« 良いイメージをもって試合に臨もう | トップページ | 楽しかったバスツァー »

2008年9月21日 (日)

富山戦をカターレ

勝ったーーーーー。富山に勝ったーーーーー。
1点目はカウンターから。「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太が抜け出し1対1から決める(;'Д`)ハァハァ(前半10分くらい?公式発表後明示します)。そして後半15分くらいにも、「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太がまたもや決める(*'Д`)ハァハァ(後半15分?公式発表後明示します。ちょうど雨具の着替えをしていたためゴールシーンしか見ていなくてその前の状況は分かりません)。
というわけで2得点を「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太が決めたわけですが、この試合はむしろ
守備を評価すべき試合ではなかったかと。
リーグ戦のみならず、カップ戦の県大会ですら危ういシーンをサポに散々見せつけたツエーゲン守備陣が充実した試合でした。慌ててバタバタするかんじがなく、攻められながらも安心して見ることができたように思えます。もちろん、「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太の先取点によるところが大きいのですが。あえてボールを持たせていたように思えたのは気のせいでしょうか?
安定したDFライン、GK水上のポジショニング・好セーブ、奈良の献身的動き(SAGAWA戦の潰れ役のFWも凄かったが、今日は潰し役のボランチで凄かった。2得点の、「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太は別格としてParker的MVP)、交代出場した海野の献身的チェイシング。
5-4-1から最後は6-4-0になったツエーゲン。簡単に勝たせてくれないカターレに後半37分頃、2-0から1点返されたものの、Parkerが昨シーズンから言っていた、(言葉は悪いですが)ベタでもいいからみっともなくても引いて
守りきる試合が完成したと思います。ということを先週のSAGAWA戦でも書いたような気がしますが、男は振り返らない。

という経過で、ツエーゲンがカターレに勝ちました。
だからといってこの試合の結果だけでカターレよりツエーゲンが強いと思うほど、違いの分かる男Parkerさん甘くはないです。パスの精度などカターレはリーグ戦の対戦相手と別レベルでした。
それでも勝てたのはいろいろな要因が重なった結果だと思います。
①チームの餅
 後のないツエーゲンと今後のJ昇格を見据えたカターレとの差。
 カターレはJFLに集中してください。
②天候の綾
 永井の単独ドリブルの時は雨は降っていませんでしたが、カターレの攻撃が一番激しい時に豪雨でゴール前のパス・クロスがスピードが落ちていた
③カターレの攻撃とツエーゲン守備の相性
 カターレの攻撃パターンはツエーゲン守備陣の嫌がるパターンではありませんでした。
 これがリーグ戦の相手だと研究してウチの嫌なところを付いてくるのですが・・・
④サポの気合
 ①とかぶりますが、この試合にかける思いはツエーゲンサポの気合はカターレサポとく比べ物になりません   
 でした

この試合、バスツァーで逝きました。勝ったからなのですが、最高に楽しいバスツァーでした。試合以外の話、巷で噂になっているカターレサポゾーンに掲げられたダンマクの話などは次回以降に。

|

« 良いイメージをもって試合に臨もう | トップページ | 楽しかったバスツァー »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

あれだけ○を飲んでたのにも関わらず、まともな文章で安心しましたw

投稿: の | 2008年9月22日 (月) 04時46分

の さん
ツァーではお世話になりました。
この記事は帰宅後すぐに○を飲みながら書きました。

投稿: Parker | 2008年9月22日 (月) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良いイメージをもって試合に臨もう | トップページ | 楽しかったバスツァー »