« 松本、地域決勝に? | トップページ | 退団選手発表 »

2008年11月 6日 (木)

高校サッカー選手権県大会準決勝「金沢桜丘-星稜」2

ちょっと遅れましたが、「金沢桜丘-星稜」の続きです。

桜丘を応援していたので、そのつもりでお読みください。
ポゼッションは星稜が上回っていましたが、面白いサッカーをしていたのは桜丘だったと思います。途中で甘くなったものの、守備は粘っこく、星稜の選手よりより早くボールと身体を寄せ自由にプレーをさせません。GKはガッチリした体格で2点は防いでいたんじゃないでしょうか。ゴールキックも桜丘の大きな武器なのに、キックが不安定だったのが(良いキックと悪いキックの差が大きかったです)今後の課題ですね。ちなみにツエーゲンの関選手は桜丘のコーチです。
攻撃では10番のポストプレーが光り、彼を起点にして後方から選手が飛び出していくというスタイル。その後方から飛び出す役割をしていた選手の一人が接触プレーで負傷交替、代わりに入った選手が不調で、後半に交代させられたのは桜丘の誤算だったでしょうか。
前半での桜丘のビックチャンスは2回。コーナーキックと右サイドから切れ込んだドリブルシュートくらいか?
星稜はパスサッカーで攻め込みますが、桜丘の守備の前に攻めきれない印象がありました。しかし、ゴールライン近くの折り返しのクロス?からヘッドで決める。前半は1-0で星稜リード。
後半に入るとやや桜丘ペースか。星稜の試合の進め方にも問題があるような気がしました。後半10分あたりからセットプレーにやたらと時間をかけるようになっていました。たった1点のリードでなぜそんなに試合を遅らせるのか理解できませんでした。そんな星稜に対し、桜丘はフリーキックと10番を中心にした少ないタッチで星稜を攻め込みます。惜しいシュートも何本もありましたが結局無得点。星稜は右サイドの崩しからゴール前にパスを送り、フリーの選手が決めて、2-0で星稜の勝利です。
桜丘を応援していたこともありますが、この試合での星稜の戦いぶりからすると全国に行けたとしてもかなり苦しいのでは思います。見ませんでしたが、第二試合は2-0で県工が航空第二を下し決勝進出です。

|

« 松本、地域決勝に? | トップページ | 退団選手発表 »

その他サッカーのお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松本、地域決勝に? | トップページ | 退団選手発表 »