« 嫉妬 | トップページ | 最新の欧州サッカー事情 »

2008年9月16日 (火)

SAGAWA戦④

以前からも拙ブログで書いていましたが、ツエーゲンに望んでいたことに、相手に主導権をとられる展開の中でみっともなくても、泥臭くてもとにかく守りきる試合をしてほしいということでした。
SAGAWA戦ではチーム創設3年目にして初めてそんな試合を見たような気がします。
一旦逆転しながらもすぐに追いつかれたじゃないかと言われればそのとおりなのですが、それでも延長後半を守りきった展開は個人的に満足でした。この経験を今後生かしてほしいものです。

また、この試合のサポゾーンも盛り上がりは、拙ブログだけでなく、金沢サポ系ブログ、更には選手のブログでも触れられていました。北陸中日新聞でも試合展開よりもサポゾーン中心の記事でした。
北陸中日新聞はこれまでも大きめの記事を掲載してくれました。他の新聞に比べ熱心に取材してくれていたんだと思います。だからこそあの一戦のサポゾーンの盛り上がりに思うところがあったのではないでしょうか?
選手のためには毎試合あれぐらいのサポゾーンの盛り上がりが必要なんでしょうね。加古川ではどれだけの応援ができるでしょうか。
少人数であれだけの勢いにするためには、なにかの力が必要かもしれません。そして試合終了後抜打ちの尿検査を受け陽性反応が出ても、1000%やっていないと言い張る、と最後は時事ネタに流しましたが面白いですか?

Parkerからアルコールの陽性反応が出る可能性1000%

|

« 嫉妬 | トップページ | 最新の欧州サッカー事情 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

やはり、面白い!
副審の判定もいかがなものかと見ていましたが、
主審の判定の遅さ、いいかげんさ、
地域リーグをなめんとんのか!…と、
初心者の私でも怒ろうかと思いましたが
コールリーダさんの怒りを応援にかえる姿を見て
声援させてもらいました。

ちなみにわたしは
「絶対、やってません。無実です。」と
言い切ります。

投稿: guri-oji | 2008年9月17日 (水) 12時11分

guri-oji さん
面白いとのご感想ありがとうございます。
感動した、思い出しただけで涙が出そう、といった感想はありそうもないんで、最高の褒め言葉です。
コールリーダーが審判への怒りを応援に昇華させていましたね。GJでしたね。

投稿: Parker | 2008年9月17日 (水) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫉妬 | トップページ | 最新の欧州サッカー事情 »