトコロは寝るしかないね

学校ないし 家庭もないし ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花びんもないし 嫌じゃないし カッコつかないし

話すコトバはとってもポジティブ思う脳ミソホントはネガティブ
バカなヤングはとってもアクティブそれを横目で舌ウチひとつ

Lalala La La

学校ないし 家庭もないし ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花びんもないし 嫌じゃないし カッコつかないし

| | コメント (0)

フロントの見解を知りたい

今日も3人の退団選手の発表がありました。
退団した選手には、ありがとうございました、というしかありません。

さて、ツエーゲンでブログ検索するといやぁヒットする、する。
金沢サポ・ファンと思われる方のブログを見ると、困惑・フロントへの不信が渦巻いています。金沢以外の北信越系サポのブログ・掲示板を見ると当然ながら他山の石にという見方が多いようです。
今回の大量退団に関するParkerの考えは前回のエントリーのとおりですが、他サポの方の中には「石川県出身者を中心とした育成路線への切り替えとあう名の規模縮小」(原文ママ 長野サポの方)と捕らえている方もいらっしゃるようです。どこでその情報を?
実際規模縮小があるとしても、木村選手、権東選手、奈良選手らとはクラブは契約する準備をしていたわけですから、プロ選手をまったく抱えられないということはないと思います。
去っていく選手は多いということはそれだけ来る選手も多くなるはず。監督人事と合わせて待つこととしましょう。
これも以前書いたことですが、個人的には毎週応援できるチーム(そしてそのチームがJに行く意思があれば)があればいいのです。これまで金沢に尽くしてくれた選手が志半ばに去っていくことは辛いですが、
クラブさえあれば希望はあります。

規模縮小が独り歩きしていること、前回のエントリーでのParkerの思い込み、実際そうなのか違っているか、もちろん分かりません。やはりフロントの見解を聞きたい。ということで6日の報告会に行きます(もちろん以前から申し込みをしていたのですが)。

| | コメント (2)

2008年12月 1日 (月)

大量退団に思う

11月7日の「契約期間満了に伴い、来期の契約を更新しないことを決定」された7人の選手に続いて、今日は「来期の契約交渉を進めて」いても「今期限りでの退団が決まった」選手が発表されました。選手には感謝の言葉しかありません。
今日発表された公式では、上のカテゴリーを目指すためとの選手のコメントもありますが、ブログをしている選手の文章を読むとやりきれません。退団せざるをえなかった選手の気持ちを思うと・・・。

この状態が全くの予想外かというとそうでもありません。
池田監督が金沢から去った時、多くの選手が金沢を去るだろうと漠然と思っていました。個人的に選手と話をしなくても、選手のブログ、試合現場を見ていれば監督に心酔しきっているのはよく分かりました。だからこそ、こうなるだろうな、と思っていたし、多くのサポもそう思っていたのではないでしょうか。
一方、フロントは選手が監督にこれだけ心酔していたことを理解していたのでしょうか?フロントは今日の大量退団は予想していたのでしょうか?

(だからといって個人的には、池田監督の無条件続投支持かと言われると、そうでもありませんでした。これだけのメンバーを揃えながら、2年連続して最終節を待たずリーグ優勝可能性を逃し、同じ相手に3連敗し全社までも全国にいけなかったのはもの足りません。一方では、3年目になる来期こそ勝負の年、選手が監督を心酔しているとの支持の要因もありました。)

池田監督が来期の指揮に前向きにも関わらず、「『様々な状況』から判断した結果、来期は指揮を執らないことを決め」(「池田司信監督退任のお知らせ」から二重カッコはブログ主によるもの)た”退任”に至る経緯について不明朗さを感じます。フロントが池田監督に来期の指揮を任せられないと考えたのなら、「解任」すべきではなかったのでしょうか。

今回の大量退団は次の文章に集約されているように勝手に思ってしまいます。
「チームに関わる全員が分かってお互いがもう少し距離を縮めていけなかったかな」

そして何もできない自分(できる訳もないんですが)が歯がゆいですorz

| | コメント (0)

ありがとう

中野コーチ
大竹選手
川上選手
権東選手
木村選手
稲垣選手
山崎選手
奈良選手

みんなありがとう

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »