« 日曜朝はなでしこガール | トップページ | おさばとPーコ »

2008年11月 9日 (日)

三方一両損 福井ー新潟医療福祉大

基本的に他所様のクラブのことは悪く書かないよう心がけています(いつも書いているだろうというツッコミもあると思いますが)。他サポに言われくないと思われる方もいらっしゃると思います。でも、もし自分が福井サポなら今日の試合についてはガッカリしていたと思います。

過去2年間、福井での入替戦を見てきました。2試合とも、その試合に上がること(昇格)、残ること(残留)を賭けた気持に溢れ素晴しい試合でした。第一戦で4-0の大勝で圧倒的アドバンテージを得た福井に対し、新潟医療福祉大は当然積極的に点を取りに来るだろう、上がりたい気持ちを持って攻めてくるだろうと思っていたら、全くそんなそんな気力・積極性が見られませんでした。そして技術もない。攻めては意図が感じられないパスの連続、守っては二本連続して自陣内の横パス、バックパスを連続ミスして、危くオウンゴールのお粗末ぶり(GKが自分のゴールにスライディングして免れる)。一方の福井にしても無理に攻める気配は感じられません。得失点差を考えればそんなサッカーもありかな、と思っていました。あわやオウンゴールのシーン後、動揺するGKに詰めようともしなかったシーンが無理する気持ちがなかったことを端的に示していました。
ところが、後半になって福井が点を取りに行きます。この寒い中に集まったサポのため(観客は358人だったと記憶しています)にこのまま引分けに終わるわけにはいけません。新潟医療福祉大のゴール前に何回か攻め込みますが得点を上げられません。福井が攻めることによって、スペースが出来て新潟医療福祉大にも攻撃のチャンスが増えてきて、面白い試合展開になってきました。新潟医療福祉大がセンターサークル付近のファウルをアドバンテージで流してもらい、左右に選手が流れたところを、左の選手にパスを出し、そのままゴールを決め先制です。ところが、この得点を機に福井はまたも守りに入り、試合が止まってしまいました。
福井0ー1新潟医療福祉大で試合終了、福井が一部残留を決めました。
おめでとうございます。

この試合で誰が得をしたのでしょうか。
新潟医療福祉大は守りに入った福井に何もできず、戦う気持ちも見せることもなく、たんたんとスケジュールを消化しただけの印象で、せっかくの機会を強化に結び付けられたのでしょうか。
福井は大目標の一部残留を決めました。試合終了後選手の笑顔でいたから満足なのでしょう。しかし、ほぼ残留を決めていた状況で、寒い中集まった観客に何を魅せることができたのでしょう。
そして、サポの皆さん。私は部外者ですから思う気持ちは違うかもしれません。でも気持ちの入った試合を見たかったという意味では福井サポの方々と同じだったと思います。前半をセーフティにいったのは理解できますが、後半に失点してからも攻める気持ちを見せて欲しかったのではなかったでしょうか。
勝者のいないグラウンドだったと思います。

お気を悪くされる福井サポの方がいらっしゃると思います。
他サポの分際で好き勝手なことを書いたことをお許しください。
反論等ございましたら、お聞かせください。

最後に 金沢サポも損をした!

|

« 日曜朝はなでしこガール | トップページ | おさばとPーコ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜朝はなでしこガール | トップページ | おさばとPーコ »